« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月31日 (日)

所沢北高校との練習試合 7/30

昨日は,午前中に所沢北高校にお邪魔して
合同練習と練習試合をさせていただいた。

前チームのキャプテンと副キャプテンが
本校出身者たちであったということも奇遇で,
なんとなく兄弟関係という感じである。

本来は,こちらも1・2年生のチームでと思ったが,
それではまるで歯が立たないと考え,
翌日にJОC西部地区選抜選考会を控えて
練習しておきたい3人の3年生も連れて行った。

対Aチーム(レギュラー) 5ー25
対Bチーム 26ー24
対Cチーム 18ー25

高校生と試合をするという緊張もあって,
レギュラーチームとの戦いはボロボロだったが,
体がほぐれてきてからは積極的に攻め,
それなりの得点を挙げることができた。

また,練習して再挑戦します。
ありがとうございました!

楽天が延長11回ロッテを下し38勝目

楽 天000001012・01計5
ロッテ021000010・00計4

前夜0ー9のぼろ負けを喫したロッテは,
是が非でも先行したかったに違いない。
そして,楽天・則本から早いイニングに先制点を奪った。
しかし,そこに落とし穴があったのではないか。

則本は先制されながらも,自分のピッチングを大きく崩さず,
味方の援護を待つように粘りの投球。。
そして,それは9回表にやってきた。
2点差にされた最終回に代打アマダーの同点2ランが飛び出したのだ。
これは実に大きなあたりで,フェアーかファールかを判定する
レフトスタンドの構造物に上部に当たるほどのホームランだった。
そして,11回表にはこれも代打の島内のしぶといタイムリーが出て,
楽天は決勝点をあげることができた。

勝利投手は最後の2回を投げた松井裕で,
今季初勝利だった。

ロッテは現在3位で不調。
楽天は現在4位で好調になりつつある。
もし「奇跡」が起こるとしたら,
この両チームの順位が入れ替わるということだろう。
頑張れ,楽天イーグルス!

2016年7月30日 (土)

8月の楽しみ

あまりに忙しくバタバタと日々が過ぎていった。
もう8月が目前。
7月もあと2日というところで,8月の楽しみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月11日(木)~第5回埼京杯(大井東中にて)
これを終えて,夏休みの前半も終了。

12日(金)から15日(月)の3泊4日~東北旅行(福島・宮城・秋田)

24日(水)~誕生日&人間ドック
この日までにあと4キロダイエット

このあたりで,肥さん&離騒庵さんの「誕生日会」(24日&25日)

ぐめちゃん&「愛の世代ズ」たべさんも,7月28日&29日の2日続きらしいよ。happy01


昨日の部活動 7/29

昨日は,午後1~5時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

梅雨明けとあって,さすがに夏本番だ。
私の持参した温度計で34度まで上がった。
また,湿度計では42%を示した。
このアンバランスは,こう解釈している。
気温が上がるとともに体育館の湿度が追い出され低くなる。
だから,汗がどんどん乾いてくれて気持ちがいいくらいである。
しかし,それで給水を怠っていると急にバタンと倒れる。

午後2時くらいの気温のピーク時はきついが,
それを過ぎると暑さは消えていく。
ここをどう乗り越えていくかが「夏に勝つ」ための秘訣だ。
8月11日(日)の第5回埼京杯では,背番号を配る。
何番を配ろうか,今から思案している。
(1番と2番以外はまだ未定である)

本日は,所沢北高に午前中出かける。
午前7時半に下山口駅集合(400円くらい)。

明日は,JОC西部選抜選考会のため,
1・2年生は休養日。
出場する3人は,午前8時半に富士見東中に集合のこと。
私もコーチも行く予定。

楽天が終盤の猛攻で37勝目

楽 天000000027計9
ロッテ000000000計0

楽天は0-0のまま迎えた8回表,
満塁のチャンスから聖澤が2点タイムリーを放ち,
待望の先制点を挙げた。
続く9回には,打者一巡の猛攻で一挙7点を追加した。
先発・美馬は7回無失点の力投で今季7勝目をあげた。

2016年7月29日 (金)

「国分寺」関係・3つの部屋

多元的「国分寺」研究のサイトの中に,
以下の3つの部屋を作ってみました。

(1) 「国分寺」関係・史料の部屋~基本の文献・史料の把握
(2) 「国分寺」関係・建築&構造の部屋~考古学からの知見
(3) 「国分寺」関係・検討の観点の部屋~多元的「国分寺」研究のまとめ方

現在1つの記事に対するコメントが「長蛇の列」で,
大切な情報がどこに入ったいたか不明ということも少なくありません。
その肥さん用の備忘録として作ってみました。

まだ蓄積は恥ずかしいくらい少ないですが,
これらが核となって,皆さんに読みやすくしかも説得力のある論文が
書けるようになれたらうれしいです。

多元的「国分寺」研究サークル
http://koesan21.cocolog-nifty.com/kokubunji/2016/07/post-3cb1.html

幻のサプライズ計画

実は「幻のサプライズ計画」があった。
幻だから未遂で終わり,その内容も書かなくてもいいのだが,
それを書くところが「夢ブログ」のいいところ。(笑)

(1) 28日(木)の午前中の部活動を終えた私は,12時40分のバスに飛び乗る。
(2) 大宮経由で新幹線に乗り,午後4時過ぎに伊香保で行われている仮説の夏の大会へ。
(3) 「不参加」と思われていた私が,突如現れてサプライズ!
(4) 夕食・ナイターを皆さんと過ごして盛り上がる
(5) 数時間の仮眠をとり,朝のバスで現地を出発
(6) 新幹線で移動しつつ,それを「夢ブログ」にアップ
(7) 29日(金)の午後の部活動に間に合わせる

このような急に思いついて,実施寸前までいったわけでした。
ところがこれは早くも,スタートの時点でつまずいた。
まず,無情にも乗ろうと考えていたバスが出発してしまった。
そして,「こちらでやるべきこと」がいくつか登場し,
無理して行くことを断念して,都内に足を向けたのだった。

考えてみると,サプライズするのはいいが,かなりの離れ業であり,
体力とともに資金力もきびしい。(24時間のために3万円はつらい)
また,いずれやらなくてはならないことが後回しになり,自分で自分の首を絞めることになる。
そして,結局最後に残った選択肢は,「今後のための準備に時間を使う」ということだった。
群馬県の仮説関係の皆さん,サプライズできずにすいません。
9月以降のサークルでお会いできるのを楽しみにしています!(o^-^o)

ということで,サプライズの代わりに私がやったのは,以下のこと。
(1) 中3の公民の教科書を入手する(来年度用の授業プリントを作るため)
(2) 新たなプリンターの購入(これからの研究用のため)
(3) 早めの帰宅(明日以降の体力温存のため)
あまり大したことではないが,「明日につながること」ではありますよね。
お金も1万円未満で済みました。

外国人枠

先日のソフトバンク戦では,楽天の「外人部隊」が大活躍。
ウィラー・・・19号2ラン含む2安打3打点
アマダー・・・2安打
ペゲーロ・・・3安打1打点
ということで,7安打4打点を3人で稼いだ。
その他に先日来日したペレス(いきなり初打席ホームラン)も
いるというわけだから,これから後半のシーズンが楽しみだ。

ところで,現在プロ野球で登録できる外人選手は何人なのか
という疑問が頭をもたげてきた。
だって,このほかにも投手で最低2人は出てくるし,
オコエはなに人なのかという問題も含めて。

ウィキペディアがまとめてくれていたので,
それを紹介しよう。

外国人枠(プロ野球)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E6%9E%A0_(%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%97%E3%83%AD%E9%87%8E%E7%90%83)

昨日の部活動 7/28

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
生徒たちで運営していた。

私は最初と最後にホワイトボードに書いておいた話を
消しながらいくつか話した。(話はリアクションしながら聞く等)

【バレーホールクイズ】
(1) バレーボールは,(     )で発明されたスポーツである。
(2) かつて全日本女子は,「東洋の(   )」と呼ばれた。

答え・・・アメリカ・魔女

2016年7月28日 (木)

『コンビニ人間』を読み始める

村田沙耶香著『コンビニ人間』(文藝春秋)を読み始めた。
一昨日発売された第155回の芥川賞受賞作品である。
帯には,「コンビニこそが,私を世界の正常な部品にしてくれるーー。」
「「普通」とは何か?現代の実在を軽やかに問う衝撃作」とある。

P7270999

まだ,読み始めたばかりだが,こういう手の作品もアリとなると,
これにヒントを得て,『パソコン人間』や『スマホ人間』という作品が
出てきそうな気がしないでもないが・・・。

PS 県大会が終わって,ようやく「夏休み」が始まった。
(県大会は「1学期の延長行事」と言えると思う)
頭を切り替えるチャンスだ。
このチャンスを生かして,来年度の公民・授業プリントづくりや
普段読まない分野の読書,そして多元的「国分寺」研究への再チャレンジと,
「やる気のスイッチ」を切り替えていきたい。


昨日の部活動 7/27

昨日は,午後1~5時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

新チームにとって,初めての練習だった。
(2年3名+1年9名=12名)

「基礎の基礎」からのスタートということで,
攻撃について時間がある程度かけられたが,
ボードジャンプの仕方で伸びを見せる生徒が出て,
生徒同士の刺激となった。
コーチ自身が中学の時これくらいできたと聞いても,
「それはコーチだからできたのだ」と思えばいいが,
「コーチの指示通りやったら明らかに記録が伸びた!」
という事実を目の前にすると,
「きっと自分にもできる!」と思わないわけにはいかないからだ。

前チームと比べて足りないところはたくさんあるけれど,
それこそ「全員バレー」でコツコツ得点をあげていく
草の根チームをめざしたい。

楽天が投打が噛み合い36勝目

ソフト000110000計2
楽 天01110030×計6

楽天が投打が噛み合い36勝目をあげた。
1点差まで詰め寄られた7回裏に,
ウイーラーの19号2ランなどで3点をあげ,
ソフトバンクを突き放した。
勝利投手は西宮で,うれしい今季初勝利。

2016年7月27日 (水)

学総体・県大会 2016

昨日,春日部ビッグハットにおいて,
上記の大会が行なわれた。
木下兄コーチと本コーチにお世話になった。
その様子を略報しよう。

【1回戦】 対さいたま岸中戦 2ー0(30ー28,27ー25)

こちらから攻めなければ,相手から攻められる。
これがどのスポーツにも共通するところだ。
守勢に回れば,相手に自信を持たせ,さらに苦境に追い込まれる。
県大会・1回戦での緊張も手伝って,
またも「攻め続ける」というセオリーを忘れてしまった。
幸いだったのは,最後の最後でそれを思い出せたこと。
しかし,これでかなり気力・体力を消耗してしまったことは否めない。

【2回戦】 対熊谷東中戦 0ー2(19ー25,15ー25)

1回戦の反省を生かすべく,2回戦は最初から攻めた。
相手は新人戦ベスト4のシード校だが,初戦の緊張もあり硬くなっている。
それに対して私たちは,幸いなことに1回戦ですでに体を動かしている。
5ー5と6ー4で最初の10点を通過した。素晴らしい。
この時点で相手チームは,我が校のことを
「これはかなり手強いぞ」との感触をつかんだと思う。
しかし,最初は攻めて攻勢だったが,残念ながら攻め続けられなかった。
相手はジュニア出身の生徒が多いらしく,
一度劣勢に立っても,自分たちにもチャンスが回ってくると信じている。
そこにハマってしまったのだと思う。
10点までの攻勢は,その後14ー20と9ー21に見事に逆転された。
やはり格上チーム,勝負を後半とみて前半をしのぎ切ったのだった。
そして,私たちは「攻め続けること」ができなかった。
私たちの勝機があるとすればそこだったわけで,それが残念でならない。
また,19点という得点。19点と20点ではたった1点しか違わないけれど,
新人戦ベスト4のチームに20点取ったのなら,自信にもなっただろうから。

【部旗にサインする儀式と撮影会の儀式?】

我が男バレには,「終わりの儀式」ともいえるサイン会がある。
部の旗にその名を記すという儀式である。
昨日もそれが行われ,3年生10人が自分の名前を書いた。
そして,それを掲げての撮影会も今や「儀式」と化している?

【新チームの始動】

3年生の「総意」で,新しいキャプテン・副キャプテン,
並びに1年生の責任者の発表が行われた。
我が男バレの良き伝統を引き継いで,頑張ってほしいと思う。
1・2年生にとっては最初の大会が8月11日(木)に行われる第5回埼京杯だ。
会場の大井東中で活躍し,名を上げられたらうれしい。

【帰りのバス】

帰りのバスは午後6時を契約していたが,あまりにもはやく
「負け審判」も終わってしまい,サイン会・撮影会も終了したので,
バスの運転手さんに電話して,早く出発できるようにお願いすることにした。
1回目~30コール(反応なし)。2回目~30コール(またも反応なし)。
ダメもとでかけた3回目~6コールで反応あり!運転手さんに通じた。
しかも,往きにバスを降りたサッカー場にバスが待機しているという。
子細はわからないが,結果オーライで帰りのバスは出発となった。
バスの運行は順調だったが,近道をしようとしたのか,西所沢駅回り。
これがアダとなって,「開かずの踏切」につかまってしまった。40分間
動けず,午後7時になってようやく学校にたどりついた。

たくさんの保護者・家族の皆さんの応援,
ありがとうございました。
また,教頭先生にも遠路はるばる応援を
ありがとうございました。

【今後の予定】

7月27日(水) P
28日(木) A
29日(金) P
30日(土) 午前中に所沢北高へ
31日(日) JОCの選考会に参加する生徒のみ,
 午前8時半に富士見東中へ(ユニフォーム・弁当等)
8月1日(月) A
2日(火) 午前中に豊岡高校へ
3日(水) P
4日(木) A
5日(金) P
6日(土) 場所未定
7日(日) 場所未定
8日(月) AP全面終日
9日(火) 場所未定
10日(水) A
11日(木) 第5回埼京杯(終日・大井東中にて)
 ※ここまでで前半終了。後半は16日(火)未定か,17日(水) Aから
 

2016年7月26日 (火)

2冊の「国分寺」本

アマゾンに注文していた2冊の「国分寺」本を,
この2日のうちに入手した。(さすがアマゾン!)

1冊は,『国分寺の誕生』で,一元的「国分寺」研究の中心人物
須田勉さんの著作である。(吉川弘文館)
1945年の須田さんは,今年で71歳ということになる。
須田さんの考えを知ることは,一元史観の考えを知ることと考え,
山田さんに紹介していただいたこともあって,購入することにした。

P7240994

もう1冊は,上記の本を注文する際いっしょに注文した本で,
全国の「国分寺」が1~数ページで紹介されているもの。
もちろん一元史観の著作なので,摂津国にある「2つの国分寺」のことは伝えても,
とても橿原神宮にある「大和の国分寺」は伝えてくれないが,
見通しをきかせるためにも参考になると思って購入した。

P7250998

私は,論証の大切さはもちろん否定しないが,
不思議に思ったり,その秘密を知りたくなって
国分寺を訪問してくれる人が増えることも大切なことだと思う。
もしできるなら,ハンドブック的なこの本の多元的バージョンを
作れればと思っている。

まだ何もやっていないうちに,何をほざいていると言われるかもしれないが,
そこに1つのイメージを置いている。
(私はイメージが浮かばないと動けない人なので)


離騒庵または理想庵に改名

これまで「3丁目の夕日マスター」で通してきたNさんが,
そのハンドルネームを上記のように改め,自宅のドアにも銘記した。
(まあ,「男塾」「女人禁制」は,最初から守られてはいないが・・・)

P7251005

離騒庵・・・「世間の騒がしさから離れる」という意味
離騒庵・・・「世間から離れて騒ぐ」という意味
理想庵・・・「理想的な庵」という意味

また,それを記念してオフ会を時々やって下さるという。
うれしいことだ。(さすが私の大学の先輩)

P7251000

P7251004

P7251001

P7251003

次回も決まっていて,8月の下旬。
マスターと私は誕生日が1日しか違わないので,
それを祝っての誕生会。

新所沢でのお付き合いがこういう形で復活することは,
思いもかけぬ夏のプレゼントとなった。
マスター,皆さん,今後ともよろしくお願いいたします。(o^-^o)

昨日の部活動 7/25

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
木下兄コーチと本コーチにお世話になった。

前日の「最終チェック」ということで,復習的な内容だった。
体育館の大きさを考えて,「一昨日の市民体育館のイメージで行け」とのこと。
(その広さを克服できたチームのみが,上位に進出できる)

私は1年生から3年生の22人全員で戦いたいと思っている。
もちろん1年生はフロアに降りて来られないし,上からの応援となるが,
それだって彼らができる最善の努力だ。私はそれを貫きたい。

「全員バレー」が文字通り実現できた時,
それは同時にベスト8やベスト4の獲得ということになるのだと思う。
頑張れ,22人の男バレの部員たち!
戦いの火ぶたは,あと6時間後に切られる・・・。

午前6時・・・体育館で練習
午前6時半・・・集合・出発
午前9時半・・・第1戦

2016年7月25日 (月)

部活前に「寺本廃寺&甲斐国分寺跡」を訪問

先日は部活後に神奈川県の相模国分寺跡に出かけたが,
昨日は,部活前に山梨県の寺本廃寺や甲斐国分寺跡を訪問した。
それを簡単に報告しておこう。

P7240955

(1) 国府(こう)地区~寺本廃寺の南に広がる「方八丁」なのか?

P7240956

(2) 寺本廃寺~7世紀後半?法起寺式。国府の付属寺ということになっている

P7240964

P7240961

P7240960

(3) 笛吹川&川中島の合戦古戦場

P7240967

(4) 甲斐国分寺&尼寺跡~塔が回廊の中で東寄りにある。大官大寺式?基壇は,乱石積みで古式

P7240982

P7240976_3

P7240987

(5) 県立博物館~建物はグッドデザイン賞。所蔵の「富嶽三十六景」が新パスポートのデザインに採用

P7240988

「ポケモンGO」というゲームが流行っているらしい。
私のここ2ヶ月の行動も,見方によっては「国分寺GO」のように見えてしまうかもしれない。
しかし・・・,

私の母はまだ元気だが,それでも現在83歳である。
いつ私が動き回れなくなるか,それは神のみぞ知るというところ。
できるだけ母が元気なうちに行けるところに行っておきたいと思っている。

1月に実家の敷地内にあるアパートに引っ越したのは,
実は母の元気なうちにアパート関係のことをバトンタッチしておこうという意図がある。

昨日の部活動 7/24

昨日は,市民体育館で午後5~8時半,たっぷり練習した。
木下兄コーチ夫妻と本コーチにお世話になった。

選手の2~3年生たちは,6メートル幅の深いところから打たれる
相手のサーブに対してどう守るか等,実地に練習をした。
あとは大会が近いので,詳しくは書きません。
「消える魔球」とかもやりません。

試合の相手も中学生。
これまでやってきたことを出せれば,勝機はある。
攻撃的な試合展開が生徒たちの良いところを引き出すのを,
私はたびたび見てきたので,当日もそれを望みます。
頑張れ,もう一息だ。

練習時間の多さと練習試合の数では,他校には引けを取らないと思う。
あとは,気持ちの問題。勝ちたい気持ちが強い方が勝つと思う。
それも,チャレンジャーの気持ちでね。

となりで,バドミントンの練習をしているので,
昨日の1年生の1番の仕事は,防球となった。
しかし,「そそういう仕事をしていても,
選手がどういう動きをしているかを学ぶことはできるよ」という話を,
私はぐるぐるコートをめぐりながら話した。

いよいよ明日は,県大会だ。
全員バレーで,勝利の雄(お)たけびを上げようぜ!

P7240992

保護者&家族の参観も多数あった。
ありがとうございました!(o^-^o)

「cocotto」8月号の謎

少し前に翔空さんが「にこっと」8月号のことを
話題にしていたのを覚えているだろうか。
「にこっと」ではなくて「ここっと」であり,
(コメントは直しておきました)
正確にいうと「ここっと」でもなく「cocotto」なのだが,
それを昨日所沢駅で思い出した。
それは西武線のミニコミ誌だった。

P14ページの「見つけた!沿線輝きwoman」というコーナーに,
「西武プリンスドーム球場で,最もビールを売り上げている売り子さん」についての記事。
それを翔空さんは,紹介してくれたのだった。

以前私は「夢ブログ」の中で,彼女のことを書いたことがある。
「生ビールの売り子さん」
(2015年8月21日(金))
http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/cat8132626/index.html

やっぱり彼女は,その道のプロだった。
それを証明してくれたのが,「cocotto」8月号の記事。
写真で載せてみますね。

P7240997


2016年7月24日 (日)

『邪馬壹国の歴史学』出版記念講演会

昨日は,上記の会へと出かけた。
一昨日の晩は古賀さん・宮崎さんとのオフ会。
昨日は多元的「国分寺」研究サークルの
川瀬さん・山田さんとの顔合わせ,
講演会後には翔空さんとのオフ会と,
いろいろな要素のある24時間だった。
(宮崎さんも遅れたが無事到着)

P7230950

第1部・・・正木さんによる講演「『魏志倭人伝』と邪馬壹国」
第2部・・・古賀さんによるミニ講演「前期難波宮の論理」
      服部さんによるミニ講演「前期難波宮と九州王朝」
第3部・・・シンポジウム「前期難波宮説を問う」

正木さんの講演は,内容が多岐にわたって大変だったが,
尺寸の議論は,多元的「国分寺」研究で「免疫」がついていたので乗り切れた。
また,探せば史料ってどこかに残っているものなのだなあと思った。(「二年律令」等)

シンポジウムは山田さんと川瀬さんも質問に参戦する積極的な会で,
調子に乗って私も手を上げそうになったほどだった。
(古代道と無紋銀銭のことで「応援演説」を考えた)

だいたい前期難波宮が飛鳥板葺宮と飛鳥浄御原宮の間に入る道理がない。
「百聞は一見に如かず」の写真であった。
こういう写真を教科書に載せてほしいものだ。

P7240957

山田さんからアドバイスいただいた史記の「天官書」や須田勉著『国分寺の誕生』
(すぐに会場からアマゾンに注文しました),
川瀬さんからアドバイスいただいた予習の大切さと付箋の使い方を
今後に生かしていけたらと思う。

所沢まで翔空さんと帰ってから,西武の8階の和食店でオフ会。
ビールで乾杯し,楽しく語らって帰途に就いた。
(「肥さんは毎日オフ会しているね」という読者の声)

98万アクセス達成!

この「肥さんの夢ブログ」が,
先ほど98万アクセスを達成しました!

97万アクセスが6月29日のことでしたから,
24日で1万アクセスということで,
かなりのハイペースです。

このペースで行くと,100万アクセスも50日後の
体育祭(9/17)あたりになりそうです。
最初は「年内に達成できれば」ということでしたから,
ずいぶん早まってしまいそう。

それもこれも読者の皆さんが毎日のように
訪問をしていただいているお陰です。
ありがとうございます。
そして,今後ともよろしくお願いいたします。happy01

楽天が延長12回サヨナラ勝ちで35勝目

ロッテ010100300・000計5
楽 天131000000・00×1計6

楽天が延長12回サヨナラ勝ちで35勝目をあげた。
最後にリリーフした金刀が3勝目。

2016年7月23日 (土)

多元的「国分寺」研究サークルのオフ会

昨日,鶯谷の居酒屋で上記の会が開かれた。
古賀さん・宮崎さんのお二人と半年ぶりのオフ会である。

話題はもちろん国分寺のことも出たが,
「実証より論証」問題や第1次難波京副都説,
「(九州VS河内の)河内戦争」など多岐に渡った。

美味しいものを食べ,美味しい酒を呑み,
美味しい話をして,下町の夜は更けていった。

P7220948


昨日の部活動 7/22

昨日は,午後1時~4時半のコマだった。
(地域のパトロールが入って,30分早く切り上げた)
木下兄コーチにお世話になった。

2段トスのラリーが長時間続くのを見て,
本当に上手くなったなあとコーチと話した。
コーチから教わったことを使い,
さらに自分たちで工夫して成長してきたと思う。

本日と明日は,別の体育館での活動となりますので,
私の「あやしげな情報」に惑わされないようにお願いします。m●m

23日(土)・・・三ケ島公民館で,午後7時半~9時半(車)
24日(日)・・・市民体育館で,午後5時~9時(車)

2016年7月22日 (金)

部活後に「相模国分寺跡」を訪問

漂泊の思いやまず,相模国分寺跡に行ってきた。
午前中の部活動が終わっての後のことである。

予定では午後はデスクワーク。
普段なら「机の上の片づけ」から取り掛かるところである。
まあこれも「やる気のスイッチ」の入れ方としては悪くないが,
そこは夏休み,午後3時という中途半端な時刻が
私に「フィールドワークに行かないか?」とささやいた。

バスの時刻表を見ると,15分後に便がある。
私はすぐに年休を2時間いただきバス停へと向かった。
(よく言えば「軽いフットワーク」。悪く言えば「放浪癖」・・・)

同僚の先生のスマホによる検索では,神奈川県海老名市に行くのは,
乗り換えの回数がちょっと多い。
(1) 秋津駅でJR武蔵野線に乗り換える
(2) 府中本町駅でJR南武線に乗り換える
(3) 登戸駅で小田急線に乗り換える
そして,初めて降り立った海老名駅の発車チャイムは,
なんと!私の好きないきものがかりの「サクラ」であった。
(これだけでも私に「縁」を感じさせるのに十分だった)

駅から徒歩10分のところにそれはあった。
台地上の平地に立地したそれは,河川の氾濫を防ぐためか。
あとで気が付いたが,東西の交通とともに南北の交通にも
便の良い立地ということが言えると思う。(町田駅には横浜線)

さて,この相模国分寺は「法隆寺式」と呼ばれる伽藍配置で,
全国的にも規模が大きい方だそうだ。
「法隆寺式」はめずらしいらしいが,こと関東でいうと,
山王廃寺(上野国),茨城廃寺(常陸国),下総国分寺(下総国)と
決して少なくない。むしろ「あらまた法隆寺式なのね」というほどなのだ。
こういうことも多元的「国分寺」研究ならではの話題である。
研究者は,「国分二寺図」(759年)が配られる以前の建築なので,
古い建築様式なのではないかと考えているようだ。

さて,公園のようにして残されている相模国分寺だが,
基壇がはっきり復元されているのは塔のみであった。
四方とも切石できれいに組まれているが,
説明書を読むと「修造時には北辺は乱石積み」とある。
復元が忠実にされているとは限らないというのも,
多元的「国分寺」研究で学んだところ。
2度目の修造の際,雨落ちのため塔の周囲に小石が約2m敷かれていた。
なお,金堂と講堂は「葺石状基壇」だったとのことで,やはり塔が重視されていたようだ。
(火災を受けた際,法輪が落下し,その一部が出土している)

金堂の方は,1メートルほどの高さで表現しているが,特に基壇の整備はない。
礎石がいくつかあるほか,少し離れたところにいくつかそれらしき岩石群。

それらを回廊が取り囲み「法隆寺式」が構成されている。(金堂が東,塔が西)
講堂の跡はよくわからなかったが,さらに歩いていくと僧坊があったので,
それとの間にあったようだ。

南北軸は,わずか55分西偏とのこと。

P7210934

P7210939

P7210936

P7210935

P7210941

P7210942


相模国分寺跡

http://www.city.ebina.kanagawa.jp/www/contents/1088750900952/

James Macさんのブログ

以前から時々拝見させていただいていた「古田史学とMe」が,
James Macさんのサイトだと今になって気が付いた。
本当に恥ずかしい。
今後ともよろしくお願いいたします。(^-^;

「古田史学とMe」

http://blog.goo.ne.jp/james_mac/e/8a3a59247777eab940ba64228f07b297

昨日の部活動 7/21

夏休みの初日の昨日は,
午前8時半~12時半の駒だった。

木下兄コーチも仕事に行かれる途中で寄られたが,
基本は生徒たちで運営していた。

大会まで5日ということで,
「ヒヤリ・ハットの法則」※について触れた。
せっかく積み重ねてきた努力を
逃してはならないと考えたからだ。

生徒たちはとてもよく練習をするし,
他のチームと比べてケガか多いというわけではないが,
ヒヤリとすることが最近もあったので・・・。
そして,1年生も含めた全員の意識で防げるケガもあるということで,
「老爺心」ながらしゃべらせてもらった。

ヒヤリハット

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%83%E3%83%88

2016年7月21日 (木)

終業式・今昔

今から30年前の1学期の終業式は,
1時間目に体育館で終業式(校長先生の話,生活指導の先生の話)を行い,
2時間目に教室で学活(メインは通信簿)。
それが終わると下校というものだった。
午前中には家に戻っていたのである。

ところが現在,終業式の日は午後まで続く。

1時間目・・・授業
2時間目・・・授業
3時間目・・・学年集会
4時間目・・・終業式
5時間目・・・学活(メインは通信簿)

その後校庭に並び,午後3時には地区ごとに一斉下校。
防災訓練の一環だが,9月に入ると忙しいので,
この時期にやるということになる。

30年前の私には,30年後のこの変貌は想像もつかなかった。
いや,考えてみると土曜日の放課後の生徒会本部のとの活動も今はないし,
文化祭という行事もなくなったし,手書きの学級通信もほとんど見なくなった。

30年後の今も残っているのは,仮説実験授業かな。
そういう意味では,やはりすごい存在なのだとあらためて感じる。
その夏の大会が,27日から2泊3日で群馬県(伊香保温泉)で行われる。
今年は県大会と重なってしまい,行くことはできなさそうだが・・・。

昨日の部活動 7/20

昨日は一斉下校のため,部活動はなしだったが,
自主練習として市民体育館で練習をおこなった。
私のように普段運動しない人には,
一日くらい運動しなくてもなんともないが,
毎日運動している生徒たちには必要なのだろう。

大きな体育館なので天井も高く,コートのうしろの面積も広い。
すると普段のジャッジにも狂いが生じるらしく,
アウトと思ったボールが入っていたり,その逆だったり。
こういう広い会場は「県大会用」に借りてあるわけで,
それを確認するのも大切な仕事だ。

P7200926

県大会まで,あと6日。
できることをしていこう。
私たちがやるべきことは,
これまで練習して「できるようになったこと」を
すべて出し切るということだ。
チャレンジャーとして・・・(o^-^o)


2016年7月20日 (水)

『たの授』7月号の感想

仮説社御中
東京の肥沼です。
『たの授』7月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』7月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1) シロアリの話(淀井さん)

面白い授業プランをありがとうございます。これ使えますね。
アリの仲間かと思いきや,ゴキブリの仲間。害虫と益虫の考え方のこと。
とても「お気軽プラン」どころではなく,素晴らしい授業プランですよ。
さっそく2学期のスタートは,これで行きます。

(2) 作れ!送れ!松根油(萠出さん)

この話も役に立ちそうです。私は社会科の先生なので,
松根油の話は聞いたことがありましたが,実際に作る過程の話は初めてです。
松の多い地方では,そんな戦争協力も行われていたわけですね。
今度戦争のところを教える機会があったら,話題にしたいです。

(3) ワタシ,授業やります!(伊勢さん)

自分のクラスに見学に来てくれていた先生に,
「授業やります!」なんて言ってもらえたら,本当にサイコーですよね。
だけど,そういう奇跡的なことが仮説実験授業ではフツーに起こる。
だから,やめられなくなるんですよね。

私のクールステーション「バーミヤン」

勤務先から1キロほどのところに「バーミヤン」がある。
いわゆる中華風ファミリーレストランだが,
この夏使い勝手のいい休憩所になっている。

使い方としては,午前10時頃・・・休日の午後の部活前。
午後2時~4時・・・休日の午前中の部活後。

ドリンクバーは,コーヒー・ジュース・コーラの飲み放題。
空いている時間帯に行くので,読書・思索・昼寝と使い方は自由だ。
史上最高(気温)の夏を陰で支えてくれるクールステーション
(ホットステーションならぬ)になりそうだ。(o^-^o)

昨日の部活動 7/19

昨日は「定休日」で学校での練習はなかったが,
吾妻公民館での「自主練」は行われたと思う。
「定休日」とはいえ,県大会前の昨今,
2時間といえども体を動かしておく方がいいという配慮からである。

ただし,これは保護者の方々とコーチとの連携で行われていることで,
私は「知らない」ということになっている。
保険もしっかりかけての活動で,
私としては特に申し上げることはないのだが,いややはりあった。
「いつもありがとうございます」(o^-^o)

2016年7月19日 (火)

ダイエットへ新たな動き

その後ダイエットのは,-2~3キロの間を揺れていただが,
今朝体重計にのったところ,-4キロの表示。
これは5月のスタートから約3か月の間で,最も軽い体重である。
ようやく停滞期を脱出できるかもしれない!

4キロといえば,両手に2リットルのペットボトルの重さ。
それが3か月の間に健康的な減り方をしたのだからなかなかのものだ。
「暑くはあるけれど,耐えられないほどではない」というのが,
このところの真夏日の感想。

朝バナナダイエットよ,ありがとう!
史上最高(気温)の夏を,喜びとともに迎えたいものだ。(o^-^o)

私のパソコンの現況

私のパソコンが落下事故で壊れ,
新しいものを購入したという話はすでに書いた。
しかし,話は単純ではなかった。

「すぐ使えるように「同じ物」を下さい」という私の注文に対し,
店員が「ありました」と持ってきた物は半年の間に少し変化したものだった。
なので,アウトルックとイメージ機能は前のものをだましだまし使い,
ブログの更新は新しいものでやるという「二刀流」が続いた。

ついに昨日,古い方のアウトルックが使えなくなり,
メールを送っていただいてもただちに返事ができない状態だ。
アウトルックは標準装備されているのではと思うのだが,
オフィッスから入っても途中でわからなくなって,
まだ開通していない。

その変わりイメージ機能(写真の取り込み)はできるようになって,
先ほど載せられたところだ。
残るはアウトルック,早くしないと山のような受信メールが想像されるし,
もう寝る時間になっているし,板挟みというところだ。

明日(といっても,もうすでに今日だが)は勤務がある。
とりあえず寝よう

昨日の部活動 7/19

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

晴天で体育館はかなり気温が上がっている。
給水に注意したい。
暑さに負けず頑張っていこう!

さらに新しい日程が入ったので確認しておきたい。
7月19日(火)・・・吾妻公民館 17時半~19時半
7月20日(水)・・・市民体育館 17時~19時

2016年7月18日 (月)

夏休みの旅行計画 2016

唯一まとまった日数が確保できるお盆付近に,
今年は早々と旅行を設定した。
前日の8月11日(木)に大井東中でのミニ大会を終えて,
今年の旅行は始まる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月12日(金)・・・午前8時新宿発 → 12時 郡山着
「方八丁(町)」などの見学 郡山発 → 17時 仙台着
18時より楽天VS日本ハム戦の観戦baseball

8月13日(土)・・・午前中 「おのくんハウス」の訪問あるいは被災地訪問
午後 多賀城・多賀城廃寺・東北博物館などの見学 
18時より楽天VS日本ハム戦の観戦baseball

8月14日(日)・・・午前8時 仙台発 → 午前11時半 秋田着
午後 秋田城・秋田孝季ゆかりの地などの見学
午後10時 秋田発 → 

8月15日(月)・・・午前6時 大宮着 → 午前8時 自宅着

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一番入手困難な高速バスのチケットを一昨日入手した。
5月1日の「おのくんまつり」には涙をのんだので,
その経験から「1か月前」を狙っていた。

昨日の部活動 7/17

昨日は,午後1~5時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。
昨日は北辰テストがあって,スタートは3年生が少なかった。
しかし,3時頃から次第に増えてきて,
最後にはほとんどのメンバーがそろった。

来年度のチームが産声を上げつつある。
調子がいい時は,レシーブ・トス・スパイクが上手につながり,
県大会出場への希望が見えた。
しかし,そうでない時は・・・。
夏休みには練習試合も入れて,実践で鍛えよう。
これまでも「練習試合は嘘をつかなかった」のだから・・・。

練習日の「穴」が,ここでだいぶ埋まった。
7月23日(土)・・・三ケ島公民館,午後7時~9時
7月24日(日)・・・上山口中学校,午後5時~9時

大会後は,新しいチーム+有志の3年生で。
7月30日(土)・・・所沢北高校,午前中(弁当)もし可能なら午後も
(翌日が,JОCの西部地区代表の選考会なので調整も兼ねて)
8月2日(火)・・・豊岡高校,午前8時半~12時半
8月21(日)・・・豊岡高校,午後1~5時

2016年7月17日 (日)

府中と三鷹にある2つの「上円下方憤」を訪問

昨日の午前中,武蔵国分寺の塔を除く金堂以下の西偏7度と同じ傾きを持つ
府中熊野神社古墳に行ってきた。
当時の様子を復元してあり,別施設で「古墳内部」にも訪問できる。
(このシュミレーションは,なかなか良かった。ヘルメットとミニライトも貸してもらえる)
係りの方に質問したところ,「武蔵国分寺の西偏7度」との関係を問う人はあまりいないようだ。
三鷹天文台構内にそっくりのものがあり,見学できるらしいという情報を聞き,
「じゃあ,行ってみます」ということでそこを辞した。

P7170932

昼食後午後は,府中熊野神社古墳と造りがそっくりと言われる
天文台構内古墳(三鷹市)に行ってきた。
守衛室で質問をすると,見学者用に作られたパンフいただけ,
「夏だから,草木でよくわからないかもしれません」とアドバイスされたが,
数百mの道のりで発見することができた。
まわりにの周溝をほどこした形をしており,なるほど府中熊野神社のものとそっくりだった。
(サイズ的にも数mしか違わず,同じ設計図をもとにして作ったのかと思うほどだ)

なお,上円下方憤という形式は,円が天を表し,方が地面を表しているようだ
中国の北京に天壇公園というところがあって,そこの建物が円形で意表をつかれたことを思い出した。
中国の影響があるのだろうな。なお,上円下方憤は国内で4つか5つしかないそうだ。
そのうち2つを訪ねたのだから,すごいことである。(「自画自賛」という読者の声)
なお,天文台構内古墳の方は,やや東偏のようで,同じというわけにはいかなかった。
ということことはは,同じ型式ながら「磁石をつかったもの」と「使わなかったもの」)に分かれるのか。

P7170933


「七月 なないろ 夏の色」ライブ 7/16

昨日は,昭島サークルに行こうと思っていたが,
さあこれから部屋に入ろうと思ってコピーをとっていると,
向こうからしゅーぞ氏が歩いてくるではないか!
彼は「これから頭慢のライブに行くんだけど一緒に行かない?」
など誘いかける。思えばあの日(2014年12月20日の「農家」のライブ)
そう,彼は私の人生の前に立ちふさがり,
その後の私の人生をを大きく変化させる預言者のような存在なのである。

サークルの部屋に足を踏み入れてしまうと質問もされるし,未練も残るので,
すぐその足でスローライフ(蔵前)に向かうことにした。

午後6時過ぎから始まったライブは,5組の出演者たちで楽しめた。
何しろ彼らのジャンルが違いすぎる!
まったく5つの国の音楽を聴いているようで,驚きの連続だった。
これで1000円では安すぎるよ。
さすが頭慢プロデュースのライブである。
私はかつてこの「夢ブログ」で,頭慢ハブ空港説を述べたが,
昨日もそれが正しいことを証明してくれたと思う。
それぞれが頭慢さんしか共通の知り合いが゜いないのに,
このライブを終えた時には「あの時ライブでご一緒した」友人になっているからだ。
楽しかった4時間を写真で紹介しよう。

P7160913

P7170930

P7160915

P7160916

P7160917

P7170931_2

P7160918

P7160920

2016年7月16日 (土)

オコエがフレッシュ・オールスターで大活躍

楽天のオコエが,フレッシュ・オールスターで大活躍した。
全イースタンの一番打者として登場し,3安打1打点1盗塁。
味方チームの勝利に大いに貢献した。

ペレスの加入で盛り上がっている楽天だが,
オコエにお声が掛かる日もそう遠くないと見た。

P7160881


鈴屋(すずのや) 2016

我が家で20年ほど前に来客のおみやげ用に
駄菓子屋の鈴をくじ引きで差し上げていた。
これはそれなりに好評だったと思うのだが,
その残りがまだだいぶあって,下の工作をしてみた。

国学を大成したといわれる本居宣長は鈴が大好き。
古事記の研究に疲れると鈴を鳴らして元気回復したという。
それにあやかって,私も古代史の研究に疲れると鈴を鳴らして・・・
というのは冗談だが,ちょうど化政文化で本居宣長が登場してきた際,
下の写真の鈴6個を紐(ひも)でつないだものを持参し,それを紹介した。
「本居宣長は研究に疲れると,大好きな鈴の音を聴いて・・・」
レプリカではあるが,こんな形でイメージを膨らませるのもいいのでは?
このアイデアを退職間際に思いつくところが私らしい。(笑)
授業の「視聴率」も少しアップしたような気がした。

P7150880

本居宣長は三重県の松阪に,12歳から死ぬ72歳まで
60年ほど暮らしたようだ。
鈴は何歳の時から愛用したのか,古事記の研究のときからなのか,
興味がわくところではある。

山田さんが仏塔に関するサイトを発見!

山田さんが
仏塔に関するサイトを発見して下さいました。
さっそくリンクさせていただきます。

「日本の塔婆」
http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/

「日本の塔婆」
http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/touba3.htm

「サイト内検索を行えば、欲しいデータが載っていれば出ます。
とても参考になりました」とのことでした。

前に私が「発見」した国分寺のサイトと作りが似ているので,
もしかしたら同じグループの作成かもしれませんね。

2016年7月15日 (金)

「名は体を表す」とは限らない

私の実家には昔井戸があって,
ポンプ式ではあったが冷たい水が汲めた。
だが,「飲んではいけない」と言われていて,
手を洗ったり果物や飲み物を冷やすのに
使っていたという記憶がある。
まあ「井戸」とという言葉は,1軒分の水の用を果たすものとして,
私には意識されていた。

ところで,昨日掲載した「ふちゅう地下まっぷ~発掘!ここまでわかった武蔵国府」の
裏面の写真を見て驚いた。
上空から撮影したもので,かなり巨大な井戸だったからだ。
発掘に携わっている方々の30人ほどの人たちが豆粒のように見える。
「名は体を表す」とは限らないと思った。
これなら,数百人分の水がまかなえそうで,
国府の「水がめ」と言えそうだ。
したがって,区画Aにはかなりの人が住めただろうし,
掘立穴建物跡の発掘もあるので役所的機能が果たせたと感じる。

P7140879

気になるのは建物の方位で,マップの観察によると
東偏3度の道路とはちょっと相性が良くない感じの南北軸。
もしかしたらその下に相性の良いものが埋まっているのかもしれないが,
マップから思ったのは,建物は「道路と相性が良くない」という感想だった。
しかし,巨大井戸からは多くの人々の水が供給できたことは疑えない。
墨書土器もでているとあれば,確かにここに国府が置かれていた!
と言っていいのではないかと思った。

なお,「言葉は体を表す」とは限らない例として,
縄文時代の2つの言葉を思い出す。

「石斧」・・・石の斧ではなくて,シャベルのような穴掘り道具
「石皿」・・・石の皿ではなく,すりこぎのギザギザの器のような役目の道具


久しぶりに「人体解剖図」の授業

化政文化が終わったクラスで,
久しぶりに「人体解剖図」の授業をした。
これは京都パスカルというグループが作っている教材で,
手軽にやれるのでファンが多いものだ。

はさみとのりさえあれば,かんたんにできる。
たまに心臓を切り落とす生徒が出るのもお決まり。
ちょうど理科で人間の体のことを学んだ後だし,
社会科でも杉田玄白の『解体新書』を扱った直後なので,
タイミングもぴったりだった。

江戸時代は「いろいろな種」や「人体解剖図」という作業を入れられるので,
用語は多いのだが,少しは気がまぎれる。

現実の仕事の時間が,パソコンと向き合っての成績入力だけに,
生徒たちとの授業中の会話がせめてもの救いだ。

P7140878


昨日の部活動 7/14

昨日は,午後2時15分~4時15分のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。
私も成績処理で終わり近くに合流した。

こういう時でも,生徒たちにどういうトレーニングをしたらいいか,
いつも指導していただいているのがありがたい。
生徒たちは特に困ることなく,トレーニングを開始し,
コーチが到着して新たな指示指示かあるとそれに移行する。

本日は,「金外」。
天気が良いといいのだが,
この時期「外」はつらい。

夏休みに豊岡高校と合同練習をする話が入っている。
8月2日・・・午前中
8月21日・・・午後
いずれも次の代のチームの日程(予定表には出ていない)となるが,
あちらの顧問の先生の口ぶりでは,
「3年生も来てくれるとありがたい」というニュアンスだった。

2016年7月14日 (木)

社会科サークル 2016年7月

昨日は,上記のサークルに参加した。
参加者は,大石さん・篠原さん・早川さん・宮崎さん・
山田裕さん・森田さんに私を加えた7人。
皆さんの「おみやけ」資料を出し合った後,
私の多元的「国分寺」研究の報告となった。

社会科サークルとは武蔵国分寺周辺のフィールドワークも
何回か行ったことがあって,また毎回のように私が「おみやげ」資料で
紹介していることもあって,その趣旨は理解していただけたように思う。

特筆すべきは,高校社会の先生出身であり,
その後大学で教鞭をとられている早川さんの質問・意見であった。
いわば一元史観の代表的な主張をして下さったわけで,
聞いている人には両者の違いが鮮明にわかったのではないか。

国府寺の根拠とされる史料は新しいもので他の史料での保証がないとか,
中国・唐の則天武后のやったことをまねた部分が多いとか,
朝鮮式山城は近畿への侵入を防ぐためのものであるとか,
すべての古代道は平城京へ続くとか,いろいろ出された。
それらについては私なりに反論したが,
「それは一元史観でも説明できますよ。九州王朝説は必要ないですよ」
と暗に言われているようで,私としてもファイトがわいた。

中世が専門で古代史はあまりよくわからないと謙遜されていたが,
さすが早川さん,よく勉強されていると思った。
ただし,古田武彦氏の本はあまり多く読まれていないのか,
文献と考古学の両方からご説明いただくともっと議論が噛み合うのかなと思った。
私も早川さんに刺激を受けて,さらに研究を深めたい。

昨日の部活動 7/13

昨日は,午後3時15分~5時45分のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

練習前に卒業アルバム用の撮影があり,
体育館まで3つのトロフィーを運んだ。
それにトトロ杯を加えた4つの優勝杯で撮影する。
もうこれからはこんなに多くのカップに囲まれることは
なかなか難しいとおもうが,
下級生たちもそれを目指して頑張ってほしい。

その後の練習は,県大会の相手を想定したもので,
コーチの試合相手分析はすごいと思った。
1回戦突破の勢いで,2回戦もいただきだ!
(もちろん3回戦もネ!!)

高温多湿に加え,「空き」なしの1日

昨日は気温も湿度もかなり高く,
しかも短縮授業などで「空き」が゜なくなり,
教材や学年の印刷・成績入力で時間をとられ,
加えて社会科サークルの資料準備で
大変しんどい一日だった。
さしもの肥さんも疲労困憊・ダウン寸前。
あと3日,なんとか乗り切りたい。

今日も他学年のクラスのファイルとワークの点検および成績入力で,
少ない「空き」時間を補うために早朝出勤をする。(本日が締め切り)

楽天がペレスの2試合連続弾などで34勝目

楽天000003100計4
西武000020100計3

楽天がペレスの2試合連続の本塁打などで,
前半の最後を飾る34勝目をあげた。

本当に素晴らしい選手が加入したものだ。
来日直後の2連戦に2本のホームラン。
しかも,両方が勝利に貢献する価値ある一発だ。
楽天の後半戦の活躍が期待される。

釜田が5勝目。
松井裕が19セーブ目。

2016年7月13日 (水)

「ふちゅう地下マップ~発掘!ここまでわかった武蔵国府」

上記の地図を持っていたことが昨日判明した。
これは先日の実踏の際資料館で川瀬さんがもらったものと同じと思われる。
かなり前に資料館を訪問した時にもらっていたが,
その時は国府や付属寺の京所廃寺に関心がなく,
「お蔵入り」していたものだろう。
今回江口さんの『古代武蔵国府の成立と展開』で
掲載されている地図が小さかったので失念してしまったが,
このカラー版を見れば区画施設(区画A)や東西道路も印象的で,
南の京所廃寺のところの京所通りと並行で,
東偏3度のの街並みが一目霊山であった。

ふちゅう地下マップ

P7120876


これによると,その東西の幅は,西の府中警察署あたりから
東の東府中駅あたりまで1キロ近く広がり,
(甲州街道ということは,旧甲州街道?にそった方位ということである)
国府「方八丁」の規模というのもまんざら嘘ではない。
今は府中の名だけが残り,国府国衙の名は消えているけれど。

学総体の代表者会議 2016

昨日上記の会議があって,上尾市民体育館まで出張してきた。
午後1時15分に着くためには,
2時間目終了あたりで出発しなければ間に合わない。
ほんと大変。将来はオンラインでの抽選を希望する。

さて,いろいろな説明が終わって抽選会へ。
さいたま市のように広くて人口の多いところから,
1回戦で当たらないようにとの配慮からクジ(箸に数字が記入されている)を引く。
前回の春の協会長杯の時には,端の方からうまり,西部地区が固まったのに,
今回はそれとは逆に真ん中から埋まり,端の方(シード校)の方が残っていった。
(そりゃそうだ。毎回同じようになったら,確率論は成立しない)
そしてついに1市1校の中学校がクジを引く順番となった。
残されたクジは2つ・・・4番と19番だった。
4番はチャンピオン富士見東中の近くで,19番はベスト4の熊谷東中の近く。
どちらも引きたくないが,なにしろ残っているのがこの2つしかないからしょうがない。
霞ケ関の先生に「レディーファースト」を告げて,私は最後のクジを引いた。

その結果,19番が私の手に残り,初戦は第1試合で「さいたま岸中」と,んかいは
それを突破したら第3試合で「熊谷東中」とのガチンコ勝負ということに。
関東大会をめざすためには,どうしたって強豪の1つや2つ破らなければならないが,
それが今回は「熊谷東中」だったということだ。
(富士見東でも坂戸桜でも同じことが言えるが・・・)

とにかくベストを尽くし,攻撃的なバレーを展開するのみ。
なぜなら攻撃している時が我がチームの一番いいところが出るからだ。
守りに入ったり,人任せにした時,どんなみじめな結果だったか,
それは思い出す例に事欠かないだろう。

攻撃あるのみ!
強気でベスト4を勝ち取ろう!!

詳しい組み合わせは,
以下のサイトを見てほしい。

学総体・県大会の組み合わせ
http://saitama-jhs-vb.com/28kumiawase2.pdf

楽天が投打が噛み合い33勝目

楽天が投打が噛み合い33勝目をあげた。
1回表,新加入のペレスが2ランを放ち先制する。

P7120873

(写真をクリックすると拡大します。ぺレスかホームインするところ)

すぐに浅村の本塁打で1点返されるが,
試合はそのまま1点差で続いた。
7回表に藤田が走者一掃の二塁打を放ち,勝負を決めた。
先発・塩見が5勝目をあげた。

2016年7月12日 (火)

社会科サークルでの報告のために

明日社会科サークルで古代史研究の報告をすることになっている。
歴教協の所沢サークルで,私が古代史研究の報告をするということは,
当然古田史学についての研究動向でいいので,その点は気が楽ではある。
(考えてみると,こんなサークルも珍しいと思うのだが,
なにしろこのサークルで私が35年間報告してきたのは,
ほぼ「仮説」と「古田史学」だけといっていいのだから仕方ない)

幸いこのサークルで武蔵国分寺跡にフィールドワークに行ったこともあり,
土地勘を持っている人も少なくないし,古田本の読者も少なくない。
そう考えてみると,摩訶不思議なサークルということなのであった。
閑話休題。さて,何を話すかのイメージトレーニング。

(1) これまでの武蔵国分寺研究への疑問

・塔と東山道武蔵道と尼寺が南北軸の地図の中に,金堂以下の西偏7度の主要伽藍の謎
・社会科サークルとのフィールドワークの経験(これを古田説ならどう考えるか?)

(2) 古田史学の会の古賀さんとのやりとりから,多元的「国分寺」研究のスタート

・2015年8月のメールのやりとり
・9月5日の有志によるフィールドワーク(『盗まれた「聖徳太子」伝承』の出版記念講演会の前日)
・2016年1月,古賀さん・宮崎さんと東京でオフ会(古田氏の追悼会の前日)
・多元的「国分寺」研究サークルの立ち上げ(肥沼がサイトを作る。意見交流の場を作る)
・川瀬さん・山田さんと肥沼のやりとりで,これまで歩んでくる

(3) 多元的「国分寺」研究サイトでの話題の紹介

・「国分寺」はなかった!(聖武天皇の「国分寺建立の詔」には「国分寺」という言葉は出てこない)
・2016年2月,「古田史学会報」に今井久論文「伊予国分寺と白鳳瓦」が掲載される
・川瀬さんの今井論文批判から今井論文のもとになっている『倭国とは何か』の庄司圭次論文にあたる
・2016年4月,『新修 国分寺の研究』7冊と『国分寺の創建』2冊の購入(国分寺研究の源へ)
・陸奥国分寺をめぐって,多賀城廃寺が九州王朝の中心の寺院である観世音寺式ということが分かる
・川瀬さんの批判により「陸奥国」はなかった!ということに(『真実の東北王朝』の再読)
・郡山廃寺(宮城県)も観世音寺式
・秋田城の付属寺院も観世音寺式
・庄司圭次論文の再読~学ぶべきこと(塔の位置や近くに白鳳の国府付属寺院がないか)とそうでないこと
・このあたりで川瀬さんより木下良著『国府』を紹介してもらう
・このあたりで山田さんがコメントを入れ始める
・6月下野国分寺のフィールドワークの際,「本朝三戒壇」である下野薬師寺を訪問()
・6月4日,常陸国分寺のフィールドワークに行ったことにより,古東海道は茨城廃寺と外城遺跡でストップし,
下野国府や下野国分寺にむかっていないことを発見
・6月7日,「国府の部族寺院」の分布図をグラフに描く(多くが白鳳寺院であり九州王朝の国府寺の可能性)
・6月12日,武蔵国府の付属寺院とされる京処廃寺跡のフィールドワーク(川瀬さんは郡家の付属寺院説)
・このあたりで南九州の3つの国分寺(薩摩・大隅・日向)の研究。山田さんのコメント多くなる
・このあたりで,「遠賀軍印」と「御笠軍印」の研究(南朝の尺と寸から北朝の尺と寸へ)
・このあたりで,武蔵国分寺への方向転換に向かう
・6月19日,『国府』掲載の典型的な国府跡である周防国府(山口県)を訪問する旅
・6月26日,千葉県の3つの国分寺である安房・上総・下総の国分寺跡を訪ねる旅
・このあたりで,川瀬さんが府中刑務所地下に国府の可能性を考えられる
・7月1日,川瀬さんと武蔵国分寺のフィールドワーク。土壇の形式について学ぶ
・7月2日,上野国分寺跡・国府推定地・山王廃寺などをフィールドワーク

・7月13日,社会科サークルで「国分寺の「謎」を解く!」を報告予定
・7月22日,古賀さん・宮崎さんとオフ会を行う予定

・夏休みに東北旅行(郡山市の遺跡,多賀城廃寺,秋田城跡,秋田孝季の故郷)の予定

昨日の部活動 7/11

昨日は,午後3時15分~5時45分の駒だった。
木下兄コーチにお世話になった。

3年生たちがそれぞれのスパイクをしているのを見て,
「こんなに成長するとは・・・」と漏らされていた。
それは私も同じで,やはりちゃんとした指導をまともに受けると
人間はこうも成長するものなのかと思う。
私は教員生活をこれまで35年間送ってきたわけだが,
その後半の10年間を男子バレーボール部という視点から
見ることができ,とても幸運だったなといまさらに思う。

県大会にも何度も連れて行ってもらい,
いろいろな先生方と交流することができた。
中学校の部活動についてはさまざまな問題があることは私も否定しないが,
運用の仕方によっては教える側も教わる側も大変有意義な時間を持つことができる。
それを実感することができたのは私の教員生活にとって幸いだった。

本日の代表者会議=県大会の組み合わせ抽選。
できることならもう一度,「いいクジ」を引かせてもらいたいものだ。

2016年7月11日 (月)

臼井正さんの「平安京の方位はどうやって決められたか」という論文

川瀬さんからヒントをいただいた「都の方位」の調査について,
検索の結果,以下の論文があることがわかりましたのでリンクしました。
ぜひお読み下さい。

平安京の方位はどうやって決められたか
http://www.kwasan.kyoto-u.ac.jp/hosizora/astron/astron1/astron1_P11-15.pdf

これによると,難波京・藤原京・平城京・長岡京・平安京とも
ほぼ南北軸と言っていいようです。

寺院については,個別に調べてみました。

・斑鳩寺(若草伽藍)・・・西偏20度?
・法隆寺東院(夢殿)・・・西偏20度?
・法隆寺西院・・・西偏3~4度

・薬師寺・・・ほぼ南北軸
・東大寺・・・ほぼ南北軸
・唐招提寺・・・ほぼ南北軸

・飛鳥寺・・・ほぼ南北軸
・川原寺・・・ほぼ南北軸

昨日おどろいたこと

昨日は坂戸西高校主催の強化試合に行ってきたが,
「外の空気」に触れて新鮮だった。
いくつか紹介しよう。

(1) 本川越駅の改築

今までぐるっと遠回りしていた感じの本川越駅ー川越市駅間。
西口という形で見事風穴が空いた。
ただ,私たちは近道ができてうれしくなったが,
川越の商店街の衰退が少々心配ではある。

P7100851

(2) 毛呂山の風景

こういう自然いっぱいのところに住んでいたら,
心が癒されるだろうなと思った。

(P7100852

(3) ユーモアセンス

・住ま居る(毛呂山の不動産屋の名前)
・国宝荘(毛呂山のアパートの名前)
・「鳩の落とし物に気をつけて下さい」(新所沢駅)

これらは,残念ながら画像なしてす。

(4) 後山合宿が36年で終了

私は後山合宿(赤門塾主催)の第1回の隊長でした。
21歳(大学4年)の時のことでした。
最近は,パソコン編集の豪華本です。

(P7100853


私の「ワークのチェック」法

学期末になるとテストのほかに
ノートやワークの点検がある。
私はノート点検はテスト返しの残り時間でやってしまうので,
ここでは「ワークのチェック」について書いてみる。
短時間で行うために,以下の工夫をしている。

(1) 社会科係に番号順に並べておいてもらう。
(2) その教室にワークの山を持っていき,空き教室の時(または休日)にチェックする。
(3) 教室の真ん中で行い,何人かずつ生徒たちの座席に返却しながら行う。

そうすると,だいたい1時間で全員のワークはチェックが終了する。
(休日が一番能率が良いということになる。部活の合間などを利用)
もしもっといいやり方があったら教えて下さい。

よく職員室に山のようにワークやノートを積み上げている先生もいるが,
自分で自分の首をしめることになるので,以上のように私はやっています。

県大会へ向けての強化試合 7/10

昨日,県大会へ向けての強化試合を
坂戸西高校が開催してくれた。
(会場は,旧毛呂山高校の体育館)
木下兄コーチにお世話になった。

県大会にエントリーされた3校と坂戸西高校のチームの
合計4チームと戦った。
試合結果は,以下の通り。

対勝瀬中 26ー24

途中まで8点差の23ー15としながら,
1つのミスをきっかけに「あわや逆転」の大ピンチ。(。>0<。)
しっかり勝ち切らないとね。

対霞ヶ関中 25ー11

初戦の反省からリズムよく得点を重ねたが,
最後に5連続失点は要反省。

対坂戸西高校 9ー25

スピードも迫力も役者が違った。
これで「3年生がオープンキャンパスに行っていて留守」
というのだから驚きだ。
今年度本校から入学したN君も,
はつらつとプレーしていた。

対大井東中 25ー15

中盤粘られたが,9ー9から連続7得点。
追いすがる相手チームを振り切った。
県大会を勝ち抜くには,こういう爆発力が必要だ。

6月1日の協会長杯・県大会から,しばらく実戦をしていなかった。
(修学旅行や職場体験そして期末テストのため)
ドキドキしながら参加した強化試合。
県大会へ向けてのいいステップにしてほしいものだ。

午後から2年生3人は学校に戻り,
3年生の自主参加のN君を含めた合計13人で
コーチの指導のもと1年生と練習を行った。
なにしろ彼らが新人戦で戦うのは,゜
2年生主体のチームなのだ。(1年間の差は大きい)
少しでも学年間の差を縮めて,
新人戦で県大会に出場をしてほしいし,
それが1年生大会の成績にも影響してくる。
新「新チーム」の県大会への道は,もうすでに始まっている!

PS 私も学校に戻って,ワーク点検を行った。
ここのところいろいろあったが,なんとか「遅れ」を取り戻しつつある。
あとは成績付け(評価・評定)と社会科サークルが今週の課題。
おっとその前の火曜日には,代表者会議が上尾市民体育館で行われる。
忙しい忙しい。w(゚o゚)w
試合相手の抽選では,ぜひ良いクジを引いてきたいものだ。(o^-^o)

2016年7月10日 (日)

「私を大宮に連れて行って」

3丁目のマスターのサイト「ぽたぽた日記」が,
「大宮へのポタリング」をアップしています。

塩サバ定食と寿司大盛りが私を誘います。
もう「私を大宮に連れて行って」という感じです。

「ぽたぽた日記」
http://supernorio.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-88a1.html?cid=113518394#comment-113518394

なお,この3丁目のマスターは,「3丁目の夕日」で知り合った方なのですが,
話をしていくうちに私と同じ大学・同じ学部・同じ学科ということがわかり,大変びっくりしました。
もう一人,神保町「奥野かるた」のご主人も同じことが判明しています。縁ですねえ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しばらく掲載していなかった 「あいせだ★ブログ」 では,
最近ずっと「上京から現在まで」を「あいせだ歴史」として綴っています。
その中に私のことも・・・。

その部分だけ切り取ってありますので,
興味のある方はご覧下さい。
あまりに褒めすぎで恥ずかしいですが・・・。
ちょっとは褒めてもらいたい自分もいたりして。(笑)

「あいせだ★ブログ」

「aisedarekishi.docx」をダウンロード

実は,上記の「3丁目のマスター」はもっとも早い時期に
「愛の世代ズ」のDVDを買っていただいた方です。
その縁で両者のサイトをコラボしてみました。

7月後半への「戦略」

パソコンのトラブルもあって,
6月下旬から7月上旬はバタバタした。
これから7月の後半は,
そうならないように過ごしたい。
そこで,7月後半へ向けての「戦略」を。

(1) 社会科

京都パスカルの「人体解剖図」まで行けるかどうかは微妙。
無理をしないで,二学期のスタートにする手もあるか。

(2) 部活動

現チームの集大成の学総体・県大会が26日(火)から。
最初で最後の関東大会へのチャンスである。
12日(火)に代表者会議で運命の抽選が・・・。

(3) 古代史研究

時間ができる夏休みに,「遅れ」を取り戻したいところ。
8月半ばの東北への旅(福島・宮城・秋田)も楽しみ。

(4) ダイエット

3キロ減量までは行ったが,これから夏休みにあと2キロは絞りたい。
定年までの最後のチャンスかも。暑い夏こそダイエット。

(5) ライフプランセミナー

8月半ばに上記の会合がある。退職間近の先生の会合だ。
まさか私がそれに出ることになろうとは,30年前には思いもしなかった。

昨日の部活動 7/9

昨日は,午後1~5時のコマだった。
木下兄コーチと本コーチにお世話になった。

卒業生(高1)が3人応援に来てくれた。
彼らも高校でバレーボールを続けている。
そういう先輩の姿に触れることができることは幸せなことである。
「彼らの姿そのもの」が手本となるからである。

後半は試合形式で,何セットか行った。
いずれも接戦だった。

遅れていた県大会のエントリーを昨日行い,
先ほど中体連のサイトを見たらエントリーされていた。
(遅れをとらないでよかった!)
以下に掲載してみよう。

男子40校
東部10 ○越谷光陽 ○松伏二 越谷西 吉川南 蓮田平野 春日部豊野 春日部武里 春日部緑 
西部5  ○富士見東 ○所沢上山口 ○ふじみ野大井東 ○坂戸桜 ○川越霞ヶ関  
さいたま市9 大砂土 ○木崎 本太 植竹 岩槻 八王子 ○内谷 ○岸 ○宮原
北足立北部4 ○上尾東 上尾 上尾上平 ○桶川西
北足立南部7 ○川口青木 ○新座 ○川口芝西 ○川口西 川口南 草加瀬崎 戸田 
北部5 ○深谷上柴 ○秩父一 ○熊谷荒川 ○熊谷東 ○上里北

保護者および家族の参観も6名あった。
ありがとうございました!


2016年7月 9日 (土)

ようやく区画Aが見つかった~遅々たる歩み

肥さんへ・追伸
 先のもともとの多摩郡家のありかについて。
 区画Aのすぐ南側を走っている東西道路Bですが、
これは京所道とその傾きがほぼ同じだと思いますし、
区画Aの南辺は、この東西道路に平行しているようにも見えます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肥さんへ
 東偏3度の町並みの中心に区画A、その南部に多摩寺です。
 この地区の出土物は、江口さんの「古代武蔵国府の成立と展開」に詳しく書いてあります。
ちゃんと出土場所の分布地図を含めて。第二章武蔵国府の成立と展開を精査してください。
 人のふんどしで相撲をとらないで(安易に人に尋ねないで)自分で本や論文を読んで証拠を探してください。
何度も言いますが国分寺研究は肥さんの課題であって、僕の課題ではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上のような川瀬さんの叱咤を毎日いただきながら,
私の遅々とした歩みは再開する。(ようやくテスト返しも終了した)
私はどうも川瀬さんのように論理的に文章だけで内容を理解できる能力が低いらしく,
川瀬さんが詳しく書いて下さっている文章の何割も読み落としているようだ。
また,江口さんの地図はかなり縮小されていて,区画Aをなかなか発見できずにいたこともある。
私も目の前に色付きの地図が示されれば「なるほど,そういうことか」とわかるのだが,
文章と縮小地図からだけだと,トンチンカンな方向を探していたりするのである。
(そういえば実踏の時,「私は一度行った土地は忘れない」と川瀬さんは言われていたが,
私は何回も行って初めて納得する方らしいです)

もしかしたら私と同じような読者もいるかもしれないと思うので,
私がようやく見つけた区画Aと多磨寺や東西道路Bの位置関係について,
図(写真)で見ていただこうと思う。
本になるとしたら,私はこの図をカラーで入れてよく見ていただきたいと思うからだ。
(写真をクリックすると拡大します)

P7090849

P7090848

ところで,この区画Aの東偏の角度はとても3度とは言えなく,もっとありそうだ。(10度くらい)
実際江口さんも,9~15度と書いておられる。
川瀬さんもそのことをわかって,次のより東偏の少ない東西道路Bの角度に目を向けたと思うのだが,
そうすると以下のの3つの東偏の街並みがあったことになると思った。

(1) 南北軸(東偏0度)の街並み・・・府中は中世の名称なので,鎌倉街道もあり12~14世紀頃?
(2) 東偏3度の街並み・・・京所廃寺と同じだとすると7~8世紀か
(3) 東偏9~15度の街並み・・・9世紀までは存在したという

これらはその距離の近さから,同じ時代にあったとは思えない。
(2)→(3)→(1)という順番で変遷していったのだろう考える。
いかがでしょうか。

その恐ろしい事件は,二週間前に起こった

その恐ろしい事件は,二週間前に起こった。
パソコン落下事件である。
こともあろうに大事なパソコンを
アスファルト地面に落としてしまったのだ。

それにはちょっと説明がいるだろう。
そもそも私が前回パソコンを購入したのは,
軽くて持ち運びできて,旅行の際持ち歩けるミニノートだったからだ。
ちょうど「XP」から一挙に「10」にしようとしていて,
発売直後で,しかも「Wi‐Fi」ともペアになっていた「Surface」機が目に止まった。
頭脳部分を立てて使用し,冷却についても考慮していることもうれしかった。
発売直後のもので値段の割引もあり,私は12月5日にそれを購入したのだった。
それからしばらくは,このパソコンとの蜜月が続いた。

ところが,不幸はいつの間にか私の身辺に忍び寄っていた。
パソコンを打ち終わって立ち上がろうとした瞬間,
手から急に重さがなくなり,「あれっ」と思った時にはもう遅かった。
頭でっかちな構造もあって(人間も同じ構造だが),
本体の左上部分がアスファルトと激突。
かなり大きな損傷を受け,画面の右下まで亀裂が・・・。

セーテープを「応急処置」で貼って,パソコンの修理の相談にも行ったが,
「自己責任」「保証期間は過ぎている」では,修理してもその後のことが心配だ。
なにしろ,調子の悪い時は突然画面の大きさが変わってしまったり,
ポインターの矢印が画面上に現れなかったり,
急に画面が別のものに変わってしまったり・・・
もう書くのもわずらわしいことが2週間にわたって続いたのだった。

パソコンが調子のよくない時にはインターネットカフェに行って,
早朝にその店でブログの更新をしたりもした。
当然そのためにはお金がかかる。
もともとアナログ人間だった私も,15年ほど前からは
けっこうでデジタルな人間に変わってきていて,
何かをする時のきっかけがパソコンということにになってしまっている。
結局修理も考えたが,先々のことも考えて新しく同じものを買うことにした。

今書いている文章は,その新機による最初のものである。
これからしばらくお世話になる。
お気に入りのサイトも,先ほどパソコンに呼びこんだ。
今度は前回のようなミスをしないように気を付けたい。
お財布から出て行った9枚の福沢諭吉を忘れないようにしよう。
ということで,今後ともよろしくお願いたします。

この2週間優しい言葉が身に沁みました。
ありがとうございます。
人間はやはりお互いに優しくし合わないと,
いらぬトラブルを招いたり,気持ちが落ち込みます。

あと1週間,県大会エントリー,ワーク点検,成績入力とあわただしい日々が続く。
また,県大会も2週間前になってきて,土日は身動きがとれない。
しかし,これからは新機のパソコンで仕事ができるし,ブログの更新も素早くできる。
夏休みまで,あと1週間。もうひと頑張りだ!(o^-^o)

「ボランチはポルトガル語です」

社会科の期末テストに,
「ポルトガル語から来た言葉を書きなさい」
という問題を出した。

もちろん「パン」「カステラ」「カルタ」などを
念頭に置いての出題だったが,
その回答に表題の回答があったわけである。

サッカーのメッカブラジルの言葉は,ポルトガル語である。
なので,サッカー用語にはポルトガル語由来の言葉が
あってもおかしくないわけであるが,これもやはりそうだったか!
ちなみにボランチは「ポルトガル語で「舵(取り?)」の意味」だそうだ。
守備と攻撃の間にいて,ゲームの舵をとるというわけだろうか。

「日本語とポルトガル語」で検索してみたら,
以下のように一覧が載っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本語とポルトガル語

キリスト教関係
キリシタン(キリスト教徒を指す古い言葉)、デウス(※ラテン語も同形)、バテレン、
イルマン、クルス、人名(小西行長の洗礼名アゴスティニョ、内藤如安、細川ガラシャ)

衣服関係
合羽、襦袢、ボタン

食・嗜好品関係
カボチャ(「南瓜」と当てる)、コップ、金平糖、タバコ(「煙草」と当てる)、天ぷら、パン、
バッテラ(鯖寿司)、ボーブラ(カボチャを指す一部地域の方言)、ボーロ

その他
おんぶ、かるた、トタン、ビー玉、バンコ(縁台を指す一部地域の方言)、
先斗町(京都の地名)、煙草谷(日本語の姓、山口県周南市)
 ↑
「♪ 富士の高嶺に降る雪も 京都先斗町(ぽんとちょう)に降る雪も・・・」は,
ポルトガル語であったか・・・。w(゚o゚)w

テスト返しも終了

一昨日3クラスにテスト返しを行ったが,
昨日も3クラスにテスト返しを行い,
合計6クラスのテスト返しが「最短時間」でできた。
これで来週は授業から入れるぞ!

唯一授業があったのが7組である。
7月の手品「エレベーター・トランプ」を披露した後,
まだ7組とはやったことがなかった授業プラン「狭山丘陵の自然と歴史」の
前半をみんなで楽しんだ。(昨年度ブレイクした自作の授業プランです)

話題が身近な地域のことだったこともあり,
また授業署《世界の国ぐに》で仮説実験授業の楽しさを
味わった経験もあって,気分もノリノリ。
あっという間に前半を終了した。
来週後半をやり,最後は何か夏らしい1時間を考えたい。
(実験の多い「空気と水」の第二部もいいなあ)

昨日の部活動 7/8

昨日は,午後3時15分~5時45分のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

蒸し暑くて体調を崩す生徒も出ているが,
県大会まであと2週間程。
ぜひ万全の態勢で臨みたいものだ。

テスト返しも昨日で終了したので,
まず本日は県大会のエントリーから
部活の仕事を再開したい。(成績のこともあるが)

明日の坂戸西高校(会場は元の毛呂山高校)へは
私が帯同できることになったので,道案内はご心配なく。

楽天が接戦を制し32勝目

楽 天002000001計3
ソフト000020000計2

楽天が接戦を制し32勝目をあげた。
楽天・則本とソフト・和田の両チームのエースが先発。
3回表に楽天が安打のオコエからのチャンスを生かし,
2点先制したのが幸いした。
その後同点にされるも,9回表に一死二塁から
銀次がタイムリーを放ち,ランナーの今江が生還した。

則本が9勝目。゜
松井裕が18セーブ目。

2016年7月 8日 (金)

街並みや字地名は歴史の証言者

今多元的「国分寺」研究サークルでは,
国分寺の隣町である府中について調べているのだが,
時代によって中心地がかわると街並みが変わり,
字地名も時代によって変化するなどという醍醐味を味わっている。

どうも府中という街は,その複合的な要素の詰まった町である。
南北軸の目立つ街並みの東には,あきらかに東偏3度の街並みの痕跡があり,
私たちが多摩の郡家の付属寺と考えている多磨寺は,
その東偏3度の傾きに沿って建てられている。
(府中の地図を買って,赤と青で塗り分けたい欲望にかられている!)

また,府中という名称だが,中世の政治的中心をあらわすもので,
順番からいうと,国府→国衙→府中と変化していくようである。
その国府や国衙や府中という地名が今も字地名として残されていることが少なくないので,
私たちが研究のとっかかりにできるというわけなのだ。

ところで,今のところ府中には,国府や国衙という字地名が見つかっていない。
絶対ここにあったと考古学的にも思うのだが,見つかっていない。
すると私たちは,なせ府中にはそれらが見つからないのだろうという
新たな問いを頭において次の研究が始まるのである。

「解体新書も楽しみです」

期末テストの「埋め草」に,授業の予告として,
「解体新書のところで,〈人体解剖図〉という工作をします」と書いたら,
それに応えて「解体新書も楽しみです」と
感想に書いてくれた生徒が少なからずいた。

その際「も」という一文字が重要である。
つまり前の段の「かるたも,ビデオも,手品も」楽しかったので,
「解体新書も」楽しみですという構成だからである。

だいぶ前から,テストの最後に「授業についての感想」を書いてもらっているが,
フツーの授業の合間にある楽しみごとを思い出せるようにしている。
すると生徒たちの多くはそのことについて書いてくれるし,
私もそのようなうれしい感想に励まされながら採点できるというわけだ。
教育の世界も「win - win」の関係の中に秩序が成立しているということである。

昨日の部活動 7/7

昨日は,午後3時半~5時45分のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

テスト期間が明けて,部活動が再開したが,
夏休みに向けてのいろいろなことも
テストの採点と並行していろいろことをやらなければならず,
昨日は以下の二点を発行するにとどまった。

(1) 夏休みの部活の予定
(2) 坂戸西高校のミニ大会周辺の動き

そのほかに昨日は,

(3) 夏休みの動静表
(4) 体育祭の応援について

というのも作った。
コーチに「県大会のエントリーがまだですね」と言われてしまったが,
まさにその通りで,テストの採点があと2クラス(役3時間)で終わるので,
その次の仕事がそれになる。(土曜日の午前中になりそう)

なにしろ,生徒たちはテストをすればすぐ返却されると信じているし,
私もできるだけ早く返却したい(授業に戻りたい)と思っているので,
体が一つしかないのが本当にうらめしい。
かといって徹夜などこの年で無理をすれば,そのしっぺ返しが来るのは必至なので,
そのぎりぎりのところで生活している次第。

それぞれの締め切りをにらんでやっているので,
よろしくお願いしますね。

2016年7月 7日 (木)

「備中ぐわの絵を描きなさい」

昨日で期末テストが終了した。
江戸時代のところだったので,上記の問題を入れてみた。

私も授業の際板書しているので正答率は高かったのだが,
時には絵で描かせる問題もいいなと思った。
いろいろな備中ぐわが登場して,それぞれの生徒の認識もわかる。
中には,千歯こきと合体した武器のような備中ぐわもあったりして・・・。

昨日の部活動 7/6

昨日で期末テスト終わり,
部活動がさいかした。
木下兄コーチにお世話になった。

昨日は再開初日だったので軽めの調整だったが,
今日からは県大会を見据えた練習になっていくと思う。
3年生にとっては最後の大会である。
悔いを残さず戦っていこう!

まずは,坂戸西高校(会場は,旧毛呂山高校)でのミニ大会である。
いろいろな学校とできるのが楽しみである。
日曜日の午前6時40分下山口駅集合。6時47分発に乗る。
目的駅は,東武線の川角(かわかど)。
1200円ぐらい。弁当も必要。

※ 1年生は午後から学校で練習。
2年生はミニ大会後,コーチの車で学校に戻って合流。

2016年7月 6日 (水)

やってはいけないと思うとやってしまう人間の心理

人間一番悩ましいのは,
自分で自分のタブーを作ってしまうことである。
何かをやってはいけないと思うと結局そのタブーにしばられて,
やってしまったあげく自分を責める。負のスパイラルだ。
野球で「エラーしてはいけない」と緊張するというのは,
実は「エラーする準備をしているのに等しい」というわけである。

こういう時は,「~しても大丈夫」「~するわけがない」と暗示をかけて
そのタブーからの解放を目指したい。
ピッチャーなら「打てるものなら打ってみろ」という感じ。
バッターなら「どこにでも投げてこい」という感じ。
そういえば,野手が構える時「バッチ,来い!」というが,
これは「どこにでも打ってこい。処理してやるぞ」という意思の表現で,
「エラーしたらどうしよう・・・」という不安から逃れる暗示を
自らにかけているように思う。

タブーの逃れ方の別な例として,「成功者と一緒にいる」というのがある。
成功者はかなり常識とは違うことを平気でするので,
そばにいるとタブーにとらわれない生き方を真似できるからである。
私は古田武彦氏や板倉聖宣氏に大変お世話になってきたが,
中でも一番お世話になったと思うのが,
「こんなことやっていいんだ」「こういう研究の仕方もあるんだ」というのを
著書ばかりでなく,身近に見ることができたことだと思う。

タブーというのは,自分の能力発揮の最大値とも関係してくる。
「私は能力がないから・・・」と自分を過少評価していると
結局その言葉通りに自分を規定してしまうことにもなる。
じゃあ,「自分はすごい才能を持っている」と
言葉だけで言えばいいのかとそうではなくて,
「私はこんなことも突破してきた」「次の困難もきっと突破できる」と
自らを縛るタブーの壁を切り開いていく力を持つことではないかな。

以上,心屋仁之助氏の話(YouTube)を聴いて思ったことである。

ハリーポッターの続編が・・・

長い間私たちを楽しませてくれたハリーポッター。
その続編が今年の11月に出るらしい。
これは高崎の本屋さんの店に出ていたポスターだが,
『ハリーポッターと呪いの子』という題らしい。

二児の父となったハリーに何が待ち受けるのか。
あと4か月楽しみにしていたい。(o^-^o)

P7020832


「北」は移動する~磁気学の成果を歴史研究へ

このところ「西偏7度」だとか「東偏3度」だとか,
「肥さんの夢ブログ」に似つかわしくない話題が多いが,
今力をいれている多元的「国分寺」研究のなかで,
その南北方位が問題となることが少なくないからなのである。

その昔まだ磁石というものが発見されていなかった頃は,
太陽が昇り沈むのを観察して生活した。
北半球では南側を太陽が通るので,
人々はだいたい南向きに家を建てて住んできた。
これは今も大きく言えば変わらないのだが,
磁石が登場して「北」というものが登場してきた。
北極星の指す「北」と磁石の指す「北」は必ずしも同じではない。
しかも地球自身が大きな磁石といってよく,
時代によって「北」が変わるときている。

極端な例では,南北が逆転しまっている時期もあったらしく,
それが日本で発見されたこともあって,
外国の磁気学の研究者が明治時代にはたくさん来たらしい。

それらの研究が積み重なり,
今や長いスパンで利用できるようになってきている。
科学的な歴史研究というと,放射性炭素の利用や
年輪年代測定法などがよく話題になるが,
この磁気学を利用して年代を推定することも可能になってきた。
私はこれをいいことだと思うので,
ちょっと耳慣れないとは思うが「夢ブログ」の読者にもお伝えしたいと思い,
記事にしているというわけなのです。

P7060843


あやうく「かみ」に見放されそうになった話

所沢市の教育予算がまた削られて,
あやうくテストが刷れなくなりそうになった。
というのは,少ない予算にあえぎながら
日々裏紙で職員連絡の用紙やファックスの受信,電話のメモなどに
リサイクルして頑張っているわけである。

しかし,テスト用紙だけはそうはいかず,
テストを行うすべての先生がきれいな紙で印刷したわけである。
するとどうなったか・・・。

大御所・肥さんが印刷室に登場した午後5時頃には
ついに紙が底をつき,私が終わった時には残り数百枚になっていた。
数百枚というと多そうだが,学年の人数が200人ほどだから,
2枚ずつ刷ったらそれで400枚なくなるということなのだ。
つまり私が最後の印刷をしたのだと思うが,
あやうく「かみ」に見放されそうになったという次第。
危なかったあ~!(。>0<。)

2016年7月 5日 (火)

緊急指令!「東偏3度」を追え!!

今までは「西偏7度」が気になっていたが,
今度は「東偏3度」へ方向転換だ。
「磁石を使わない方式」の建物には,
この数値が現れるらしいからだ。

そうと決まったら,調査開始である。

(1) 京所廃寺(武蔵国)・・・東偏3度(まず一丁上がり!資料館でコピーを取っておいた甲斐あり)
(2) 信濃国分寺跡(信濃国)・・・東大寺式の伽藍配置なのですが・・・

とりあえず,今はここまでにします。
なにしろ,まだテストができていない身です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ この話題についてのトレーニングのために
方位・方角を調べる方法 ~方位磁石は、ズレている~
「情報屋」
http://情報屋.com/archives/3554

二条城と「東偏3度」問題
http://www.mag2.com/p/news/31186/2

2016年7月 4日 (月)

テストモード

今週は,テストモードに入ります。

月・・・テスト監督表作り,テスト作り(材料集め,下書き)
火・・・テスト1日目,テスト作り(清書)
水・・・テスト2日目(社会科),3クラスの採点
木・・・3クラスのテスト返却,3クラスの採点
金・・・3クラスのテスト返却

まあ,これが私の仕事ですから,
せいぜい頑張ってやらせてもらいます。

考えてみると,これを35年間やってきたのだから,
年間5回として百数十回も
テスト作り+採点+テスト返却してきたわけである。
この激務に耐える体を与えてくれただけでも,
両親に感謝しなくてはならないな。(o^-^o)

2016年7月 3日 (日)

再び「7度西偏の謎」

武蔵国分寺跡の金堂・講堂・中門は7度西偏していて,
それが塔や尼寺や東山道武蔵道の南北方位と大いに違うことに気が付いたのが,
そもそも多元的「国分寺」研究の始まりだった。

その後この議論は,国府に付属した寺院が
国分寺より古い白鳳瓦を出土することが多いなどから,
これが九州王朝が最初に建設した「国分寺」(国府寺)ではないか。
それを洗い出していこうという方向に向いている。
もちろんこれが一番の仕事ではあるが,
最初の疑問点(7度の西偏)はまだ解けていない。
しかし,全国の寺院の検証をしているうちに,
どうも関東辺りでは7度ぐらいなのが,
九州ではより小さく振れ,北へ行くと大きく振れていることが分かってきた。
私のような素人には,「これは方位磁石を使う文化が入ってきたのである」と
単純に思うのであるが,いかがであろうか。

その時に参考になるのが,指南車と呼ばれる中国の道具である。
これを使うようになって「より北が正確にわかる」という時代がきた。
「今までの北を捨てて,科学的に北を測量して
宮殿を建てよう」という時代が来たのではないか。

多元的「国分寺」研究サークルの議論の中で,
尺とか寸の長さが北朝のそれらに統一されていった様子をグラフに書いた。
ちょうど南北朝が対立をし,北朝が南朝を倒したあたりに
そんな変化に対応するような事実がなかっただろうかと思って検索してみた。
すると,以下いくつかのユニークなサイトにそのヒントになるような記事が出ていた。

神韻芸術団のブログ
https://ja.shenyunperformingarts.org/blog/view/article/e/ugdOb8AJUlE/category/latest/%E7%BE%85%E9%87%9D%E7%9B%A4%E3%82%92%E8%B6%85%E3%81%88%E3%81%A6%EF%BC%9A%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%99%BA%E6%98%8E%E3%81%AE%E6%95%B0%E3%80%85.html

マグネット・キッズ
http://www.magfine.co.jp/magnetkids/secret/history.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

永久磁石と磁気科学の歴史


【大昔の永久磁石】


紀元前600年
天然の磁鉄鉱・マグネット(ギリシア)

紀元前240年~20年
慈石と司南および羅針盤(中国)

220年~400年
指南車についての諸説と指南魚(中国)

700年~800年
日本の磁鉄鉱発見(日本)

1100年~1600年
羅針盤の進化と大航海時代(欧州)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これらによると,ちゃんとした指南車はだいぶ時代がさがるが,
お皿の中に魚方式については,もっと早くて
南北朝の時期にポイントありと考えていいのではないかと思った。
それまで,太陽が昇り沈む位置を基準に東西南北を決めてきた南朝の古い方位観は捨て去られ,
北朝(隋と唐)が採用したものは,どこに行っても磁北を得られる
新しい「科学的な知識」に基づいた建築法が導入されたのではないか。
そんな「真夏の世の夢」のような妄想が私を襲ったのだった。

PS 今日も30度超えの予報です。熱中症に注意のこと!

千里の道も一歩から(表にしてみる)

川瀬さんはすごく論理的に考えをおし進めていくタイプで,
もしかしたら「書きながら考えていく」ことができるのだと思うが,
私などはほとんどその才能に恵まれず,
ただただすごいと感心しているばかりである。
(私はグラフのように,ぱっと見てやっとわかるタイプなもので)
しかし,なんとか歩みを前に進めようと考え,先ほどひらめいた。
そうだ,グラフにできなければ「表にしてみる」という手があったぞ!,と。
試しに基壇の特徴から建設時期を推し量るという議論を表にしてみた。

          方位 基壇構造       建設時期

塔1       南北    3のa(版築・乱石積)  同じ
塔2       南北    3のa(版築・乱石積)  同じ

金堂       7度西偏 3のa(版築・乱石積)  同じ
講堂(最初)   7度西偏 3のb(版築・瓦積)    違う ★
講堂(補修)   7度西偏 3のc(版築・専積)    違う  ★
中門       7度西偏 3のa(版築・乱石積)  同じ

尼寺       南北    3のa(版築・乱石積)  同じ
東山道      南北   

おー,これなら私のような者にも,
川瀬さんのおっしゃっていることがよくわかる!
私にもこの研究会に存在すべき価値がある!!
と,自分で自分のことをほめてやった次第。
「千里の道も一歩から」ということわざがあるが,
私のような読者がもし少なくないとすれば,
このような表やグラフや写真を
ふんだんに使った本を目指したいと思う。

PS もちろん川瀬さんは川瀬さんのやり方で,
どんどん国分寺や国府と国府寺のなぞ解きを進めていって下さい。
それが,ゴールに一番近いと思いますので・・・。

PS2 「武蔵国分寺の導入文」も私のパソコンの中で,
少しずつは形を作られつつありますので,しばしお待ちを。

PS3 「7度西偏」のような大きな計画変更が行われたということは,
やはり急激な政治的変化が起きたのだと思うし(白村江の戦い→九州王朝の滅亡),
例えば南朝系諸国ではまた取り入れていなかった方位磁石の使用(磁北)を,
すでに北朝(隋や唐)では取り入れていたのではないかなどと勝手に思う次第です。
(論証はできませんが,私得意の直感で) 

久しぶりの上野国・古代史の旅

高崎サークルのある日の午前中は,
かつては古墳巡りをしていた。
今は国府・国分寺を中心とした多元的古代の研究である。
古墳もいいけど,今はやはり「本当の歴史を見てから死にたい」という思いが強い。

(1) 総社神社

元総社町にある。なかなか立派なつくりで,総社の名にふさわしい気がした。

http://www.net-you.com/souja/goshintoku.html

(2) 宮鍋神社(上野国府跡)

とても小さな神社で,地下を掘ってみなければわからないが,
スペース的にはこの辺りなら方八丁が収まりそうなスペースではある。

http://www.pref.gunma.jp/03/x4500030.html

(3) 上野国分寺跡

3か所が教室数個分くらいの面積で発掘されていた。土日は休みで,ブルーシートに隠されて様子はわからないが,資料館の方の話では,経堂や鐘楼を探すためではないかという。新たな金堂にはチャレンジなし?

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E9%87%8E%E5%9B%BD%E5%88%86%E5%AF%BA%E8%B7%A1


(3) 山王廃寺(日枝神社)

おしゃれな心礎石と根巻石や石製しびはもちろんよかったが,こんなに価値のあるものをここに無造作に置いといていいのかなあ。
ほかに境内に6つほど,これも無造作に巨大な礎石が並べてあった。

http://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi/230/266/267/p008118_d/fil/sannnou.pdf

私を1時間半のあいだ,快適に運んでくれた歴史好きの運転手さんに感謝いたします。

高崎サークル 2016年7月

昨日は,上記のサークルに参加してきた。

参加者は,品川さん,美里さん,峯岸さん,永島さん,新井さん,
星野さん,小林さん,都丸さん,と私の9名。

資料は,私のカウントでは17点だった。

スタート講演は,品川さん。
「子どもたちが感動した〈マメの話〉の授業」という題名で,
山田正男さんと板倉先生が作られた最新の授業書の授業記録。
夏の大会の時でその概要を報告することになっているそうで,
板倉先生が関わられた授業書ということもあって,緊張されているようでした。
しかし,子どもたちの授業評価と感想は大変素晴らしく,
文句なしに授業書と言えるとのことです。
「自発性というのは,素晴らしいもの」という言葉が印象的だった。

P7020835

(1) 品川さん~子どもたちが感動した〈種の話〉の授業
(2) 肥沼さん~トランプ手品「カードが一番上に移動する!?」
(3) 肥沼さん~朝バナナダイエットで3キロ減量

(4) 肥沼さん~授業プラン「ハングル」の授業
(5) 肥沼さん~江戸時代に「いろいろな種の標本」と「人体解剖図」を
(6) 肥沼さん~日本初の「国分寺」(国府の付属寺)の分布図

P7020834

(7) 峯岸さん~夏の坂道(黒田さんの新作・道徳授業プランの追試)・・・みんなで予想もしました
(8) 峯岸さん~上松君のランドセル(峯岸さんの授業プランの追試)を長さんの代わりに報告
(10) 峯岸さん~ガリ本「たのしいマット運動への道」のまえがき

(11) 峯岸さん~〈前転〉解説
(12) 峯岸さん~おりぞめ〈銀河K〉
(13) 峯岸さん~4年1組学級通信「オレンジ」・・・一学期の成績について(通知表の見方・考え方)
(14 )峯岸さん~僕と夏の大会(先月も配付)
(15) 新井さん~「おりぞめで作る学級目標」の追試・・・なんかワクワクしてくる感じですね

(16) 新井さんの「トウモロコシ」
(17) 永島さんの「シベリア原産ルバーブ」

米 ルバーブ
http://www2q.biglobe.ne.jp/~sakai/rhubarb.html

今日も楽しい時間を過ごせました。
古代史の話に時間をとらせていただいてすみません。
今度は「10分以内」でやります。m●m

品川さんへ・・・品川さんは夏の大会に「元気で参加する」のが一番の仕事です。
だって,みんな全国から品川さんの笑顔に会いに来るんですから。
それなのに,その品川さんが欠席していたら,みんなガッカリします。
あと3週間,やれることはやって(やれないことはやらないで),
仮説を立てて楽しみながら迎えましょう!
(夏の大会は,みなさん「参加できただけで最低限ОK」だと思いますよ)

P7020803


楽天が接戦を制し31勝目

西武030000002計5
楽天00400300×計7

楽天が接戦を制し31勝目をあげた。
3点リードされて迎えた4回裏,
ウィーラーの3ラン等で逆転すると,
続いて6回裏さらに3点を追加,
追いすがる西武を突き放した。

美馬が6勝目をあげ,
チームとしても久々の貯金ができた。
これで4位に浮上。

2016年7月 2日 (土)

武蔵国府の所在地候補に,川瀬説が加わるかも!

「府中市の歴史」サイトには,武蔵国府の候補として,
次の5つの候補地が出ている。

1)御殿地(府中本町東側の台地)
2)坪宮(市立第3小付近)
3)京所(大国魂神社境内)
4)高安寺
5)高倉(分倍河原駅西側の台地)

中でも京所は多磨寺という付属寺を持つことなどから,
武蔵国府の最有力候補とされ,本に書かれたり,
「遺跡の復元」がされたりしている。(ちっちゃいけどね)
それに対して,昨日真っ向から異説が提出された。

6)府中刑務所敷地付近の「方八丁」的な広がり

というものである。
この地は明治後半に府中刑務所が建てられたこともあって,
ほとんど発掘調査されているとはいえないのだが,
地図上で現在の府中市の大國魂神社とは国分寺道で南北につながっており,
東山道武蔵路ともその道は並行して走っていて,
この地域の平らな土地を「木刈場」としてしか利用していないとは考えられない。
また,平坦地なのにも関わらず,今有力地とされている京所と国分寺とは,
2キロ以上離れることにもなり不自然。
国分寺により隣接した府中刑務所付近に初期武蔵国府を置くのが自然と
川瀬さんは新説を出されたのだった。

川瀬さんによると,現在の有力視されている京所は多磨寺という名の付属寺が示す通り郡衙。
広大な武蔵国を治めるには規模があまりにも小さいと見た。
私は昨日半日川瀬さんに随行し,ようやくそのイメージを描き始めたのだが,
川瀬さんは地図に,何本もの古代道や水利の関係も記入して考察しており,
自説を熱心に説かれていた。

将来川瀬さんの説が正しいことがわかり,
それを最初に誰のなんというサイトで世に伝えたかが明らかになるだろう!
それを私は静かに待ちたい。(笑)

PS1 武蔵国分寺の塔心礎は,発掘されていました。写真もありましたので,載せます。
大きさ2.16×1.36mの巨石で,中央に直径73cm,深さ45cmの穴が開いているとのこと。

P7020801

PS2 昨日の実踏では,伽藍を支える版築や土壇の崩れをふせぐ乱石積基壇外装の使用など,
「縁の下の力持ち」についても学びました。伽藍だけの知識では,「がらんどう」ですね!

P7010779

PS3 先日入手した府中市の1959(昭和34)年頃の小字地名地図は,
東芝府中工場あたりに「拷掛所」といういわくありげな字地名を何か所か残している。
江戸時代以前は刑場も少なくなく,それらもその名残と思われるが,
検索してもなかなか実態がわからなかった。(あまり触れたくない気持ちはわかるが)
歴史の闇と付き合うことになりそうで,少々胸騒ぎを覚える肥さんでありました。

P7020802


エレベーター式!?トランプ

7月に入るとまず期待するのが授業!
ではなくて,やはり「今月の手品」。
今回は新所沢西友の100円ショップで買った
上記のトランプ手品を行った。

P7020803

(1) 私がトランプをはじいている時に,
代表の生徒に指を入れさせる。

(2) そのカードを私に見せないようにして,
他の生徒たちには見させる。(ハートの4)

(3) 元の場所に戻して,
トランプ(ハートの4)が途中の位置となる。

(4) 私が「上がれ,上がれ」・・・と5回唱えてトランプを叩くと,
あ~ら不思議,生徒の引いた「ハートの4」が,
一番上までエレベーターのように上がって来ている!
というもの。

さあ,謎は解けたかな?
この手品は「中級」と書いてある割には原理は簡単で,
私の様な不器用な人にもできる。
しかもたった100円で買えるというのも感動を呼ぶ。

実は,トランプはすべて同じ大きさとは限らない。(大小2種類ある)
また,たまに「ハートの4」が全トランプの半分を占めていることがある。
そして,小さい「ハートの4」が交互に出るように並べておく。
以上,3点がヒントです。

今まで1回も失敗しておらず,
したがってドキドキせずにできます。
その上,お買い得です。(o^-^o)

楽天が逆転で30勝目

西武002000000計2
楽天00000300✕計3

楽天が逆転で30勝目をあげた。
2点リードされた6回裏,
無死満塁のチャンスに,
銀次が走者一掃のタイムリー二塁打を放った。

先発した則本が8勝目。
松井裕が17セーブ目をあげた。

2016年7月 1日 (金)

本日,府中・国分寺のフィールドワークへ

川瀬さんからお誘いをいただいたこともあり,
また自分自身行きたかった上記の実踏にやはり行くことにした。

(1) 府中本町駅に午後2時過ぎに集合

(2) 府中市の歴史資料館・大國魂神社脇の武蔵国府跡・京所廃寺(多磨寺)跡

(3) 片町交差点(甲州街道と鎌倉街道との交点)・片町図書館(甲州街道と東山道武蔵路との交点)

(4) 分倍河原駅から西国分寺駅へ電車で移動

(5) 東山道武蔵路跡(色付きアスファルトで復元)を歩き,武蔵国分寺跡資料館へ

(6) 武蔵国分寺・国分寺四中(資料館)・国分尼寺へ

(7) 午後6時頃,西国分寺駅にて解散

その様子は,「明日のこのブログ」にて!

坂戸西高でミニ大会(7/10)

7月10日(日)のミニ大会の話が急にまとまった。
場所は,坂戸西高校。
参加するのは西部地区の各校で,
県大会に向けての力試しとしてチャレンジすることにした。
もちろん目標は,全勝・完全優勝だ。
これまでの実績からしてやれると思うし,
またやる気持ちで戦わなければ県大会も危ういだろう。
そこで,チャレンジと書いた。

霞ヶ関中,大井東中,勝瀬中など,
これまでやってきたが,しばらく当たっていない学校ばかり。
こちらもその後練習してきたが,当然向こうもうまくなっているだろう。
県大会前のひと仕事。さあ,どこまで頑張れるか。

その2日後,私は代表者会議で上尾市民体育館へ。
自主練が始まった頃に,初戦の相手が決まっているかな?

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ