« 昨日の部活動 7/27 | トップページ | 昨日の部活動 7/28 »

2016年7月28日 (木)

『コンビニ人間』を読み始める

村田沙耶香著『コンビニ人間』(文藝春秋)を読み始めた。
一昨日発売された第155回の芥川賞受賞作品である。
帯には,「コンビニこそが,私を世界の正常な部品にしてくれるーー。」
「「普通」とは何か?現代の実在を軽やかに問う衝撃作」とある。

P7270999

まだ,読み始めたばかりだが,こういう手の作品もアリとなると,
これにヒントを得て,『パソコン人間』や『スマホ人間』という作品が
出てきそうな気がしないでもないが・・・。

PS 県大会が終わって,ようやく「夏休み」が始まった。
(県大会は「1学期の延長行事」と言えると思う)
頭を切り替えるチャンスだ。
このチャンスを生かして,来年度の公民・授業プリントづくりや
普段読まない分野の読書,そして多元的「国分寺」研究への再チャレンジと,
「やる気のスイッチ」を切り替えていきたい。


« 昨日の部活動 7/27 | トップページ | 昨日の部活動 7/28 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 7/27 | トップページ | 昨日の部活動 7/28 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ