« 昨日の部活動 5/11 | トップページ | 楽天が投打が噛み合い14勝目 »

2016年5月12日 (木)

銘木

紫檀・黒檀などの固く,重く,香りが良く,
仏壇や玉座に使うような木材。
ヨーロッパで言えば,マホガニーなどのような
高級家具ようの木材。
これらを銘木(めいぼく)というらしい。
量がたくさん採れるわけではないので,値段か高い。
私はこういう木材は,北方で育つものと思っていた。
(風雪に耐えて・・・というか)

ところが,調べてみて驚いた。
「事実は小説よりも奇なり」という言葉通り,
南方産の広葉樹が大半だった。
「南方なのに,すくすくは育たず,じっくり中身を密にするタイプ」
それが銘木の銘木たる所以(ゆえん)か。

例外としては,木曽の桧(ひのき)や屋久島の杉で,
温帯なのに針葉樹というタイプ。
つまり,環境にすぐ染まるタイプではなく,
違和感のある環境の中でも,自分を作り上げ,
「大器晩成」するようなタイプを銘木と称する。

さすがにこれを人間にたとえるのはやめておくことにするが,
時流に乗らずも,自分の信じた道を一心に
きわめていく生き方に私は憧れを感じる。

« 昨日の部活動 5/11 | トップページ | 楽天が投打が噛み合い14勝目 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 5/11 | トップページ | 楽天が投打が噛み合い14勝目 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ