« 今後の仕事は?(2) | トップページ | 古賀達也さんの多元的「国分寺」論(12) »

2015年10月14日 (水)

トランプ手品のストーリー

「変身トランプ」は,3枚のカードを見せ,
それを裏返しにして,真ん中を引いてもらう。
すると,「何々だと思っていたカードではなく,
違うモノを引いている」という手品だった。

今回手に入れたテンヨーのトランプは,
私が前から欲しかった仕掛けのあるものだ。
せっかくなので,そのストーリーを考えてみる。

(1) あなたは,人の心の中が読めますか?
もしできたら,すごいですよね。
実は,トランプにもそういうことがあるのです。
(と,手に持ったトランプに注目させる)

(2) たとえば,このカードは「ハートのエースですが」
と言ってみんなに見せる。
(これは,あらかじめ自分で見ておく)
次のカードが何だかわかりますか?
(少し時間を置いて,カードから記号と数字を読み取る)
「実は,○○の××なのです」
(と,言いながらカードを見せる)
「では,次のカードは・・・」
(と,何枚かやって,「どうしてわかるの?」
という気持ちを高める)

(3) では,□□さんにカードを切ってもらいます。
これで当てられたら,
先生はもうマジシャンに仕事を変えるかもしれませんよ!
(と言いながら,□□さんに切ってもらう)

(4) もしかして,その記号は,~ではありませんか?
そして,数字は~でしょう!
(もったいぶりながら,実はあわてて間違えないようにして)
当たりましたか?ああ,よかった。

こんなふうにやっていったら,
盛り上がる感じがしますが,
いかがでしょうか?

その結果は,明日の「夢ブログ」で。
本日の小中交流で,3クラスに試してみます。

« 今後の仕事は?(2) | トップページ | 古賀達也さんの多元的「国分寺」論(12) »

今月の手品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今後の仕事は?(2) | トップページ | 古賀達也さんの多元的「国分寺」論(12) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ