« 学年掲示板に国友さんの支援報告 | トップページ | 文芸同人誌『Pegada(ペガーダ)17(2016夏)』の紹介 »

2016年6月 2日 (木)

学総体・市予選 2016

昨日,富岡中にて本年度の学総体・市予選が行われ,
なんとか接戦をかいくぐって優勝できたので報告したい。

対東中 2ー0(25ー11,25ー14)

やはり最初のセットは緊張し,自滅点を多く与えてしまった。
しかし,第2セットはだいぶ自分たちのバレーができるようになった。

対向陽中 2ー1(23ー25,28ー26,25ー20)

2校目の向陽中が大接戦となった。1点の失点を長く引きずり,
4連続失点が4回もあって第1セットを失うと,第2セットも一時
5点ビハインドという崖っぷちの戦い。それを「全員バレー」で
耐えたことが勝利の女神を招いた。第3セットはその流れのまま,
戦うことができ,県大会レベルの大接戦はついに幕を閉じた。
両チーム合わせて6回のタイムが取られる頭脳戦でもあった。

対富岡中 2ー0(25ー7,25ー15)

11連続得点で第1セットを圧倒すると,第2セットも5連続得点を
2回マークし,試合の大勢を決めることができた。全員出場。

昨日の試合を振り返って思うのは,やはり「全員バレー」。
ボールを拾うべき人がレシーブし(リベロ),
ボールを上げるべき人がトスし(セッター),
ボールを打つべき人がヒットする(アタッカー)。
この3つの動きを試合終了までやり続けられたチームが勝つ。
そのことをあらためて感じた。

ボールを拾うべき人が人任せにしたり,
ボールを上げるべき人が楽をしようとしたり,
ボールを打つべき人が最初からフェイントで得点しようとしたり。
これはやはり正しくない。いや,バレーボールじゃない。

また,フロアーにいる2・3年生だけが戦っているのでもない。
1年生だって,応援の声を出したり拍手をしたりすることで,
チームの力をよりパワーアップすることができるのだ。
だから,「全員バレー」。この22人の生徒たちのパワーで,
今年度の学総体・県大会を戦っていこうじゃないか。

昨日も,木下兄コーチ・本コーチにお世話になった。
また,応援と車出しで,たくさんの保護者の方々にお世話になった。
ありがとうございました。

総当たり戦を3連勝したことで,我が校は無事県大会出場となった。
これを「直県」と呼ぶが,2位の向陽中と3位の富岡中も,
6月25日の地区大で勝ち抜けば県大会出場が可能だ。
ぜひ3校出場で,所沢の男バレを盛り上げたい。

本日は,朝練はお休みでゆっくり登校。体育館は7時半に開ける
予定なので,道具を持ち帰った生徒はその時間には戻せる。

【今後の予定】

6月18日(土)・・・午前中に富岡中・霞ヶ関中と練習試合(富岡中にて)
ただし,前日まで3ん年生が修学旅行・2年生が職場体験学習のため,
どうしようか思案中。

日時はわからないが,大井東中と「県大会前にどうか」という話あり。

7月26日(火)から熊谷方面での県大会。

【おまけ・肥さんの〈声さんたち〉】

「(間髪入れず)さあ,もう1点いこう!」
「攻めろ,攻めろ!攻めている時,君たちのいいところが出るぞ」
「8秒も時間があるぞ!サーブであわてる必要なし」
「たった1失点だ。気にするな。24失点までは大丈夫だ!」
「粘れ,粘れ。バレーボールは1点ずつだ!」

P6020354


« 学年掲示板に国友さんの支援報告 | トップページ | 文芸同人誌『Pegada(ペガーダ)17(2016夏)』の紹介 »

部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 学年掲示板に国友さんの支援報告 | トップページ | 文芸同人誌『Pegada(ペガーダ)17(2016夏)』の紹介 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ