« 「やりかけの仕事」の大切さ | トップページ | 他にもたくさん例があった「7度のズレ」建築物 »

2015年8月19日 (水)

昨日の部活動 8/18

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。
先日来てくれたOBとほぼ同じメンバーが再度来てくれて,
マンツーマンの対人パスや練習試合も行った。

0ー3(19ー25,23ー25,14ー25) 

OBチームの経験が勝っているのは当然だが,
敗因はやはり「在校生チーム」にあった。
きびしい書き方をすれば,在校生チームは攻撃していない。
自分たちができる最善を尽くしていない。
まず,「元気の源」とコーチも伝え,私も言い,OBも言ってくれている,
その「声」の大切さをわかっていない。
(最後のOBの評価を,「漢字一字」で表してもらった。
「声(を出す)」のほかにも,「笑(顔)」「頑(張る)」
「黒(「全員バレー」の練習着の色)」などが出された)

これまで3年生に先輩たちに助けられ,
攻撃をしなくても勝ってきたゲームは,
大きな意識改革しない限り,これからは負けとなる。
(バレーボールの試合に,引き分けはないから)
その覚悟をして,これからの練習や試合に臨んでほしい。

狭山丘陵杯(Т.C)の結果次第では,
その後の練習試合は組まないつもりだ。
新人戦・市予選の10月2日まで,
自分たちだけで練習してほしい。
(「人任せの伝統」を早く断ち切れ!)

« 「やりかけの仕事」の大切さ | トップページ | 他にもたくさん例があった「7度のズレ」建築物 »

部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「やりかけの仕事」の大切さ | トップページ | 他にもたくさん例があった「7度のズレ」建築物 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ