« 『新修 国分寺の研究』が届く | トップページ | オープン戦の優勝の行方は? »

2016年3月21日 (月)

佐々木さんの文章が「メール de 資料」に

〈仮説実験授業〉と〈プロ野球の応援〉が共通の話題で,
愛知の数学の先生である佐々木さんと親しくさせていただいている。
昨日送られてきた「メール de 資料」に
佐々木さんの素敵な文章が載っていたので,
転載させていただきます。
充実した1年目を彼が過ごせたことを,私もうれしく思います。
また,オフ会しましょうね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

僕の数学の授業を受けてくれた皆さんへ

                   佐々木秀晃【愛知】

 1年間にわたった数学Aの授業も、今日でおしまいです。
回数で言うと、およそ60くらいだったでしょうか。
「もう終わりか」と名残惜しく思っている人もいるでしょうし、
「やっと終わりか」と喜んでいる人もいることでしょう。
いずれにしましても、長らくの間お付き合い下さり、
誠にありがとうございました。

 数学をしていると、難しくてよく理解できないことがいろいろと出てくるものです。
また、面倒でなかなかやる気の起きないこともあるものです。
実はそれは誰しも同じなのです。(もちろん程度の差はあるとは思いますが)

 ただ、数学は、ときどきではありますが、すっきりとした気持ちや、
何とも言えないような快感をもたらしてくれることがあります。
おそらく、数学を愛好している人々というのは、
その旨さを存分に知っている人たちなのだと思います。
だからこそ、難しくても面倒でも、苦しくても、数学することをやめようとしないわけです。
そういう意味では、陸上競技の長距離走と似たところがあるのかもしれませんね。

 数学はまた、美しさを持っています。
音楽や美術のような芸術の理論の裏には、実は数学が潜んでいます。
そして、数学を使うと、世の中を支配している論理構造や法則を、
これ以上ないほどシンプルかつ稠密に表現することができます。
ガリレオ・ガリレイは、「自然という書物は数学の言葉で書かれている」と言いました。
数式も表もグラフも図形も、“ことば”や“文字”と同じように、表現の手段なのです。
それも、国境の垣根を超えた、万国共通の表現手段なのです。

 僕の数学の授業で、やはり皆さんは苦しんだり
面倒な思いをしたりすることの方が多かったのかもしれません。
でも、何かひとかけらでも、「楽しいな」「おもしろいな」「興味深いな」
「美しいな」「便利だな」「気持ちいいな」という思いが皆さんの中に残ったのだとしたら、
これ以上の喜びはありません。
授業をしてきた甲斐があったと心から思います。
数学の内容は忘れてしまったとしても、
どうか、そのひとかけらを、大切に持っていてください。

 最後に、数学で一番大切なことは、「論理的に考える」ことです。
これは、社会の中で一人の大人として自立して生きていくために、欠かすことのできない
能力です。皆さんにとって数学を学ぶ意義は、
論理的にものごとを考える訓練をすることにあるのだともいえるでしょう。
情報社会となり、世の中にはますます多くの情報が氾濫しています。
それらに流されたり惑わされたりすることなく、
自分の頭で考えて自分で適切な判断ができる大人になってください。
 皆さんが、明るく健康で楽しい人生を歩まれることを心から祈っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これを読んで,「僕の○○の授業を受けてくれた皆さんへ」という文章を,
学校の先生をやっている人は全員提出すべきだなあと思った。
私も一度,5年前に書いたことがあるが,
もう一度2年後(今の1年生が卒業する時)に書きたいと思う。

歴史を学ぶ中学生のために
http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2012/03/post-1bc1.html

« 『新修 国分寺の研究』が届く | トップページ | オープン戦の優勝の行方は? »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

佐々木です。
いつも、肥さんの元気にご活躍される様子を、ブログ記事にて拝見しております。
今年度は、小中交流も含めてかなりの数の児童・生徒を対象にして仮説実験授業をすることができたようで、
充実されていましたね(^^)

さて、この度は、私の文章をブログでご紹介下さり、ありがとうございました。
この文章は、今年度1年間授業を受けてくれた、高1の生徒たちに、
最後の授業で配布したものです。
日頃思っていることを文章化したもので、実は30分くらいで書き上がりました。
なかなか

「楽しいな」「おもしろいな」「興味深いな」「美しいな」「便利だな」「気持ちいいな」という思い

が残るような授業はできないものではありますが、
少しでも多く、そういう授業を、そういう瞬間を増やしていきたいと、いつも思っています。

プロ野球も、まもなく開幕ですね。
昨年は、私のセリーグのひいきであるスワローズが優勝しました。
今年は、どうなるでしょうか。

また、機会を作って、オフ会しましょうね!

佐々木さんへ
コメントありがとうございます。

初年度から素晴らしいスタートが切れたこと,まずはお祝い申し上げます。
佐々木さんは「もっともっと仮説をしたい」と思っていると思いますが,
生徒たちの授業評価と感想を大切にする佐々木さんの姿勢を,
彼らは早くも見抜き,支持を表明してくれたものと考えます。
どうぞその姿勢を崩さず歩み続けて下さい。
私の現職教師としての時間はもう数年ですが,
佐々木さんには(教科は違いますが),「バトン」を手渡しているように思います。
仮説を志してきた者として,大変うれしいです。
今後ともよろしくお願いいたします。
また,オフ会しましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『新修 国分寺の研究』が届く | トップページ | オープン戦の優勝の行方は? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ