« 昨日の部活動 1/19 | トップページ | 長靴通勤 »

2016年1月20日 (水)

「脳の容積」教材

猿人→原人→新人と脳の容積が増えていくことが,
数値としては教科書に書いてあるし,絵も描いてある。
しかし,これだけではなかなか実感することはできない(と思う)。

新任の頃,同僚の社会科の先生と話し合っているうちに製作したのが,
以下の写真の「脳の容積」教材である。

P1191221

チンパンジー・・・350ml(缶ジュース)
猿人(アウストラロピテクス)・・・500ml(缶ビール)
原人(ペキン原人)・・・1リットル(トマトジュースのペットボトル)
新人(クロマニヨン人)・・・1.5リットル(ウーロン茶のペットボトル)

※ 夏目漱石は,2リットル以上だったと聞いたことがある。

なんと素晴らしいことに,これらの材料は無料で入手できる。
あとは「やる気の問題」(ガムテープにマジックで記入して貼る)だけである。
こんな簡単な工夫だけで,生徒たちから
「人類の進化がよくわかりました!」なんて感想を書いてもらえるから,
「やらなきゃ損」というもの。ぜひご利用下され。

ちなみに,小さく写っているのは「現生人証明書」のコピー。
上野の国立博物館で撮影したプリクラで,
人類の進化のなかに自分を位置づけているスグレモノだ。
(実物は,免許証の大きさ)

さらにもう1つ。
新人(ホモ・サピエンス)とは,ラテン語の「知恵のある人」を言い,
ギリシャ語の「ホモ」(同性愛傾向の人)とは違うものである。
生徒たちは両者を混同しているので,ここで訂正しておく。


« 昨日の部活動 1/19 | トップページ | 長靴通勤 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 1/19 | トップページ | 長靴通勤 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ