« SMAPは,やはり解散? | トップページ | 「けーご」のラップが心に響く »

2016年8月14日 (日)

楽天が1点差で惜しくも45勝目逃す

旅行は3目目に入った。

【楽天応援ツアー(3日目)】

昨日は,秋田に移動したため,
残念ながら「パソコン観戦」だった。

日ハム000002000計2
楽  天000010000計1

先発・辛島はよく投げたが,大谷の一発(2ラン)に泣いた。
とにかく3連戦で4+0+1=5得点では話にならない。
(3試合で割ったら1.7点弱。相手チームが2点取ったら負けなのだから)

来週は気持ちを切り替えて,また頑張ろう。
今度はロッテとの3連戦からスタートだ。

【ちょっと古代史】

(1) 古四王神社・菅江真澄の墓・秋田城跡・4月にオープンした歴史資料館

ほとんど海抜10m以下の秋田平野にある
丘陵地(50mほど)上にある古四王神社と秋田城跡。
それを中心にお邪魔した。
(とりあえず,古四王神社と菅江真澄の墓の写真をどうぞ)

P8141146

P8141153

資料館では,今まで疑問に思っていたことを質問してみた。
塔と金堂が道路建設で削られているのに,
何を理由に「観世音寺式」と判断したのか?
そこがポイントだった。
回答に出てきた「理由」のいくつかを書いてみよう。

(1) 2つの大きな建物のうち,後方の建物が細かく区切られているので「僧房」と判断した。
(2) したがって,前方の建物は「講堂」と判断。
(3) 塔の沢という地名から,近くに塔があったと推定。
(4) 塔と金堂の辺りが標高が1番高くなることから,2つの建物があったと判断。
などなどである。

P8141157

P8141158_2

寺の名前としては,平安時代なら「四天王寺」(印もあるようだ)だが,
奈良時代は「わからない」とのこと。
まだまだ質問したかったが,時間もあるので,そこでやめた。
(地下が粘土層で,版築・基壇などはあまり行われていないとのことだった)

実は質問タイムの中で,師匠の高倉先生と共にこのサイトでは頻繁に登場した
貞清世里さん(やはり女性でした)も話題に出て,楽しい質問タイムとなった。
ぜひ一度,ご本人にお会いしたいものである。
(とりあえず,コメント待ってま~す)

資料館にはたくさんの「漆紙文書」が何枚も残り,
それらが展示されていてうれしかった。

P8141163

P8141164

その後,約1時間をかけて,秋田城跡を見学。
多賀城に勝るとも劣らない規模で,いい汗をかいた。
(政庁,東門,井戸,役所の建物群,水洗トイレ,竪穴住居)

P8141165

P8141166

P8141172

P8141173

(2) 秋田孝季の生家のあった土崎を訪問

『東日流外三郡誌』の編著者である秋田孝季は,秋田市土崎の出身らしいことは,
古賀さんの「洛中洛外日記」で聞き知っていた。
生家は見つからないにしても,港町らしい風情を味わいたくて,寄ることにした。
どこで写真を撮っても全体は写らないと思っていたら,
なんと地上100mのタワーが港に立っていて,私が来るのを待っていた(ような気がした)。
この町に彼は育ち,後半生『東日流三郡誌』を書いたようだ。

P8141177

旧雄物川の運河と土崎の町。左奥の丘陵地の緑が秋田城跡。

« SMAPは,やはり解散? | トップページ | 「けーご」のラップが心に響く »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« SMAPは,やはり解散? | トップページ | 「けーご」のラップが心に響く »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ