« 古田史学の会・インターネット事務局の横田さんより | トップページ | 体育祭の予行 9/11 »

2015年9月12日 (土)

アクセス数をめぐって

「あいせだ★ブログ」が,面白い「実験」をやっているので,
私もちょっと調べてみた。
ここ6日間のブログへのアクセス数である。

【あいせだ★ブログ】
45→462→134→393→93→86

【肥さんの夢ブログ】
356→269→251→266→259→221

アクセス数というのは,検索数も反映するので,
何人の人が読んでくれたのかはなかなか把握しにくいのだが,
私はだいたい「半分検索,半分読者」と思うようにしている。

「肥さんの夢ブログ」の1日あたりの最多アクセス数は,
「宮澤章二の詩「行為の意味」 2011.03.10 」の1700である。
この次の日に例の東日本大震災が起きて,
テレビで耳にタコができるほど流された
AC広告機構の「行為の意味」の詩の全文を知りたい読者が,
一斉に検索をかけてきたわけだ。
その日の記事は,こんな内容だった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮澤章二の詩「行為の意味」

昨日三送会も無事終わり(私は記録ビデオ係),
やれやれというところだが,
その講評の中で教頭先生が
「行為の意味」という詩を紹介してくれた。

テレビやラジオでもその一部が
使われているらしいが,
ここでは全文を載せてみよう。

作者の宮澤章二さんは埼玉県の人だそうだ。
さっそく『行為の意味~青春前期のきみたちに』
(ごま書房新社)を注文した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行為の意味 
               宮澤章二
    
-あなたの〈こころ〉はどんな形ですか
と ひとに聞かれても答えようがない
自分にも他人にも〈こころ〉は見えない
けれど ほんとうに見えないのであろうか

確かに〈こころ〉はだれにも見えない
けれど〈こころづかい〉は見えるのだ
それは 人に対する積極的な行為だから

同じように胸の中の〈思い〉は見えない
けれど〈思いやり〉はだれにでも見える
それも人に対する積極的な行為なのだから

あたたかい心が あたたかい行為になり
やさしい思いが やさしい行為になるとき
〈心〉も〈思い〉も初めて美しく生きる
-それは 人が人として生きることだ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宮澤章二さんの案内:

大正8年(1919)6月11日、埼玉県羽生市生まれ。
東京大学学文学部卒業。
高校教諭を経て文筆業(詩と歌詞)に専念。
作詞関係の中で校歌は小・中・高校など300校に及ぶ。
2005年3月没。 
特に、過去30年間埼玉県の中学生のために、
一遍の詩を贈り続けた。
それは詩人のライフワークとなった。

2011年3月10日 (木)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この詩をめぐっての読者との多数回にわたるやり取りや
宮澤章二さんの実の息子さんに会いに羽生に出かけたこと等,
いろいろな思い出がこれをきっかけに出来た。

« 古田史学の会・インターネット事務局の横田さんより | トップページ | 体育祭の予行 9/11 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 古田史学の会・インターネット事務局の横田さんより | トップページ | 体育祭の予行 9/11 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ