« 「速攻」の受領メール | トップページ | 平林都さんと重田みゆきさんのビデオ »

2015年12月 1日 (火)

今「上野国分寺」が面白い!(9)

このシリーズの(5)が,「上野国分寺跡」という検索ワードの
「17位」(2ページ目の7番目)にエントリーされるほどになった。
そろそろ「正体」を明かそうかと思う。

実は,国分寺は8世紀半ばに聖武天皇が建てたというのが定説であるが,
それより100年以上前に九州王朝によって命令されたという史料がある。
九州王朝説が正しいと私は考えるので,その考古学的な証拠を探しているのである。

古賀達也さんのご尽力により,武蔵国分寺についてはメドがついた。
次なるターゲットとして,高崎サークルの縁で群馬に白羽の矢を立てたところ,
これが見事に刺さり,ここ数年「新遺構の発見」が相次いでいる。
これが九州王朝時代のものか,大和政権によるものかにわかには決められないが,
瓦もだいぶ出ているようなので,何世紀のものかという研究も以前より進んでいると思われる。
近くには山王廃寺(放光時)も建てられているので,
古くから仏教を受容していた地域だということもある。

ぜひ上野国分寺をきっかけとして,古代史の研究を深めていただき,
古田武彦氏の著書(30冊近く再刊されている)に触れていただきたい。

もう少し頑張れば,「上野国分寺」の検索トップページに出そうなので,
この連載にも大いに意味があるというわけです。

« 「速攻」の受領メール | トップページ | 平林都さんと重田みゆきさんのビデオ »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

「上野国分寺跡」検索ワード「17位」とはすばらしいですね。
現在、来年1月17日の古田先生追悼講演会や『古代に真実を求めて』追悼特集号の準備などで忙しく、研究が進んでいませんが、落ち着きましたら「多元的国分寺研究」も再開したいと思います。
貴研究の進展を期待しております。今後ともご教導ください。

古賀さんへ
コメントありがとうございます。

連載的に記事を集中されることで,
順位が上がっていくことを利用しました。
もちろん内容が大切ですが,
大和一元史観の人に,「多元的古代」の存在をアピールするには,
やはり「検索上位(10位以内)」に上がらないと
目に止まりにくいのではないかと思います。
トップページに登場したら,また報告します。

いろいろなお仕事,お疲れ様です。
くれぐれも無理をなさらないように,
健康に注意して,お過ごし下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「速攻」の受領メール | トップページ | 平林都さんと重田みゆきさんのビデオ »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ