« (五)十七の夏・・・桜田淳子「十七の夏」の替え歌で | トップページ | 飯能・日高サークル 2015年7月 »

2015年7月12日 (日)

『歴史地理教育』誌からの原稿依頼

久しぶり(ちょうど10年ぶり)に『歴史地理教育』誌からの原稿依頼があった。
きっと同じ所沢支部の宮崎さんが推薦して下さったのだろう。
昨日編集部の米山さんよりメールをいただいた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日は、突然メールを差し上げて申し訳ありません。
私は、歴史教育者協議会の編集委員の米山と申します。
日頃、歴史教育者協議会の活動にご協力をいただきありがとうございます。
急なお願いで恐縮ですが、肥沼先生の「仮説実験授業『世界の国々』」
(埼玉県歴教協所沢支部「はがき通信」2015.4.29)を、
会誌の「中学校授業」用原稿にまとめていただき、掲載させていただきたいと存じます。
字数は、会誌上下2段組みで6頁(400字詰め原稿用紙で約14枚)、
締め切りは9月末日、掲載号は2015年12月号あるいは2016年1月号を予定しています。
肥沼先生の執筆のご意志を確認の上、編集委員会より正式な執筆依頼状を郵送しますので、
メールにて返信をいただきたいと存じます。
肥沼先生のご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お世話になっている〈歴教協〉〈仮説〉の両会に恩返しすることにもなるし,
また,まだこの授業を受けていない生徒たちにその可能性を広げるわけで,
断る理由などないので,さっそく快諾した。

原稿は,部分的に「夢ブログ」で書いているので頭の中にあり,
授業評価,感想,ブロックスやペーパーブロックスの写真なども撮ってあるので,
400字詰め原稿用紙14枚もそれほど苦ではない。
あとは,やる時間だが,もうすぐ夏休み。
県大会が終った辺りで,早めにやってしまうか,
遅くともお盆までにはメドがつくだろう。

授業書《世界の国ぐに》+ブロックスは,
私の次のガリ本=『肥さんのこの5年~50代後半の仕事』のトップを飾ると
位置づけている内容なので,『歴史地理教育』誌に書かせてもらえることは,
まったくそれに「追い風」をいただいたようなものである。
ありがたいことだ。

020

Photo

(写真の上でクリックすると拡大します)

« (五)十七の夏・・・桜田淳子「十七の夏」の替え歌で | トップページ | 飯能・日高サークル 2015年7月 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます。

あの実践がまとまるんですね。
楽しみですね。
直接には目にしたことはありませんが
ブログでは、
アッと驚く見える化教材でびっくりしたものです。

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

授業書《世界の国ぐに》+ブロックスも,
生徒自身がペーパーブロックスを作るという段階に至ることによって,
授業書《もしも原子が見えたなら》+分子模型作りに
近いところまで行けたような気がしています。
思い切って「社会の科学」の分子模型が,
「1人当たりGDPを表すブロックスなのである」
という趣旨で書いてみたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« (五)十七の夏・・・桜田淳子「十七の夏」の替え歌で | トップページ | 飯能・日高サークル 2015年7月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ