« 楽天が則本の力投で11勝目 | トップページ | 昨日の部活動 4/30 »

2016年4月30日 (土)

協会長杯・県大会 2016

昨日は今年度の協会長杯・県大会だった。
木下兄コーチと本コーチにお世話になった。

開会式は久喜総合体育館で行われたが,
我々の対戦は隣町の宮代町総合体育館でおこなわれた。

対大砂土中 2ー1(25ー12.22ー25,25ー15)

第1セットと第2セットのスタートダッシュは見事だった。
7ー3,8ー2という好スコアで最初の10点を通過できたからだ。
そういう素晴らしい仕事ができる君たちなのに,
第2セットのスタートはいただけなかった。
スタート時の油断から2ー8で最悪のスタートを切ると,
その後もさらに差は開き,4ー13の最大9点差まで離された。
最終的には3点差まで詰め寄ったわけで善戦はしたのだが,
そもそも逆転できる点差ではなかった。
あとで,あちらの監督さんに聞いたところでは,
我が校に新人戦のリベンジをすることをめざして練習してきたらしい。
(新人戦2回戦で,我が校は2ー0で勝利した)
その執念がこもっていた第2セットだった。


対さいたま木崎中 0ー2(23ー25,25ー27)

こんなに悔しい試合があっていいのだろうか。
何回も同点に追いつきながら,最後は2点差で惜敗の2セット。
しかし,バレーボールに引き分けはなく,
2点差だろうが大差だろうが,負けは負けで,
公式記録には「0ー2」という数字だけが残るのである。
その原因は,安易に前半に点をやりすぎることだと思う。
サーブを入れられないなんていうのは言うまでもなく,
2人の間にボールの見逃しレシーブ,
トスミスを相手に利用されての失点,
本来スパイクで決めておしまいのところを
甘いフェイントで返球して相手のチャンスボールに,
そして逆に相手のフェイントには対処できず何回も失点の繰り返し。
これだけ相手に有利にさせておいて勝てたら,ウソなのだ。
県大会はそんな甘いものではない。
木崎中のコーチは私と同い年,同じ社会科,同じ音楽好きの先生である。
「今度練習試合をしましょうね」と言いながらなかなか対戦できず,
昨日が最初の戦いとなってしまった。
できたら,1セット取っておきたかったなあ。
だって,7ー3の好スタートだったんだから・・・。(第2セットも5ー5)
今度は私たちの方が,学総体でリベンジをする番である。

リベロ・・・「レシーブはまかせろ!」という守備範囲の広さ
セッター・・・「遠くへ飛ばす+高く上げる」という自在のトス
アタッカー・・・「俺にもってこい!必ず決めてやるぞ!」というエースの自覚

これらが絡み合って「自主自律」という校訓のようなチームになるのだ。
4文字のなかでは,今後「自律」について追求してほしいと思う。
律する=どこが良くないのか,徹底検証してみるのだ。

保護者の皆様,昨日もたくさんの応援,ありがとうございました!
また学総体に向けて再チャレンジです。
1年生たち,先輩たちの頑張りと県大会のムードを味わうことができた。
新人戦からは君たちの番だ。何しろ2年生は3人しかいないからね。

PS1 対戦した大砂土中の先生からも,木崎中の先生からも,
「いいチームですね。また練習試合をしましょう」と言っていただいた。
うれしいことである。その名に恥じないように,今日からまた練習だ。

PS2 5月5日(午前中)に富岡中との練習試合が決まっている。
また,日付は決まっていないが,大井東中からも申し込みが来ている。

PS3 「夢ブログ」を読んでいる読者の方から,会場で声を掛けていただいた。
時々こういうことがあって驚くが,私もバレーボールを愛する者として,
今後も「男バレ日記」を綴(つづ)っていきたいと思う。今後もご愛読下さい。

« 楽天が則本の力投で11勝目 | トップページ | 昨日の部活動 4/30 »

部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が則本の力投で11勝目 | トップページ | 昨日の部活動 4/30 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ