« 『歴史地理教育』誌の原稿のこと | トップページ | 昨日の部活動 9/19 »

2015年9月19日 (土)

「法案反対」から「法案撤回」「選挙に行こう」へ

「安保法案」という言い方をする人は,
この法案が成立すれば「戦争を未然に防ぐ」と言い,
「戦争法案」という言い方をする人は,
この法案が成立すれば「戦争への道を開く」と言う。
いったいどちらが本当なのか?

昨夜というか,本日未明というか,
9月19日(土)の午前2時台に,例の「法案」は成立した。
今後どうなっていくかは,未来の歴史が証明してくれるだろう。

そもそも,法律は国会において多数決で決められるしくみなので,
基本的には国会で過半数を占めた勢力が,
自分たちの決めたい法律を作る力(権力)を持つ。
だから,いくら野党が「問責決議案」や「内閣不信任案」を出そうとも,
多数決でその法案は成立してしまうのだ。
(あの悪名高き治安維持法だって,
普通選挙法といっしょに多数決で成立した)

今回,法案に反対する人たちは,それまで叫んでいた「法案反対」から,
「法案撤回」「選挙へ行こう」に言葉が変わったという。
それは,小さいけれど大きな変化かもしれない。
今回の多数決の構図を作ってしまった原因は,前回の選挙の結果でもあるから,
そもそもそうならないように,
国会の勢力の構図を変えていこうとするものだからである。

法律は,多数決で成立するが,
同時に改正・廃止することもできる。
「これで終わり」なのではなく,「ここから始まる」という意識が芽生えたとすれば,
この法案が新しい出発となる可能性があるだろう。

« 『歴史地理教育』誌の原稿のこと | トップページ | 昨日の部活動 9/19 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
私は先ほど「内閣: 現在の政府は正式な日本国政府ではない」というキャンペーンに賛同しました!
この課題は非常に重要だと感じています。一緒に賛同していただけないでしょうか?
詳しくはこちらリンクをご覧ください:
http://www.change.org/p/%E5%86%85%E9%96%A3-%E7%8F%BE%E5%9C%A8%E3%81%AE%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%81%AF%E6%AD%A3%E5%BC%8F%E3%81%AA%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%94%BF%E5%BA%9C%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84
よろしくお願いいたします。
川瀬 健一
 この動き、安倍内閣に対して国民の側から不信任を突き付ける行動だと思います。

川瀬さんへ
コメントありがとうございます。

「内閣: 現在の政府は正式な日本国政府ではない」というキャンペーン」というのは,
「ネット時代の新しい抵抗の仕方」なのでしょうね。
次の選挙を考えていくためにも,興味深い動きだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『歴史地理教育』誌の原稿のこと | トップページ | 昨日の部活動 9/19 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ