« 今井久さんの論文から学ぶ(2) | トップページ | 田辺さんの『たの授』記事 »

2016年2月12日 (金)

今年度行った「仮説実験授業」

これまで年に数時間だった年もある仮説実験授業だったが,
今年度は中1担当だった上に,小中交流も担当し,
肥さん史上最多の「仮説実験授業」を実施した。
それを集計してみよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界の国ぐに~6時間(GDPボックス作りを含む)×5クラス=30時間
世界の国旗(簡易版)~1時間×5クラス=5時間
ルネ版・日本歴史入門~3時間×5クラス=15時間
私家版・「邪馬台国」はどこだ!~1時間×5クラス=5時間(以上,中学校のみ)

日本国憲法とその構成~1時間×4クラス=4時間(小学校のみ)

私家版・狭山丘陵の自然と歴史~1時間×12クラス=12時間(小中の合計)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まことに驚くべき時間数,実施することができた。w(゚o゚)w
そして,これらの多くはこの「夢ブログ」でお伝えしたように,
かなり高い授業評価を生徒たちにもらうことができた(o^-^o) 
中でも,世界の国ぐには,『歴史地理教育』(地歴社)2月号にも報告することができ,
サイコーの年だった。

« 今井久さんの論文から学ぶ(2) | トップページ | 田辺さんの『たの授』記事 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今井久さんの論文から学ぶ(2) | トップページ | 田辺さんの『たの授』記事 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ