« 昨日の部活動 9/29 | トップページ | もう1つの「新人戦」~14セット戦っていた人がいた・・・ »

2016年9月30日 (金)

俺が欲しいものは

「♪俺が欲しいものは そんなものなんかじゃない
俺が欲しいものは 誰かがくれるものなんかじゃない♪」
と「愛の世代ズ」のるてさんが歌っているように,
人と同じ基準で欲しいものを求めているうちは,
いくらそれを得ても,常に「不足感」に苛(さいな)まれるのだろう。

例えば,お金。これがいい例だ。
いくらあったら幸せか,それがよくわからない。
日本は,1人当たりのGDPが世界的に高い国の1つだけれど,
「十分な給料をもらっている」という実感がわかない。

私が若い頃,「月に30万円もらえたらいいなあ」
と思ったことがあって(初任給は13万円だった),
実際現在その額をもらってはいるのだが,
今は物価もあがり,欲しい額もインフレーションを起こし,
「不足感」に・・・という次第だ。
価値基準を金銭に置いている限り,
いつまでもそれは続くのだろう。

では,突然宝くじが当たったりしたらどうだろう。
これもだいたい末路ははっきりしていて,
「100万円までは,お祝いしてもらえる」が,
それ以上になると「寄付を迫られ」たり,
「金遣いが荒くなったり」と良いことはないらしい。
それを見越して,高額当選者には,
そのためのパンフレットが配られるという話は,
知る人ぞ知ることである。
(まだもらったことはないけれど。笑)

結局お金で幸福感が得られないとなれば,
それ以外のもので得るしかない。
例えば,ボランティア。これは「人に喜んでもらう」という
満足感というものが得られると思うし,
寄付もそれと似た行為だろう。

また,先日「あいせだ★ブログ」がアップできないことがあり,
それがアップできた時の彼らのうれしさは,
金銭には代えがたい経験だったと思う。
(これは半分はお金に関することだけれど,
オーバーに言えば「表現の自由」が得られた喜びでもある)

私たちは,「小さな幸せ」を見つけた時が,
実は「満足感」を得やすいのかもしれない。
そのためには,人が欲しがっているのと同じものに
価値観を見出すのではなくて,
自分自身の価値観=「俺が欲しいもの」を
持つことが大切なんじゃないかと思う今日この頃である。

« 昨日の部活動 9/29 | トップページ | もう1つの「新人戦」~14セット戦っていた人がいた・・・ »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 9/29 | トップページ | もう1つの「新人戦」~14セット戦っていた人がいた・・・ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ