« 卒業を祝う会・実行委員会(第1回) | トップページ | 社会科サークルの新年会 2016 »

2016年1月15日 (金)

ルネ版「日本歴史入門」も好評です

現在,どのクラスも,ルネ版「日本歴史入門」を行っている。
これはルネサンス高校の数時間のスクーリングのために
堀江晴美さんが編集して下さったもので,
中1には少々難しいとは思うが,
「江戸時代に農民が食べていたものは何か」
という原子論的な歴史の見方考え方を伝えるもので,
ぜひやってみたいと思ってチャレンジしている。

4月に世界地理に入る時,授業書《世界の国ぐに》
とGDPボックス(当時はブロッス)で楽しんだことは,
確実に生徒たちの心に残っているように思う。
歴史でも教科書に入る前にみんなで楽しんじゃおうと
教師も生徒たちも思っている。

思えば,就職浪人時代に板倉聖宣著『日本歴史入門』(仮説社)に出会い,
私の「仮説実験授業」人生は始まった。
そのゴールに近づきつつある現在(あと3年),
再びルネ版の「日本歴史入門」に挑戦しているのは,進歩がなかったのではなく,
30数年の間仮説実験授業の魅力に惹(ひ)かれ続けてきたということであり,
それはとても素晴らしいことだったと思う。

「若い頃,私も仮説実験授業をやっていました」というのも人生。
「いまだに私,仮説実験授業の魅力から離れられません」というのも人生。(o^-^o)

« 卒業を祝う会・実行委員会(第1回) | トップページ | 社会科サークルの新年会 2016 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 卒業を祝う会・実行委員会(第1回) | トップページ | 社会科サークルの新年会 2016 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ