« ついに力尽きる | トップページ | アメリカ青少年 半数が「携帯中毒」に »

2016年5月 7日 (土)

カード社会

私たちはカード社会に生きている。
しかし,普段はそんなことは気にしていない。
カードが使えなくなって,初めてそれを意識する。

10日ぶりにメインバンクのキャッシュカードが書留で届いた。
カードに付いた傷のため,10日間の「取り換え期間」となった。
「いくらおろしておきますか」と聞かれ,見当もつかないので
少なめに言ったら,けっこうその後の出費が多くて苦労した。

カード社会は確かに便利だ。
いろいろなことがカード1枚でできる。
しかし,それはカードが使える間だけで,
一旦使えなくなると,それに慣れていた分だけ,
不便さも味わうことになる。

ケータイ,スマホ,パソコン,インターネット,
私たちは「便利な機器」に囲まれて生活している。
しかし,その生活は「不便」との背中合わせであることを,
実感させる10日間だった。

« ついに力尽きる | トップページ | アメリカ青少年 半数が「携帯中毒」に »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ついに力尽きる | トップページ | アメリカ青少年 半数が「携帯中毒」に »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ