« 「心と体」のこと | トップページ | 近い楽しみ・遠~くの楽しみ »

2015年11月11日 (水)

県大会(2日目)2015

昨日は,県大会(2日目)が行なわれ,
久喜総合体育館に行って来た。
木下兄コーチはもちろんのこと,
校長先生をはじめ,多くの保護者&男バレSTAFFの皆さんの
応援をいただいた。ありがとうございました!
しかし,それにも関らず,試合は以下のような結果になってしまった。
お礼とおわびの意味を込めて,書かしていただこうと思う。

014

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

県大会(1日目)=アスカル幸手で「魔物」に出会い,
大変な経験をしたが,幸いなことに2勝できた。
これには,新チーム結成以来の練習の積み重ねと,
100セットを越える練習試合のお陰があったと思う。

しかし,昨日の県大会(2日目)=久喜総合体育館でも,
また「魔物」に出会い,ついに敗戦を喫することとなった。
(体育館ごとに「魔物」はいるのか!?)

対春日部・豊野中 0ー2(15―25,21ー25)

両セットとも,スタートからつまずいた。
「最初の10点」が3ー7,4ー6の劣勢からの戦いとなった。
以下,「肥さんのー「簡単スコアブック」」より,
試合展開を書いてみようと思う。
(○数字は得点者。○は相手のミスによる得点。×は失点)

〈第1セット〉
××○①××××」2ー6○×
××○⑦×××①××
②②○×○××④④○
①××○×××」14ー22○×
○××』16ー25

〈第2セット〉
×④×④×××○×②
⑦××⑥×××」6ー11×②
×④×④×○⑦×××」12ー18
②×⑥×○②○×④○」19ー21
××○×④×』21ー25

「最初の10点」の展開は,試合の大きなアヤだ。
これでどちらが有利に試合を進めるかが決まってしまう。
勢いよく攻撃的にいけるか,まず守らなくてはならないか。
それは大きな違いなのである。
そして,当然攻撃しなければ,攻撃される。
これはスポーツの鉄則であり,バレーボールもまた同じ。
特に県大会では,弱い返球を見逃してはくれない。
必ず相手の得点(こちらの失点)になってしまう。

向陽中の顧問の先生と話したのだが,
基本動作(レシーブ・トス・スパイク)が
今回のような県大会の緊迫した場面でもできるチームが,
やはり県大会の上位に残っているということだ。

基本動作というのは,重層構造をしていて,

(1)自校の男バレ部内で通用する段階のもの
(2)練習試合で通用する段階のもの
(3)市内大会で通用する段階のもの
(4)県大会で通用する段階のもの
(5)関東大会,全国大会で通用する段階のもの

以上のような各段階のものがあり,
(1)~(3)ではまだまだで,
(4)や(5)の実戦で使えてこそ
「基本動作ができる個人やチーム」と言えるのではないか
ということであった。

私が何回も指摘しているが,

(ア)声を掛け合い,動き回ること
(イ)腰が高いままで,安易にボールを処理しないこと

以上2つは,(1)~(5)のどの段階でのものか,
もう一度確認してもらいたい。
少なくとも,対春日部・豊野中との戦いでは,
(4)の段階ではなかったことが証明されたと思う。

とはいえ,「新人戦ベスト16入りは18年ぶり?」らしく,
それはそれで素晴らしいことではあった。
大切なのは,ここでとどまるのか,
それともさらに先をめざすのかということだ。

もしめざさないのだったら早めに言ってほしい。
シルバーウィークの5日間を無休で部活動で過ごすのは,
(しかも,うち4日間を練習試合)
私のような「ご老体」にはいささかしんどい。
ぜひ後進に道を譲りたいと思う。

しかし,私の書いた「基本動作からもう一度見直してリベンジする」
というのなら,あと残された数年を男バレに捧げよう。
返事はいらない。行動で示してくれ。
私も返事はしない。「行動」で示す。

本日は,代替のオフ日。
活動は明日の朝練から再開する。

PS バス代は,補助を含めても4000円かかっています。
袋を用意するので,人数分入れて,今週中にお支払い願います。

012

« 「心と体」のこと | トップページ | 近い楽しみ・遠~くの楽しみ »

部活動」カテゴリの記事

コメント

OBの人間です!(名前コロコロ変えてすみません)
本当におめでとうございます!!
僕達の時は行けて2回戦だったので、今回の結果を見て嬉しく思いました(^^)
今後後輩達、そして先生やコーチの方々の応援を陰ながらさせて頂きます♪

HTさんへ
コメントありがとうございます。
また陰ながらの応援もありがとうございます。

今のチームは,皆さんが作った土台の上に,
さらに努力を積み重ね,今の位置まで来ました。
そして,今は将来の県大会上位=関東大会出場に向けての土台を作っています。
そういう努力の積み重ねが「上中男バレの新たな歴史」を準備しているのですね。
今後ともよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「心と体」のこと | トップページ | 近い楽しみ・遠~くの楽しみ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ