« 比較してみた「太るA子さんの1日VS太らないB子さんの1日」 | トップページ | うまくいかないこともあれば,うまくいくこともある »

2016年10月14日 (金)

「夢パ」のあとは「ぐめパ」

あいせだラジオを訪問したら,
「夢パ」が終わってしまったら,
その後は「ぐめパ」を楽しみにするということだ。
(ぐめちゃんを主役にしたパーティー)
私もそれに異論はないので,
コメントで賛同の意を表明しておいたが,
私個人での「夢パ」後を考えてみた。

実は「夢パ」の約1か月後に,県の連合教育研究会が主催する
研究論文の締め切りがある。
今まで「こういう固い感じの研究論文」には応募しないできたが,
もう出すとしたら,今年か来年しかない。
試しにチャレンジしたらどうかと考えた。
その骨格は,だいたいこんな風だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

題名~中学社会科における仮説実験授業の活用

章立て~

1,はじめに・・・仮説実験授業と板倉聖宣氏の紹介

2,地理的分野における実践例・・・授業書《世界の国ぐに》とGDPボックスを
使った授業(『歴史地理教育』2016年2月号)を中心として

3,歴史的分野における実践例・・・授業書《日本歴史入門》を使った授業を中心として
(私はこの授業書で初めて仮説実験授業に出会った)

4,公民的分野における実践例・・・ミニ授業書《日本国憲法とその構成》を中心として
(私も作成過程に関わり,『歴史地理教育』2005年5月号に書いた)

5,おわりに・・・中学社会科で使える授業書の紹介など

写真,図表を含めてA4判5枚程度というから,それほど長いという訳でもない。
なんだか書けそうな気がしてきた。
そして,ちょうど中間テストと期末テストの間に書く時間が取れるという利点もある。

さらに,「夢ブログ」の読者の皆さんに「最初の読者」になっていただける。
人生最初にして最後のプロジェクトだ!

うれしいことに,応募者には選外でも全員に「薄謝」が出るということだ。
もちろん入賞すれば5万円。最優秀賞は7万円である。
別に賞金目当てではないが,できたらもらいたい。

« 比較してみた「太るA子さんの1日VS太らないB子さんの1日」 | トップページ | うまくいかないこともあれば,うまくいくこともある »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 比較してみた「太るA子さんの1日VS太らないB子さんの1日」 | トップページ | うまくいかないこともあれば,うまくいくこともある »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ