« 縄文時代の授業は楽しい | トップページ | 「国分寺」はなかった! »

2016年1月30日 (土)

オコエ選手の情報

「キャンプイン前の暇な時期に話題を振りまくオコエの素顔」という題名で,
今季楽天に入団したオコエ瑠偉選手の情報が伝えられてきた。
長文だけど,転載させていただきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

キャンプイン前の暇な時期に話題を振りまくオコエの素顔

(週刊文春 2016年2月4日号掲載) 2016年1月28日(木)配信

「実際に話してみると、とにかく明るくて、打てば響く感じで、コメントが面白い」

スポーツ紙記者がこう評するのは楽天のドラフト1位ルーキー、オコエ瑠偉外野手(18)だ。
入団会見で目標を「トリプルスリー」と語ったが、その後「宇宙征服」も加えるなど、
何かと話題を振りまく選手である。

1月22日、古巣の本拠地・コボスタ宮城で自主トレした
ヤンキースの田中将大投手(27)と初対面したときは
野球のことではない質問をして、それがまた目立っていた。

「マーくんが仙台で自主トレすることが決まったとき、『聞いてみたいことある?』と聞くと、
オコエは『プライベートの話を聞きたい。自転車で出掛けたら「オコエだ」「オコエだ」と騒ぎになった。
どう対応していいか分からないので、田中さんに聞きたい』と言っていました。
呼び捨てにされることや騒がれることが嫌ということではなく、
『迂闊なことはできませんから』と言っていました。
ファンと上手く接するにはどうすればいいか気にしているのです。
実際、マーくんに会ったときは『ファンレターの返事はどうしたらいいか?』と聞いていました。
こんなルーキーはなかなかいない」(同前)

彼は人から可愛がられるタイプでもあるらしい。

「弱点は練習嫌いなところ(笑)。
新人合同自主トレでコボスタ宮城の外周を設定タイム内で3周走る練習があったんですが、
最初の2本はタラタラ走って、ラスト1周はトップで帰ってきました(笑)。

要領が良いんです。ただ、それが鼻につくわけではなく、あのキャラで許されている」(別のスポーツ紙記者)

50メートル5秒96の俊足と遠投120メートルの強肩があり、
「守備はプロでもすぐ通用する。課題はバッティング」(同前)と言われている。

「ただ、打つのは使って貰っているうちに上手くなる。
何より、これだけ目立って可愛げのある選手を三木谷(浩史)オーナーが放っておく訳がない。
『オコエを使え』という“天の声”が降りてくるに決まっていますよ(笑)」(同前)

楽天の野手の高校生ルーキーとしては初めて1軍でキャンプスタートし、
2月7日の紅白戦初戦での実戦デビューも決定しているオコエ。プレーはもちろん、
そのときどんなコメントをするのか注目だ。

文/「週刊文春」編集部

« 縄文時代の授業は楽しい | トップページ | 「国分寺」はなかった! »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 縄文時代の授業は楽しい | トップページ | 「国分寺」はなかった! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ