« 愛の世代ズ in Slow Life | トップページ | (仮題)『(ケント紙で)ペーパーブロックスをつくろう』 »

2015年5月 5日 (火)

高崎サークル5月例会の感想

高崎サークル5月例会について,
「連休中に感想を書きます」と「夢ブログ」に書いたので,
書くことにしたいと思います。
資料順に,書いていきます。

(1)都丸さん「都丸篤・年図」
(2)都丸さん「3年3組 学習発表会」&「前掛け資料」
(3)都丸さん「黒曜石サンプル」プレゼント
(4)都丸さん「絵の具の空き瓶(ぼんてん入り)」プレゼント

都丸さんとのお付き合いは,「衝撃」③の「ローの帝国とキリスト教」から始まったのですが,
その後「黒曜石」をめぐってのこともありましたね。
長野県・和田峠の黒曜石は,比較的近距離で,車のある方にはオススメです。
(3)(4)のようなプレゼントも,資料としてカウントしてみました。
ただし,「邪馬台国」近畿説はいけませんねえ。
今度徹底的に批判したいと思いますので,首を洗って待っていて下さい。(笑)
私は筋金入りの北九州・博多湾岸説ですので・・・。

(5)品川さん提供「北関東たのしい授業体験講座in宇都宮」パンフ
(6)品川さん提供「北関東たのしい授業体験講座にむけて」(遠藤さん資料)
(7)品川さん「6ー1仲間と笑顔で輝いて」(「初恋」の感想,《生類》の感想)
(8)品川さん「5ー1仲間と笑顔で輝いて」(「見れども見えず」の感想,
4月にやったプランの感想)

品川さんは,授業書はもちろん,たのしい授業の追試をたくさんされ,
学級通信という形で発表されていて素晴らしいです。
今若い先生たちが「学年の足並みをそろえる」とかなんとかいうことで,
萎縮させられている現状を思うと,勇気を与える行動だと思います。
ベテランには,若い先生を伸び伸び育てる義務があると思うのです。

(9)肥沼「肥さんの夢ブログ~授業書《世界の国ぐに》とブロックスの巻」
(10)肥沼「ペーパーブロックス1/2モデル」の設計図&実物披露
(11)肥沼「ペーパーブロックス1/2モデル」(その2)の設計図
(12)肥沼「外国からの転校生の感想とブログの宣伝」

その後も「夢ブログ」の中で,ブロックスの魅力を展開しております。
夏の大会でのナイター,ブロックス下敷き,
仮説社から『(ケント紙で)ペーパーブロックスをつくろう』を出版する構想など,
もう誰にもブレーキを掛けられない状態です。(笑)

(13)市原さん「たのしいことから始めよう!~新年度,5年生担任,学年主任でスタート」
(14)市原さん「うれしいお手紙~年度末と新年度に・・・」
(15)市原さん「ともみちゃん日記~高学年の女の子とのつきあい方」

市原さんの資料は,〈仮説〉の授業書やたのしい授業の実践を中心に,
子どもたちや保護者たちを「いい循環」に巻き込んでいくところに魅力を感じます。
アンケートを書いてもらうという方法も,とてもいいなあと思いました。
受け身ではなく,自分もそれに参加している(支持している)感じになるからです。

(16)美里さん「初めての授業開き(圧倒的な支持を受けた「見れども見えず」)」

とてもいい評価の授業開きで,おめでとうございます!これからの1年間が楽しみですね。
「・・・新しいことに取り組むときには,必ず間違えます。間違えない人というのは,
新しいことに挑戦していない人のことです。」う~ん,しびれますねえ。
控えめな題名では,もったいないので,勝手に私が副題を付けておきました。悪しからず。

(17)峯岸さん紹介「(道徳・読み物プラン)フィリピンで出会った人々」(小沢さん作)
(18)峯岸さん「いじめと戦争と「道徳の授業」」
(19)峯岸さん「やってみました!紙たつまきハイパー」
(20)峯岸さん「やってみました!〈赤い風船〉」

小沢さんの道徳・読み物プランである「フィリピンで出会った人々」のご紹介,
ありがとうございます。とてもいい感じの授業プランですねえ。
今学校のなかで管理的な風潮が蔓延しています。「一枚岩」の大切さが叫ばれています。
でも,そこからは何も生まれてこないのではないか,と50年の歴史を経た〈仮説〉に
関ってきた私(35年間)は思います。もっとも古代史についても,古田武彦氏の問いかけに
学会は40年間応えられなかった訳で,似たり寄ったりなのかもしれませんが・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(未発表)
                           
(21)峯岸さん「(器械運動プラン・マット運動①)前転」
(22)峯岸さん「(器械運動プラン・マット運動②)後転」
(23)峯岸さん「(器械運動プラン・マット運動③)側転」
(24)峯岸さん「(器械運動について考える問題集①)「跳び箱」とのつきあい方」
(25)峯岸さん「(たのしい体育への道)跳び箱運動の見方・考え方」
(26)峯岸さん「(たのしい器械運動)マット運動カード」
(27)峯岸さん「(たのしい体育プラン(鉄棒運動))鉄棒運動カード」
(28)峯岸さん「(たのしい器械運動プラン)逆上がりへの道」
(29)峯岸さん「(体育の授業で考える)なんとなくわかって進む授業」
(30)峯岸さん提供「鉄棒したい!と言ってくれた「みんなで逆上がり」」(広瀬さん資料)
(31)峯岸さん「(新任一点突破シリーズ③)チームの決め方」
(32)峯岸さん「(僕のたのしい体育プラン②)ドラクエドッジ」
(33)峯岸さん「ベースボールチームカード」
(34)峯岸さん「「道徳の教科化」について考える」
(35)峯岸さん「「道徳の授業」では何を教える?」
(36)峯岸さん「学級目標は「どっちに転んでも,シメタ!」」

体育系の(21)~(33)は,新任の体育の先生にプレゼントしようと思います。
(34)~(36)については,興味深く読ませていただきました。「じゃあ,何を教えるの?」
と言われた時に,ちゃんと実践の積み上げがあることが私たちの強みですね。

« 愛の世代ズ in Slow Life | トップページ | (仮題)『(ケント紙で)ペーパーブロックスをつくろう』 »

仮説実験授業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛の世代ズ in Slow Life | トップページ | (仮題)『(ケント紙で)ペーパーブロックスをつくろう』 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ