« 図書館は何時まで開いているか? | トップページ | 東村山四中との練習試合 9/22 »

2016年9月23日 (金)

『あをによしの発見』

昨日コメントをいただいた作田正道さんの上記の本が,
アマゾンに注文したら,もう届いてしまった。
(本当に速いね)
東京図書出版というところから出ている。
1800円+税である。

P9221436

古田武彦さんと米田良三さんの著作が
たくさん引用されているところをみると,
このお二人の論証を中心に論じられている本のように思った。
(まだ届いたばかりだが・・・)

« 図書館は何時まで開いているか? | トップページ | 東村山四中との練習試合 9/22 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

「あをによしの発見」について皆様へご紹介ありがとうございます。長年古田先生の九州王朝説の本を読み親しんできて、米田良三さんの「法隆寺は移築された」に感銘を受け、新庄智恵子さんの「謡曲のなかの九州王朝」の直感の鋭さと「万葉集の理解も九州王朝の存在なくしてはまともな理解はできないところへきている」との言葉に触発され、それでは万葉集から九州王朝を探求しようということで調査研究を始めました。万葉集を読み始めてすぐ「御井」という言葉に出会い、それを最初の手掛かりとして次々と驚愕の真実を知ることとなりました。吉野ヶ里遺跡が伊勢斎宮であること、奈良の都は九州日田にあったこと、吉野山は九州の九重山であること、日並皇子とは中大兄皇子であること等々です。どうぞじっくりと「あをによしの発見」を読んでみてください。全く新しい古代日本の姿が見えてくると思います。 作田正道

作田さんへ
コメントありがとうございます。

「読書の秋」ですね
その1冊にぜひ加えさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

肥さんへ

『あをによしの発見』、もう読了されましたでしょうか。読了されていましたならば、本の帯に書いてある次の5項目について、私の疑問に答える形で論点の要約をお願いいたします。要約は短ければ短いほど有益です。それで注文購入すべきか判断しますので。田舎の本屋に置いてあるような著作ではありませんし、手当たり次第に注文購入できる経済的余裕は年金暮らしにはありません。

1.壬申の乱は唐からの独立戦争
⇒壬申の乱は、政権をめぐる兄弟喧嘩ではなく、中立などあり得ない朝廷対朝廷の戦い、つまり、唐が帰国させた薩夜麻の傀儡政権(私の見立ては国号「日本」)を使って反唐政権近江朝(倭国を継承したので当然国号は「倭国」)を倒した「偽装内戦」(実は唐の反唐勢力掃討戦争)なのでは?という理解からは帯の主張は極めて不可解。唐が薩夜麻を帰国させた意図を貫徹させたとするとこのような理解になります。こう理解しないと薩夜麻帰国は唐の「人道的処置」となり、これもかなり不可解です。現に、百済王義慈王の息子で最後まで降伏に反対し続けた扶余隆を赦して(唐の直轄領の)熊津都督の役職を付けて帰国させています。唐が「偽装内戦」という手段を使う理由は、説明いらないでしょう。

2.人麿は、朝鮮半島で戦死した舒明天皇を歌った
⇒朝鮮半島で舒明天皇が戦死したという点

3.鎌足は不比等が出自を隠す架空人物
⇒不比等の出自が朝鮮半島の新羅系渡来人だったとかかな?縣犬養氏一族も新羅系がにおいます。法隆寺の念持仏でお馴染みの橘三千代(不比等の後添)も縣犬養。壬申の乱以降に大した功績もないのに(書かれてないだけで事実は別の可能もあります)異常な出世をしてますね、縣犬養一族は。

4.大宝律令は筑紫朝廷が太宰府で制定
⇒筑紫朝廷とは薩夜麻傀儡政権かな?太宰府で制定したという点。

5.720年に藤原氏が筑紫朝廷を滅ぼした
⇒征夷大将軍が蝦夷を平定した、大工がこの家は俺が建てた類い言い方(藤原氏が兵を率いた)なのか。あるいは、鎌倉幕府は北条氏(平氏)の幕府の類いの言い方(日本国は藤原氏の政権)なのか。出版社は買わせるために帯を興味深く曖昧に書きますが、前者ならその根拠、後者なら説明要りません。

山田さんへ
コメントありがとうございます。

「読書の秋」はもう終わってしまいましたが,
残念ながらまだ『あをによしの発見』は読了しておりません。
したがって,書いていただいた質問にもお答えできません。
ごめんなさい。

肥沼さんへ、山田さんへお伝えください。
壬申の乱で天武天皇に処刑された右大臣中臣金連の息子である、藤原不比等による地名移転と日本書紀の歴史改竄は次の真実をすべて消し去った。
・663年白村江の戦の前の新羅との陸上戦で舒明天皇が戦死していた。
・白村江の戦で中大兄皇子は唐の捕虜となり、671年唐の筑紫都督として太宰府に帰還する。
・九州日田に奈良の都を開設した天武天皇と太宰府に都を置いた天智天皇との間で壬申の乱が起きる。
・壬申の乱の戦後処理で、天武天皇により関西に流された中臣金連の息子である藤原不比等が藤原京、偽奈良の都を開設し藤原王朝を立てる。
・現在の天皇家の祖先は筑紫朝廷であり、天皇の祖先は天武天皇である。
 以上です。 作田正道

作田正道さんへ
コメントありがとうございます。

う~ん,私の理解力を越えた内容です。w(゚o゚)w
とりあえず山田さんにバトンタッチはしてみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 図書館は何時まで開いているか? | トップページ | 東村山四中との練習試合 9/22 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ