« 昨日の部活動 1/13 | トップページ | 小中交流(13) »

2016年1月14日 (木)

『「邪馬台国」はなかった』読了!

昨日,何度目かの『「邪馬台国」はなかった』を読了した。
古田武彦氏の古代史の初期三部作の第一冊である。

昨年10月14日に亡くなられたので,
ミネルヴァ書房の古代史コレクション版で読み始めたが,
「月に2冊で1年間」のスタートを,まずは2週間で読了できた。

補章と「日本の生きた歴史」で,70数ページ増補され,
合計405ページの読書であった。

もちろん今日からは,『失われた九州王朝』。
こちらはさらに厚い559ページである。
思い切り多元的古代ワールドに浸りたい。

P1141154


« 昨日の部活動 1/13 | トップページ | 小中交流(13) »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

いよいよ『失われた九州王朝』ですね。
先生の本の最も基本だと思います。
結論はもう分っているようで、
途中の経過など読み直してみると見落としていた部分も多く、奥が深いです。
じっくりと読んでください!

あじすきさんへ
コメントありがとうございます。

久しぶりの初期三部作の読書。
じっくり楽しむつもりです。
電車&バス通勤も悪くないですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 1/13 | トップページ | 小中交流(13) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ