« 多元的「国分寺」論に有利な事象 | トップページ | 昨日の部活動 2/3 »

2016年2月 3日 (水)

「全問不正解」でも大丈夫

自作の授業プラン「「邪馬台国]はどこだ!」は,
全部で4問の短いものだ。

しかも,予想の選択肢は毎回

ア.北九州
イ.大和
ウ.その他

の3つというワンパターン。
勢い,「4連敗」ということもあるのだが,
そこは毎回真剣に予想しての「4連敗」である。
最後のページまで行くと,
「なるほどそういうことか!」という形に話をまとめてある。

自己評価表の感想欄には,
「全部間違えた」とだけ書いてあっても,
それほど気にすることはない(と私は思っている)。

むしろ,「それでも,邪馬台国は大和にある!」
という勇ましい「通説派」の方がちょっと心配。
大和一元説の脳みそは,4問くらいではそう簡単に変わらない?

でも,押しつけは禁物。
これは仮説実験授業から学んだ鉄則。
やがて,この授業プランで学んだことが,
後で生きてくるからネ!

« 多元的「国分寺」論に有利な事象 | トップページ | 昨日の部活動 2/3 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多元的「国分寺」論に有利な事象 | トップページ | 昨日の部活動 2/3 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ