« 昨日の部活動 10/24 | トップページ | 「古田先生の思い出」その(10) »

2015年10月25日 (日)

『たの授』公開編集会議 2015年10月

昨日は,上記の会に参加してきた。
巣鴨の新しい仮説社ではフェア(8%引き)が行われる中,
徒歩1分のところにある喫茶店「ルノアール」の会議室で行われた。(o^-^o)

参加者は,編集部が3人と編集委員が5~6人といったところ。
『たの授』の発行部数も5000部となり,
表紙の変更やグラフが毎号ではなくなる等の話題が出た。

古田さんの話題やGDPボックスの平面グラフ等についてけっこう話したが,
編集部の意向と噛み合わない部分もあった。
「古田さんは,どんな仕事をやった人で,どのように世の中を変えたか」みたいな,
『社会の科学・人名辞典』が必要なのかな?

たとえば,私(わたくし)こと肥さんだとすると,こんな感じか。

「中学社会の教員として,フツーに教科書の授業の進める一方,
板倉聖宣氏の提唱した仮説実験授業を取り入れて授業書を実施したり(1982年~),
肥さんの社会科かるたシリーズ(2000年~)を開発して生徒たちに喜ばれた。
また,古田武彦氏の「多元史観」と呼ばれる研究方法に学び(1989年~),
「〈邪馬台国〉はどこだ!」(1992年)などといった
仮説実験授業と古田史学の「いいとこ取り」をした授業プランを作ったり,
「日本古代ハイウェーは九州王朝が作った軍用道路か?」(2012年)などの論文を書き,
古田史学の発展にも貢献した。
さらに,2005年から「肥さんの夢ブログ」を10年にわたって更新し,
さまざまな分野のたのしいこと・役立ちそうなことの紹介をして,喜ばれた。
「夢ブログ」は,2016年には100万アクセスを達成する見込み。
部活動は,若い頃文化部(写真や社会・科学),逆に40代半ばからは運動部
(バレーボール)を担当し,老体に鞭打って頑張っている。
「私は世の中を変えるような仕事は何もしていないが,
世の中から学んで自らを変革する教師像を示した」と言っているとかいないとか」」(笑)

11月号と同時に国語関係の臨増号がでるとのことで,
そちらも楽しみだ。社会科関係はいつになることやら。(。>0<。)

« 昨日の部活動 10/24 | トップページ | 「古田先生の思い出」その(10) »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 10/24 | トップページ | 「古田先生の思い出」その(10) »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ