« 17歳でも1票? | トップページ | 昨日の部活動 6/26 »

2016年6月26日 (日)

昨日入手した2冊のガリ本

仮説実験授業研究会の「財産」の1つが,
ガリ本と言われる少部数発行物だ。
大会や研究会に行くと,ガリ本がたくさん売られており,
数百円から数千円で買うことができる。

昨日仮説社に寄った時に,
もう午後5時過ぎで『たの授』公開編集会議は終わっていたが,
売り場に置いてあった2冊のガリ本。
さっそく購入して帰ってきた。

P6260742

1冊は栗原つとむ散文集『ぼくはタクシーの運転手』(山路カウベル堂,100部,700円+税)で,
もう1冊は中村文著『マンガ de 資料』(そらあい出版,150部,500円)。

前者は,山路さんの教え子の生徒だった栗原さんの詩や散文を編集されたもので,
後者は,現役の小学校の先生である中村さんがご自分のマンガで描かれた資料を1冊にまとめたもので,
両方とも心癒されるページの連続である。

世の中に研究会は星の数ほどあるけれど,
このようなガリ本文化のような素敵なものを持っているところは
あまりないのではないかと思う。
それが,私が仮説実験授業に関わってきたハートの部分かな。

私にも「ガリ本の歴史」がある。
もしよかったら,お読み下さい。
代金は結構ですので,送料をいただければ送ります。
(どれも200ページのガリ本です)

『今日までそして明日から』・・・新任校での実践集
『ぴぃ~すちゃん』・・・同上(品切)
『ぼちぼちいこか』・・・2校目の実践集と古田史学の半々
『レッツゴー・3組』・・・同上
『肥さんの「多元的古代」通信』・・・古田史学+実践集
『5組かわら版』・・・3校目の実践集と古田史学の半々
『肥さんの「この10年」~40代の仕事』・・・文字通りの内容(品切)


« 17歳でも1票? | トップページ | 昨日の部活動 6/26 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 17歳でも1票? | トップページ | 昨日の部活動 6/26 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ