« オコエ選手の情報 | トップページ | 「洛中洛外日記」より 1/30 »

2016年1月30日 (土)

「国分寺」はなかった!

『聖徳太子伝記』に見える、告貴元年(594)の年に「66国の国府寺建立」記事

『続日本紀』に見える、天平13年(741)の年に聖武天皇の「国分寺建立の詔」記事

との間にどんなことがあったのかを解明していくのが,
多元的「国分寺」研究のキモである。

その手始めに,「国分寺建立の詔」を読んでみることにした。

国分寺建立の詔

http://www5f.biglobe.ne.jp/~syake-assi/newpage1099.html

ところが私が「国分寺建立の詔」を読んで驚いたことに・・・
そこには「国分寺」という言葉が1つも出てこないのだ。
確かに「七重塔を造れ」ということは書いてあるが,
「国分寺」という言葉はない。
これはいったいどういうことなのだろう。

実はこれと同じような経験をしたことがある。
東山道武蔵路の研究をしていて不思議に思ったのだが,
これについての初出記事は「この道を作った」ではなく,
「771年に,コースを変更した」という記事なのだった。
「全国6300キロにもわたる日本古代ハイウェーを建設した」という記事がないのに,
そのコース変更した記事が初出とは,これは「命じた主体を隠している」と言われても
仕方がないのではないかと思う。
そして,私は「日本古代ハイウェーは九州王朝が作った軍用道路か?」を書くことになった。
(拙論の中で,東山道武蔵路を作ったのは,側溝出土の土器から7世紀半ばと考えた)

話をもとに戻そう。
「七重塔を造れ」ということは,「(これまである伽藍に加えて)七重塔を造れ」とも読める。
実際国分寺は「七重塔を持っているものが多い」が,それはほとんど主要伽藍の外である。
こう書いていて怖くなってきたが,もしかしたらそれまであった主要伽藍の回廊の中に
七重塔を作るのは不可能だから,伽藍の外に七重塔を作ったのではないか。
皆さん,どう思われますか?

PS これの応用問題で,「東大寺」もなかった!
(米田良三さんによると,大分県からの移築)

« オコエ選手の情報 | トップページ | 「洛中洛外日記」より 1/30 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

国分寺建立の詔はなかった。うわ、うわー!また肩透かしを食らった感じです。いったい学校の歴史教科書って何なんでしょうか。いったい学者先生たちは何を教えてくれたのでしょうか。教えてくれることがこんなに間違ってるなんて。こんなの本当にいいんでしょうか。

閑人さんへ
コメントありがとうございます。

正確にいうと,
「国分寺建立の詔」の中には,「国分寺」という言葉はなかった!
ということです。

結局,学校の歴史教科書は,基本的には「日本書紀」を教えているようなものです。
この本は残念ながら「歴史書」ではなく,「歴史思想書」なのですね。
「昔からこの国は大和の天皇が治めてきた」という考え方でできています。
つまり「大和一元説」を知らない間に刷り込まれているというワケです。
教科書で学べば学ぶほど,7世紀以前の歴史の真実から離れていく・・・。

多元的「国分寺」研究は,そういう意味からも重要だと思っています。

1行目「66国の国府寺建立」記事・・・・
これは、「府」で間違いないですか?
ちょっと気になったもので?

追伸
1日から4日、どこでもオッケーです。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

国府(こくふ)の近くに建てられたので,国府寺(こくふじ)です。
国分寺のミスプリではありません。近い音でややこしいですね。
もしかしたら,わざとそうしたのかもしれませんが。

PS 3人オフ会は2日(火)の午後6時半,
いつもの駅の改札集合ということにしましょう。

了解です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オコエ選手の情報 | トップページ | 「洛中洛外日記」より 1/30 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ