« 「房ya」で古代史談義 | トップページ | 地理や歴史を学ぶ意義 »

2015年10月15日 (木)

小中交流(7)

小学校は,10月10日が運動会で,13日がその代休。
つまり,三連休明けの授業日というわけで,
確かに「落ち着かない」要素はあった。

手品・・・「トランプの記号と数字を当てる」はうまくいった。
この仕掛けトランプ購入は,大成功だった。
解説の視聴率も高いし,子どもたち自身に体験させることもできる。
ただし,調子に乗りすぎて時間配分に影響が出てしまっては,本末転倒である。
私は社会科の先生であって,手品の先生ではないのだから。
物足りないくらいで切って,授業につなげなければならない。

授業の内容・・・こんな感じだった。
(1) 「今日の朝食は,ごはん?パン?その他?」アンケート
(2) 未来の日本の食生活は,どう変化していくと思うか?
 → かたいものが多くなるか,やわらかいものが多くなるか
(3) 「昔は歯の本数が多かった。未来は本数が少なくなる!?」という話
(4) 地産地消とトレーサビリティ
(5) 狂牛病と消毒のしすぎの問題

次回は「トトロの森と環境保全」&「GDPボックス」でこれまでのまとめをしたい。
そして,盛り上がったあと,5枚目のプリントとして,
「平面GDPボックス図」(平野隆昭さん作)を貼り,
「団結とじ」でファイルを完成させよう。

そして最後に,感想と授業評価を書いてもらう。
(ちょっと怖いけどね)

« 「房ya」で古代史談義 | トップページ | 地理や歴史を学ぶ意義 »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「房ya」で古代史談義 | トップページ | 地理や歴史を学ぶ意義 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ