« 昨日の部活動 6/26 | トップページ | 昨日の部活動 6/27 »

2016年6月27日 (月)

2つの江戸時代の教材

私には2つ,江戸時代を教える時の楽しみがある。
それが先日も掲載した「〈いろいろな種〉の標本づくり」と
「人体解剖図」である。

前者は,江戸時代の農業のところで扱う。
いろいろな作物名のほとんどを網羅するスグレモノだ。
私はこの教材の開発・導入を1988年からしているので,
私の教え子は数千人が,この「〈いろいろな種〉の標本」を授業で作ったことになる。

P5070296

上から,とうもろこし・えんどう・大豆・小豆
大麦・小麦。・燕麦・ライ麦
米・麻の実・サフラワー(紅花)・ひまわり
ごま・あわ・ひえ・きび
そば・なたね・こうりゃん・わた

もう1つは「人体解剖図」の授業。
これは京都パスカルというところが作っているセットを利用させてもらっていて,
2001年からだから,15年間くらいやっている。
はさみとのりと色鉛筆でできる。
もちろん扱うのは,化成文化の杉田玄白の『解体新書』を教えた後。
ちょうど2年生の理科で体のことをやっている時期なので,ぴったり合う。

P6270743

教科書の授業は主に頭を使うが,これらは作業をしながら学ぶものである。
これらと向き合っている1時間が「歴史」と向き合う時間なのだと思う。
しかし,それをするのも今回が最後ということになりそうだ。


« 昨日の部活動 6/26 | トップページ | 昨日の部活動 6/27 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

化成文化?

ところで今回訪ねた秋田県の角館は
「解体新書」の解剖図を描いた人の出身地でありました。

「秋田蘭画」の創始者でもありました。

びっくりです。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

化成文化?あとで直そうと思っていたら.そのままになってしまいました。
その通り,化政文化です。
パソコンの文章はやはり見直しが必要で,「火星文化」などとも出ることがあります。
(火星人の文化か!笑)
『解体新書』の絵を描いた人って.なんという人ですか。
この夏秋田に行くつもりなので,角館にも行けるといいなあ。

PS 日本地図で探すも角館が見つからない。
検索したら仙北市にある地名と出ていました。
例の市町村合併の為かもしれないが,
歴史のある地名が地図からなくなるのは寂しいですね。

そうですね。
仙北市ですね。
角館と田沢湖町と西木村?
だったでしょうか。

前の二つのところを今回は
訪れたのでした。

わらび座では「げんない」という
ミュージカルをつい先日東京でやったようです。
見には行きませんでしたが。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

わらび座の「げんない」,観てみたいものです。
「あらすじ」が載っていたので,リンクしておきますね。

わらび座「げんない」
http://www.warabi.jp/gennai/intoroduction.html

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 6/26 | トップページ | 昨日の部活動 6/27 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ