« あと900で,90万アクセス! | トップページ | 昨日の部活動 12/17 »

2015年12月18日 (金)

『たの授』12月号の感想

仮説社御中
もうすぐ都民の肥沼孝治です。
『たの授』12月号の感想を送ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』12月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1) イメージすることのたのしさ(伴野さん)

科学の勉強をすることのたのしさは,1つはその法則性を見つけることですが,
もう1つのたのしさはそれについてのイメージを描けることです。
私は社会科の先生なので自然科学の法則は教えられませんが,
《日本歴史入門》を使えば「江戸時代のイメージ」は伝えることができます。
どなたかが言っていましたが,《もしも原子が見えたなら》でスタートし,
《宇宙への道》でゴールすると良いと・・・。
いま考えると,両方とも「イメージ」を大切にする授業書なんですよね。

(2) 51パーセントで大満足(小川さん)

先日亡くなられた牧衷さんの言葉を紹介していて,大変興味を惹かれました。
特に「妥協のすすめ」は秀逸です。若い頃はつい肩に力が入りすぎて,
理想ばかり追い求めがちですが,本当にいいものなら力まずとも普及するはずです。
「100年の単位で見たら,人間は絶対馬鹿じゃないんだから,絶対に良い方へいきます」
という言葉に,牧さんの人間への信頼が表れているように思いました。
小川さん,いい言葉を紹介してくれてありがとうございます。

(3) 戦争とその終わり(根本さん)

ポツダム宣言という誰でも知っていそうな,しかし実はよくわかっていない素材をもとに,
根本さんが授業プランを作ってくれました。ありがたいです。
私は社会科の先生なので,退職までの数年間の間にこの授業プランをするチャンスがあります。
いまからその時間がたのしみです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これは一昨夜仮説社に送ったものだが,
さっそく昨日,竹内さんよりお礼&1月号は12/25に発送すると,
メールをいただいた。

なお,「年末の会」と「SlowLifeの会」に参加するため,
12/26は『たの授』公開編集会議は欠席となる予定。
26日(土)は,予定が重なりすぎた。

« あと900で,90万アクセス! | トップページ | 昨日の部活動 12/17 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あと900で,90万アクセス! | トップページ | 昨日の部活動 12/17 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ