« 楽天が逆転勝ちで27勝目 | トップページ | 五斗長垣内遺跡(ごっさかいといせき) »

2015年6月11日 (木)

小中交流(3)

昨日は,上記の3回目だった。
ひとことで言うと「冷や汗の1日」だった。

まず,朝小学校に電話して,教務の先生に予定を聞いたら,
「今日も子どもたちの様子を観察して下さい」
と言われると思いきや,なんと・・・
「今日から授業して下さい。
〈これからの食料生産とわたしたち〉のところをお願いします」
と言われたのでびっくり仰天!

どうも社会科の授業の途中途中で私が入るとお互いにやりにくいので,
独立した形で私に授業をやらせてくれるように配慮していただいたようなのだ。
ということは,4時間ほどの見通しが立つ!自分のやり方である程度できる。
これはありがたいことなので,その線で行くことにして,
まずは持っている教材(昨年「小5」のコピー本を
3000円近く出して購入していた)から,該当ページをコピーし,3クラス分を印刷。
「今日はこれに沿ってやっていこう。念のためにビデオ(7分)も持って行こう」と,
小学校に向けて元気よく自転車のペダルを踏み出したのだった。

ところが・・・手渡された社会科の教科書は,題名はほとんど同じなのに,
「農業や漁業の高齢化問題」から導入(コピー本)するのではなく,
食料自給率の方から考えていく方法を採っていた。
そうか,小学校の指導要領の改訂は,中学校より1年早いんだっけ・・・。
コピー本の発行されたのは,だいぶ前の年だものなあ。
ということで,「頭の中が真っ白に」に。

しかし,今更「今日は勘弁して下さい」とも言えないので(あと5分で教室に向かう),
最初のクラスで子どもたちと会話する中から,その反応をうかがい,
うまくいったら次のクラス,さらに次のクラスへと改善していこうと
作戦を立て直しての挑戦と相成った。

(1) 手品「魔法のノート」を行って

「この手品のように〈ノートは四角いもの〉という固定観念を取り払い,
柔軟にノーミソを働かせて考えるのが社会科の勉強です!」
という「素晴らしい論法」を使って導入を行う。まるで「手品」みたいである。

(2) 地球にまつわる話題で反応を見る

地球の形状(球)の確認(予想)から始める。まん丸か,それとも横長,縦長か?
これはクラスによって,かなり予想が分かれた。
次に「地球から私たちがもらっているもの」として,空気と水と食べ物の3つを引き出す。
(ここまでは,授業書《宇宙への道》のイメージ)
「宇宙からは○○は見えない」という宇宙飛行士の言葉の,
○○とは何かをみんなで予想してみる。(これは中学地理の教科書から)
○○には「国境」が入るのだが,クラスによって最後まで出てこないところもあれば,
最初の子が言い当てるところもあって,かなりドキドキした。

(3) 話は食料自給率へ

「とってもおいしい○○○○○バナナ」という〈世界の国々かるた〉の
○○○○○にはどんな国を入れたらいいだろうと聞き,
すぐに「フィリピン」は出てくるので,教科書のスーパーの写真へ。
フィリピンから輸入されたバナナやロシア産のカニが写真で出ている。
ここからは教科書のグラフを読み取っていく形で授業を進めていった。

(4) グラフの読み取り

「日本と外国の価格の違い」「自給率の高いものと低いもの」
「自給率が高い国と低い国」の3つのグラフを読み取らせていく。
名前がまだわからないので,指名用に座席表があると助かると思った。

(5) ビデオ視聴「世界の国の中の日本の農業」(7分)

上記のビデオを見て,各地の農業の様子と工夫,苦労を知る。
最後に「高齢化問題」も少し出てくる。

(6) 「本日のまとめ」をノートに写し,みんなで読む

ビデオ視聴の間に,黒板に以下の「本日のまとめ」を書いておき,
( )に入る言葉を予想させ,ノートに写させ,みんなで読んで終わりにした。
なにしろ,「頭の中が真っ白」の状態から始まった授業なので,
「日本の農産物は,外国の農産物と比べて値段が(高)い。
そのため,日本の食料自給率は,40%と(低)くなっている」
というまとめは,自分自身へのまとめでもあった。

次回は,教科書の内容もつかめたので,プリントにまとめ,
流れをわかりやすくして進めていきたい。
仮説実験授業の授業書にははるかに及ばなくても,
1時間もの授業プランでいいわけだから・・・。
次回は,2週間後の6/24(水)。ぜひ「名誉挽回」といきたいものだ。

« 楽天が逆転勝ちで27勝目 | トップページ | 五斗長垣内遺跡(ごっさかいといせき) »

「教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽天が逆転勝ちで27勝目 | トップページ | 五斗長垣内遺跡(ごっさかいといせき) »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ