« 昨日の部活動 8/21 | トップページ | 渡りに舟(軽トラ) その5 »

2015年8月22日 (土)

法隆寺は「7度ブレ」ているか

先日「播磨灘のメモ帳。」サイトに載っていた
「法隆寺は.北7度西にブレている」という情報をお伝えし.
古賀さんにも使っていただいたのですが,
念のため調べてみようと『原色日本の美術(2)法隆寺』の227ページの
伽藍配置図(方位入り)で確認したところ,
どうもそんなになさそうでした。(もっと鋭角のよう)
また,検索で各地の寺社について調べていた中で,
「法隆寺は4度のブレ」と書いているものがありました。

そこで,これは法隆寺に直に聞いてみた方が早いということになり,
電話をしてみました。
すると,こういう答が返ってきました。
「だいたい3度ぐらいではないでしょうか。
建物にもよると思いますが・・・」
(「播磨の国分寺も北3度西」である)

がーん。どうもサイト情報は違っていたようです。
申し訳ありませ~ん。

しかし,常陸国分寺は7度ということで同じ仲間ですので,
多元的「国分寺」論は大丈夫だと思います。
国分寺の検索は,あの後もやっているのですが,南北軸のものが多いです。
ということは,「九州王朝のものがずっとそのままある」
(7度ずらしていない,もとの形)とも言える。
あとは,発掘調査・報告書の洗い出しです。

とりあえず,今わかっているところまで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このようなお詫びのメールを差し上げたところ,
「ネット検索は概略を押さえるという程度ですから
学問的には実地調査と学術報告書に依らなければなりません。
今後の研究の方向性としましては
概略による「傾向」の把握と精緻な分析による個別の状況とにわけて
考察を深めようと考えています」と
古賀さんからは言っていただきましたが,
本当に申し訳ないことでした。m●m

これからは,この「失敗」を教訓に,
できる限り慎重を期して,
ネット検索をしていきたいと思います。

「新しいことにチャレンジするから失敗もある。
失敗したくなければチャレンジを止めればいい」と,
どどなたかもおっしゃっていましたので・・・。

« 昨日の部活動 8/21 | トップページ | 渡りに舟(軽トラ) その5 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 8/21 | トップページ | 渡りに舟(軽トラ) その5 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ