« 戦後精神から生まれた仮説実験授業という文化革命 | トップページ | 「あいせだ★ブログ」に“ぐめちゃん”登場 »

2015年9月23日 (水)

「相模国分寺跡」の訪問企画

「多元的古代研究会」のサイトを見たら,
以下の企画が載っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多元的古代研究会企画
秋の関東歴史散歩 
相模、二万年の歴史と弟橘姫の詠の舞台を訪ねる 
 

○日程: 10月 7日(水)  07:50 - (日帰りバス旅行) 
○集合: JR新宿駅西口改札口みどりの窓口前 (B1Fです) 

○訪問先:  ①田名向原遺跡と石盾尾神社 など(相模原市)。
   
②相模国分寺跡・海老名市温故館 など(海老名市)。
   
③厚木・小野神社 など(厚木市)。
   

○実施要領:  ①参加費 : 6,000円。
②詳細は、下記参照。

旅行の詳細はこちらをご覧ください。 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平日なので私は行けないが,今話題の「国分寺跡」も訪問するという。
何か多元的「国分寺」論にプラスとなるような情報が得られるといいなあ。

ちなみに,「国分寺」サイトにはどんな情報が載っているのだろう。
ちょっと調べてみませんか?

「国分寺」
http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/to_gl_k.htm

« 戦後精神から生まれた仮説実験授業という文化革命 | トップページ | 「あいせだ★ブログ」に“ぐめちゃん”登場 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦後精神から生まれた仮説実験授業という文化革命 | トップページ | 「あいせだ★ブログ」に“ぐめちゃん”登場 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ