« いよいよ本日より,対西武3連戦 | トップページ | 楽天が打撃戦を制し10勝目 »

2016年4月22日 (金)

生徒会本部の熊本地震被災者支援募金

生徒会本部7名が,3日間の限定で,
熊本地震の被災者支援募金を始めた。
朝は生徒たちのものを集め,
昼休みは職員室の先生のものを集めている。
昨日集計したら,2日間で4万円を超えていた。
最終日の本日のものを合わせたら,
5万円は超えるだろう。

何より生徒たちから提案が出たところがうれしい。
集まった募金は,さっそく担当の先生が
銀行に振り込むことになっている。

東日本大震災の際,中学生たちは8~10歳であった。
小学2~4年生の年齢ではさかずに「行動」はできないだろう。
しかし,行動できないことと考えていないことは違う。
現象的には同じでも,「いつか私たちも行動する時が来る」と
心が動き出していれば,それはもう立派な「行動」なのだ。
それが形となって今回の募金が行われたことに,
私は「肥さんの夢ブログ」の開設者として,ささやかなエールを送りたい。

今回の熊本地震が起きた日の6校時(地震発生の6時間前),
我が校は避難訓練を行っていた。
まさかその夜に,熊本地震が起きるとは全然思っていなかった。
なので,生徒たちにも印象が強かったのだと思う。
(校庭に雨が残り,体育館への「避難訓練」であった)

私もその整然とした避難訓練の後の
体育館での集会の様子を写真で撮影し,
3年前の訪問で撮った「奇跡の釜石小学校」の写真と並べたが,
それが翌日から「熊本地震」のコーナーと化すとは,
本当に人生何が起こるかわからないものである。
その後.カラーで撮影された新聞記事と
学校に届く読売新聞の1面のコピーを,私は1週間貼り続けている。
熊本は我が校から遠いので,できることとできないことがあるが,
できることはできるだけしていこうと思う。

最後に,東日本大震災の直前に知った
宮澤章二の「行為の意味」という詩をを載せてみる。
もうあれから5年の歳月が流れた。

「ーーーあなたの〈こころ〉はどんな形ですか
と 人に聞かれても答えようがない
自分にも 他人にも〈こころ〉は見えない
けれど ほんとうに見えないのであろうか

確かに〈こころ〉はだれにも見えない
けれど〈こころづかい〉づかいは見えるのだ
それは 人に対する積極的な行為だから

同じように胸の中の〈思い〉は見えない
けれど〈思いやり〉はだれにでも見える
それも人に対する積極的な行為なのだから

あたたかい心が あたたかい行為になり
やさしい思いが やさしい行為になるとき
〈心〉も〈思い〉も 初めて美しく生きる
ーーーそれは 人が人として生きることだ」

« いよいよ本日より,対西武3連戦 | トップページ | 楽天が打撃戦を制し10勝目 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ本日より,対西武3連戦 | トップページ | 楽天が打撃戦を制し10勝目 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ