« 『たの授』9月号の感想 | トップページ | 続く長雨~3日後には体育祭!? »

2015年9月 9日 (水)

古賀達也さんの多元的「国分寺」論 その後(6)

「武蔵国分寺」の話だけでなく,新「古代史セミナー」の話も出てきて,
ますますこれからの研究が楽しくなりそうです。
ぜひ「結集(けつじゅう)」いたしましょう。
(「結集」=釈迦の弟子等による集まり→「古田武彦さんの弟子たち」による集まり)

結集【けつじゅう】~「コトバンク」より
釈迦入滅後,口伝の教法を整理し,その教権を確立するために開かれた編纂(へんさん)会議。
有能な弟子500人による第1回結集以来,アショーカ王の結集,カニシカ王の結集など4回行われ,
三蔵(経・律・論)の成立をみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第149号 古田史学の会「洛洛メール便」 2015年09月09日

前略。 「古田史学の会」の竹村です。
洛洛メール便をお届けします。

===========
古賀達也の洛中洛外日記
第1045話 2015/09/07
「武蔵国分寺」七重塔創建瓦の編年

「洛中洛外日記」1044話の「武蔵国分寺」現地調査緊急報告で書きましたように、
「塔1」(七重塔)の造営年代は8世紀中頃とされていますが、
その根拠は『続日本紀』の聖武天皇の国分寺建立詔に基づくものであり、
出土瓦などによる考古学的事実によるものではないことがわかりました。
出土瓦だけからは編年が難しいのかもしれませんが、
同遺跡の「塔1」創建瓦として展示されているものは「単弁八葉蓮華文」であり、
7世紀後半によく見られる「複弁」ではありません。
むしろ7世紀初頭や前半の瓦に似ているように思われ、どこかで見たような記憶がありましたので、
持参していた『一瓦一説』(森郁夫著)に記載されている瓦と見比べたところ、
7世紀前半頃とされる法輪寺(奈良県生駒郡斑鳩町)の軒丸瓦・軒平瓦の文様によく似ていました。
もちろん、全く同じではありませんし、編年には地域性もありますから、
断定するものではありません。
また、武蔵国分寺跡資料館の発掘担当者の中道さんの説明によれば、
『一瓦一説』に掲載されているような「(この地域では)きれいなものは見たことがない」とのことで、
確かに展示されていた瓦は近畿の博物館などで見るような整った瓦はありませんでした。
「複弁蓮華文」の軒丸瓦も、この地方ではほとんど出土していないと説明されていましたので、
畿内の瓦の様式編年をそのまま適用するには用心が必要なようです。
しかしながら、それでも「武蔵国分寺」の「塔1」の編年が、
考古学的出土物よりも『続日本紀』の聖武天皇の国分寺建立命令の詔勅(天平13年、741年)を
根拠に8世紀中頃以後とされているのは、大和朝廷一元史観の宿痾と言わざるを得ません。
やはり多元史観による「九州王朝の国分寺建立」という視点で、
各地の国分寺遺跡の編年見直しが必要と思われます。(つづく)
===========


第150号 古田史学の会「洛洛メール便」 2015年09月09日
前略。 「古田史学の会」の竹村です。
洛洛メール便をお届けします。

===========
古賀達也の洛中洛外日記【号外】
2015/09/07
「東京古田会」「多元の会」の皆さんと懇親会

昨日の東京講演会(古田史学の会・主催)は100名以上のご参加をいただき、大成功でした。
内容については「洛中洛外日記」で報告しますが、
参加されていた「東京古田会」の藤沢会長さんや「多元の会」の安藤会長さんら両会役員の皆さんに、
講演終了後に市ヶ谷駅近所の居酒屋さんで懇親会を開いていただきました。心温まる御配慮でした。
その歓談の中で、昨年11月で最後となった「八王子セミナー」のような古田支持者による集いを
これからも持てないだろうかという話が出てきました。
また、藤沢さんのお話では「八王子セミナー」を主催されていた大妻女子大学の荻上学長も
同様のお考えをお持ちとのこと。
もし、大学セミナーハウスが利用できるのであれば、宿泊施設の心配をすることもないので、
大変ありがたいことです。
古田先生にも臨席いただければとの意見も出されましたが、
先生のお身体のことを考えると、それはやめて欲しいと、わたしは述べました。
いずれにしても、是非実現させたい企画です。
全国の古田ファンや弟子等が年に一度集まるということは、将来のためにも重要な意義を持ち、
言わば釈迦の弟子等による「結集(けつじゅう)」に相当するものです。
「古田史学の会」でも検討したいと思っています。
===========

« 『たの授』9月号の感想 | トップページ | 続く長雨~3日後には体育祭!? »

古田史学」カテゴリの記事

コメント


ブログ
第1045話 2015/09/07
「武蔵国分寺」七重塔創建瓦の編年

ホームページ「新古代学の扉」(9月19日まで)に「古田史学」カテゴリを
リンクして紹介させて下さい。

ブロクは将来はリンクを変更して固定します。

横田さんへ
コメントありがとうございます。

古田史学の発展のためならば,
喜んで力になります。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『たの授』9月号の感想 | トップページ | 続く長雨~3日後には体育祭!? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ