« 楽天が銀次の逆転2ランで54勝目 | トップページ | 踏ん張りどこ(2) »

2015年10月 1日 (木)

小中交流(6)

ついに「仮説の虫」(そんな虫がいるらしい)が動き出した。
単元は「食の安全・安心」。
かつての「所沢のダイオキシン問題」をきっかけに,
授業書《もしも原子が見えたなら》に出てくる
原子・分子たちのオンパレードである。

Photo

環境問題。しかも,地元・所沢の農業の大ピンチでもあった
ダイオキシン問題の話題で,分子模型の登場は偶然ではない。
むしろ必然というべきであろう。
これまで「満を持していた感」のある小中交流。
ようやく「私の出番」が来た!という感じだった。

次回(10月14日),「トトロの森」の話題が出せる。
かなり前に私が作った授業プラン「狭山丘陵の自然と歴史」も使って,
小中交流を盛り上げて行きたい。

※ 加藤先生には,長年,同授業プランを
総合の時間にご愛用いただき,感謝しております。

« 楽天が銀次の逆転2ランで54勝目 | トップページ | 踏ん張りどこ(2) »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が銀次の逆転2ランで54勝目 | トップページ | 踏ん張りどこ(2) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ