« 昨日の部活動 6/21 | トップページ | 昨日の部活動 6/22 »

2015年6月22日 (月)

こういうチームは強くなる!

昨日ちょっと思ったというか,
ずっと前から思っていたというか,
バレーボールの本質に関る問題がある。

それは,「こういうチームは強くなり,
こういうチームはいつまでも強くならない」
というセンセーショナルなものだ。

それは,片付けの瞬間にわかる。
数時間の練習のあとだ。
もちろん体は疲れている。
できたら片付けはしたくない。
本音のところだろう。

しかし,その瞬間が「バレーボール」なのだ。
瞬間的に,今どんな仕事があって,
自分が何をしたらチームが早く片づけを終えられるか,
それを判断できる能力があると考える。
つまりフォア・ザ・チームの精神なのである。

【いつまでも強くならないチーム】 (。>0<。)

ネット周辺に異様に人数が集まり,
下窓はもちろん開きっぱなし,
2階の窓・カーテンにも誰も走って行かず,
当然,間仕切りのネットもそのままだ。
で,ネット周辺に目を戻すと,
ネットとアンテナ,支柱カバーは外れたものの,
支柱2本がいつまでもコートに突き刺さっている。

【強くなるチーム】 (o^-^o)

まず,チームにとって「必要な仕事」を瞬間的に判断し,
自分が何をやったらいいか行動で示す。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そんなの当番を決めておけばいいではないかと半分は思う。
しかし,それだと,ゲームの最中の瞬間的判断力の養成は難しい。

バレーボールに限らず,スポーツは競技空間の把握が大切である。
どこをカバーしたらもっともいい状態にチームがなるか。
それを考えながらプレーすることが,
「やらされるバレー」から「自ら判断するバレー」へ飛躍する
大きなカギになってくるのではないかな。

「9m×9m=81㎡」の中で6人の選手がプレーするのが,
バレーボールという競技だ。
そのなかに直径3m(面積は,わずか約7㎡で,コートの10分の1未満)の
大きな穴を作ってしまうチームはいつまでも強くならず,
その穴の面積を限りなく0(ゼロ)に近づけようとするチームは,
きっと強くなると私は思うのだが,君はどう思いますか?

« 昨日の部活動 6/21 | トップページ | 昨日の部活動 6/22 »

部活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 6/21 | トップページ | 昨日の部活動 6/22 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ