« 『たの授』2月号の感想 | トップページ | 東大寺のホームページ »

2016年2月 6日 (土)

青春の詩

翔空さんのサイトで,
サミュエル・ウルマンの「青春の詩」のことが話題に出ていた。
知らない人のために行けるようにした。
(ミスプリもありますが)
六十になっても七十になっても,青春でありたいと思う。

「青春の詩」

http://homepage3.nifty.com/gakuyu/turezure/seisyun.html

« 『たの授』2月号の感想 | トップページ | 東大寺のホームページ »

「教育」カテゴリの記事

コメント

翔空庵お読みいただきありがとうございます。

また、詩のサイトをご紹介いただきありがとうございます。

サイトで最後に紹介してある本で
この青春の詩の作者を探り当てるまでの
探索行をワクワクしながら読んだことを
思い出しました。

別の本で紹介している詩の「書」を
コピーして紹介しています。
その詩もこの訳者の詩です。

この詩すごく良いですね!!!すごく好きです!

「年を重ねただけで人は老いない。理想を失うときに初めて老いが来る。」

私には“老い”が来つつあります。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

私も好きな詩だったのですが,
誰の何という題の詩かわかりませんでした。
翔空さんのおかげで,ひとつ謎が解けました。

「愛の世代ズ」たべさんへ
コメントありがとうございます。

いい詩,好きな詩はいっぱいあるのですが,
こういう機会があると誰の何という詩なのか,
はっきりさせることができてうれしいです。

九想さんへ
コメントありがとうございます。

“老い”だなんてさびしいことを言わないで下さいよ。
私にとって九想さんは,インターネット・ブログの師匠なのですから。
これからもいろいろ教えて下さいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『たの授』2月号の感想 | トップページ | 東大寺のホームページ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ