« ボブ・ディランさんにノーベル文学賞 | トップページ | 右クリックは便利だが,まだまだ未知の領域 »

2016年10月15日 (土)

人の心を打つ理由

ボブ・ディランの「風に吹かれて」は,やはり名曲だ。
人の心を打つ。

人の心を打つのは,どうしてか。
そこには,シンプルな繰り返しが作用しているように思う。

「どれくらい〇〇したら,~になるのだろう?」と問い,
「答えは,風の中さ(「自分の頭で答えを出せ」ということか)」と答える。

それを何回も繰り返し,迷っていた心を,
「やはり直感していたことは,正しかった。
自分の頭で考えて行動しよう」と変化させる。

反戦歌としてよく取り上げられるが,
これは別にベトナム戦争だけを指しているのではなく,
今自分の心の中で起きていることや,
あるいは自分の住んでいる国で起きていることを,
「自分の頭で考えてみなさい。このままでいいのかい?」
と言われているように思った。
やはり名曲は,違うね。

面白いサイトを見つけたので,リンクしておく。

釣りキチ先生の「英語教室」
ボブ・ディラン「風に吹かれて」を訳してみる

http://www.english-turi.com/song/1000/

« ボブ・ディランさんにノーベル文学賞 | トップページ | 右クリックは便利だが,まだまだ未知の領域 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ボブ・ディランさんにノーベル文学賞 | トップページ | 右クリックは便利だが,まだまだ未知の領域 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ