« 「古寺院地区」の中心には七重塔があった! | トップページ | 肥さんの「引越」年譜 »

2015年8月24日 (月)

「現地調査」のための下見

昨日,ダイエットを兼ねて,資料をもらいがてら,
多元的「国分寺」論の現地調査のための下見に行ってきた。
6種類の資料(周辺の詳しい地図など)を人数分(現在8名)ゲットできた。
十数名までは対応できますので,希望者はコメントして下さい。
9/5(土)12時に国分寺駅集合です。


【私のお奨めコース・・・2時間半】

(1) 国分寺駅の隣り駅である西国分寺駅に中央線で移動する。
(2) 東山道武蔵路跡を歩く体験をする(100数十m)=両端の黄色の印が道の側溝

129

103

106

(3) 現・武蔵国分寺をさらっと見る

111

(4) 国分寺跡資料館を見学する(100円)

126

(5) 武蔵国分寺跡を見学する(講堂→金堂→中門→七重塔)

124

112

114

115

116

塔1と呼ばれている遺跡

119

白いレジ袋が塔2の推定地(歩測による)

((6) 国分寺四中の体育館の一角にある資料館を見学する

120

(7) 武蔵国分尼寺跡を見学する

123

(8) 鎌倉時代の切り通しを歩く

(9) 縄文時代の石敷き住居(復元)を見学する

(10) 西国分寺駅に戻り,隣り駅の国分寺駅へ中央線で移動する。

当日,以下の6種類のパンフ資料&私が「古代日本ハイウェーは九州王朝が建設した
軍用道路か?」を書くきっかけになったТV番組のDVDを差し上げます。

127

« 「古寺院地区」の中心には七重塔があった! | トップページ | 肥さんの「引越」年譜 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「古寺院地区」の中心には七重塔があった! | トップページ | 肥さんの「引越」年譜 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ