« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

肥さん大移動

昨日は午前中引越の荷物の片付け&ゴミ出しをしたが,
午後は一転「大移動」を展開した。

(1) 学校へ「狭山丘陵杯(Т.C)」の準備(賞状作りなど)
(2) 向陽中へ女バレの練習試合の応援に(1セット取ったよ!)
(3) 実家へ(買い物など)
(4) 山口公民館へ(男バレの自主練習の視察に)
(5) 房yaへ(Aさんの訃報を知らせに)

総理大臣なら公用車を使うところだろうが,私は使えないので,
バスと電車と歩きで「大移動」した。
ふー,よく動いたものだ。

昨日の部活動 8/30

昨日は学校での部活動はなかったが,
夜自主練習ということで,午後5時半~9時に,
山口まちづくりセンターの体育室(体育館)で行った。
木下兄夫妻と大沢君にお世話になった。
保護者+家族も6名参観があった。
最終調整を済ませ,いよいよ本日は狭山丘陵杯(Т.C)に臨む。

2015年8月30日 (日)

『たの授』公開編集会議 2015年8月

昨日は,12時~16時半まで,
上記の会議に参加した。
10月号の相談である。

とはいっても,さまざまな情報交換も兼ねているので,
純粋に雑誌のことだけを話しているのではないが・・・。

中でも気になるのが仮説社の社屋の移転。
自分自身の引越で苦労しているので,
余計身近な問題に感じた。
月刊誌を発行しながらだから,
本当に大変だ。
おまけに9月は途中に「5連休」が入るので,
入稿の締め切りが厳しいらしい。

私としては,はやく「GDPキューブ」のことを資料にして,
「見えない世界を見る」なんて特集にしてもらいたいと考えている。
でも,考えているだけじゃだめ。実行しないとね。

夏の大会(東京都・北トピア)の際,たの社MLのオフ会で,
「残り3年は,GDPキューブの研究を頑張ります」
と言ったのは私の本音である。
これができたら,いつやめてもいい。

Aさんの訃報

昨日,留守電にAさんの訃報が入っていた。

Aさんに最後に会ったのは,半年ほど前。
病院を退院してきた時だった。
声を掛けられても,いったい誰なのかわからなかった。
その人がAさんだと分かったのは,
隣りに優しく微笑む奥さんがいたからだった。
それほど薬の副作用で顔がむくんでいた。

Aさんとは30年来のお付き合いで,いろいろお世話になった。
いつも飄々(ひょうひょう)として,怒った顔は見たことがない。
たまに人に苦言を呈する時にも,
「そういうことをしては困るなあ」という感じで,
大人の態度で諭(さと)していた。
私もそういう年配者になりたいものだと思っていた。

Aさんはジャズが好きで,自分でもサックスを吹いていた。
ジャズの話をする時,とても楽しそうにしていた。

たまに悩みを聞いてもらう時もあったが,
「先生は,先生のやり方でやればいいよ」と,
励ましていただくのが常だった。
そんなAさんに,もう会うことはできない・・・。

今まで,ありがとうございました。
Aさんの分まで,頑張って生きますね。
そう言ったら,Aさんはまた,例の調子で,
「先生は,先生のやり方で・・・」と言われると思う。
ご冥福をお祈りしたい。

【今後の予定】

御通夜・・・9月3日(木) 午後6時から所沢斎場にて
告別式・・・9月4日(金) 午前11時から所沢斎場にて

楽天が序盤の速攻で47勝目

西武 0 0 0 0 4 0 0 0 0 計4
楽天 0 3 4 0 0 1 0 0 X 計8

楽天が序盤の速攻で47勝目をあげた。
2回は嶋の3ランで,3回藤田の満塁ホームランで。
この7点で試合の主導権を握り,
投手リレーで逃げ切った。

先発の釜田が,5回4失点ながら,今季初勝利をあげた。
最終回は,松井裕が投げた。
4点差だからセーブポイントは付かないのだが,
肩慣らしということだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

楽天 釜田が716日ぶりの白星!「ただいま!いま帰ってきました!」

スポニチアネックス 8月29日(土)22時37分配信

<楽・西>お立ち台で笑顔を見せる釜田
◇パ・リーグ 楽天8―4西武(2015年8月29日 コボスタ宮城)

楽天の釜田が右肘じん帯再建手術を乗り越え、
13年9月12日のロッテ戦以来となる716日ぶりの白星を手にした。

背番号「21」がマウンドに戻ってきた。
ルーキーだった12年に7勝をマーク。
しかし、その後は右肘の故障に悩まされ、
14年3月にとうとう同部位にメスが入った。

その後、必死のリハビリを経て、ついに迎えたこの日の先発。
「手術してからこの試合を目標にしていた。
その思いを一球一球ぶつけようと思っていた」と釜田。
初回から150キロをマークし、
西武打線を4回まで3安打無失点と見事に有言実行して見せた。

「へばってしまった」という5回はメヒアの2ランなど4安打を浴びて4失点。
しかし、2回に女房役の嶋に3ランが飛び出し、
続く3回にも藤田の満塁弾と味方打線からの援護をしっかりと受け、
「感謝しかありません」とコメントを続けた。

96球を投じて5回7安打4失点。
大久保監督も「手術前よりも大きなピッチャーになって戻ってきた」
と感嘆した復帰登板だったが、本人は納得していないようだ。
「まだ復活とはいかないので、そう言えるように頑張りたい」。
高卒4年目とは思えないストイックさを感じさせる言葉だったが、
ヒーローインタビューの最後に「ただいま!いま帰ってきました!」
とファンへメッセージを送るその笑顔は22歳の若者らしいものだった。

2015年8月29日 (土)

あと3日の「夏休み」

あと3日で「夏休み」も終わる。
そこで,現時点での「総括」をしておく。
総じて言えば,充実した「(五)十七の夏」だったということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 仮説実験授業

夏の大会でナイターを行った。
旧ブロックス→新GDPキューブへの橋渡しが出来たことで,
その方面の研究が進みそうだ。
カラー写真をふんだんに使って,数十ページほどでいいから,
「もしも〈世界〉が見えたなら」というガリ本を作りたい。
おっとその前に,『歴史地理教育』誌(地歴社)の
6ページの原稿を書いてしまわなければ・・・。
私がやるべきことはたくさんある。

(2) 古田史学

この夏は,多元的「国分寺」論の記事が「夢ブログ」に多く登場した。
これは,古田史学の会・代表の古賀達也さんのお導きで,
古田史学の会・会員の私としては,大変うれしいことである。
9/5(土)の「現地調査」を皮切りに,2学期も頑張っていきたい。

(3)「愛の世代ズ」

こちらもこの夏「夢ブログ」に多く登場した記事である。
8/1の「あいせだ祭」も盛況の内に終了し,「愛の世代ズ」は次の段階に入った。
20社の関係方面に送ったDVDへの反応は,今のところないが,
待っていてばかりいても仕方がないし,生活もある。
広報活動はこれからも続けていく必要があるし,「営業」もしていくべきであろう。
そのあたりの「作戦会議」ができるといいと思っている。
個人的には,「おじいちゃんの唄」と対になる
「おじいちゃんの唄~戦後バージョン」を作ってほしいと思う。
それが,より「おじいちゃんの唄」の意味を鮮明にさせるような気がする。
(動物たちを可愛がり,養子として何人も引き受けた等の話題が出ていたと思う)

(4) 部活動

新チームの練習試合での「勝率」は,なんと9割近く。
本当に木下兄コーチのご指導の賜物(たまもの)である。
生徒たちも日々成長し続けている。
攻撃型だった旧チームから守備型チームへの移行だったはずが,予想外の展開。
「攻撃は最大の防御なり」改め,「堅実な守備は最大の攻撃なり」としよう。(o^-^o)

(5) 引越

「3丁目の夕日」の大マスターのお陰で,急速に進んだ引越。
あとは,「捨てる作業」がメインだが,
これまで30年以上にわたって貯め込んだものの多さに驚く日々だ。
昨日はカラーボックス2つを片付けたが,その中のものを処理する必要がある。
今我が家はガレキの山状態である。
メドとしては,9月中これをコツコツ片付けていき,
10月初旬に市内大会で優勝=直県(地区大会を経ずに県大会に行ける)
となった10月中旬~11月かなと考えている。
大マスターのお力がなければ越年していただろうから,
本当に感謝しています。

(6) ダイエット

現在-2キロ。減っていないわけではないけれど,
無理して減らして夏バテを誘引してもまずいかなと思っている。
だって,あと3日で「夏休み」はおしまいである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

上記のほかにも書きたいことはたくさんあるが,
私には「夢ブログ」があるので,書きたくなったら書く。

飯原けいせいバンドの新CDの題名は,「まだ夏は終わらない」。
しかし,「もう夏は終わったよ」と思うような昨今の天気ではある。

次は,やっぱり「Windows10」?

房yaのYさんと,パソコン談義をした。
今ノートパソコンの買い替えを検討しているとのことで,
「Windows8」にしようか「Windows10」にしようか,迷っているという。

「それなら,先が長く,使い勝手に不安のない
「Windows10」にした方がいいんじゃない?」と私。
実は,私も同様に買い替えを検討しているのだが,
まだ身の回りに「8」も「10」も使っている人がいないので,
先行してくれる人がいると,いろいろ話を聞けると思ったのだ。

もうほとんど「10」にしようと心を決めていたYさんは喜んでくれ,
それからひとしきりパソコン談義となった。

パソコンというのは,時々トラブルを起こすし(誤操作が多いが),
その時に相談に乗ってもらえる人が身近にいるかいないかで,
大きく条件が変わってくる。

その点私は,九想さんが15年前からアドバイスして下さっているので,
メールマガジン→ホームページ→ブログといろいろなものに
チャレンジすることが出来てきた。ありがたいことである。

ブログをやっているので,機械にも詳しいと思われ勝ちだが,
もともとアナログな私は,実をいうと「右クリック」がほとんと使えない。
「つい最近まで,「右クリック」でコピーできることを知らなかった」
と言ったら,Yさんは目を丸くして驚いていた。(゚0゚)

昨日の部活動 8/28

昨日は,午後1~5時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

9割近い練習試合の高い勝率は,
部内の紅白戦を見ていてもよくわかる。
とにかくボールをよく拾う。
なかなかボールがコートに落ちない。

また,1人がファインプレーをすると,
それに刺激されて他の生徒も頑張る。
いい意味での「緊張」が,
新チームを支配している。

女バレと久しぶりに同じ時間帯にいっしょになった。
(弟コーチと大沢君にお世話になった)
あちらは30日(日)が練習試合で,
31日(月)の狭山丘陵杯(Т.C)の日はオフ。
希望者は,「お茶汲み」の名目で,
応援しに来てもいいことになった。
男バレの頑張りを見てもらうことで,
女バレを刺激できたらと思う。

ここで,残念なお知らせです。(涙)
狭山丘陵杯に参加する予定だった市内の向陽中が,
都合で参加できないことになりました。
4校総当り=6試合の予定だったのですが,
試合数が半減し,3試合になってしまいます。

半面の同時進行→全面の試合+
対戦のない時は補助審判に変更となることになります。
広いコートで,市予選.県大会を想定して試合をしよう。
向陽中の先生も「来年はぜひ参加させて下さい」と
おっしゃってしました。

試合数は少ないが,内容・迫力で盛り上げよう。
夏休みの総決算で,勝率の「9割越え」を!
(ということは,2試合とも2ー0ということだ)

2015年8月28日 (金)

祝!あいせだラジオ50回!!

「あいせだ★ブログ」の重要コンテンツである
「あいせだラジオ」の49回が8月18日に公開されてから1週間以上,
なかなか次のものが更新されてこないので,心配していた。
冷夏に風邪でもひいたのではないか,またアウトプットし過ぎて来た日々に
疲れを感じたのではないか,等々。(真相は,「あいせだ★ブログ」まで)

昨日上記の題名で再開され,今後はスローペース(マイペース)で続けていくことを
「本音トーク」ということで読者に伝えていた。

「あいせだ★ブログ」

http://ameblo.jp/ainosedaizu/

彼らの話していること(「おじいちゃんの唄」や「新宿の夜」という作品の
裏側にあるもの)はよくわかるし,多くの人にわかってもらいたいという願いを
私も持っているが,現実にはなかなかそうはいかない。
みんな,このハイペースの社会の動きに翻弄(ほんろう)され,
本当に大切なことは何かなどと考えることに対して,
「思考停止」させられているのではないかと思う。
それが,すべて想像力の問題かどうかはわからないが,
少なからずそういうこともあるのだと思う。

そんな時,頭慢さんのやり方はなかなかいいと思うので,
参考のために書いておこう。
彼は精力的にライブを行いつつ,自らの「20階のバルコニー」サイトで,
その都度,セットリスト紹介&解説&「反省会」をやっているのだ。
(おまけに,ライブ映像のおまけ付き。行けなかった時,助かる~)
それが彼のライブを進化させ,ファンを増やす源(もと)になっていると思う。
1回のライブをただの思い出にしてしまうことなく,
確かな未来の自分への階段として,「一歩ずつ,一歩ずつ」積み上げていく作業は,
「砂の城」(JIIKEさんの名曲の題名)とは正反対の姿である。
私が頭慢論を書きたいと言っているのは,そういう真っ当なやり方を
評価する人がいるべきであり,他の人がやらないならば私がやると思ったのだ。

と話題が頭慢さんの方に行ってしまったようだが,
「愛の世代ズ」にもライブのステージの肥やしにいろいろな体験をしてほしい。
そして,それを「あいせだ★ブログ」で伝えてほしい。
書くのが大変なら,「あいせだラジオ」で語ってくれてもいい。
(「愛の世代ズ」のホームグラウンドとも言っていい場所であるし)
やはり,考えたら発信し,反応を受けて,また考えるという基本的な作業が,
忙しい(「心が亡くなる」という意味ですね)時代に流されないために,
私たちには必要ではないかと思う。

この3ヶ月あまり,「愛の世代ズ」は経験したくてもなかなかできない
貴重な体験をしてきたと思う。また,普通の人にはなかなか出会えない
素晴らしい人々との出会いがあったと思う。
それを糧(かて)に,次のステップへと進んで行ってほしい。

私もできる限りの努力をしていきたいと思うが,まだまだ広報活動は十分ではない。
「愛の世代ズ」の素晴らしさを知らない人だらけなのである。
パンフの配布(刷ってある分はすぐに送れます)等,できる活動からどんどんしていきましょう。
(協力者を求む。レストランの開いているスペースに貼るだけでも,宣伝になります。
また,DVDの販売促進なにもなるよ~。私はこの作戦で2枚売りました)
さらに,「おじいちゃんの唄」や「新宿の夜」に続くような,内容の濃い曲作りを続け,
ライブにも有料出演できるようにしていき,生活をなりたたせるようにしていこう。

「愛の世代ズ」の歴史は10年だけれど,
みんなの「愛の世代ズ」の歴史は,今始まったばかり。
知恵を出し合って,やっていきましょう。(未完)

新座中・大井中との練習試合 8/27

昨日は,上記の練習試合のために,
新座中にお邪魔した。
木下兄コーチにお世話になった。

対大井中 4ー0(25ー11,25ー1,25ー20,25ー5)

2年生が2名で,残りは1年生とのこと。
力の差がありすぎて,気の毒だった。
3セット目の20失点(自滅)は,要反省。

対新座中 5ー1(25ー14,25ー22,16ー25,25ー21,
25ー21,25ー14)

唯一取られたセットは,スタートの10点が2ー8からのもの。
これだけリードされると,なかなか追いつけない。
なんと,1日で10セットもやってしまった!

新座中は県大会を行う新座総合体育館の近くで,
1時間程度で行くことができる。
顧問の先生もかつて東京都の代表として
全国大会に行った経歴を持つ方である。
また,コーチもだいぶ前から存知あげている方。
チームの作り方もお上手と見た。
そういう縁からも,今後も交流を願いたい。
(9月23日,この新座中の新しい体育館を1日使えるそうなので,
またお邪魔する約束をした)

新座中と大井中の皆様,ありがとうございました。
来年度は,狭山丘陵杯(Т.C)にも参加して下さいね。

保護者の参観が,2名あった。

「なのに」と「だから」

科学者の板倉聖宣さんが言っている言葉で,上記のものがある。
身近な例でいえば,我が校の男バレ。
守備型のチームなのに,練習試合の得失セットが,現在のところ
34勝4敗=勝率9割近くという驚異的な数字なのである。
(まだOBチームにはぼこぼこにされるが,
その甲斐あって対中学生ならこの成績なのだ)

こういう場合は,「なのに」ではなく「だから」と考えてみる。
すると,旧チームが守備が苦手なために落としていた「接戦の試合」を,
新チームはものにしていることに気づく。

旧チームは,「10点取られたら,11点取ってこい!」が
キャッチフレーズだったが,
新チームは,「ラリーが続けば続くほど,勝てるチャンスがある!」が
キャッチフレーズとなった。
(まるで「別人」のような変身ぶりである。違うチームを見ているようだ)
だから,時間はかかるが,その分得点が入り,セットが取れるのだ。

どちらもキャッチフレーズには違いがないが,
より本来のバレーボールの特徴=「万有引力に逆らって
ボールをコートに落とさない」から言えば,
新チームの守備型バレーボールの方が,本来の意味に近いと言えよう。

ベンチに座っていて,安心できるのはどちらかと問われれば,
やはり守備型バレーボールなのである。
なにしろ,なかなかボールを落とさないのだから・・・。
これをさらに徹底していって,県大会2勝以上できる「体質」を作っていこう!

楽天の投打が噛み合い46勝目

楽天 0 0 2 0 4 0 0 0 0 計6
オリ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0

楽天が連敗を8で止めた。

楽天は3回表,松井稼の犠飛とペーニャのタイムリーで2点を先制した。
また,5回表には,ウィーラーのタイムリーなど,
打者一巡の攻撃で一挙4点を追加した。
投げては先発・戸村が7回無失点の好投で今季7勝目(7敗)。

2015年8月27日 (木)

第1回 狭山丘陵杯(T.C)

第1回 狭山丘陵杯(T.C)趣旨・・・夏休み練習の成果を試し,新人戦へのステップアップを図る

大会名の由来・・・本校に隣接する「トトロの森1号地」にちなみ,狭山丘陵杯と命名する

実施日・・・8月31日(月)8時半~17時

会場・・・本校・体育館

参加校・・・所沢向陽中・川越鯨井中・ふじみの花の木中・本校

方式・・・4校総当り方式にて,勝敗を決する(勝ち数・得失セット数・得点数の差)。
3セットマッチで午前中に行い,午後の部は,本校を固定し,時計回りで1セットずつ練習試合。

集合 8時30分
準備運動・キャプテン集合・開会式
第1試合 9時30分   AーB CーD
第2試合 10時30分  AーC BーD
第3試合 11時30分  AーD BーC
閉会式・表彰式 12時30分

昼食・休憩・・・ステージや卓球スペースやギャラリー,
体育館周りで食べ,ゴミは持ち帰って下さい。
トイレは,体育館内のものを使用して下さい。

練習試合 居られる時間まで,汗を流しましょう。
体育館は,午後5時までは使用できます。

※ なお,優勝カップは,持ち回りである。
優勝校の名前を紅白帯に刻み,その栄誉を讃える。

※※ 肥沼(フレッシュバレー実行委員会・代表)の責任で3年間行い,
その後はあり方を再検討する。

酸素カプセル(2)

昨日は,酸素カプセルの話題を多くの人とした。
(「経験者」は,わずか1人だった。意外に少なかった)

効果を疑う人には2種類あって,
(1) 「酸化」によりかえって害があるのではないか
(2) 「なんとか水素水」の摂取の方が効果があるのではないか
ということのようだ。

そこで,インターネットで検索してみたところ,
医療用のものと比べ,酸素の量や気圧の度合いが小さいので,
あまり期待しない方が良いというような話だった。

私が50分に渡って受けたのは,酸素量30%で1.3気圧だったが,
医療用のものは酸素量50%で2,5気圧というものだった。
(通常,20%で1気圧のところ)

だから,効果も薄ければ害も少ないというわけで,
むしろ「プラシーボ効果」(体にいいことをしていると信じることによる継続)
への期待が考えられるとのこと。

まあ,2000円ですべてを解決しようとする方が無理な訳で,
駅前の赤提灯で1杯やって気分転換したと思うくらいに考えればいいのかもね。

あいせだ広報活動(5)

昨日,「エフエムナックファイブ」をはじめ3か所に,
「愛の世代ズ」の「お願いの手紙」+「パンフ」+「DVD」を送った。

これで合計20か所へ送ったことになる。
どこかが反応してくれると,
「連鎖反応」ということも出てくると思うが・・・。

まあ,これまでの10年に比べたら,まだひと月だ。
あせらない,あせらない。(^-^;

昨日の部活動 8/26

昨日は,午後1~5時のコマだった。
コーチはいらっしゃらなかったが,
生徒たちで4時間の練習をしっかりできた。
西部選抜になっている3年生のN君が,
自分の調整も兼ねて,練習に来てくれた。

気温23℃などという,信じられない涼しさの中で,
本日の新座中との練習試合に向けての調整を行った。

なお,集合・出発時間を15分早めて,9時45分とした。
電車とバスの接続をよくするためである。

2015年8月26日 (水)

『海路』12号が届く

古賀さんからの情報で「九州の古代官道」が特集と聞き,
アマゾンで注文した上記の雑誌が昨日届いた。(本当にアマゾンは便利だ)

133

1番ショックだったのは,古代官道の先達・木下良氏と武部健一氏が,
今年の1月と5月に相次いで亡くなったことが載っていたことだった。
この2人は,拙論「古代日本ハイウェーは九州王朝が作った軍用道路か?」
のもとになったテレビ番組にも登場し,
また何冊もの著書で刺激を与えていただいた方々だった。
ご冥福を祈るとともに,私も「師の説になじみそ」(本居宣長の言葉)
という言葉に従って,多元的に発展させていただくつもりである。

朗報としては,古代官道が市民参加の研究・活用に道を開くのではないかという
石井幸孝氏の論文「市民参加による古代官道~古代官道ウォーキングのすすめ」
が好論だと思った。その節は,「東山道武蔵路」担当者に就任したい。

あとは,ざっと目を通した限りでは,通説の範囲にとどまっているように思った。
「まあ,そりゃそうでしょ」とは思うが・・・。

古賀さんは,鞠智城(きくちじょう)の研究もされているので,
新知見を得られたかもしれません。

酸素カプセル

「疲労回復に,酸素カプセルはいかが?」という誘い文句に惹かれて,
初めて試してみることにした。
(だって,昨日は疲労困憊(こんぱい)だったのです)

「活性酸素がよくない」という説を聞いたことがあるが,
ではどうしたらいいのか,そう言う人は説明してくれない。
(まさかシャブに走るわけにもいかないし・・・)

「時間は50分で,最初の7分で1.3気圧まで上げ,
その後それを保って,最後の5分で元の1気圧に戻す」という。
飛行機とは反対に,水中3mに潜っている感じの気圧だそうだ。

1回くらいで効き目があるのかどうかわからないが,
カプセルから出た時には,確かに体がリフレッシュした気がした。
また時間がある時に試してみたい。

「食育」の出張

昨日は,午後から上記の出張に出かけた。
好き嫌いなどを越えて,
今はアレルギーによるショック死についてまで,
学校は責任を持たなくてはならない時代となった。
これからその現実に対応していかなければならない
若い先生方の苦労が思われる。

そのためにも,忙しすぎる日常生活に目をやらなければと思う。
先生の命(人生)を大切にしない学校は,
結局のところ子どもの命(人生)を大切にはできない。

講演が終わった直後,数分のうちに感想文を箱に入れ,
(たぶん,講演中に書き終わっていたのだろう)
足早に会場を去る先生方を見て,ますますその感を強めた。
(私は講演後に感想を書き始めたので,
もう感想の箱が片付けられていたのだった!)

昨日の部活動 8/25

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。
また,受験勉強の合い間に,N君とТ君が練習に来てくれた。
下級生にとっても,ありがたい。

3日間練習が開いたが,気温が25℃だったこともあって,
きつそうな生徒はいなかった。

隣りで体育祭の「ソーラン節」の練習が展開される中での前半2時間。
県大会の大歓声の中でのイメージトレーニングができたかも。
私は「食育」の出張のため,11時半で出発した。(O先生にお願いした)

なお,27日(木)の下山口駅の集合は,午前10時とします。
新座中の場所が,県大会をやった新座総合体育館の近くらしいので,
ひばりが丘駅からバスで10分程度で行けると考えたためです。

電車・バスで,往復1000円程度。
お昼をはさむので,弁当が必要です。
よろしくお願いいたします。

2015年8月25日 (火)

「夏休み」もあと1週間

まだまだあると思っていた「夏休み」も,
気がつけばあと1週間となった。
健康に注意しつつ,頑張っていきたい。

この1週間の予定と,やるべきことを,
「見通し」をつけるために書いておこう。
いわば,イメージトレーニングというわけだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

25日(火)・・・午前8時半~12時半に部活動。
「狭山丘陵杯(Т.C)」の優勝カップが届く予定である。 
午後は,食育教育の出張で埼玉会館へ。

26日(水)・・・午後1~5時に部活動。
荷物の移動・片付けは,午前中にする必要あり。

27日(木)・・・午前10時,下山口駅に集合・出発。
新座中と,午前11時~午後5時に練習試合を行う。
数セットやって,昼食。再開後5~6セットやって帰宅かな。
新座中は県大会をやった新座総合体育館の近所だという。
ひばりが丘駅からバスで10分で行けそうだ。

28日(金)・・・午後1~5時に部活動。
荷物の移動・片付けは,午前中にする必要あり。

29日(土)・・・『たの授』公開編集会議で仮説社へ。
夕方からは「与野ハウスまつり」に参加の予定。
山口公民館での自主練習は17時半~19時半。

30日(日)・・・午前中,荷物の片付け・移動。
午後に学校に行き,「狭山丘陵杯(Т.C)」の準備。
山口公民館で17時半~21時半の自主練習の予定。

31日(月)・・・午前中「狭山丘陵杯(Т.C)」を実施。
午後は残れる学校で練習試合を行う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この1週間は,部活と引越とその他の活動で埋まるが,
スキあらば『歴史地理教育』誌の原稿執筆を入れたい。
また,どこかで「狭山丘陵杯」の1~3位の賞状を作り,
2学期の授業開き(世界の国旗ダイジェスト)の準備や
本部役員の選挙(10/9)のための準備も進める。

いくら時間があっても足らないが,
「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」という戦争標語を,
うまく「平和利用」してやっていきたい。

人間ドック 2015

今年の人間ドックは,ぴったり誕生日だった。
(毎年,「定点観測」を心がけている)
残念ながら,ダイエットの成果は芳しくないが(-2キロ),
忙しさに耐えるほど健康だから,まあいいか。

血圧の値(低い方)が「1」高かったため,
バリウムを飲んでの胃のレントゲン撮影前の注射は,
めずらしくしないことになった。
これ,筋肉注射なので痛いのです。
だから,血圧が高いのはいやだけど,ちょっぴりラッキー!

人間ドックとは関係ないが,治療を終えた歯の調子が悪く,
「歯医者復活戦」だなあ。(。>0<。)
(明日,行く予定)

「九州の古代官道」という特集

古賀さんの情報で,海鳥社という出版社が発行している
『海路』という雑誌の12号(2015年7月)に,
「九州の古代官道」という特集がされていると知った。

「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」を
3年前に書いた(「古田史学会報」2012年2月号)私には,
「待ってました!バッチ,来い!(野球ではないが)」
というような気分である。(o^-^o)

アマゾンで注文したので,明日か明後日には届く。
その感想は,また「夢ブログ」にて。

アパート側の荷物の整理

引越というのは,荷物を送った先での整理が,第2の仕事である。

昨日も,人間ドックの予約を入れてから,開始時間までの間に1時間。
昼食を食べたあと,タクシーで荷物を搬入してからの
午後2~4時の2時間,荷物の整理をした。

といっても,私の場合,荷物≒本なので,本棚に本を入れることと同義である。
洋間の西側(壁で日は当たらない)にスチールの本棚4台を並べ,
大雑把だが,南側から古田史学関係,仮説実験授業関係,その他というように,
本棚を埋めていった。

130

夏休みの間にこの作業を何回か行い,
それと並行してゴミ出しも加速して,
新人戦・市予選で優勝≒「直県」を決めたら引っ越すというのが,
今のところの予定である。

肥さんの「引越」年譜

(1) 山口県岩国市(父の会社の支社がそこにあった)・・・2年間

(2) 東京都東村山市・・・就職浪人をした23歳まで21年間

(3) 埼玉県所沢市松葉町・・・就職をした年の夏休みから25歳の2年間

(4) 埼玉県所沢市緑町4丁目・・・26歳から35歳までの10年間

(5) 埼玉県所沢市緑町1丁目・・・36歳から56歳までの21年間

(6) 東京都東村山市・・・今年の秋から○年間

私にとっては,6つ目の「家」である。
何年暮らすことになるのか,それは「神のみぞ知る」で,わからない。

日本人の生涯の平均引越回数は,5回(1ケ所に16年)とのこと。
私は,平均的な回数に近いのですね。
それに対してアメリカ人は,平均16回(1ケ所に5年!)。
この違いは,なんなんだ!

2015年8月24日 (月)

「現地調査」のための下見

昨日,ダイエットを兼ねて,資料をもらいがてら,
多元的「国分寺」論の現地調査のための下見に行ってきた。
6種類の資料(周辺の詳しい地図など)を人数分(現在8名)ゲットできた。
十数名までは対応できますので,希望者はコメントして下さい。
9/5(土)12時に国分寺駅集合です。


【私のお奨めコース・・・2時間半】

(1) 国分寺駅の隣り駅である西国分寺駅に中央線で移動する。
(2) 東山道武蔵路跡を歩く体験をする(100数十m)=両端の黄色の印が道の側溝

129

103

106

(3) 現・武蔵国分寺をさらっと見る

111

(4) 国分寺跡資料館を見学する(100円)

126

(5) 武蔵国分寺跡を見学する(講堂→金堂→中門→七重塔)

124

112

114

115

116

塔1と呼ばれている遺跡

119

白いレジ袋が塔2の推定地(歩測による)

((6) 国分寺四中の体育館の一角にある資料館を見学する

120

(7) 武蔵国分尼寺跡を見学する

123

(8) 鎌倉時代の切り通しを歩く

(9) 縄文時代の石敷き住居(復元)を見学する

(10) 西国分寺駅に戻り,隣り駅の国分寺駅へ中央線で移動する。

当日,以下の6種類のパンフ資料&私が「古代日本ハイウェーは九州王朝が建設した
軍用道路か?」を書くきっかけになったТV番組のDVDを差し上げます。

127

「古寺院地区」の中心には七重塔があった!

昨日は午前中に引越のための片付けを行い,
(なんで,こんなに捨てるものが多いの!)
午後に武蔵国分寺の周辺を歩いてきた。
もちろん,9/5(土)の「現地調査」ための下見である。

もう何回も訪問した場所ではあるが,
翌日古賀さんは講演会の講師を務めるので
無駄な体力を消耗させては申し訳ないので。

そこで入手した現地の地図の中で,「おやっ」という気づきがあった。
(今までも持っていたのに,気にしていなかった。「見れども見えず」ですね!)
今まで「塔跡」は「境内のはずれに在る」という意識だったが,
「古寺院地区画溝」という線を補ってみると,
「塔」が「古寺院のど真ん中」に建設されている」ということになるではないか!

128

写真は,2014年3月に発行された
「武蔵国分寺跡資料館解説シート No.4」の「武蔵国分寺の建設」の
裏面にある「武蔵国分寺の変遷」である。
「創建期(8世紀中頃~)」と書かれている。
聖武天皇の時期という定説である。

そうなると,土器編年への疑問が出てくるということになる。
塔跡からはたくさんの瓦が出ていると聞いたので,
C14(放射性炭素の検査)での測定を求めたい。

私流に言えば,「九州王朝によって建てられた国分寺の中心伽藍」ということになる。
新しい視座が拓けて,9月5日(土)の現地調査がますます楽しみになる肥さんであった。

PS 当日のご案内役を,私=肥さんがおおせつかりました!ヽ(´▽`)/
古代史研究の最先端を行く古田史学の会の案内役なんて,最高の栄誉です。(o^-^o)

古賀達也さんの多元的「国分寺」論 その後(4)

まだまだ,古賀さんのお話は続きます。
なにしろリアルタイムでの研究です。
そして,インターネットの時代ですからね。
(おっと「夢ブログ」も同様でした(笑))

さて,今回の古賀さんのお話の中には,
またまた私(肥さん)のことが出てきます。
しかし,その中で私の長所と短所も浮かび上がってきます。
まあ,それは事実だから仕方ないのですが,
忙しい古賀さんのお仕事や研究の足を引っ張り,
「ヒイキの引き倒し」になるのではないかと,
密かに思っている次第です。(と言いながらも,書いていますが)
古賀さんの励ましに支えられながら,
未熟な私の研究も少しずつ成長できたらうれしいです。
では,またまた長文転載します。

※ 「古代史の話は難しい。ついていけない」という方は,
遠慮なく読み飛ばして下さいね。
古田武彦さんから初めて多元的古代の話を聞いた時,
私も「目が回り,頭が混線したこと」を思い出します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古賀達也の洛中洛外日記
第1030話 2015/08/20

「磁北」7度西偏説の痕跡
 「洛中洛外日記」1029話(2015/08/19)『「磁北」方位説の学問的意義』で述べましたように、
「武蔵国分寺」の主要伽藍の主軸が真北から西に7度ふれている理由を「磁北」とした場合、
次の検証課題がありました。

1.真北と磁北のふれは、地域や時代によって変化するので、
「武蔵国分寺」建立の時代の「磁北」のふれが
「7度西偏」であったことをどのように証明できるのか。
2.「磁北」を測定する方位磁石(コンパス)の日本列島への伝来時期と
使用時期が古代まで遡ることを、どのように証明できるのか。

 この二つの課題について、とりあえず1については次の方法で証明可能、
あるいは有力仮説にできると考えました。
すなわち、8世紀に建立された寺院や遺構に同様の傾向が見られれば、
それら全てを偶然の一致とすることは困難となり、
意図的に「7度西偏」させたとする仮説が有力となります。
その結果、それを当時の「磁北」の影響と見なす説は妥当性を増します。
もちろん「7度西偏」の他の有力な根拠があれば、
どちらがより妥当かという相対的論証力を比較する作業へと移ります。
しかし、他に有力な根拠がなければ、「磁北」とする仮説が最有力説となるわけです。
 このような考え方から、全国の7~8世紀の遺構の方位を調査しなければならない
と思っていたやさきに、肥沼さんから、またまた驚くべき情報が寄せられたのです。
詳細は肥沼さんのブログ「肥さんの夢ブログ」を見ていただきたいのですが、
インターネット検索で古代建造物の方位を調査された結果、
「7度西偏」の主軸方位を持つものが少なからず見いだされた
とのことなのです。次の通りです。(順不同)

【「7度西偏」の寺社など】
○常陸国の国分寺・国分寺跡
○気比神宮
○太子山から斑鳩寺への道。
○斑鳩寺(揖保郡太子町)堂塔伽藍すべて。
○稗田神社(揖保郡太子町)
○中臣印達神社(たつの市揖保町中臣・粒丘)
○石上神宮(奈良県天理市布留)
○広峯神社(姫路)
○増位山随願寺(姫路)
○麻生八幡宮(姫路)
○松原八幡宮(姫路市白浜)
○法隆寺(奈良・生駒郡・斑鳩町)
○龍田神社(奈良・斑鳩町)
○島庄春日神社?あすか夢耕社(奈良・明日香村岡寺北)
○広隆寺(京都市右京区太秦)
○百済王神社・百済寺跡(枚方市中宮?)

 以上のようです。ネット検索によるものですから、
学問的には現地調査・発掘調査報告書などでの確認が必要ですが、
これだけそろうと全て偶然とするのは不可能と言わざるを得ません。
また、造営年代も異なっており、どの時代に「7度西偏」を採用されたのかも
検討が必要であることは言うまでもありません。
 この中で、わたしが特に注目したのが「法隆寺」です。
全焼した「若草伽藍」は南北軸から20度ほどふれており、
およそ真北を意識した寺院とは考えられませんが、
現存する法隆寺は8世紀初頭の和銅年間頃の「移築」と考えられますから、
近畿天皇家が九州王朝の寺院を移築する際、北を意識して移築したものの、
「武蔵国分寺」と同様に西へ7度ふっていることがわかります。
すなわち、8世紀において近畿天皇家は中枢寺院(法隆寺)の移築において、
「7度西偏」方位を国家意志として採用し、
同様に8世紀後半に造営された「武蔵国分寺」もその国家意志に従ったと考えられるのです。
 他方、前期難波宮(九州王朝副都)や藤原京、平安京は真北方向を採用し、
「7度西偏」ではありません。
これらも国家意志に基づく都や宮殿の造営ですから、
この設計思想の違いは何によってもたらされたのでしょうか。不思議です。(つづく)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古賀達也の洛中洛外日記
第1031話 2015/08/22

多元的「国分寺」研究のすすめ(1)
 このところ、「洛中洛外日記」やメールで進めている多元的「国分寺」研究ですが、
学問の方法ともかかわって多方面への進展波及が進んでいます。
古田学派における学問研究の方法、進め方についても意見を交わしており、
ネット社会ならではの学問環境と言えそうです。
 このテーマに関して会員の皆さんからメールをいただいており、たいへんありがたく思っています。
「お詫びメール」もときおりいただくのですが、学問研究途上の「過誤」は発生するのが当たり前で、
特に誰もやっていない最先端研究は理系文系を問わず、
失敗や誤りがあるのが当たり前で、そのことで学問研究が発展するのです。
「答え」が無い最先端研究で苦しんだ経験をお持ちの方ならご理解いただけるはずです。
 わたしも企業の製品開発で納期に追われ成果を要求される「地獄の苦しみ」を何年も味わい、
体調がおかしくなるほどでした。
しかも企業機密のため、誰にも相談できないし、誰もやっていない開発ですから、
社内に相談する相手もいないという孤独な毎日でした。
ですから「STAP報道事件」で、そのような最先端研究の苦しみなど味わったこともない
マスコミや評論家が小保方さんや笹井さんを犯罪者であるかのごとくバッシング(集団リンチ)を
続けるのを見て、心から憤ったものです。
 昨日も、肥沼孝治さん(古田史学の会・会員、所沢市)から「お詫び」メールをいただきました。
「法隆寺」の方位がネット検索により「7度西偏」と紹介したが、
自ら文献などで調査したところ、3~4度であったとのことでした。
しかも、肥沼さんは法隆寺に直接電話して確認され、わたしに報告されたのでした。
こうした「聞き取り調査」は現地調査に準ずるもので、立派な研究姿勢です。
 わたしからは、ネット検索は概略をおさえる程度のもので、
学問的には実地調査や学術論文に依らなければならないと返信しました。
いわばネット検索は「広く周囲の意見を聞く」という作業であり、
それらの意見が妥当かどうか、仮説として検証するに値するかどうかは、別の問題です。
ですから、不十分な「情報」や誤った「情報」があることも当然です。
専門家の学術論文でも誤りがあることも少なくありませんから、このリスクは避けられません。
しかしそれでも「広く周囲の意見を聞く」(今回は「ネット検索」)という作業は
学問研究にとって大切な作業であり、それにより早く真実に近づくことも可能となり、
自らの誤りにも気づきやすいという学問上のメリットがあります。
「例会」活動にもこうした目的や利点があります。
 次に研究・考察過程を「洛中洛外日記」のようなブログで
リアルタイムに発信する目的やメリットについて説明します。(つづく)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古賀達也の洛中洛外日記
第1032話 2015/08/22
多元的「国分寺」研究のすすめ(2)

「洛中洛外日記」1031話で紹介しました肥沼さんからの「お詫び」メールに対して。
わたしは返信で次のような言葉も付け加えました。
仮説検証過程の紆余曲折過程を明白にしながらブログでの検証作業を進めることで、
古田学派全体に寄与できることを願っていると。
そこで、今回は学問研究において、学術論文や著作での発表と、
インターネットでのブログ発信の学問的性格の違いについて、
わたしの考えを説明させていただきます。

インターネット検索は「広く周囲の意見を聞く」という作業であることに対して、
わたしのブログでの発信は「自説に対して広く周囲の意見を聞く」という意味合いが含まれています。
すなわち、学術論文や著作のように、自説を広く発表するという目的とは少し異なり、
自らの仮説(アイデア・思いつき)に対して、リアルタイムで読者に意見を聞くという目的が大きいのです。
いわば読者との「対話」という性格を色濃く有しています。
今回の多元的「国分寺」研究においては、この「対話」が極めて有効に作用し、
わたしの学問的認識や問題点の所在などが、
一人で考察するよりも何倍も早く広く深く明らかになっています。
これこそ、学問的対話の真骨頂でしょう。
例会などでは参加者が地域的時間的に制約されますが、
ネットではほぼ無限に対象者が広がり、それだけ多くの知識が集約され、
誤りや誤解の訂正もスピーディーとなります。
こうしたネットの特長を「洛中洛外日記」(洛洛メール便)という一方的発信ではありますが、
それにメールでの交信という機能がプラスされることにより、
「インターネット例会」のような空間が実現しています。
将来的にはSNSを利用して、もっと幅広い「交流」の場を持てればと願っています。
もし、従来のように私が何ヶ月も一人で考察研究し、会報などで研究発表するというスタイルでは、
これだけの速度で研究が進展することは不可能でした。
もちろん論文発表という形式は学問研究では普遍的価値を持ちますが、
それとは少し異なったブログでの発信は新たな研究スタイルを可能としました。
そうした意味でも、今回の多元的「国分寺」研究の成果が期待されるところです。
これからも未知の可能性を秘めたインターネットを駆使した共同研究という分野に挑戦したいと思います。

2015年8月23日 (日)

「当て馬」作戦

相手チームの先発が,右投げか左投げか予想がつかない時,
「当て馬」という作戦をとるプロ野球チームがあった。
今は「予告先発」というものがあって,そういうことも少なくなったが,
パソコンやコピー機でそれを利用できると,遅まきながら気がついた。
「わざと間違えたかに見せかけて,実は先々での利益を考えている」
これは,なかなか高等テクニック(賢い機械の使い方)である。

(1) コピーのサイズが,規定のものと違う時,
コピー機が騙(だま)されて変なサイズの(大きすぎる)紙にコピーしてしまうことがある。
そんな時には,その後ろに白い紙を当てて「規定のサイズ」を装うと,
こちらが希望するサイズにコピーしてくれる。
(同僚のE先生から教わった「騙(だま)しのテクニック」)

(2) 右クリックによって得たサイトの長い「http」を,全部は打ち込まず,
わざと「www」くらい打ち込んで1回「登録」し,
あとから「www」は消して,「"(ここ)"」に長い「http」を貼り付ける。

これらの片々の「技術」は,
頭のいい人なら最初から知っているのかもしれないが,
もし知らない人がいたら参考になると思うので,
あえて書いておく次第である。

4か月ぶりの立川「農家」

昨日は,頭慢・しゅーぞ両氏がライブ出演するというので,
4か月ぶりに立川「農家」へ出かけた。
(前回は,4月4日の智之助さん出演の時)

リニューアル・オープンした同店は,
音を聴きながら歌えるシステムがさらに進み,
また,客席も丸いちゃぶ台方式で,
私としてはリラックスして楽しめるものになっていた。

【農家の歌会】

・しゅーぞ ~ 病み上がりの「僕はまだ休日の中にいる」など
・マナムラミノ ~ 「仮面ライダーのお面」楽しめた
・ラッシー ~ なつかしいグループサウンズの数々
・ざんく ~ 激しい曲の後の「月を見ている」が落差があっていい
・頭慢 ~ ウクレレにハーモニカとは斬新な試み。さすが頭慢!

そのあとの,オープンマイクでも,
肥さんの「夢授業」&「(五)十七の夏」(アカペラ)
・・・「あいせだDVD」と「あいせだТシャツ」も紹介,
独特のギターの爪弾きをされたいた男性の歌,
シャンソン系ヒッキーさんの「先生のオルガン」(反戦歌),
JIIKEさんの「砂の城」「地図の唄」「HOPE」(「生」は初めて!),
吉田智子さんたちの「希望」「恋の季節」
などなど盛りだくさんだった。

088

090

096

098

渡りに舟(軽トラ) その6

「3丁目の夕日」の大マスター(大学の先輩でもある)のご尽力で,
ついに「大物」がすべて移動した。

1回目・・・大きな冷蔵庫(使用不可能),大きな本棚,タンス,ダイニングテーブル,食器棚など
2回目・・・小さな冷蔵庫(使用可能),洗濯機,テレビ,ビデオ,DVD再生機など

うち大小2つの冷蔵庫と洗濯機は,木下フレンドに回収してもらった。
(3つの合計は,1万円あまり。
ほかに,軽トラの借用費7000円とガソリン代1000円。
本当は大マスターの日当が3日分必要なのだが,
「その分〈3丁目の夕日〉に飲みに来てよ」ということで,
2回のランチ代だけ払わせていただいた。感謝してます!)

大きな本棚とダイニングテーブルは,最初廃棄しようと思ったが,
土日は「東部クリーンセンター」が休みで,
またマータイさんが「〈もったいない〉は,素晴らしい言葉」だと言っていたので,
捨てないで再活用することにした。

これだけ「大物」を移動・廃棄してしまうと,
もう今のところでの「快適な生活」は望めない。
(あとは,電子レンジとガステーブルくらいしかない。
ただし,片付ける必要のあるゴミはたくさんある)
新人戦の市内優勝=「直県」が決まったら,
今度は大マスターに乗用車をお願いして,
最後の「荷物」移動をしたい。

085

097

先週「最良のシナリオ」という話を書いたが,
現実にほぼその通りになった。
「明るいイメージ・トレーニング」は,やはり,
「明るい未来」のために大きな力となるのである。

「最良のシナリオ」

http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/2015/08/post-0a61.html

「方位磁針 日本への渡来」で検索

上記のキーワードで,検索してみた。
もちろん多元的「国分寺」論の発展のためである。

すると,ウィキペディアの「方位磁針(歴史)」には,以下のように出ていた。
転載させていただくことにする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「歴史11世紀の中国の沈括の『夢渓筆談』、正確には「真貝日誌送」に
その記述が現れるのが最初だとされる。
沈括の記述した方位磁針は24方位であったが、後に現在と同じ32方位に改められた。

原型となるものとしては、方位磁針相当の磁力を持った針を木片に埋め込んだ「指南魚」が
3世紀頃から中国国内で使われていた。
指南魚を水に浮かべることで、現代の方位磁針とほぼ同様の機能を実現する。
名前に「魚」とつくのは、多くの場合木片を魚の形に仕上げ、
魚の口の部分が南を向くようにしたもの(文字通り「南を指す魚」=「指南魚」)が使われていたため。

方位磁針の改良によって航海術は著しく発達し、大航海時代が始まった。

実用的な方位磁針として最初に出現したのは、容器に入れた水の上に磁針を浮かせることで
自由な回転と水平面の確保を同時に実現する方法だった。
この方位磁石の欠点は、激しく揺れる船上で正確に方位を知るのが難しい点である。
揺れる船上で方位を知る装置として、宙吊り式羅針盤が開発された。

ただ19世紀になると船体に木材ではなく鉄などの金属を使う船が普及し始めるが、
これらの金属船では方位磁針が船体の金属の影響を受け、正確な方位を知るのが難しくなる。
このためそれらの船では代わりにジャイロコンパスが方位を知るための手段として用いられるようになった。

2015年8月22日 (土)

アサーティブ・コミュニケーションの研修

昨日の職員研修(教育相談)で,上記の内容を行った。
「自分も相手も尊重した自己主張・自己表現の方法」だ。

例えば,電車で席をつめてほしい時,どんな言い方をするか。
ジャイアン型~「おいっ,お前席をつめろ!」
のびた型~「あのう・・・何でもありません(下をうつむく)」
しずかちゃん型~「すみません。あと10センチ
右につめていただくと,おばあちゃんが座れるのですが・・・」
と相手のことも考えながら,提案することができる。

もちろん,「いつでもしずかちゃん型が正解」というわけには
いかないのが人生だが,
今何型の言い方だったかな?
と自分を振り返ることができる人が集団に増えると,
とても過ごしやすい集団になるという訳だ。

私が,診断テスト20問やってみたところ,
ジャイアン型1点,しずかちゃん型11点,のびた型8点で,
「もう少し自己主張していい」という診断だった。
生徒たちが「肥さんは,もっと怒ってもいいよ」という裏には,
こういう理由があったのかもね。

「国分寺を作ったのは誰か」という先行研究

古賀さんから,
庄田さんの「国分寺を作ったのは誰か」という先行研究を
送っていただきました。
やはり結論は,九州王朝の天子のようです。

文献と考古学の両面から,
多元的「国分寺」論が展開できたら,
論証がさらに実りのあるものになるでしょう。

本日,関西例会とのことです。
「国分寺」サイトも紹介いただけるとのこと。
グッドタイミングでした。

さあ,今日は引越を頑張るぞ~!
夜は,立川の「農家」で,頭慢・しゅうぞ両氏のライブを聴く予定。
ああ,人生は素晴らしい!

♪人生「苦」もありゃ,「楽」もある~♪ (BY 水戸〈肥〉門)

ビッグサイト「国分寺」発見!

法隆寺の件では失敗してしまいましたが,
転んでもタダでは起きない肥さん。
先ほどの「国分尼寺の研究論文」に続いて,
「汚名返上」の第2弾です。

「常陸国分寺 伽藍配置」で検索したところ,
その名も「国分寺」というビッグサイトを見つけました!
何が「ビッグ」かというと,以下の57の国分寺について,
写真や実測図などを満載しているからなのです。
行きたくてもなかなか行くことができない遠方の国分寺についての知見が,
山のように掲載されているのです。
とりあえず,その「発見」の喜びを報告いたします。
「災い転じて,福となす」ですかね。

「国分寺」
http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/to_gl_k.htm

陸奥国分寺,常陸国分寺,上野国分寺,下野国分寺,上総国分寺,
下総国分寺,武蔵国分寺,相模国分寺,甲斐国分寺,伊豆国分寺,
信濃国分寺,佐渡国分寺,越中国分寺,能登国分寺,駿河国分寺,
遠江国分寺,三河国分寺,尾張国分寺,飛騨国分寺,美濃国分寺,
伊勢国分寺,若狭国分寺,近江国分寺,山城国分寺,丹波国分寺,
丹波国分寺,但馬国分寺,河内国分寺,紀伊国分寺,播磨国分寺,
淡路国分寺,因幡国分寺,伯耆国分寺,出雲国分寺,石見国分寺,
隠岐国分寺,備前国分寺,備中国分寺,美作国分寺,備後国分寺,
安芸国分寺,周防国分寺,阿波国分寺,讃岐国分寺,伊予国分寺,
土佐国分寺,筑前国分寺,筑前国分寺,筑後国分寺,肥前国分寺,
肥後国分寺,豊前国分寺,豊後国分寺,日向国分寺,大隈国分寺,
薩摩国分寺,壱岐国分寺

国分尼寺の方位

国分尼寺の伽藍配置が載っている研究論文に,ネット検索で出会ったので,
載せさせていただく。
多くの国分尼寺の伽藍配置が図に明瞭な図になっているのがうれしい。

ついでに言えば,国分寺についての伽藍配置が,
このように図になっている研究論文はないものだろうか?

国分尼寺の造営過程に関する基礎的考察(梶原義実)

http://ir.nul.nagoya-u.ac.jp/jspui/bitstream/2237/19773/1/%E5%8F%B2%E5%AD%A660_3_%E6%A2%B6%E5%8E%9F.pdf#search='%E5%B8%B8%E9%99%B8%E5%9B%BD%E5%88%86%E5%AF%BA+%E6%96%B9%E4%BD%8D'

渡りに舟(軽トラ) その5

今日は「3丁目の夕日」のマスターに手伝ってもらう
荷物の移動の3日目である。
今回で一応「大物」の片は付けようと思っている。

天気も午前中を中心にいい感じだ。(熱中症にご用心)
体調もまずまずだ。
(昨夜は「一滴もやっていない」=疲れて寝た)

(1回目) 大きな冷蔵庫,大きな本棚・・・廃棄を希望
タンスと食器棚とダイニングテーブル・・・移動を希望

(2回目) テレビ,ビデオ,日用品などの小物の移動

(3回目) その他

一応3回の移動を考えているが,小さい冷蔵庫と洗濯機は,
あと数ヶ月使用する必要があると思うので,
今回は移動を断念する。(「部屋の片付け」とい仕事は,
夏休み中には終わりそうもないので・・・)

法隆寺は「7度ブレ」ているか

先日「播磨灘のメモ帳。」サイトに載っていた
「法隆寺は.北7度西にブレている」という情報をお伝えし.
古賀さんにも使っていただいたのですが,
念のため調べてみようと『原色日本の美術(2)法隆寺』の227ページの
伽藍配置図(方位入り)で確認したところ,
どうもそんなになさそうでした。(もっと鋭角のよう)
また,検索で各地の寺社について調べていた中で,
「法隆寺は4度のブレ」と書いているものがありました。

そこで,これは法隆寺に直に聞いてみた方が早いということになり,
電話をしてみました。
すると,こういう答が返ってきました。
「だいたい3度ぐらいではないでしょうか。
建物にもよると思いますが・・・」
(「播磨の国分寺も北3度西」である)

がーん。どうもサイト情報は違っていたようです。
申し訳ありませ~ん。

しかし,常陸国分寺は7度ということで同じ仲間ですので,
多元的「国分寺」論は大丈夫だと思います。
国分寺の検索は,あの後もやっているのですが,南北軸のものが多いです。
ということは,「九州王朝のものがずっとそのままある」
(7度ずらしていない,もとの形)とも言える。
あとは,発掘調査・報告書の洗い出しです。

とりあえず,今わかっているところまで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このようなお詫びのメールを差し上げたところ,
「ネット検索は概略を押さえるという程度ですから
学問的には実地調査と学術報告書に依らなければなりません。
今後の研究の方向性としましては
概略による「傾向」の把握と精緻な分析による個別の状況とにわけて
考察を深めようと考えています」と
古賀さんからは言っていただきましたが,
本当に申し訳ないことでした。m●m

これからは,この「失敗」を教訓に,
できる限り慎重を期して,
ネット検索をしていきたいと思います。

「新しいことにチャレンジするから失敗もある。
失敗したくなければチャレンジを止めればいい」と,
どどなたかもおっしゃっていましたので・・・。

昨日の部活動 8/21

昨日は,午後1~5時までのコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。
本さんにもお手伝いいただいた。
(久しぶりにご一緒した女バレは,
弟コーチにお世話になった)

数日新チームの動きを見ていなかったが,
最後の混合チームとの4セットの練習試合には,
いい動きを見ることができた。
そう,あのように先を読みながら
チャレンジしていけばいいのである。
(特に,1年生のK君のサーブには,
「相手コートに入れるサーブ」から
「相手から点を取るサーブ」への切り換えの気迫を感じた)

ただ,チームとしてはまだ「楽に点を取ろう」
という意識が抜けていず,
同点まではいくが,逆転には至らない歯がゆさを感じた。
だって,マラソンでは追いつくだけではダメで,
相手に「もう追いつけない」と思わせるところまで追い抜く,
というのが鉄則だから。バレーボールも,しかり。

これで3日間,「部活なし」の日々が入る。
公民館での「自主練習」もない。
では,この3日間をどのように過ごすか,
これが今後このチームが伸びるかどうかの試金石である。

25日(火)の再開からは,31日(月)の狭山丘陵杯(Т.C)の
夏休み最終日まで7日間活動が続く。

2015年8月21日 (金)

花の木中との練習試合 8/19

一昨日の練習試合には私は出られなかったので,
その結果を昨日書こうとしたが,
昨日は私が用事で1日年休。
そのため,今になってノートの記録を見ながらこれを書いている。

花の木中に来ていただき,
午前中に練習試合を行った。
木下兄コーチにお世話になった。

7ー0(25ー5,25ー9,25ー18,
25ー9,25ー11,25ー20,25ー10)

新チームは「1からのスタート」のようである。
どんな学校でもバトンタッチは難しいが,
本校ではうまく乗り切っていきたい。

花の木中とは,8月31日(月)の狭山丘陵杯(Т.C)でも,
またご一緒することになる。
よろしくお願いいたします。m●m

古賀達也さんの多元的「国分寺」論 その後(3)

またまた,古賀さんのお話を転載いたします。
肥さんの名前も,あらためて登場してきますよ。
しかも,なかなかの重要人物(キーパーソン)としてです。

15年前にパソコンを強制的に習わさせられた時は
すごくいやな思いをしましたが,
今はブログやインターネットで活用できて,すごくうれしいです。
あの時,こういう利点があると,インストラクターが言ってくれれば,
2年間を棒に振らなくてよかったのですが・・・。
(2年ほど拒否をしていたので)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第127号 古田史学の会「洛洛メール便」 2015年08月20日

前略。 「古田史学の会」の竹村です。
洛洛メール便をお届けします。
===========
古賀達也の洛中洛外日記
第1029話 2015/08/19
「磁北」方位説の学問的意義

「洛中洛外日記」1027話(2015/08/16)で、武蔵国分寺の方位のぶれ(西へ7度)は
「磁北」ではないかとするYさんのご指摘を紹介しました。
その後、そのYさんから、「磁北」の角度のずれは場所や時代で変化するため、
現在の「磁北」である「西へ7度のずれ」をもって、
古代の武蔵国分寺の方位のずれの根拠とすることは不適切であったとのお詫びのメールをいただきました。
同様のご指摘を関西在住の会員Sさんからもいただきました。いずれも真摯で丁寧なメールでした。
いずれのご指摘も真っ当なもので、わたしにとっても認識を前進させるありがたいメールでしたが、
学問の方法についても関わる重要な問題を含んでいることから、
この「磁北・7度西偏」説ともいうべき仮説の学問的意義や位置づけについて説明したいと思います。
本テーマのきっかけとなった所沢市の肥沼孝治さん(古田史学の会・会員)の
「武蔵国分寺」の方位が東山道武蔵路や塔の方位とずれているという考古学的事実から、
なぜ同一寺院内で塔と金堂等の方位がふれているのか、
なぜ7度西にふれているのか、という課題が提起されました。
そして、多元史観・九州王朝説により説明できる部分と説明が困難な部分があり、
中でもなぜ7度西にふれているのかの解明がわたしの中心課題となりました。
それは「洛中洛外日記」1021話『「武蔵国分寺」の設計思想』に記した通りです。
そして「南北軸から意図的に西にふった主要伽藍の主軸の延長線上に何が見えるのか、
9月5日の現地調査で確かめたい」と、現地調査によりその理由を確かめたいと述べました。
このとき、わたしは西に7度ふれた主要伽藍の主軸の延長線上に
信仰の対象となるような、あるいは当地を代表するような
「山」やランドマークがあるのではないかと考えていました。
そんなときに、関東の会員のYさんから、「7度西偏」は
現代の東京の「磁北」のふれと同一とのご指摘をメールでいただき、驚いたのでした。
武蔵国分寺主要伽藍のふれが「磁北」で説明できるのではないか
とのYさんのご指摘(仮説)に魅力を感じたのです。
その後、この仮説の当否を検証する学問的方法について次のような問題を検討しました。

1.真北と磁北のふれは、地域や時代によって変化するので、
「武蔵国分寺」建立の時代の「磁北」のふれが「7度西偏」であったことをどのように証明できるのか。
2.「磁北」を測定する方位磁石(コンパス)の日本列島への伝来時期と
使用時期が古代まで遡ることを、どのように証明できるのか。

この二点について検討を始め、それは今も継続しています。
こうした未検証課題があったため、「もちろん、まだ結論は出せませんが、
どのような歴史の真実に遭遇できるのか、ますます楽しみな研究テーマとなってきました。」
と「洛中洛外日記」1027話末尾に記したわけです。
このように、学問研究にとって「仮説」の提起はその進化発展のために重要な意味を持ち、
たとえその「仮説」が不十分で不備があり、結果として誤りであったとしても、
学問研究にとってはそうした「仮説」の発表は意義を持ちます。
近年、勃発した「STAP報道」事件(「STAP細胞」事件ではなく、
「報道」のあり方が「事件」なのです)のように、
匿名によるバッシング、あるいは「権威」やマスコミ権力がよってたかって
研究者(弱者)を集団でバッシング(リンチ)するという、
とんでもない「バッシング社会」に日本はなってしまいました。
これは学問研究にとって大きなマイナスであり、こうした風潮にわたしは反対してきました。
(「洛中洛外日記」699話「特許出願と学術論文投稿」、
700話「学術論文の『画像』切り張りと修正」、760話「研究者、受難の時代」をご参照ください。)
したがって、YさんやSさんの懸念はよく理解できますし、もっともなご指摘でありがたいことですが、
それでも「磁北・7度西偏」説の発表は学問的に意義があり、検証すべき仮説と、わたしは考えています。
もし、「どこかの誰かが、たまたま7度西にふれた方位で武蔵国分寺を建立したのだろう」
で済ませる論者があるとすれば、それこそ学問的ではなく、
「思考停止」と言わざるを得ません。それは「学問の敗北」に他なりません。(つづく)
===========


第128号 古田史学の会「洛洛メール便」 2015年08月20日

前略。 「古田史学の会」の竹村です。
洛洛メール便をお届けします。
===========
古賀達也の洛中洛外日記
第1030話 2015/08/20
「磁北」7度西偏説の痕跡

「洛中洛外日記」1029話(2015/08/19)『「磁北」方位説の学問的意義』で述べましたように、
「武蔵国分寺」の主要伽藍の主軸が真北から西に7度ふれている理由を「磁北」とした場合、
次の検証課題がありました。

1.真北と磁北のふれは、地域や時代によって変化するので、
「武蔵国分寺」建立の時代の「磁北」のふれが「7度西偏」であったことをどのように証明できるのか。
2.「磁北」を測定する方位磁石(コンパス)の日本列島への伝来時期と
使用時期が古代まで遡ることを、どのように証明できるのか。

この二つの課題について、とりあえず1については次の方法で証明可能、
あるいは有力仮説にできると考えました。
すなわち、8世紀に建立された寺院や遺構に同様の傾向が見られれば、
それら全てを偶然の一致とすることは困難となり、
意図的に「7度西偏」させたとする仮説が有力となります。
その結果、それを当時の「磁北」の影響と見なす説は妥当性を増します。
もちろん「7度西偏」の他の有力な根拠があれば、
どちらがより妥当かという相対的論証力を比較する作業へと移ります。
しかし、他に有力な根拠がなければ、「磁北」とする仮説が最有力説となるわけです。
このような考え方から、全国の7~8世紀の遺構の方位を調査しなければならないと思っていたやさきに、
肥沼さんから、またまた驚くべき情報が寄せられたのです。
詳細は肥沼さんのブログ「肥さんの夢ブログ」を見ていただきたいのですが、
インターネット検索で古代建造物の方位を調査された結果、
「7度西偏」の主軸方位を持つものが少なからず見いだされたとのことなのです。
次の通りです。(順不同)

【「7度西偏」の寺社など】
○常陸国の国分寺・国分寺跡
○気比神宮
○太子山から斑鳩寺への道。
○斑鳩寺(揖保郡太子町)堂塔伽藍すべて。
○稗田神社(揖保郡太子町)
○中臣印達神社(たつの市揖保町中臣・粒丘)
○石上神宮(奈良県天理市布留)
○広峯神社(姫路)
○増位山随願寺(姫路)
○麻生八幡宮(姫路)
○松原八幡宮(姫路市白浜)
○法隆寺(奈良・生駒郡・斑鳩町)
○龍田神社(奈良・斑鳩町)
○島庄春日神社?あすか夢耕社(奈良・明日香村岡寺北)
○広隆寺(京都市右京区太秦)
○百済王神社・百済寺跡(枚方市中宮?)

以上のようです。
ネット検索によるものですから、学問的には現地調査・発掘調査報告書などでの確認が必要ですが、
これだけそろうと全て偶然とするのは不可能と言わざるを得ません。
また、造営年代も異なっており、どの時代に「7度西偏」を採用されたのかも
検討が必要であることは言うまでもありません。
この中で、わたしが特に注目したのが「法隆寺」です。
全焼した「若草伽藍」は南北軸から20度ほどふれており、
およそ真北を意識した寺院とは考えられませんが、
現存する法隆寺は8世紀初頭の和銅年間頃の「移築」と考えられますから、
近畿天皇家が九州王朝の寺院を移築する際、北を意識して移築したものの、
「武蔵国分寺」と同様に西へ7度ふっていることがわかります。
すなわち、8世紀において近畿天皇家は中枢寺院(法隆寺)の移築において、
「7度西偏」方位を国家意志として採用し、
同様に8世紀後半に造営された「武蔵国分寺」もその国家意志に従ったと考えられるのです。
他方、前期難波宮(九州王朝副都)や藤原京、平安京は真北方向を採用し、「7度西偏」ではありません。
これらも国家意志に基づく都や宮殿の造営ですから、
この設計思想の違いは何によってもたらされたのでしょうか。不思議です。(つづく)
===========

生ビールの売り子さん

楽天 0 0 4 0 3 0 0 0 0 計7
西武 0 4 0 0 4 4 0 3 X 計15

いつもなら,楽天が勝った試合しか載せない「夢ブログ」に,
どうして大敗の試合を載せたかというと,
生ビールの売り子さんに「プロ意識」を感じたからである。

私は7回表の楽天の攻撃で点が入らなかったのを確認して
帰途についたのだが,ここまでのアウトの数は両軍合わせて39である。
また9回終了までのアウトの総計は,3人×9回×2チーム分,
54ということになる。

大差で負けたこともあり,試合は面白くなかったが,
ビールの売り子さんと親しく話ができ,
あらためて「プロはすごいものだ」と思った。

彼女は,昨日の試合で,なんと両軍のアウトの数(9回裏はなかったので51)より
多くの生ビールを売っていたのだった。
つまり試合時間÷売った本数=5分以内に1杯売るということです。
(少し観察してみれば分かりますが,そんな短時間で売っている人は他にいません)
しかも,西武に対して観客数で少ない楽天側で売っているわけですから,
その「実力」がわかろうというものです。
試合内容がつまらないので,彼女の動きを観察する日になってしまいました。

(1) とにかく運動量が多い(外野応援席からネット裏に近いところまで行ったり来たり)

(2) 「最初の1杯」の際のおしゃべりで,客の心をつかむ(リピーターが少なくない)

(3) 2杯目は早めに,3杯目以降は間隔をおいて,再登場する(笑顔を忘れない)

当然,西武球場にもきれいな売り子さんは多いのですが,
元気がもらえる感じの彼女の方が注文をたくさん取っているのが,
私が「プロ」と呼ぶ所以(ゆえん)です。
(念のために付け加えておきますが,この売り子さんもすごくチャーミングな方です。
その上に「営業努力」があるから,これだけの実績を上げられるのでしょうね!)

ちなみに,次回の西武球場での楽天戦は,9月26日(土)と27日(日)です。
また,この売り子さんに会えるでしょうか?
(2年前に楽天が優勝したあの時も,生ビールを売っていたそうですよ!)

引越する気になってきた!

引越する準備をしながら,
あまりの大変さに逡巡(しゅんじゅん)する場面もありましたが,
「3丁目の夕日」の大マスターの頼もしい支援もあり,
「いつ引っ越すの?今でしょ!」(笑)
「賽(さい)は投げられた!」(シーザーの言葉)と思って,
邁進(まいしん)することにします。

(写真1) 重い本棚を移動する工夫(ベニヤ板の上を滑らせる)

084

(写真2) 玄関の前に並べられた「ふぞろいの家具」たち

085


2015年8月20日 (木)

肥さんの「いちばん長い日」

昨日は,合計6個の仕事や楽しみに「包囲」されてしまった。

【仕事】

(1) 救急救命講習
(2) 全員研修の出張(サッカーの山本昌邦氏の講演会)
(3) 全員研修の出張の役員の仕事

【楽しみ】

(1) 部活動=花の木中学校との練習試合
(2) 「愛の世代ズ」がOAを務める
飯原けいせいバンドのライブ(蔵前SlowLifeにて)
(3) 楽天VS西武の試合(西武ドーム球場)

その結果,「仕事」では(1),
「楽しみ」では(1)と(3)に参加することができなかった。
しかし,逆に考えると,それ以外の3つには参加できたわけで,
本当に皆さんのご協力のお陰と思った。

なお,蔵前SlowLifeでは,「あいせだТシャツ」6着を渡し,
(マスターからも1着注文をいただいた),
また,「あいせだDVD」33枚を入手した。
(ママからも「ナック5」へ送るようにアドバイスいただいた)

もうこんな忙しい日はないので,
残り12日の「夏休み」を有意義に過ごしたい。

「愛の世代ズ」がOAを務める

昨日は,目の回るような1日(日中)だったが,
「アフター5」は一転,けっこう時間があった。
疲れてはいたが,心はハイで,
「あいせだТシャツ」6枚も届けようと,
「蔵前SlowLife」へと向かった。
昨日は,飯原けいせいバンドのOA(オープンアクト)を務めると,
「あいせだ★ブログ」で告知があったからである。

082

【セットリスト】

(1) 新宿の夜
(2) おじいちゃんの唄(N・V)
(3) あなたは,次に・・・(新曲)
(4) 流れるように
(5) 大丈夫の唄

081

079

「おじいちゃんの唄」の「N・V」というのは,
ニューバージョンの略で,
弾き方,歌い方,語り方が
今までと違うやり方を取っていたという意味。
こちらもなかなか良かったYO!
(るてさんのソフトな入り方が印象的だったし,
たべさんの金髪にも目が(心が?)慣れた(笑))

「あなたは,次に・・・」は,私も関係しているらしく,
ちょっとドキドキする歌だった。
頭慢さんのメッセージソングの影響を感じたし,
「大丈夫の唄」には,マスター一家への優しさを感じた。

歌は磨きが掛かってきたように思うが,
MCの「あいせだラジオ」はやや不発で,
YouTubeで伸び伸びとやっている印象と比べると,
もう一歩ストーリー性がほしいと思ったな。
まあ,久しぶりで緊張していたのだとは思いますが・・・。
(BY 「あいせだ批評家」になった肥さん(笑)より)

その後の2部形式の「飯原けいせいバンド」のライブは,
構成のうまさ,歌と演奏の安定性,気のきいた短めのMCと,
ステージ慣れしている感があった。
「最初の一杯」を第1ステージの最後の曲にするところも,
ライブ会場である「蔵前SlowLife」へのサービスだしね。
「愛の世代ズ」へのレクチャーとしても,素晴らしかったな。

080

しかし,Pさんに支援してもらい,飯原けいせいバンドに可愛がられ
(肥さんにも応援され)ている「愛の世代ズ」も,
なかなか「持っているなあ」という気がする。
「何を持っているか」は,これから2人が証明していってほしいです。

PS ママのアドバイスにより,
「ナック5」にも,資料とDVDを送ることにします。

「○○国国分寺 南北方位 7度のズレ」で検索! (2)

今朝,一昨日の続きで,また上記の検索をしてみた。
一応「北7度西の寺社」「南北が軸の寺社」「その他の寺社」
の3つのタイプにわけてみました。


【北7度西の寺社】

常陸国の国分寺も国分寺跡も、方向は北7度西

気比神宮も,「北7度西」


【南北で軸の寺社】

奈良・東大寺は正方位

出雲国国分寺は,伽藍が南北一直線に並ぶ「東大寺式」

美作国分寺は,ほぼ南北方位

近江国分寺と考えられている瀬田廃寺・・・南北方位 をとる大型建物群

備中国分尼寺跡・・・南から 北へ南門、中門、金堂、講堂などの建物が
一直線上におかれた伽藍配置


【それ以外の寺社】

播磨の国分寺の方向は,「北3度西」

上総国分寺・・・塔は南北の軸線に対して、講堂・金堂、尼寺は東に5度弱ずれ
(塔が南北なんて,武蔵国分寺とちょっと似ているかも)

2015年8月19日 (水)

「○○国国分寺 南北方位 7度のズレ」で検索!

「○○国国分寺 南北方位 7度のズレ」というキーワードで,
インターネット検索している。
○○のところには,66国の国名を入れて。

2つだけ紹介しよう。

(1) 下総国分寺・・・5度のズレ

「7度のズレ」以外にもある,と知ることができた。

(2) 佐渡国国分寺・・・1つの建物跡だけ南北方位が違う

「武蔵国分寺」と同じかも!調べてみる必要あり。
何しろ,調査した人たちは,
多元的「国分寺」論を知らないで発掘しているわけだから。

また明日,チャレンジしてみよう。

古賀達也さんの多元的「国分寺」論 その後(2)

古賀さんの上記の話は,
その後も研究会員との連絡を取りつつ,
着実に前進している。
ついに「7度の傾きのズレ」の謎の解明にも至った!
そのスリリングな内容の
3号分を転載させていただきますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第121号 古田史学の会「洛洛メール便」 2015年08月15日

前略。 「古田史学の会」の竹村です。
洛洛メール便をお届けします。
===========
古賀達也の洛中洛外日記
第1025話 2015/08/15
九州王朝の「筑紫国分寺」は何処

「洛中洛外日記」1014話(2015/08/03)において、
九州王朝説への「一撃」という表現で、多利思北孤の時代(7世紀初頭)の
北部九州に王朝を代表するような寺院遺跡群が見られず、
その数でも近畿に及ばないことを指摘しました。
この問題は九州王朝説にとって深刻な課題です。
この課題は「国分寺」多元説に対しても同様の「一撃」となっています。
告貴元年(594年)に「聖徳太子」(多利思北孤か)が諸国に国分寺建立を詔したとすれば、
この時期は太宰府遷都(倭京元年、618年)以前ですから、九州王朝は筑後遷宮時代となるのですが、
筑後地方に「聖徳太子」創建伝承を持ち、
九州王朝を代表するような大型寺院の痕跡を、わたしは知りません。
現在知られている「筑後国分寺跡」は久留米市にありますが、
それは聖武天皇の時代(8世紀中頃)の「国分寺」とされており、
九州王朝による「国分寺跡」ではないように思われます。
この問題について、九州王朝説論者としてどのように解決するかが、問われています。(つづく)
===========


第122号 古田史学の会「洛洛メール便」 2015年08月17日

前略。 「古田史学の会」の竹村です。
洛洛メール便をお届けします。
===========
古賀達也の洛中洛外日記
第1026話 2015/08/15
摂津の「国分寺」二説

「洛中洛外日記」1024話では、
大和に二つある「国分寺」を「国分寺」多元説で考察しましたが、
同類のケースが摂津国にもあるようです。
摂津には九州王朝の副都前期難波宮があることから、
九州王朝副都における「国分寺」とは、どのようなものかが気になっていました。
そこでインターネットなどで初歩的調査をしたところ、摂津には次の二つの「国分寺」がありました。
有力説としては、大阪市天王寺区国分町に「国分寺」があったとされています。
当地からは奈良時代の古瓦が出土していることと、その地名が根拠とされているようです。
しかし、国分寺の近隣にあるべき「摂津国分尼寺」(大阪市東淀川区柴島町「法華寺」が比定地)
とは約9km離れており、この点に関しては不自然です。
もう一つは「長柄国分寺」とも称されている大阪市北区国分寺の「国分寺」です。
寺伝では、斉明5年(659年)に道昭が孝徳天皇の長柄豊碕宮旧址に「長柄寺」を建立し、
後に聖武天皇により「国分寺」に認められたとあります。
ちなみに、この「長柄国分寺」は国分尼寺とは約2.5kmの距離にあり、
位置的には天王寺区の「国分寺跡」より穏当です。
この摂津の二つの「国分寺」も九州王朝説による多元的「国分寺」建立に遠因すると
考えてもよいかもしれません。
もしそうであれば、上町台地上に「倭京2年(619年)」に「聖徳」により建立された
「難波天王寺」(『二中歴』による)に、より近い位置にある天王寺区の「国分寺跡」が
九州王朝系「国分寺」であり、北区の「長柄国分寺」は寺伝通り近畿天皇家の「国分寺」
と考えることもできます。
この二つの「摂津国分寺」問題も両寺の考古学編年などを精査のうえ、
九州王朝説に基づきその当否を判断する必要があります。(つづく)
===========


第123号 古田史学の会「洛洛メール便」 2015年08月18日

前略。 「古田史学の会」の竹村です。
洛洛メール便をお届けします。
===========
古賀達也の洛中洛外日記
第1027話 2015/08/16
武蔵国分寺の方位は「磁北」か

「洛中洛外日記」1021話(2015/08/12)で、「武蔵国分寺」の設計思想として、
「七重の塔が、傍らを走る東山道武蔵路と平行して南北方位で造営されているにもかかわらず、
その後、8世紀末頃に造営されたとする金堂などの主要伽藍が
主軸を西に7度ふって造営された理由が不明。」と記したのですが、
それを読まれた関東にお住まいのYさん(古田史学の会・会員)から、
大変重要なご指摘のメールをいただきました。
それは、「武蔵国分寺」の金堂などの主要伽藍の方位は「磁北」とのことなのです。
Yさんのご指摘によれば、東京の磁北は真北方向より西へ7度ふれているとのことで、
「武蔵国分寺」主要伽藍の方位のずれと一致しているのです。
これは偶然の一致とは考えにくく、「七重の塔」や東山道武蔵路は真北に主軸を持つ設計ですが、
「武蔵国分寺」主要伽藍造営者はそれらとは異なり、「磁北」を主軸として設計したのです。
従って、設計の基礎となる基本方位の取り方が、たまたま7度ふれていたのではなく、
磁北採用という設計思想が計画的意識的に採用された結果と考えられます。
古代寺院や宮殿の主軸は天体観測による真北方位(北極星を基点としたと思われます)が
採用されているのが「当然」だと今まで考えてきたのですが、
Yさんのご指摘を得たことから、「磁北」を採用したものが他にもあるのか、
もしあればそれは九州王朝から近畿天皇家への権力交代に基づくものか、
あるいは地域的特性なのかなどの諸点を再調査したいと思います。
読者や会員の皆様のご教導により、多元的「国分寺」建立説の研究も着実に前進しています。
もちろん、まだ結論は出せませんが、どのような歴史の真実に遭遇できるのか、
ますます楽しみな研究テーマとなってきました。(つづく)
===========

他にもたくさん例があった「7度のズレ」建築物

竹村さん,古賀さんにあてて送ったメールの内容に,
「播磨灘のメモ帳。」というサイトで得た知見を足し,
最後に私の「生きてきた甲斐」
について述べたものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

竹村さんへ 古賀さんへ
埼玉の肥沼孝治です。
多元的「国分寺」論,ますます楽しみになってきましたね!

他にも同じ考えで建てられたものがないか,
興味を持って「南北方位 7度のズレ」で検索したところ,
「播磨灘のメモ帳。」というサイトが,「7度のズレ」問題を扱っていました。
これに載っているだけでも,かなり多くの建物が同じ角度を利用していることがわかります。
参考になればと思い,メールします。

「播磨灘のメモ帳。」
http://blog.goo.ne.jp/himejiitikawa/e/6a979333804b4ce56dd91cf8e81c7a6e

このサイトに「7度のズレ」として出ていたのは,次のものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   1、太子山から斑鳩寺への道。  
     (現在の磁石の「北」とも言える;北7度西)
   2、斑鳩寺(揖保郡太子町)
     堂塔伽藍すべて。(磁北とも言える;北7度西)
   3、稗田神社(揖保郡太子町)
   4、中臣印達神社(たつの市揖保町中臣・粒丘)


以前にビックリ!
   5、熊山***---誤記。削除 (2013,6,16)。
    
   6、石上神宮(いそのかみ)(奈良県天理市布留)も。

本日ビックリ!!
   7、広峯神社(姫路)--南7度東向きであること
      は知っていたが、同じコトだったとは!!
      ◎増位山随願寺(姫路)。
      ◎麻生八幡宮(姫路)も。
      ◎松原八幡宮(姫路市白浜)--灘の祭。

最もビックリ!!!
   8、「法隆寺」。(奈良・生駒郡・斑鳩町)
     古代ギリシャ/ギリシアの影響・エンタシスの柱。

ちょっとびっくり!
   9、龍田神社  (奈良・斑鳩町)  
  10、島庄春日神社?あすか夢耕社(奈良・明日香村岡寺北)
      他にもあると思います・・・

またまた、またビックリ!!!
  11、広隆寺(京都市右京区太秦)---京都にあって北7度西。
   ★、蚕の社は、ナント!「北7度東」。 (広隆寺と対!?・三柱鳥居で有名・元糺の池・景教?)
    ★?☆ ヒョットすると(★ポラリス)と(☆コカブ)??

  12、百済王神社・百済寺跡(枚方市中宮?)←平成27,5,17追記。
           (方向は、北6度西?かも)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もしかして,「今後建物を建てるときは,「「磁北」(7度のズレ)をもとにして建てよ」
などという命令がでたのでしょうか。
そうすると,やはり王朝交替(九州王朝→大和政権)の匂いがしてくる。
「武蔵国分寺」から端を発した「7度のズレ」問題は,
ついに他の建物にもおよび,九州王朝実在のかなり有力な証拠となりました・・・・・・
な~んてなると,私が生きてきた甲斐もあるというものです。(o^-^o)

昨日の部活動 8/18

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。
先日来てくれたOBとほぼ同じメンバーが再度来てくれて,
マンツーマンの対人パスや練習試合も行った。

0ー3(19ー25,23ー25,14ー25) 

OBチームの経験が勝っているのは当然だが,
敗因はやはり「在校生チーム」にあった。
きびしい書き方をすれば,在校生チームは攻撃していない。
自分たちができる最善を尽くしていない。
まず,「元気の源」とコーチも伝え,私も言い,OBも言ってくれている,
その「声」の大切さをわかっていない。
(最後のOBの評価を,「漢字一字」で表してもらった。
「声(を出す)」のほかにも,「笑(顔)」「頑(張る)」
「黒(「全員バレー」の練習着の色)」などが出された)

これまで3年生に先輩たちに助けられ,
攻撃をしなくても勝ってきたゲームは,
大きな意識改革しない限り,これからは負けとなる。
(バレーボールの試合に,引き分けはないから)
その覚悟をして,これからの練習や試合に臨んでほしい。

狭山丘陵杯(Т.C)の結果次第では,
その後の練習試合は組まないつもりだ。
新人戦・市予選の10月2日まで,
自分たちだけで練習してほしい。
(「人任せの伝統」を早く断ち切れ!)

2015年8月18日 (火)

「やりかけの仕事」の大切さ

脳科学の研究によれば,
やる気を起こすには,「とにかく始める」
ということが大切だと聞いた。

でも,やる気がしないのに,どうしてやり始めるのかというと,
「とにかく何かを始める」と,
その後から「やる気がつられて起きてくる」のだという。
(このことを知っているかどうかが,「分かれ道」)

その際,「やりかけの仕事」があると,
「その続きをやればいい」ということになるし,
たいてい2回目にやる際には改善できることもあるので,
さらに「やる気」が起きやすくなることになる。

職人さんの仕事に「段取り」という方法がある。
ちょっと仕事をして調子を出し,
休憩後本格的に取りかかるという「二段作戦」だ。

これは「夢ブログ」を書く際にも応用して,
「やりかけの仕事」を作っておくようにしている。

・昨日の部活動 ○/○(部活動の翌日)
・楽天が○勝目をあげる(勝利の翌日)
・「○月の楽しみ」(前月の中旬)
・『たの授』○月号の感想(その月の中旬)
・肥さんの○○シリーズ(まとまったことを書く時)

昨日は,「生徒会本部役員の選挙」についてと
「全員研修の際に配付するプリント」の仕事が進んだ。
本日は,前者の日程部分を付け加えるという
「やりかけの仕事」の続きをやる予定だ。

参考になれば幸いである。

明日は「愛の世代ズ」のライブに行きたい

飯原けいせいバンドのOA(オープン・アクト)として,
明日の午後7時から,蔵前「Slow Life」において,
「愛の世代ズ」がライブを行う。

明日は,午前・午後と仕事で死ぬほど忙しいが,
アフター5はわりと時間ができそうなので,
盛り上がってこようと思う。

ついでに,注文のあった「あいせだТシャツ」6着も
届けることができて,「一石二鳥」になる!
皆さんもいかがですか?1着1500円ですよ。
DVDの方は3000円。Sさん,お買い上げありがとう!(o^-^o)

向陽中との練習試合 8/17

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

向陽中を招いての練習試合。
朝から豪雨で,1時間遅れのスタートだった。

3ー2(25ー19,25ー15,
22ー25,25ー19,15ー25)

得失セット数では勝ったものの,
第3,第5セットの負け方が悪く,反省大であった。
もちろん,I君の不在も痛かったが,
どのチームも完璧なメンバーで
戦えるとは限らない。
そういう状況の中で,いない人の分も
カバーできるかどうかが問われている。

我々も力をつけているが,
同じ時間練習している他のチームも
同じ条件であることを忘れてはならない。


【反省・教訓】

・相手に勝つためには,相手より声を出し,
相手より体を動かし,相手より汗をかくべし。
・ライン際のきわどいボールは拾う。楽をしない。
・苦しくても,スポーツは「攻撃して終わるものだ」
ということを忘れない。(サッカーならシュート。
バレーボールならスパイク)
・返球が浅すぎる&ワンパターンなので,
相手にとって楽になっている。9m四方をフル活用せよ。
・ボールが落ちるまで,終了の笛が鳴るまで,
戦いは続いていることを忘れない。ボールから,相手から,
目を離してはならない。
・相手コートのどこに落とせば得点に結びつくか,常に観察する。
今は相手に観察されて,フェイントを決められている。

2015年8月17日 (月)

ありがとう,夏休み!

いつもは忙しさのため,
なかなか同じ学年を組んでいても
おしゃべりできないことが多いが,
昨日は「精神的ゆとり」からか,
学年の若い先生方と
たくさんしゃべることができた。

海外旅行の話。
教師の失敗談は視聴率が高い。
私の失敗例。
三億円事件。六億円事件。
姓名判断。どこに多い名字か。
部活の話。生徒たちの話。
学級担任の心得。などなど,
楽しく会話することができた。

ありがとう,夏休み!(o^-^o)

最良のシナリオ

こんなふうにいったら最高(最良)だなあ,
という「シナリオ」をイメージトレーニングしてみる。
22日(土)の3回目の荷物移動の件である。

(1) レンタカー(軽トラック)を借りる。
(2) 軽トラックに,冷蔵庫2つと
洗濯機,タンス,木製本棚,食器棚の4点セットを乗せ,
冷蔵庫2つをリサイクルセンターへ運び料金を支払う。
その足で実家に4点セットを運ぶ。
(3) 自宅に戻り,2回目以降の荷物を運ぶ。
(4) ガソリンを満タンにして,軽トラックを返す。
(5) その夜,「3丁目の夕日」で大マスターと乾杯する。(これが大切!)

077

リニューアルした「3丁目の夕日」の看板

うまくすれば,22日(土)は,このようにできる可能性がある。
イメージできるということは,実行に一歩近づくことだ。
もしかしたら,「最良のシナリオ」は,
私のやる気次第では,実施できてしまえるかもよ!
頑張れ,肥さん!

昨日の部活動 8/16

昨日は,午後1~5時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

高校生のOB5人と中3のN君が来てくれ,
後半は練習試合となった。

0ー7(16ー25,7ー25,13ー25,
18ー25,15ー25,18ー25,5ー25)


総じて,元気に欠け,自分の仕事ができていない。
サーブが入らないのは論外(「ネットは最悪,
オーバーは次」というТ先生の教え)だが,
うまくレシーブ,トス,スパイクがつながらず,
最後の返球を攻撃で終われていない=
相手にチャンスボールを返し,失点している。
(キーパーソンのI君の不在も大きかった)
「拾ってなんぼ」のチームが,拾えず,上げられず,打てずでは,
「得点のチャンス」→逆に「失点のきっかけ」となってしまう。
つまり,勝ちパターンではなく,負けパターンの道=
自滅への道をひたすら走っているように見えた。

しかし,新チーム。
これだけ悪いところが出れば,
本日はその反省を生かし,修正してくれる気もする。
午前中に行う予定の向陽中との練習試合の様子は,
明日の「夢ブログ」で報告する予定である。
乞う御期待!

保護者,家族の参観が3名あった。
また,富岡中との練習試合等を書いた部活通信のほか,
「倒立」上達のためのプリント(峯岸さん作成)も配付した。

2015年8月16日 (日)

9月の楽しみ

「もう9月だ」とは思いたくはないが,9月は刻々と近づいてくる。
どんな楽しみがあるのだろうか。


3日(木)・・・『たの授』発行日

5日(土)・・・「武蔵国分寺」の現地調査(o^-^o)
6日(日)・・・『盗まれた「聖徳太子」伝承』出版記念講演会

12日(土)・・・体育祭(高崎サークルも,「愛の世代ズ」のライブも同じ日とは・・・)

19日(土)~23日(水)の5連休だが,新人戦前なので部活漬けかなあ

26日(土)・・・『たの授』公開編集会議

渡りに舟(乗用車) その4

また「3丁目の夕日」の大マスターにお願いして,
荷物を運んでいだいた。

重いもの(本など)中心にという発想を変えて,
「車で運ぶのに向いているもの」という観点で選んでみた。
すると,客用ふとん,電気カーペット,ビデオなど,
これまでと違う傾向のものを運ぶことができた。
本当にありがとうございます。
次回は,8月22日(土)。

ちなみに,大マスターの所有する居酒屋は,「3丁目の夕日」という名前である。
映画「三丁目の夕日」とは一字違いであるが,特にこれまで何も連絡はなかったとのこと。

ちなみに,8月31日に本校で行う大会の優勝カップは,名前を変更した。
「トトロカップ」から「狭山丘陵杯(Т.C)」へだ。
「戦え,中学生」とも読めるし,「強くなれ,挑戦者たち」とも読める。
「とってもチャーミングな肥さん」とは読みたくないと思うが,そう読めないわけでもない。
したがって,「「トトロカップ」と読んではならない!」と裁判を起こされることも,
99.99%ないであろう。

楽天がサヨナラ勝ちで45勝目

日ハム 0 0 0 2 1 0 0 1 0 計4
楽 天 0 0 2 0 0 0 0 2 1X 計5

楽天がサヨナラ勝ちで45勝目をあげた。
2点リードされた8回裏,ウィーラーの6号2ランで同点。
9回裏に聖沢のタイムリーが出て,サヨナラ勝ちした。
勝ち投手は松井裕で,今季3勝目(1敗25セーブ)。

2015年8月15日 (土)

8月15日にも「出撃」した人がいた!

8月15日は,人によって「終戦」であったり,「敗戦」であったり,呼び名は違うが,
「もう戦争が行われていない」という点では同じ表現である。
ところが最近,8月15日にも「出撃」した人がいると聞いて驚いた。
「特攻隊の36名」だそうだ。

ポツダム宣言受諾でも,天皇の玉音放送でもなく,「8月15日に出撃」した・・・。
生徒たちにも,2学期の最初に伝えたいと思った。

六二三八六八九八一五
五三に繋(つな)げ我ら今生(い)く
(西野防人)

「おじいちゃんの唄」(BY「愛の世代ズ」)
http://www.youtube.com/watch?v=ZxXFgXK7yNE

古賀達也さんの多元的「国分寺」論 その後

古賀達也さんの多元的「国分寺」論が,
竹村さんの発行する「洛洛メール便」にのって,
次々と古田史学の会員のもとに届いています。
もはや,その勢いは止められないほどです。

しかし,これほどの大論です。
確実に,慎重に,論証を積み重ねていかなければなりません。

失礼を省みず,3本連続で,また転載させていただきます。
この件について,私自身も関っているし,
また関心のある方も少なくないと思いますので・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第118号 古田史学の会「洛洛メール便」 2015年08月15日

前略。 「古田史学の会」の竹村です。
洛洛メール便をお届けします。
===========
古賀達也の洛中洛外日記
第1022話 2015/08/13
告貴元年の「国分寺」建立詔

「洛中洛外日記」718話(2014/05/31)において、
九州年号(金光三年、勝照三年・四年、端政五年)を持つ
『聖徳太子伝記』(文保2年〔1318〕頃成立)の
告貴元年甲寅(594)に相当する「聖徳太子23歳条」の
次の「国分寺(国府寺)建立」記事を紹介しました。

「六十六ヶ国建立大伽藍名国府寺」(六十六ヶ国に大伽藍を建立し、国府寺と名付ける)

そして、『日本書紀』の同年に当たる推古2年条の次の記事が九州王朝による
「国府(分)寺」建立詔の反映ではないかと指摘しました。

「二年の春二月丙寅の朔に、皇太子及び大臣に詔(みことのり)して、
三宝を興して隆(さか)えしむ。
この時に、諸臣連等、各君親の恩の為に、競いて佛舎を造る。
即ち、是を寺という。」

以上の考察は後代史料に基づいたものですが、
今回、検討を続けている「武蔵国分寺」についていえば、
「七重の塔」の造営を7世紀後半と考えると、
告貴元年(594)より半世紀以上遅れてしまいます。
そうすると、九州王朝による「武蔵国分寺」建立とする仮説は、
文献(史料事実)と遺跡(考古学的事実)とが「不一致」となり、
ことはそれほど単純ではなかったのかもしれません。
もちろん、全国の「国分寺」が一斉に同時期に造営されたとも思えませんから、
武蔵国は遅れたという理解もできないことはありません。
しかし、そうであっても半世紀以上遅れるというのは、ちょっと無理がありそうです。
「武蔵国分寺」の多元的建立説そのものは穏当なものと思われますが、
あまり単純に早急に「結論」を急がない方がよさそうです。(つづく)
===========


第119号 古田史学の会「洛洛メール便」 2015年08月15日

前略。 「古田史学の会」の竹村です。
洛洛メール便をお届けします。
===========
古賀達也の洛中洛外日記
第1023話 2015/08/14
「国分寺式」伽藍配置の塔

肥沼孝治さん(古田史学の会・会員、所沢市)からのメールがきっかけとなって
勉強を開始した「武蔵国分寺」の多元的建立説ですが、
おかげさまでわたしの認識も一歩ずつ深まってきました。
お盆休みを利用して、古代寺院建築様式について勉強しているのですが、
特に「国分寺式」と呼ばれる伽藍配置について調査しています。
国分寺は大和朝廷によるものと捉えていたこともあり、
この「国分寺式」という伽藍配置のことは知ってはいたのですが、あまり関心もないままでした。
今回、あらためて確認したのですが、回廊内に金堂と共に塔を持つ一般的な古代寺院様式とは異なり、
「国分寺式」とされる伽藍配置は回廊で繋がっている金堂と中門の東南に塔が位置しています。
各地の国分寺がこの伽藍配置を採用していますが、
回廊内に塔がある国分寺もあり、全ての国分寺が同一様式ではありません。
こうした「国分寺式」という視点から「武蔵国分寺」を見たとき、
金堂や講堂などの主要伽藍の「東南」方向に「塔」があるという点については、
「国分寺式」のようではありますが、
「武蔵国分寺」の場合は塔が離れており、方位も異なっていることは何度も指摘してきたとおりです。
ですから、位置も離れ方位も異なった主要伽藍と塔をいびつな外郭で囲み、
かなり無理して「国分寺式」もどきの寺域を「形成」しているとも言えそうです。
ちなみに、聖武天皇による代表的な国分寺である奈良の東大寺は、
金堂・中門の南側の東と西に塔を有すという伽藍配置で、
諸国の国分寺よりは「格が上」という設計思想が明確です。
中でも大仏の大きさは、国家意志の象徴的な現れです。(つづく)
===========

第120号 古田史学の会「洛洛メール便」 2015年08月15日

前略。 「古田史学の会」の竹村です。
洛洛メール便をお届けします。
===========
古賀達也の洛中洛外日記
第1024話 2015/08/14
大和の「国分寺」二説

「洛中洛外日記」1013話で、「聖武天皇による代表的な国分寺である奈良の東大寺」と記したところ、
早速、水野さん(古田史学の会・顧問)や小林嘉朗さん(古田史学の会・副代表)からメールをいただきました。
中でも小林さんからの次の情報は衝撃的でした。

「大和国は、橿原市八木にある国分寺がその法灯を伝えていると言うのですが?
(昨年12月のハイキングで訪れた)」

というのも、九州王朝が告貴元年(594年)に「聖徳太子」(多利思北孤か)により
「国府(分)寺」建立の詔を発したとしたら、
当然のこととして66ヶ国の一つである大和国にも、
聖武天皇による東大寺とは別に九州王朝系「国分寺」がなければならないと考えていたからです。
そうした疑問を抱いていたときに、なんとタイムリーな小林さんからのメールを見て、
衝撃が走ったのです。
しかも場所が奈良市ではなく橿原市というのも驚きでした。
告貴元年頃であれば、近畿天皇家の宮殿(大和国府)は飛鳥にあったはずですから、
その「国分寺」も飛鳥にあったのではないかと、論理的考察の結果として考えていたからです。
ですから九州王朝系「大和国分寺」が橿原市の国分寺であっても、
まったく不思議ではありません。
すなわち、「国分寺」建立多元説は大和国にも適用されなければならないからです。
こうなると、「武蔵国分寺」とともに橿原市の「大和国分寺」の現地調査にも行かなければなりません。
特に遺構や出土瓦の編年を調査する必要があります。どなたかご一緒していただけないでしょうか。(つづく)
===========

「夢ブログ」の2つの特色~86万アクセス達成に寄せて

先ほど,8月15日午前1時過ぎ,
「86万アクセス」を達成しました。
アクセスカウンターが,「860001」でした。

この「夢ブログ」には,フツーの常識とはかなり違う
2つの話題が出てきます。
1つは仮説実験授業で,もう1つは古田史学です。

仮説実験授業は,1963年に板倉聖宣氏によって提唱された授業方法で,
自然科学はもちろん,社会の科学の分野においても
たのしく学ぶことができるものになっています。
私は幸運なことに,新任の時からこれを始めることができました。
(1学期は授業書《世界の国ぐに》をやり,
中学1年生の生徒たちと盛り上がりました。。
2学期には授業書《日本歴史入門》をやろうと思っています。
もちろん教科書も「定食方式」でやっていますよ。
丸読み+穴埋めプリント+答え合わせ+ビデオ等)

一方,古田史学は,歴史研究者の古田武彦氏が行っている研究方法で,
九州王朝説等の多元的古代を探求していくものです。
私は高校生の時に『「邪馬台国」はなかった』で出会いかけたが挫折し,
30代になって『吉野ヶ里の秘密』で再会しました。
拙論「古代日本ハイウェーは,九州王朝が作った軍用道路か?」が
「古田史学会報」に掲載され,また最近では古賀達也さんに情報提供し,
多元的「武蔵国分寺」論をまとめていただいたところです。
竹村さんにやっていただいている「洛洛メール便」というMLと,
古賀さんとのメールでのやりとりが,このようなハイスピードの研究を可能にしました。
このところ「国分寺」の話題が多いのは,そういう事情ためです。

さて,「夢ブログ」は興味のあるところだけ読んでいただければいいので,
無理して全部読む必要はありません。
当たり前のことですが,私の命も有限で,「書けるもの」を先に書いているので,
読者のことを考えながら順序通りに書いているわけではないからです。
また,私(肥さん)自身の勉強として資料を載せておいたり,
学級通信の原稿として書き,学校で利用しているものもあります。
言うなれば「なんでも帳」のような類(たぐい)です。
だから,無理せず興味のあるものだけお読み下さい。
そして,もし興味をひくものがあったら,
「いいね」マークはありませんが,
たまにコメントしていただけるとうれしいです。

86万アクセス達成に寄せて,思うところを書いてみました。
ご愛読感謝いたします。

渡りに舟(軽トラ+乗用車) その3

昨日は,「3丁目の夕日」の大マスターの運転する軽トラで1回,
乗用車で1回,計2回荷物を運んだ。

軽トラ・・・スチール本棚4個,カラーボックス3個,クラシックギター
乗用車・・・CD,ビデオ,DVD,本,ミニアルバム等

昨日の午後は,「もう1度運んであげる」という大マスターの善意に甘えて
本日運び込む物の荷造りをした。
内容も,本類のほか,ダイニングテーブルのイス4脚,冬物衣料など,多種多彩なもの。
(本当に私は,「金持ち」ではなく「物持ち」である)

本の廃棄も「決断」ができるようになってきて,
昨日だけでかなりの量の本を捨てることができた。
(「本棚がなくなった効果」というべきだろう。大マスターに感謝したい)

075

076

2015年8月14日 (金)

9/5(土)に「武蔵国分寺跡」現地調査!!

私が直感した「違和感」を,古賀さんは素晴らしい「論理」=
多元的「国分寺」論に組み立てていただきました。
ありがとうございました!(o^-^o)

もうすでに9/5(土)「武蔵国分寺跡」現地調査も計画されています。
もちろん私も参加しますが,皆さんもいかがですか?
「歴史的瞬間」に立ち会えること間違いなし!ですよ。

「洛洛メール便」を2号続けて転載します。114号と115号です。
これは,古賀達也の洛中洛外日記の第1020話と第1021話にあたります。
(転載お許し下さい)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

===========
古賀達也の洛中洛外日記
第1020話 2015/08/11
「武蔵国分寺跡」の多元性

武蔵国分寺資料館の「解説」が不可解なものにならざるを得ない主原因は
やはり大和朝廷一元史観にありそうです。
一元史観であるために次の二つの「呪縛」から逃れられないのです。

呪縛1:建設主体者は一人だけ(近畿天皇家支配下にある当地の有力者)
呪縛2:創建時期は聖武天皇による「国分寺建立」の詔(天平13年、741年)以後

このため、誰が見ても不可解な伽藍配置の矛盾、すなわち塔(七重)だけが南北方向の方位で、
しかも金堂などの主要伽藍から離れた位置に造営されているという遺跡の状況がうまく説明できないのです。
しかし、九州王朝による「国分寺」建立という多元史観に立ったとき、次のような理解が可能となります。

1.塔とその他の主要伽藍(金堂・講堂・回廊など)とは異なった時期に異なった権力者により造営された。
2.南北方向に主軸を持つ塔(その西側から発見された「塔2」も)は
すぐ側を走る東山道武蔵路と方位を同一としていることから、
両者の造営は同一の権力者(九州王朝あるいはその配下の有力者)の意志のもとに行われたと考えられる。
3.東山道武蔵路からは7世紀中頃の須恵器が出土していることから、
その造営は7世紀中頃以前にまで遡る可能性がある。
4.東山道武蔵路とほぼ同一方位により造営された塔は東山道造営と同時期か、
その後の7世紀後半頃の造営と見なしても問題ない。
5.その塔が文献によれば「七重」という巨大な規模であることを考慮するなら、
より「小規模」な塔である法隆寺や四天王寺よりも後の造営と見なしたほうが自然である。
このことからも7世紀後半頃の造営とする理解は穏当である。
6.こうした理解が妥当であれば、九州王朝系権力者が塔だけを造営したとは考えにくいことから、
塔の周辺に金堂などの主要伽藍が造営されていたのではないか。
7.そうであれば、七重の塔の西側約55mの位置から発見された「塔2」とされた遺構は、
この九州王朝時代の主要伽藍の一つではないかとする視点が必要である。
8.同様に、塔と同じくその方位を南北とする国分尼寺(東山道を挟んで国分寺の反対側の西側にある)も
九州王朝系のものではないかという可能性をもうかがわせる。

以上のような作業仮説(思いつき)を論理的に展開できるのですが、
ここまでくればあとは現地調査が必要です。
そこで、9月6日に開催される『盗まれた「聖徳太子」伝承』出版記念東京講演会の
前日の5日に東京に入り、「武蔵国分寺跡」を訪問しようと考えています。
関東の会員の皆さんの参加や共同調査を歓迎します。
集合場所・時間は下記の通りです。事前にメールなどで参加申し込みをお願いします。(つづく)

「武蔵国分寺跡」現地調査企画
目的:「武蔵国分寺」多元的建立説の当否を確かめる。
集合日時:9月5日(土)12:00
集合場所:JR中央線 国分寺駅改札前
必要経費:タクシー代(割り勘)と武蔵国分寺資料館入館料。
気候が良ければ徒歩20分とのことですので、駅から歩くかもしれません。

※ 当日12時に集合した後、駅付近で昼食をとり、その後に資料館・遺跡へ向かいたいと思います。
当日の夜は国分寺市内のホテルでの宿泊を検討しています。お時間のある方は夕食もご一緒しませんか。
===========

古賀達也の洛中洛外日記
第1021話 2015/08/12
「武蔵国分寺」の設計思想

「武蔵国分寺」の異常な伽藍配置は九州王朝による「国分寺」建立多元説によっても
説明や理解が難しい問題が残されています。たとえば次のような点です。

1.最初に「七重の塔」が、傍らを走る東山道武蔵路と平行して南北方位で造営されているにもかかわらず、
その後、8世紀末頃に造営されたとする金堂などの主要伽藍が主軸を西に7度ふって造営された理由が不明。
2,金堂や講堂などの主要伽藍は回廊内に造営されているが、
なぜそのときに回廊内に「塔」も新たに造営されなかったのか不明。
3.既にあった「七重の塔」が立派だったので、回廊内には「塔」を造営しなかったとするのであれば、
なぜその立派な「七重の塔」の側に主要伽藍を造営し、共に回廊で囲まなかったのか、その理由が不明。
4.もし「七重の塔」とは無関係に別の国分寺を造営したとするのであれば、
南門を含む外郭が主要伽藍から離れた位置にある「七重の塔」の地域をも
いびつな四角形(厳密に観察すると四角形ともいえないようです)で囲んだのか不明。

以上のような疑問だらけの「武蔵国分寺」なのですが、
その状況から推測すると、次のような「設計思想」がうかがいしれます。

(A)金堂など主要伽藍造営者は「七重の塔」や東山道武蔵路のような南北方向に主軸を持つ築造物と
同一の主軸方位とすることを「拒否」した。
「受け入れることはしない」という主張(思想)を自他共に明確にしたかったと考えられる。
(B)それでいながら、回廊内に「塔」は「新築」せず、
既に存在していた「七重の塔」を存続、代用した。
すなわち、「七重の塔」の「権威」を完全には否定(破壊・移築)できなかった。
(C)その後、「七重の塔」の「権威」を取り込むかのように外郭を定め、
その外郭に「南門」を造営した。すなわち、「七重の塔」の「権威」をいびつな外郭で取り込んだ。

以上、いずれも論理的推測に過ぎませんが、
南北軸から意図的に西にふった主要伽藍の主軸の延長線上に何が見えるのか、
9月5日の現地調査で確かめたいと思います。
なお、現地調査には服部静尚さん(『古代に真実を求めて』編集責任者)も
同行していただけることになりました。楽しみです。(つづく)
===========

楽天が投打が噛み合い44勝目

ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 1 計1
楽 天 0 0 0 1 0 1 1 1 X 計4

楽天が投打が噛み合い44勝目をあげた。
先発・戸村は6勝目(7敗)。
松井裕は25セーブ目。

渡りに舟(軽トラ) その2

昨日は1日,片付けをした。

まず,軽トラックで運んでもらいたいスチール本棚4つと
カラーボックス3つを空ける作業を行った。

「重要図書」はすでに持っていっているものの,
まだこれらの中にはだいぶ残っていたので,
それを「とりあえずの場所」にダンボールで移動した。

玄関前に並べた7つのグッズを写真でご覧いただきたい。
これらに平均200冊収納されていたとしても,
これだけで1000冊以上の本があったというわけだ。

Photo

いかに私の引越が「本の引越」とイコールかがわかると思う。
本日「3丁目の夕日」の大マスターによって,これらは移動される予定。

2015年8月13日 (木)

渡りに舟(軽トラ)

「3丁目の夕日」の大マスターが大学の先輩だということは,
以前「夢ブログ」でも書いた。

その大マスターが知り合いの方(常連さんで,私も時々お話しする)から
軽トラックを借りて,荷物を運んでくれるという。

これは,「渡りに舟(軽トラ)」というやつである。ヽ(´▽`)/
お願いしようと思う。

ターゲットは,たんす,木製の本棚,スチール製の本棚とカラーボックス等。
合計10個ほどあって,どうしようか思案していた。
2~3往復してもらえるとなったら,それが一挙に片付く。

明日の朝まで,あと24時間。
運んでもらう前に,中身を空っぽにしておく必要がある。

今日明日は天気が不安定だが,
今調べたら「明日の午前中は,降水確率が10%」ということで,
明日の午前中の決行がベストのようだ。

楽天が接戦を制し43勝目

ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0
楽 天 0 0 0 1 0 0 0 0 X 計1

楽天が4回裏の松井稼の本塁打で唯一の得点をあげ,
継投で逃げ切った。
先発した辛島が4勝目(5敗)。
リリーフの松井裕が24セーブ目をあげた。

昼寝と夕立の共通点

午前中,あいせだ広報活動。
昼飯は,「天狗」で日替わり定食。
眠くなったので,自宅で昼寝。

騒がしい音に窓を開ければ,
久しぶりの夕立。
そう,昔はある気温・湿度を越えれば夕立が降ったものだ。

際限の無い人間の活動を真似してか,
いつしかこの自然のサイクルは狂った。
そして,時に凶暴なゲリラ豪雨と化した。

昼寝と夕立の共通点。
眠くなったから寝る。
降りたくなったから降る。(o^-^o)

狭山丘陵杯(ТC)

例の「トトロカップ」は商標登録云々という人もあって,
スタートからそれでは気分が悪いので,
名称変更することにした。
上記の名称である。

「ТC」のことまでとやかく言われるとは思わないので,
そうさせていただく。
「とってもチャーミングな肥さん」を略しても「ТC」ですからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下は,参考資料である。
「トトロカップ」は商品ではないので,
ジブリが優勝杯1つで肥さんを訴えるようなことはないと思うが,
私も「トトロのふるさと基金」の一員であるし,
30年間×6000円(半分は会費,半分はカンパ)を出してきたので,
無用なトラブル,誤解は避けたい。
あくまでも,トトロの森(しかも1号地)が学区内に何か所もある地域の学校での
大会だと言うことを表していたものであります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ウィキペディア」より

トトロの商標登録                 (2013年7月25日)

みなさんは、「トトロ」と言われたら何を思い浮かべますか?
多くの人が、宮崎駿の製作アニメ「となりのトトロ」を思い浮かべるのではないでしょうか。
この「トトロ」の商標については、かつて「トトロ/TOTOLO」という商標登録が
無効審判により無効にされました。

無効審判(無効2004-89071)においては、「本願商標をその指定商品に使用した場合には、
これに接する取引者、需要者は、周知著名となっている上記映画ないしはその主人公を連想、想起し、
該商品が請求人ないしは宮崎駿又はこれらの何らかの関係を有する者の業務に係る商品であるかの如く、
その出所について混同を生ずるおそれがあるものというべきである」として
4条1項15号に規定に違反して登録されたものであるとして登録が無効になりました。

4条1項15号
他人の業務に係る商品又は役務と混同を生ずるおそれがある商標
(第十号から前号までに掲げるものを除く。)

本号の規定は、周知表示、著名表示へのただ乗りを防止し、当該表示の希釈化を防止し、
商標の自他識別機能を保護することにより、商標の使用する者の業務上の信用の維持を図り、
需要者の利益を保護することを目的として規定されたものです。

ノトロの森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内、 検索 ノトロの森(ノトロのもり)は、
石川県が実施している能登半島の自然に親しむプロジェクト。

能登半島での地引き網などの親子体験ツアーが企画されている。

概要「ノトロの森」というプロジェクトの名称は、
石川県が「能登半島」と「トトロの森」を組み合わせて命名したものであるが、
2008年7月25日に、チラシやホームページで、スタジオジブリの日本における登録商標である
「トトロの森」(商標登録第3157949号)という名称を無断で使用したと報じられた。

また、同じく2008年7月25日には、2体のマスコットキャラクターを決定し、発表したが、
愛・地球博のマスコットであるモリゾーとキッコロと酷似していると指摘されている。

あいせだ広報活動(4)

昨日,首都圏と広島のラジオ局6社に,
「愛の世代ズ」の「お願いの手紙」+「パンフ」+「DVD」を送った。

せっかく河田Pから送っていただいた
9/12(土)の「サブウェイズ」ジョイントライブのチケット。
残念ながら予定の立て込んでいる日(体育祭ほか)で,
我らが「愛の世代ズ」も出演するのだが,行けそうにない。
ざんね~ん!(。>0<。)

PS 教研集会もこの日のため,
毎年のようにレポートを出しているのに,
これにも行けない。

2015年8月12日 (水)

ノーゲーム

昨日パソコンで,楽天VSロッテを観戦していた。
1回表に楽天先発の則本が,
清田に本塁打を打たれるという,
なんとも冴えないスタート。
さらに5回表は,2つの安打と四球で満塁のピンチ。

ところが,その後パソコンが試合を伝えてくれず,「フリーズ」状態。
なんなんだ,これは!

あとでわかったのだが,
5回表で雨天のため,ノーゲームとなったとのこと。

負けに等しい試合(6連敗)をノーゲームにしてもらえたとは,
天もまだ楽天を見捨てたわけではない!

これをきっかけに,本日以降立ち直れることを祈る私である。

刈谷の会(2日目) 2015

【モーニングサービス】

食べ過ぎないように,しかし美味しそうなものは漏れなく(笑)いただく。
昨日「主治医が見つかる診療所」で酢がいいと言っていたが,
残念ながらそれはなかった。

【ものづくり】

売り場で根本さんと「国分寺」多元論などについて話しているうちに,時間が経つ。
「3Dキューブ」を学年の生徒たち全員とできるように買い足した。

【ガイダンス】

伴野さんと市原さんの担当する
「たのしい教師の生き方・考え方」を選び,参加する。
2人のことは,10年前の新任の時から知っている。
その2人がいっしょに講座を担当し,
私がそれに参加するとは本当にうれしいことである。

073

【昼食】

昼食は愛知の佐々木さんとオフ会を兼ねてとった。
かつて塾の講師として働いていたが(ブログ仲間でもあった),
彼は今愛知県の中学・高校で数学を教えている。
中・高の時間割や授業の評価・感想も見せていただいた。
先生としての生徒の評価も良好なようで安心した。

【授業書別講座】

欲しかった「日本の水産業」は売り場で手に入ったので,
まだ知らない授業プランである「虫の世界」(杉浦さん担当)に参加しようとしたが,
疲れが出てきたので,早めに会場をあとにした。
「次回のお楽しみ」に取っておくことにしよう。

【帰宅】

午後5時半頃に帰宅。
今回の旅行は,刈谷の会はもちろん充実したものになったが,
加えて頭慢論・第2弾(ハブ空港説)が書けたり,
古代史研究(「国分寺」多元論)で進展があったりと,
「200点の出来」の2日間であった。
(最初は,ただの「静養目的」だったんだけどね)

「壹」から始める古田史学

「古田史学会報」に古田史学の会事務局長の正木裕さんが,
「「壹」から始める古田史学」という連載を載せるそうだ。

これはいいことだと思う。
古田史学の研究は多岐にわたり,内容もかなり専門的である。
若い人が入ってくる際の「障碍」になる恐れがある。

古田史学の骨格の読めるようなパンフレットがあると手軽に渡せそうだし,
もらう方も心理的負担が少なくて済む。
何号分か切りのいいところで,パンフレット化を希望したい。

連載名が「「壹」から始める古田史学」で,
「一」(初歩から)と「壹」(邪馬壹国から)を重ねているところも,
センスの良さを感じる。(o^-^o)

074


2015年8月11日 (火)

刈谷の会(1日目) 2015

【出発】

さすがに始発は無理だったが,
5時半の電車で最寄り駅を出発。
品川で6時51分発の新幹線に乗った。
さて,ここでクイズです。
ひかりより速いものはな~んだ?答え・のぞみです。
だって,乗ったのは新幹線ですからね)

【到着】

名古屋に着いたのが8時26分だった。東京から1時間35分。
自宅から品川までとほぼ同じだ。
刈谷へは,戻るようにして30分。
みごと9時過ぎには会場の刈谷市産業振興センターに到着。

【ものづくり】

特に何かを作るでもなく,会場を歩き回る。
やはり名古屋を中心にした関西の人が多い。
気になる教材をいくつか買う。

070

【ガイダンス】

松崎さんの「小5授業書」に参加する。
現在「小中交流」(小5)を担当している私。
小5のネタを集めようという魂胆である。
松崎さんが言われていた通り,小5はわりと授業書的な内容があり,
授業しやすいという。私も強気でいこう。
ただ,「自動車生産」については,フランスが輸出第1位とい予想外の結果に。
これはどうも統計の取り方が他の国と違っているらしく,
フランスの自動車生産自体はそれほど多くないのに,
「フランスの港から輸出したEU生産をカウントしているらしい」
ということが検索して見えてきた。
(税制上「リベリア船籍」が多いことは知られているが,
リベリア人がそんなに船を持っているわけではないのと同じか)

071

【昼食】

コンビニのパンを,会場で売られていた100円コーヒーでいただく。
余分な出費はできるだけ減らしたいからだ。

【授業書別講座】

蛇谷さんの「もしも原子が見えたなら」を受ける。
小学生にも楽しく授業が受けられる工夫が随所に見られた。
私は「社会の科学」版の「もし原」を想像しながら学んだ。

072

【ホテル】

夜は「コンフォーとト刈谷」に泊まる。
一昨日予約していたビジネスホテルで,1泊朝食付きで7200円。
会場から1分というのが,なんとも素晴らしい。
705号室でまずはシャワーを浴びる。

【夕飯】

昼食に続き,節約に努める。
と言いながら,プレミアム・モルツは欠かさない私。
でも,1缶だけだよ。(笑)

頭慢「ハブ空港」説

これは,シンガーソングライター頭慢に関する,頭慢論の第2弾である。
(第1弾は,2種類のメッセージソング~「表歌」と「裏歌」)

我々オリソン(オリジナルソング研究会)の仲間たちが,
密かにというより,かなり公に語られているのが,上記の説である。
私もそう思うので,「夢ブログ」でも取り上げておきたい。

なお,ハブ空港とは,猛毒のハブが生息する沖縄の空港という意味ではなく,
他の仲立ちとなるような中心的な役割をしてる空港のことである。(笑)

(1) 頭慢の〈笑顔〉が人と人をつないでいる
(2) 頭慢の〈楽曲〉が人と人をつないでいる
(3) 頭慢の〈哲学〉が人と人をつないでいる

挙げていけばもっとあるだろうが,切りのいい3つにしておこう。

(1) 笑顔・・・頭慢には笑顔が似合う。人は笑顔に惹かれる。故に人は頭慢に惹かれる。
ということで,頭慢のWELLCOMEな(秋葉せんせいの影響か?)態度が,
人と人をつないでいると思う。「でも,無理して笑顔でいることはないよ」と
笑顔で伝えるのもまた頭慢氏の頭慢氏たる所以(ゆえん)というべきか。

(2) 楽曲・・・頭慢の楽曲は,全部で200数十曲あると,以前彼のブログ
(「20Fのバルコニー」というサイト。「反省会」とライブ映像のアップに,
私は頭慢の「堅実性」を感じる)で読んだことがある。
量も多いが,質も高い。だから,また他の楽曲も聴きたくなってライブに参加することになる。
私が初めて頭慢の歌を聴き感動した(「頭慢デビュー」と言ってもいいだろう)
「あなたが歌を歌えるなら歌を歌うべきだと思う」や
それとは,頭慢の言葉では「対」(私の言葉では,「裏歌」)になっている
現在いち押しの「世の中の全ての事がわかるかい」まで,そのレパートリーは広い。
「肥さん,そういうメッセージソング以外にも,いろいろ取り揃えていますよ」と
頭慢はまた違う色のセットリストを見せてくれることだろう。

(3) 哲学・・・「頭慢は哲学者である」ということまではまだ言えないにしても,
「頭慢は哲学しながら歌を歌っている」とか「歌うことが哲学をしていることなのだ」とは,
言ってしまってもいいだろう。(お互い,もう50代だしね)
若い頃歌ってきて,長い中断を経て再び歌いだしたからには,
一生歌い続けるという迫力を私は頭慢に感じる。
そういう哲学(姿勢)は,人を感動させると思う。

今度の頭慢ライブは,たぶん8月22日(土)の立川「農家」。
私を頭慢に出会わせてくれたしゅーぞ氏と同じステージに立つ。
どんなセットリストで客を迎えるか,今から楽しみである。

頭慢「ハブ空港」説は,いかがだっただろうか?
少しでも楽しんでいただけたら幸いである。

「国分寺」多元論のための年表

九州王朝による旧「(九州の)東大寺・国分寺・国分尼寺」建設
=略して「国分寺」多元論のための年表を作っておこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1) 6世紀前半(517年)から中国の混乱に乗じ,倭国が「九州年号」をスタートさせる。
以降,大和政権に滅ぼされるまで,180年以上制定される。大化・白雉・朱鳥も含む

(2) 589年,中国・南朝の滅亡(親分が滅ぶ)→(一の子分である)九州王朝(倭国の天子・
多利思北孤)による国内の整備=六十六国の「分国」。普通これは,聖徳太子の業績とされる

(3) 7世紀初頭,多利思北孤による遣隋使の派遣。
「日出ずる処の天子,日没する処の天子」の手紙。これも普通,聖徳太子の手紙とされる。
しかし,『隋書』には「阿蘇山あり」と。当然この手紙は,隋の煬帝の怒りを買う

(4) 7世紀前半,九州王朝のよる旧「(九州の)東大寺・国分寺・国分尼寺」の建設

(5) 7世紀半ば,唐・新羅との戦いに備えて,九州王朝による日本古代ハイウェー
(東山道武蔵路等)=軍用道路の建設

(6) 662,唐・新羅と白村江の戦い→大和が離脱し完敗→政権交代(九州から大和へ)。
九州王朝の天子(皇太子?)・薩夜麻(「薩野馬」と悪口?)も長年間捕虜に

(7) 701年,新政権による新年号「大宝」建元

(8) 712年,九州王朝の豪族の悪口も掲載した「古事記」の編纂→のちに「日本書紀」に吸収される。
ところが,鎌倉時代に写本が発見されてしまう。「日本書紀」との齟齬(そご)が・・・

(9) 720年,「日本書紀」の編纂(へんさん)で歴史の改竄(かいざん)。九州王朝は無き物に・・・

(10) 8世紀半ば,大和政権による新「(大和の)東大寺・国分寺・国分尼寺」の建設

日系YOUのルーツを探す旅

「YOUは何しにニッポンへ?」(昨日は,テレビ愛知)は
私も大好きな番組だが,昨日は特に良かった。

日系YOUのルーツを探す旅に番組が協力し,
見事に成功したのだ。(福岡県北九州氏若松区)

最後は,YOUの従兄の方が写真や手紙を持って現れ,
ルーツ解明の決定打となった。

そこに至るまでの人々の協力にも,心温まるものがあった。(o^-^o)

サイト・アドレス(http)のコピー

これまで「右クリック」の機能について学んでいなかった私は,
「サイト・アドレス(http)」を転記するのが毎回苦痛だった。

大抵の場合,「サイト・アドレス(http)」は長く,しかも細かい記号の連続だ。
それでいて,1文字でも違っていたら,相手のサイトに行けない。
(もちろん,どこが違っているかも教えてくれない)

先ほど「もしかしたら,右クリックをしたらコピーできるかもしれない!」
と思ってやってみたら,できた!
私と同じ悩みを抱えている皆さん,謎は解けました。
「サイト・アドレス(http)のコピー」には,右クリックを使えばいいのです!

2015年8月10日 (月)

国分尼寺はどうか?

「九州王朝が建てた国分寺」仮説を単純化するため,
東山道武蔵路を挟んですぐ隣の国分尼寺については触れませんでしたが,
こちらも南北軸がほぼ東山道武蔵路と沿っており,
九州王朝の国分寺とペアだった可能性がある(高い)と考えています。
その証拠として,東山道武蔵路から銅造観世音菩薩像が出土しており,
「白鳳仏」ではないかとされています。
観世音菩薩は女性的なイメージから,
尼寺の持ち物だったのではないかと想像しているのですが・・・。

銅造観世音菩薩立像
http://www.syougai.metro.tokyo.jp/bunkazai/week/fuchu/fuchu10.html

東へ西へ(肥さんバージョン)

井上陽水の歌ではないが,
昨日は自転車で東奔西走した。

まず,東村山の実家へ自転車を走らせ実家訪問。
母の買い物をしてあげる。
その後,西の方位に当たる勤務校に向かい,仕事の残りをした。

私はノートパソコンを自宅に置いているのだが,
プリンターを持っていないので,
書類や添付資料をプリントアウトすることができないのだ。
そのため,勤務校に資料を転送して職員室で印刷することになる。

(1) 『歴史地理教育』の原稿関係
(2) 峯岸さんの「倒立」のプラン関係

無事2つをプリントアウトして,使えるようにした。
私もデジタルな人になったものだ!(と自慢するところがアナログ人間。笑)

その後,Тシャツの版代問題(15枚以上だと無料という約束が,
いつの間にか30枚以上に変更されていた。今回はOKに)や
トトロカップの優勝カップの注文などいろいろあって,
(記銘を「トトロカップ 優勝 フレッシュバレー実行委員会」とした)
刈谷の会に参加する手続きを電話でして,安心して帰宅したところ,
「愛の世代ズ」のたべさんから「緊急連絡」が入っている。

なんと「PさんがプレスできたばかりのDVD10巻を届けてくれる」とのこと。
しかし,これは私が秩父に住んでいると勘違いされたためで,
明日か明後日宅配便で届けていただくことに。

房yaにMさんに注文していただいたDVDを届け,
同時に夕飯も済ませる。
「するめいかのにんにく醤油いため」が,
新鮮なワタも使われていて美味しかった。
また注文しようと思う。

帰宅したところ,京都の古賀さんから
「九州王朝が建てた国分寺」問題で,「かなり面白い問題」との好感触メール。
これで,気持ちよく西の刈谷の会に向かえる。(o^-^o)

午前4時55分の始発まで,あと3時間ほど仮眠を取ろう。

刈谷の会へ

夏休みの前半のごほうびと後半への「充電」を兼ねて,
愛知県刈谷で行われている仮説関係の会に行くことにした。

これは「ものづくり」と「ガイダンス」と「授業書講座」をからめた
総合的な会と言っていいだろう。以前にも1回参加したことがある。

昨日,主催者の伊藤さんに電話し,
またコンフォート刈谷というビジネスホテルに予約を入れておいた。
その様子は,また「夢ブログ」で報告する。

2015年8月 9日 (日)

今度の「愛の世代ズ」のライブ(8/19)

場所は、おなじみ、蔵前のスローライフ。
飯原けいせいバンドの前のステージをいただいたようだ。
ぜひ参加したいが,厳しいのはその日の日程。

午前中・・・練習試合を行いながらの職員会議。(提案もあり)
午後・・・全員出張でミューズへ。(私は,その会の役員)

以上,2つの苦難を乗り越え,無事スローライフにたどり着けるかどうか?
これはなかなかのハードライフかも。(笑)

日時8月 19日 (水) 19:00 ~ 23:00
Entrance Fee 2,000円予定

あいせだステージ 19:00~

「九州王朝が建てた国分寺」という仮説

「武蔵国分寺の四方・八方・十二方」というブログのサイトが,
七重塔(のちに55m西に第2の塔跡の発掘あり)を中心にいろいろ考察しています。
(制作・管理:畑中久美子 kumihatanaka@gmail.com )
南北方位についてもよく出てきます。
しかし,「九州王朝が建てた国分寺」という仮説がないため,
堂々巡りしているように思います。
ご検討下さればありがたいです。

武蔵国分寺の四方・八方・十二方
http://musashi-kokubunji.blog.so-net.ne.jp/archive/c2303405471-1

長崎で70回目の「原爆の日」

今日は,上記の日だ。

私が長崎を初めて訪問したのは,大学4年生の時だった。
産業○○館というところに被爆の展示があり,やっと見つけて入った。
昼飯がのどを通らないほどのショックを受けた。
(ちなみに昼飯は,「長崎ちゃんぽん」だった)
そのあと,平和祈念像を見た。
夜はユースホステルに泊まって,
被爆者の方(ユースホステルのオーナー)の話を聞いた。

広島に原爆が投下されてから3日後の1945年8月9日,
曇天の小倉上空を通り過ぎた米軍機は,長崎へと向かった。
そして,この地に原爆が投下され,オーナーも被爆することとなった。
戦争が終わるわずか1週間前のことだった・・・。

以下に紹介するが,大ヒット曲「精霊流し」(1974年。私が高校1年の頃)は,
8月に行われるこの地方の仏教行事をヒントにしたものである。

精霊流し(「ウィキペディア」より)

長崎市を始め、長崎県内各地でお盆に行われる伝統行事である
(ただし、県内でも海から遠い波佐見町等にはこの風習はない)。
隣県である佐賀県の佐賀市や、熊本県の熊本市、御船町などにも同様の風習が見られる。
初盆を迎えた故人の家族らが、盆提灯や造花などで飾られた
精霊船(しょうろうぶね)と呼ばれる船に故人の霊を乗せて、
「流し場」と呼ばれる終着点まで運ぶ。

長崎市の人にとっては大変重要な行事であり、
長崎出身の歌手さだまさしが聞いた話によれば、
1945年(昭和20年)8月9日の長崎市への原子爆弾投下の際には、
多くの人が被爆からわずか6日後にある精霊流しを思い、
死んでしまったら誰が自分の精霊船を出してくれるのだろうかと
気に懸けながら亡くなっていったという。

さだまさしは、自分の従兄の死に際して行われた精霊流しを題材にした「精霊流し」を作詞・作曲、
1974年(昭和49年)にリリースした(グレープ2作目にして初ヒットにあたる)。
曲は大ヒットに至ったが、「精霊流し」のヒットがしめやかなイメージを作り上げてしまったため、
観光客が実際の精霊流しを目の当たりにして、あまりのにぎやかさに
「歌と違う!」と驚くこともしばしばある。
しかし、さだは歌詞の中で「精霊流しが華やかに」と書いており、
グレープのファーストアルバム『わすれもの』でも、
「精霊流し」のイントロ・アウトロ部分に歓声や鉦の音、爆竹の音を入れており、
実際はにぎやかさも描いている。

夏休み後半に向けて

ちょうど今週末が,夏休みの折り返しとなる。
成果と課題をはっきりさせて,後半に向かいたい。

(1)仮説実験授業&古代史研究

夏の大会が東京・北区で行われ,2日目のナイターを中心に参加した。
「ブロックス」という呼び方は変更になりそうだが,
新しい呼び方での利用方法の冊子作りを考え始めている。
つまり,授業書《世界の国ぐに》での1人当たりGDPでのほか,
どんな方法があるかを宗さんから学びつつ,写真に収め,冊子にする。
少部数ではあるが,『分子模型を作ろう』(仮説社)の口絵のような
楽しいカラーガリ本にしたい。(予価・1冊1000円)

愛知県の「刈谷の会(8/10~11)」にも顔を出したい。

古代史研究については,最近「九州王朝が建てた初期・国分寺」について
「洛洛メール便」で古賀さんが書かれていたので,
私の「古代日本ハイウェーは九州王朝が作った軍用道路か?」とからめて,
展開できたらと考えている。(東山道と礎石だけ残る旧塔跡が,
南北軸が同じ方位なのだ。それに対して,今の国分寺はズレている!)

(2) 部活動

県大会では,初の勝利をコーチにプレゼントできたが,
私としては「1勝はできたが,2勝できなかった」という思いも強い。
新チームは,かなり特徴の違うチームとなりそうで,
堅実な守りと「取れる点は取る攻撃」を売りにしたい。
今のところ,練習試合3試合の得失セット数は,14勝1敗である。
これまでだったら失っていたセットを,競り勝っているのがうれしい。
8月31日のトトロカップでも,当然,第1回優勝を狙う。
できたてのカップを,いきなり第1回から持って行かれるわけにはいかない!
(峯岸さんの「倒立」のプランも,彼らにプレゼントしたいなあ)

(3) 「愛の世代ズ」の広報活動

「(五)十七の夏」を合言葉に,この夏休みに「応援団長」の
私ができることを頑張りたい。短期勝負と長期勝負の両面が大切だ。
広報活動をもう一歩進めておきたいと考えている。

(4) 『歴史地理教育』の原稿

授業書《世界の国ぐに》と立体模型による1人当たりのGDP表示について,
書く時期が迫っている。材料はそろっているので,集中した時間がほしい。

(5) 学校関係

19日の職員会議で,人権教育の報告と「本部役員選挙」の提案をする必要がある。
そのための資料作りを,来週後半に行いたい。

(6) その他

部屋の「断・捨・離」(引越),身体の「断・捨・離」(ダイエット),
その他いろいろあるが,健康に気をつけて1つでも多く達成していきたい。

富岡中との練習試合 8/8

昨日は,午前中,富岡中にお邪魔して練習試合を行った。
木下兄コーチにお世話になった。

7ー0(25ー10,25ー21,25ー18,
25ー15,26ー24,25ー12,25ー16)

旧チームのような派手さはないが,
確実に拾える玉を拾い,取れる点は取る。
そんな「負けないバレー」を展開できそうなチームである。
1年生もそれぞれにいい所を見せ,
唯一背番号がもらえないマネージャーが誰になるか,
予断を許さないところだ。( ̄Д ̄;;
お互いがライバルとして技術を磨き合い,
市内大会優勝はもちろん,県大会でも多くの勝利をあげたい。(*゚▽゚)ノ

観戦は,保護者と家族あわせて7名。
生徒たちのプレーに声援を送っていただいた。

相手をしていただいた富岡中の皆さん,
ありがとうございました。

第1回 トトロカップ(案)

趣旨・・・夏休み練習の成果を試し,新人戦へのステップアップを図る

大会名の由来・・・本校に隣接する「トトロの森」にちなみ,トトロカップと命名する

実施日・・・8月31日(月)8時半~17時

会場・・・本校・体育館

参加校・・・所沢向陽中・川越鯨井中・ふじみの花の木中・本校

方式・・・4校総当り方式にて,勝敗を決する(勝ち数・得失セット数・得点数の差)

※ なお,優勝カップは,持ち回りである。
優勝校の名前を紅白帯に刻み,その栄誉を讃える。

2015年8月 8日 (土)

あいせだ広報活動(3)

昨日は,ラジオ局を6つ狙った。
もうDVDが尽きてきたので,
プレスでき次第送ってもらいたいなあ。

「おじいちゃんの唄」(BY「愛の世代ズ」)
http://www.youtube.com/watch?v=ZxXFgXK7yNE

昨日の部活動 8/7

昨日は,午後1~5時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

わりと堅実な守備を,どう攻撃に結びつけるかが中心課題だ。
そのためには,アタッカー陣の意識改革
(オレが決める!オレに上げろ!)が必要なように思う。

そろそろ夏休み前半が終わる。
本日は,午前中に富岡中にお邪魔して練習試合。
お盆明けも,向陽中,花の木中,新座中と練習試合を行い,
最終日には第1回トトロカップで締めくくる予定だ。
(今のところ,向陽中,鯨井中,本校の3校が参加予定)

参観も7名の保護者・家族とにぎわった。
将来の部員(5年生の2人の弟たち)も練習に来た。(o^-^o)

『たの授』8月号の感想

『たの授』8月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1) 正義でなく真理を(板倉さん)

こういう素晴らしい内容を,誰でも実施できる授業書という形に
結晶させる努力が,真理に近づく唯一の道なのかと思います。
学校と言う「正義大好き世界」に生き残ってこれたのも,
仮説実験授業のお陰かなあと,思う今日この頃です。
(定年まで,あと3年です)

(2) 料理人から先生へ(伊藤さん) 

板前さんと話す機会があるのですが,授業の話と共通することが多くて楽しみです。
それは,「お客さん(私たちにとっては子どもたち)の笑顔が見える」ということと
関係が深いと思われます。出来合いのもの(私たちにとっては教科書授業?)も
売らなくてはなりませんが,本当に味わってもらいたいもの(私にとっては,仮説実験授業)を
作ることができるという喜びに替えることはできません。
「刺身のおまかせ5点盛り」を作っている板前さんの横顔はなかなか素敵です。
伊藤さんのお話を読みながら,そんなことを考えていました。

(3) 定時制高校と仮説実験授業(田中さん)

私は中学の教員なので,なかなか卒業後の生徒の様子はわかりません。
また,定時制高校に進学した生徒の様子はわかりません。
しかし,田中さんのように,仮説実験授業を中心に据えた授業は,
生徒たちに受け入れられるだけでなく,誇りも持ってもらえるということで,
あらためて仮説実験授業の素晴らしさを感じました。

PS「はみだしたの」に「富士山とエベレスト山の頂上の気温」を掲載していただき,
どうもありがとうございました。とてもうれしかったです。

「倒立」のプランへのお礼のメール

峯岸さんへ
埼玉の肥沼です。
急なお願いどうもすみません。

私が顧問をしている男子バレー部では,
トレーニングの中で「倒立」を取り入れているのですが,
「できなくてもしょうがない」という気持ちが先に出て,
せっかくできそうな生徒も先に進めません。

そこで,峯岸さんのプランを提供して,自信を持ってもらおうと考えました。
私は倒立はできないし,できなくてもそれなりに幸せですが,
峯岸さんのプランを知れば,
倒立をできるようになる生徒が増えるのは当然のように思いました。
そこで,昨日の朝電話したという訳です。

倒立のプランで,どれくらいの生徒が倒立できるようになるかは,
バレーをする際の自信につながると思います。
9月は体育祭のためサークルに行けませんが,
10月にいい報告ができればと思います。

さっそく倒立のプランお送りいただきありがとうございました。
13人の生徒たちにプレゼントします。


2015年8月 7日 (金)

「キムチ奴(やっこ)」とゴマ油

「3丁目の夕日」で食べて以来,
その味が気に入って自分でも作っている。

キムチも美味しいし,奴も美味しいが,
それにゴマ油をかけるとさらに美味である。
ぜひお試しあれ。

1+1+1が4以上になりますよ!
ご飯のおかずとしても,酒の肴(さかな)としてもOKです。(o^-^o)

蝉しぐれをBGMに

「あいせだ★ブログ」=「あいせだラジオ(48回)」は,
蝉しぐれがBGMだった。
よくかかる浜田省吾ではなく,
8月6日の昨日にちなんでそうしたのだろうか。
広島出身の2人らしく,原爆の話が中心だった。

昨日の部活動 8/6

昨日は,午後1時~5時のコマだった。
木下兄コーチ,弟コーチ,本さんのお世話になった。

最初に,一昨日の八王子中との練習試合の反省をし,
良かったところと改善すべきところを出しあった。
私からも最後に,練習の中で「改善すべきところ」を
意識してやれたかを聞いた。
これは,コーチの話と「対」になることを意識した。
これから毎回聞くことにしようと思う。

暑い中,6人の保護者・家族の方の参加があった。
巨大扇風機で歓迎して差し上げた。

2015年8月 6日 (木)

きょう70回目の「原爆の日」

ネットのニュースのトップに,
当たり前だが上記のニュースが載っていた。

1945年8月6日,アメリカによって,
広島に原子爆弾が投下され,十数万人の人が亡くなった。

「六二三八六八九八一五
五三に繋(つな)げ我ら今生く」の短歌に,
また登場していただこう。

六二三・・・沖縄戦終結
八六・・・広島に原爆投下
八九・・・長崎に原爆投下
八一五・・・終戦(敗戦)
五三・・・新憲法施行

これは,2010年の朝日歌壇賞の作品だが,
昨年初めて授業で取り上げさせてもらった。
私も「五三に繋げ」というバトンを,
あと何回か生徒たちに手渡したい。

広島と私

私は山口県岩国市の生まれだが(父が勤めていた会社がそこにあった),
生れたのは広島県の病院らしいので,そういう点でも広島に縁がある。
1958年生まれだから,原爆投下からまだ13年。
病院内や街では,多くの被爆者の人たちとすれ違ったとことだろう。
私が師事する古代史研究者の古田武彦氏の父方の実家があったのも,広島だった。

ちなみに歌手の浜田省吾さんが広島県で生まれたのは,1952年のことだ。
「Born in 1952」というCDのタイトル名に,
私も好きな吉野弘さん(詩人)の影響を受けていることがわかる。
彼は私がギターを始めるきっかけとなった吉田拓郎の「後輩」といっていい関係にあった。

先日紹介した「10万人の顔写真」の文化祭での取り組みが,1988年のこと。
まだ,米ソの冷戦が意識される頃で,当時勤めていた中学校が
米軍の通信基地に隣接していたことから,「トマホークのような核兵器に狙われたら,
とんでもないことになる」と意識して行った。

学生時代には九州を一人旅し,1980年頃長崎県を訪問するものの,
広島を訪問したのは1996年になってからのことであった。
こちらは仲のいい先生方と出かけた。
平和記念公園はもちろん,毒ガスを作っていたと言われる島も訪問した。

そして,広島出身の2人「愛の世代ズ」との出会いが,2014年12月20日。
立川の歌酒房「農家」であった。
たちまち「おじいちゃんの唄」のトリコになった。
そして,ついには「応援団長」に・・・。

「おじいちゃんの唄」(BY「愛の世代ズ」)
http://www.youtube.com/watch?v=ZxXFgXK7yNE

これからも広島に限らず多くの県の人と出会うと思うが,
「一期一会」と思って大切にしていきたい。

八王子中との練習試合 8/5

昨日は,こちらから出かけていき,
さいたま市の八王子中と練習試合をした。
木下兄コーチにお世話になった。

八王子中は今体育館工事をしていて,
部活動も他校との練習試合が中心(昨日の時点で70セット以上を行う)。
まず,体育館工事を逆手に取って
多くの学校にチャレンジしていることに興味をひかれていた。
また,送っていただいたファックスには.
県立高校で最近行われた大会で,「8チーム中2位だった」という情報も。
ますます我が校の力をはかるのに,いいチャンスと思われた。

では,実際はどうだったのだろうか?
会場は,八王子中のとなりの学区・神田(かんで)小の体育館であった。

4ー1(25ー23,25ー19,25ー18,25ー23,16ー25)

コーチの理想とする試合展開(全セット15点以下に抑える)には
はるかに及ばなかったものの,
全体としては,エースを欠いたチーム状況の中で
善戦したとは言えるだろう。
ただ,暑さと疲れからか,最終セットを自滅的に取られ,
大差をつけられるという屈辱を味わった。
本日以降の「重要課題」にしてほしい。

昨日の練習試合で,我が校は4~8セット目を経験した。
次は,新設の活動日=8月8日の富岡中との練習試合。
エースの復帰も期待され,「大暴れ」するかもよ!

昨日お世話になった八王子中の2人の顧問の先生と
39名(1年生27名+2年生12名)に感謝いたします。
冬の1年生大会の時は,ぜひ「レンタル」してほしいなあ。

2015年8月 5日 (水)

「愛の世代ズSТAFF」Тシャツが壁紙に登場!

「あいせだラジオ(46回)」の壁紙に,上記のТシャツが登場している。
これは,記念DVDに先立って「応援団長」の私が作ったもので,
1着1500円です。(その収益部分は「愛の世代ズ」基金に送られますので,
皆さんぜひご購入下さいね。(サイズ,枚数明記のこと)
「肥さんの夢ブログ」または「あいせだ★ブログ」まで。
特に,黒のLサイズはすぐ入手できます!
ただし,送料は別にかかるので,その点よろしく。
「愛の世代ズSТAFF」Тシャツを着て,2人のライブを盛り上げにいこう!

017

018

PS1 DVDの販売が大変なのに,お気遣いありがとうございます。
まずDVDを買い,次にТシャツをそろえましょう!
これが「理想的な購入の順番」です。(笑)
もう1つあると,「あいせだ3点グッズ」になるなあ。
アイデア募集中!

PS2 金髪もなかなか可愛かったですYO。
ただ,最初「今日はそう来たか!」と驚いただけです。
直球を待っていたバッターが,
いきなり初球からフォークボールを投げられたような・・・。

あいせだ広報活動(2)

昨日は,テレビ局への広報活動を行った。
方法は,新聞の場合と同じで,
「お願いの手紙」+「あいせだパンフ」+「DVD」を送った。
関東の6局と広島の1局を狙った。

どこか1つでも反応してくれるといいのだが・・・。
いや,「きっと反応してくれる」と信じて前に進もう。

【肥さんの芸能遍歴】

(1) 2003年に映画「草の乱」(秩父事件に取材)に農民役としてエキストラ出演。
秩父での撮影に4回通った。翌年の上映会を経て,DVD化される。

066

068

069

(2) 2014年12月に所沢市民文化センター=ミューズで
WOWOWの番組である「贖罪の奏鳴曲(しょくざいのソナタ)」に聴衆役としてエキストラ出演。
2015年1月24日から4回にわたって放送される。

「贖罪の奏鳴曲」
http://www.wowow.co.jp/dramaw/sonata/

(3) 2015年,「愛の世代ズ 2015」に,「肥のからくり,
夢ブログ」の名で,出演したような,しなかったような・・・。(笑)

人権教育の出張

昨日は,午後人権教育の出張に出かけた。
内容は「児童虐待」で,自分には関係があまりないと思っていたが,
家庭教育とそれは関係がおおありで,学ぶところ大であった。
(しつけと称して,虐待している家庭は少なくないかも!)
講師の,玉井邦夫先生(大正大学)は今まで存じ上げなかったが,
何冊も著書がある方のようだ。

大正大学人間学部教授。1959年千葉県生まれ。
東北大学大学院教育学研究科修士課程修了(心身障害学)後、
1983~1990年まで、情緒障害児短期治療施設小松島子どもの家にセラピストとして勤務。
1991年より山梨大学教育人間科学部障害児教育講座准教授、2008年より現職。
専門分野は臨床心理学。
平成14年度~15年度「児童虐待に対する学校の対応についての調査研究」代表、
平成17年度~18年度文部科学省委託研究「学校等における
児童虐待防止に向けた取り組みについての調査研究会」代表。
財団法人日本ダウン症協会理事長。

著作一覧
『新版 学校現場で役立つ子ども虐待対応の手引き』
『子ども虐待とネグレクト』
『学校現場で役立つ子ども虐待対応の手引き』

楽天が西武に競り勝ち42勝目

西武 0 0 0 0 0 0 4 0 0 計4
楽天 2 0 0 0 2 0 0 1 X 計5

楽天は2点リードで迎えた5回裏,
聖澤の2点タイムリーで追加点。
その後先発・則本が打たれて同点とされるが
(西武も13連敗を防ごうと必死だ),
8回に枡田がタイムリーを放って勝ち越しに成功した。
投げては守護神・松井裕が
球団新記録となるシーズン23セーブ目をあげた。

2015年8月 4日 (火)

あいせだ広報活動(1)

記念DVDが完成したので,
それを使って広報活動を開始した。
「お願いの手紙」+「あいせだパンフ」+「記念DVD」を,
取り上げてくれそうな機関に送るのだ。

地道なライブ活動と違い,こちらはDVDが完成した直後の
この夏が「最初のヤマ」なので,連日行うつもり。
昨日は,縁がある朝日新聞の東京本社と広島総局に,
そしてもう1社の東京本社と広島支局に送った。

先ほど「縁がある」と書いたのは,
私が若い頃文化祭で「10万人の顔写真」という平和教育の取り組みを行い,
(新聞や雑誌などから,10万人分の顔写真を切り取って展示し,
核兵器の恐ろしさを知らせるもの。
『高校文化祭読本』という本に載っていたものの追試である)
朝日新聞の記者が取材に来てくれたからである。
その記憶がとても鮮明だったので,まずは朝日新聞に送った。

063

064

065

取材に来て下さった平林記者。
今もお元気でいらっしゃるだろうか?

ここで,「肥さん年図」の登場。
この年は,どんな年だったかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【1988(昭63)年・美原中7年目・2年8組・30歳】

⑦夏の大会(鞆の浦)に参加
⑧ヨーロッパ科学史の旅に参加
⑧川崎の会で〈○○の名産地〉の講師
⑩『たの授』に「社会科で〈いろいろな種〉の標本づくり」掲載
⑪文化祭の展示に製作した「10万人の顔写真」朝日新聞に掲載
⑫『たの授』に「社会科でも〈実物〉を見せたい」掲載
①冬の大会(京都)に参加
「写真部顧問」「合唱曲?・順位?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに送料は,205円だった。
DVDは軽いので,送料も安く済む。
これがVHSだったらそうはいかなかっただろう。

昨日の部活動 8/3

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
活動は,生徒たちがコーチから
アドバイスされているものを行った。

「種まき」しておいた練習試合の話は,ここに来てかなり進み,
明日8月5日は八王子中と午後1時半から神田小(じんでしょう)で,
8日午前中に富岡中とあちらで,
17日午前中に向陽中とこちらで,
27日午前11時~午後5時新座中とあちらで行う。

最終日の31日に行う予定の「トトロ杯」は,
夏休みの短縮の影響で,今のところ参加は3校である。
(所沢向陽,川越鯨井,所沢上山口)
午前・午後体育館をずっと使えるので,
9月1日に始業式の学校は検討されたし!

2015年8月 3日 (月)

「8・1うちわ」が「ラジオ出演」しました!

「あいせだ★ブログ」≒「あいせだラジオ(45回)」に,
自作のプレゼント=「8・1うちわ」が「ラジオ出演」しました!
「壁紙」の右側には完成したばかりのDVD。
その左側ですから,最高のポジションです。
たべさん&るてさん,ありがとうございます!

このうちわは,JR浅草橋駅を降りてSlow Lifeに向かう途中の
問屋さんで購入したものなのです。
たとえ1本100円のうちわでも,何か心を込めてということで,
「2015.8.1」と「あいせだ祭」の日付を入れたものでした。
この世に2本しかないうちわです。毎年,夏に思い出してね。
(表側には「祭」と印刷されているので,裏側に「あいせだ」と大書した)

ちなみに,プレゼントを渡すのは「恥ずかしい気持ち」もあるのだが,
本番前は神経が張り詰めているのがフツーなので,
「終わってから・・・」ということになります。

少しずつ定期ライブを開ける場所を増やしていって,
DVDを売り,生活もできると同時に,ファンも獲得していく。
やはり,プロのPさんの戦略はなかなかのものです。(o^-^o)

西部地区選抜選考会 2015

昨日は,例年より遅い上記の会が行われた。
これまで最多の5名を率いて参加した。
27分の8ということなので,
なかなか厳しい競争率だった。

WSの1人だけが内定した。
例年だともう1人は行けるのだが,
守備位置の重なりなどから
厳しい結果となってしまった。

楽天が美馬の好投で41勝目

楽天 0 0 0 2 0 0 1 0 0 計3
オリ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0

楽天は4回表,ペーニャの2ランで先制。
7回には,藤田のタイムリーが飛び出しリードを広げた。
投げては,先発・美馬が5回無失点。
その後は4人の継投で逃げ切った。

美馬が3勝目(7敗)。
松井裕が22セーブ目をあげた。

お願いの手紙・案

先日完成した「愛の世代ズ」のDVDを有効に活用するため,
私はマスコミ等に連絡を取ろうと思っている。
以下は,その「お願いの手紙・案」である。
何かご意見があれば・・・。

【お願いの手紙・案】

音楽・芸能・文化等担当者様

前略 突然のお便りをお許し下さい。
私は,埼玉県で中学社会の教員をしております肥沼(こえぬま)と申します。
実は,あるコンビの「おじいちゃんの唄」という曲を知っていただきたくて,
突然ながらお手紙及び資料を送らせていただきました。

そのコンビの名は「愛の世代ズ」と申しまして,30代の男女の芸人コンビです。
彼らがあこがれる同じ広島出身の浜田省吾さんの曲「愛の世代の前に」から付けたようです。
広島から東京に上京して10年になりますが,ここ数年歌による表現に磨きをかけ,
この程「おじいちゃんの唄」という代表曲を中心としたDVDを,
友人たちの支援を得て作り上げました。(2015年7月末に完成)

「おじいちゃんの唄」は,戦争について考えさせる曲で,
孫娘の田部さんが実際に祖父との間に経験した実話がもとになっています。
歌の途中に何回も出てくる「私は,戦争で,たくさんの人を殺しましたわ」という
おじいちゃんのセリフ(田部さんの声色)は,
「戦争は人が人を殺すことである」という戦争の本質を喝破しています。
あたかも「裸の王様」に出てくる子どもの言葉のようです。
きな臭くなってきた昨今に,なぜか附合してしまう雰囲気も持っていますが,
彼らがこの曲を作ったのは,数年前のようです。

私は昨年12月にこの「おじいちゃんの唄」の存在を知り,
10年前から開設している「肥さんの夢ブログ」で宣伝するとともに,
彼らのDVDの制作を支援してきました。
彼らも「あいせだ★ブログ」というサイトを開設しており,
そのやりとりの中にも,協力関係がたびたび登場してきます。
(私の名前をもじった「肥さん」が私です)

最後にお願いがあります。ぜひこのDVDをご覧になり,「おじいちゃんの唄」を聴き,
何か感じるものがありましたら,報道・放送・宣伝・取材・口コミ等何でも構いませんので,
広めていただけませんでしょうか。私としては,まず彼らの歌を認知していただき,
戦争と平和について考えていただくきっかけを作るとともに,
それが彼らが世に出るきっかけになればと思い,このDVDをお送りした次第です。
どうぞよろしくお願いいたします。

PS 私は定年間近ですが,年齢的に姪や甥にあたる彼らの歌に惚れ込み,
個人的に「応援団長」を買って出ました。
これは,私にとっての現在の「いきがい」とも言えるものになっております。
最後までお読みいただき,ありがとうございました。

私への連絡は,「肥さんの夢ブログ」のコメント欄に,
書き込む形でして下さると,ありがたいです。
(許可がなければ,表示されませんので)
返信する形で,住所・電話・メルアドなど送らせていたします。

肥さんの夢ブログ
http://koesan21.cocolog-nifty.com/dream/

また,田部さんへ直接の連絡先も同様に,
「あいせだ★ぶろぐ」のコメント欄に,書き込む形が早いと思います。
(許可がなければ,表示されませんので)

あいせだ★ブログ
http://ameblo.jp/ainosedaizu/

では,暑さ厳しき折,夏バテ等しないようにお過ごし下さい。
長々とすいません。
「吉報」お待ちしております。

2015年8月 2日 (日)

「あいせだ祭」当日

猛暑の昨日,我々30名あまりは,
万難を排して蔵前Slow Lifeに集い,
「あいせだ祭」を挙行しました。
その一部を,写真で紹介します。(o^-^o)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゲスト 智之助さん
    飯原けいせいバンドbeer

シークレット・ゲスト 頭慢さん
    本田さん(元レノンハウス経営)

司会 ウィスキーボンボンさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

060

027

058

030

031

059

034

044

045

046

049

050

051

053

054

025

026

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうして,DVDは無事7月中に完成し,
その披露パーティーに間に合いました。

さあ,今度はあなたの出番です。
ぜひこのDVDをご覧になり,
「「愛の世代ズ」いいぞ!紅白をめざせ!」と言って下さい。

私も応援団長として,頑張ります。
頑張るというのは,これからの広報活動です。
まず,「愛の世代ズ」のことを各方面にお知らせし,
その存在を認知してもらい,できたら仕事をいただき,
もちろん収入への道につなげていくことです。

ロケットの打ち上げで,もっとも力がいるのは「最初の1cm」を持ち上げることです。
ぜひ皆さんお力をお貸し下さい。

(1) DVDの購入(1巻3000円)
(2) 「スタッフТシャツ」の購入(1着1500円)
(3) 「おじいちゃんの唄」の宣伝・・・口コミ,ブログ,インターネット

「おじいちゃんの唄」(BY「愛の世代ズ」)
http://www.youtube.com/watch?v=ZxXFgXK7yNE

など,いろいろ方法はあるかと思います。

夏は,戦争と平和について考える
いい時期です。

楽天が菊地の好投で40勝目

楽天 0 0 0 1 0 1 0 3 0 計5
オリ 0 0 0 2 0 0 0 1 0 計3

楽天が連敗を6で止めた。
楽天は同点で迎えた8回表,ニ死一三塁から
ペーニャのタイムリー二塁打で勝ち越しに成功。
続く伊志嶺も2点タイムリー打を放ち,リードを広げた。
投げては先発・菊池が7回2失点の好投で今季4勝目(3敗)。
クルーズがセーブをあげた。

2015年8月 1日 (土)

8月1日は「あいせだ記念日」

「この歌がいいね」と君が言ったから8月1日は「あいせだ記念日」

私は昨年の12月20日,立川の「農家」で「愛の世代ズ」の2人に出会い,
特にそのオリジナル曲である「おじいちゃんの唄」に惹かれたところから,
「応援団長」という地位にまで登りつめてしまいました。(笑)

中2の時に体育祭で押し付けられた「応援団長」ではなく,
かなり積極的な「応援団長」です。
団員用の「愛の世代ズSТAFF」Тシャツもご用意していますので,
どんどんご購入下さい。(1着1500円です)

本日「あいせだ祭」につき,上記の替え歌を作ってみました。
本歌は,もちろん俵万智の「サラダ記念日」です。
(「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日)
※本当は「から揚げ」だったという話で,7月6日は七夕の1日前ですね。
「出会いの予感」という感じでしょうか。

では,レッツ・ゴー トゥー Slow Life!

「社~モ(模)君」というのは,どうだろうか?

「ブロックス」という名前が「登録商標」かどうか知らないが,
同じ題名では混同されて困るというなら,代替案を探らなければならない。
私は「社~モ(模)君」が今気に入っている。
「ブロックス」の音感とイメージは捨てがたいが,
あえて「社会の科学の実態モデル(分子模型)」という意味を
この際出してしまった方が,ネーミングとしていいと思うのだ。
で,以下の話を書いてみた。
平野さん,みなさん,いかがでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社会(世界)を見るメガネ「社~モ(模)君」

小さすぎて見えないものを見る時,私たちは顕微鏡を使います。
また,遠すぎて見えないものを見る時,望遠鏡を使います。
この2つは,微生物の世界や宇宙のことを知る大きな「武器」となり,
たくさんの発見がなされました。

ところで,小さすぎもせず,また遠いわけでもないのに,
なかなか私たちには見えにくい社会(世界)というものがあります。
現実として,私たちは地球のどこかの国や地域に住んでおり,
具体的な暮らしをしているのに,その様子を全体としてとらえる
「武器」を手に入れていなかったのです。
いや,そういう努力がまったくなされなかったわけではありません。
『たのしい授業』誌には30年以上にわたりたくさんのグラフが掲載され,
多くの問題の本質をとらえることに成功してきたと言ってもいいからです。

その中の1つに,楽知ん研究所の人たちが考えた
「ブロックス」というものがありました。(と私は考えています)
3つのことを同時に表す立体グラフとも言えるもので,

(1) 国旗の面積・・・その国の人口を表す
(2) その体積・・・その国のGDPを表す
(3) その高さ・・・1人当たりのGDPを表す

という仕組みです。
私の情報では,秋田さんの発想をもとに,小出さんや宗さんが作られたものです。

これを私は授業書《世界の国ぐに》を実施した際,黒板に掲示すると,
「とてもわかりやすい」「世界の様子が見えた感じする」と,
大変好評でした。(この「夢ブログ」でも,「ブロックスと250人の笑顔」で報告)

一方,この元祖ブロックスを紙で作れないかと,長崎県の平野さんは考え,
ペーパーブロックスというものを作りました。(私はさらに縮小して,1/2モデルを開発)

そして,この夏の大会で「ペーパーブロックスを作ろう!」というナイターを
主催して広めようとしたところ,「名称に異議あり」ということで,
小出さんからご意見をいただきました。

私は同名の授業プラン(パワーポイントの作品)があるのもよく知りませんでしたし,
そもそも授業書《世界の国ぐに》その他で活用することを考えているので,
名前の争いで,両者共倒れということになってはつまらないと思います。
そこで,同じ「3Dグラフ」の活用であるということを確認しつつ,
その授業プランと混同されない道を模索するため,表題のネーミングを考えました。
ご意見聞かせていただければ幸いです。

昨日の部活動 7/31

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

8月31日に終日2面とも体育館が使えるので,
「第1回トトロ杯(カップ)」を主催することを決めた。

ちょうどこれまでの市予選の会場が使えなくなりそうなので,
名乗りを上げて「地元開催」ということもあった。
保護者にも協力をお願いし,
昼食は近所のホットモットに期待した。

とにかく「トトロ杯(カップ)」初回の優勝が他校というわけにはいかない!
新品のカップをみすみす持って行かれないように,
これから1ヶ月練習に励んでほしい。
それが同時に,新人戦の市内優勝にもつながると思う。

PS この件をきっかけに,八王子中(8/5)と
向陽中(8/17・トトロ杯)の2校と練習試合が決まった。
「新人戦までに100セット」をめざし頑張ろう!

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ