« 千里の道も一歩から(表にしてみる) | トップページ | テストモード »

2016年7月 3日 (日)

再び「7度西偏の謎」

武蔵国分寺跡の金堂・講堂・中門は7度西偏していて,
それが塔や尼寺や東山道武蔵道の南北方位と大いに違うことに気が付いたのが,
そもそも多元的「国分寺」研究の始まりだった。

その後この議論は,国府に付属した寺院が
国分寺より古い白鳳瓦を出土することが多いなどから,
これが九州王朝が最初に建設した「国分寺」(国府寺)ではないか。
それを洗い出していこうという方向に向いている。
もちろんこれが一番の仕事ではあるが,
最初の疑問点(7度の西偏)はまだ解けていない。
しかし,全国の寺院の検証をしているうちに,
どうも関東辺りでは7度ぐらいなのが,
九州ではより小さく振れ,北へ行くと大きく振れていることが分かってきた。
私のような素人には,「これは方位磁石を使う文化が入ってきたのである」と
単純に思うのであるが,いかがであろうか。

その時に参考になるのが,指南車と呼ばれる中国の道具である。
これを使うようになって「より北が正確にわかる」という時代がきた。
「今までの北を捨てて,科学的に北を測量して
宮殿を建てよう」という時代が来たのではないか。

多元的「国分寺」研究サークルの議論の中で,
尺とか寸の長さが北朝のそれらに統一されていった様子をグラフに書いた。
ちょうど南北朝が対立をし,北朝が南朝を倒したあたりに
そんな変化に対応するような事実がなかっただろうかと思って検索してみた。
すると,以下いくつかのユニークなサイトにそのヒントになるような記事が出ていた。

神韻芸術団のブログ
https://ja.shenyunperformingarts.org/blog/view/article/e/ugdOb8AJUlE/category/latest/%E7%BE%85%E9%87%9D%E7%9B%A4%E3%82%92%E8%B6%85%E3%81%88%E3%81%A6%EF%BC%9A%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%98%8E%E3%81%AE%E6%95%B0%E3%80%85.html

マグネット・キッズ
http://www.magfine.co.jp/magnetkids/secret/history.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

永久磁石と磁気科学の歴史


【大昔の永久磁石】


紀元前600年
天然の磁鉄鉱・マグネット(ギリシア)

紀元前240年~20年
慈石と司南および羅針盤(中国)

220年~400年
指南車についての諸説と指南魚(中国)

700年~800年
日本の磁鉄鉱発見(日本)

1100年~1600年
羅針盤の進化と大航海時代(欧州)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これらによると,ちゃんとした指南車はだいぶ時代がさがるが,
お皿の中に魚方式については,もっと早くて
南北朝の時期にポイントありと考えていいのではないかと思った。
それまで,太陽が昇り沈む位置を基準に東西南北を決めてきた南朝の古い方位観は捨て去られ,
北朝(隋と唐)が採用したものは,どこに行っても磁北を得られる
新しい「科学的な知識」に基づいた建築法が導入されたのではないか。
そんな「真夏の世の夢」のような妄想が私を襲ったのだった。

PS 今日も30度超えの予報です。熱中症に注意のこと!

« 千里の道も一歩から(表にしてみる) | トップページ | テストモード »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

「磁北」で検索したら、
http://www.empex.co.jp/mailnews/39.htm

でGPS豆知識と言うサイトが出てきました。「真北と磁北のなす角を磁気偏角といい、磁気偏角は場所によって異なります。日本列島では、緯度によって5~10度の偏差が有り、北へ行くほど角度は大きくなります。東京や大阪、名古屋辺りではおよそ6~7度、北海道では9度前後、沖縄辺りでは5度前後です。」とあり2010年の値での磁気偏角の大まかな数値をしめしていました。
 さらに検索すると、国土地理院 地磁気測量というサイトがあり

 http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/geomag/menu_01/

 ここから、磁気偏角一覧図に飛んでデータをダウンロードできます。
 2010年の例。 すべて西偏角で、 武蔵府中 7.10 仙台7.50 太宰府6.50 薩摩川内5.50。

 肥さんが全国の国分寺の南北軸の偏差で示した傾向と、上の事実は傾向が同じですので、これらの寺院が造られた際には、磁石が使われたとみて間違いないと思います。

 さらに、検索していくと、京都高低差崖会【二条城はズレている:「古地磁気」の世界】とのサイトがあり

http://www.facebook.com/kyotokoteisa/posts/470057289835498:0

 ここの説明に、日本考古地磁気データベース(岡山理科大学内

http://mag.center.ous.ac.jp/

という便利なサイトがあることが判明。
 そこで試しに、現在の武蔵国分寺の位置データを入力し、武蔵国分寺の磁気偏角を推定してみました。
(東経 139.2859 度, 北緯 35.4051 度)の地点における 750年の偏角は -12.0 度, 伏角は55.4 度
(東経 139.2859 度, 北緯 35.4051 度)の地点における 720年の偏角は -10.2 度, 伏角は56.9 度
(東経 139.2859 度, 北緯 35.4051 度)の地点における 700年の偏角は -9.8 度, 伏角は57.4 度
(東経 139.2859 度, 北緯 35.4051 度)の地点における 675年の偏角は -10.3 度, 伏角は58.6 度
(東経 139.2859 度, 北緯 35.4051 度)の地点における 660年の偏角は -11.1 度, 伏角は59.1 度

 マイナスは西偏差のこと。
 西に7度ほどに一番近いのは、西に9.8度の西暦700年ごろでした。750年や660年ではかなり大きく食い違うので、武蔵国分寺遺跡の西院伽藍は、西暦675年から720年ごろの建造と推定できます。もっと緻密に年代を入れてみるとよいのかもしれません。
 いずれにしても西院伽藍自体も聖武天皇の「国分寺建立詔」以前の可能性がありますね。

先生は真面目ですねぇ7度ずれていようと30度
ずれていようとそれは気まぐれ三丁目マスターみたいに
シャツを反対に着ても平気な奴もいますよ
7度ずれたほうが 周りの景観にピッタリくることもありますよ

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

やはり磁石が建築に影響を与えていそうですか。
それがわかっただけでも,大きな収穫です。
でも,思ったほど大きな違いはないのでしょうか。
武蔵国分寺の7度西偏でスタートした直後,
法隆寺が3~4度西偏と聞いて「わずか500キロで2倍も違うのか」と思ったものでしたが,
コメントに出てくるものはそこまでは差がないようですね。

3丁目マスターへ
コメントありがとうございます。

ハハハ。(o^-^o)
そういうことではなくて,「磁石を使う文化が
それまでの文化に取って代わったのではないか」
という歴史の転換点の話なのです。
この謎が解けると,一挙に歴史解明が進むわけです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 千里の道も一歩から(表にしてみる) | トップページ | テストモード »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ