« “曼殊沙華”の謎 | トップページ | 我ら「仮説」のほぼ同世代 »

2016年9月27日 (火)

千恵さんの「カナダ報告」7年目の(1)

久しぶりにカナダの千恵さんから「カナダ報告」をいただきました。
なんと,「帰国」を考えているらしい。
カナダ行きの時も応援した私ですが,
今回の帰国も同様に応援したいと思っています。
では,「カナダ報告」をお読み下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥沼先生

近藤です。
すっかりご無沙汰しています。

お元気ですか?

こちらは、すっかり秋真っただ中で、朝晩は気温が一桁まで冷え込むほどです。
川沿いの紅葉がとても奇麗な季節になりました。
先日、私の妹が遊びに来てくれました。
日本とは気温の差が激しいと言っていたので、まだ日本は気温が高いでしょうか。

こちらは、相変わらず不況が続いています。
私のレンタカーの職場も景気が悪く、3人いるオーナーのうちの一人が
経営しているビジネスと吸収合併のような形になりました。
いつも一緒に仕事をしていた、また別のオーナーが、
登録事務所を買収 して、5月からはそちらで働いています。

車の登録や更新、運転免許の試験から発行、出生証明や結婚免許の発行などが主な仕事です。
今勉強しているのが、ビジネスの登録や健康保険の登録です。
政府から委託されているので、すべて規則通りにといった感じの仕事内容です。
初めのうちは本当に覚えることが多くて、なれるまで時間がかかりましたが、
最近やっと基本的なことが分かってきた気がします。

昨年帰国した際に、少しお話させて頂いた通り、日本に戻ろうと考えています。
この秋に帰国しようと思っていましたが、手続きに思いのほか時間がかかりそうで、まだ先になりそうです。

一番の落とし穴が猫でした。
昨年調べた時は、猫を連れて帰るのは、それほど大変ではなさそうだったので
すっかり安心していたら、規定が改定されて、
準備期間に最低でも7か月かかることが判明しました。
私の猫はマイクロチップがついてないので、まずはそれからです。

ワクチンの接種は過去にしたのですが、マイクロチップがない状態で接種されたワクチンは
日本に猫を輸入する際は認められないそうなので...
来週の火曜日にマイクロチップとワクチンの接種を行うのですが、
それから、一か月開けて、またワクチンの接種を行います。

それから帰国まで最低でも180日間期間を開けないといけないそうです。
その180日間の間に、日本が指定する機関に猫の血液を送って、検査をしてもらい 、
その証明書を発行してもらったりするのですが、
その機関がカナダ国内にはないので、日本かアメリカに血液を送ることになりそうです。

帰国予定日の40日前までに、事前通知書のようなのもを日本に送って、
さらに、こちらで獣医による検診と証明書をとる必要があるそうです。
とにかく無事に猫を連れて帰りたいと思うので、頑張ります。

秋は行事が多い季節なので、肥沼先生もお忙しいかと思いますが、お身体に気を付けてください。
また報告送らせて頂きます。

それでは。

近藤千恵

« “曼殊沙華”の謎 | トップページ | 我ら「仮説」のほぼ同世代 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« “曼殊沙華”の謎 | トップページ | 我ら「仮説」のほぼ同世代 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ