« 睡眠時無呼吸症候群 | トップページ | 今日から交流戦 »

2015年5月26日 (火)

「3人オフ会」 イン 3丁目の夕日

昨日は,上記を行った。

翔空さんの「ブログ開設記念」。
九想さんの「自宅の外装塗装完成記念」。
私の「中ガリ本&ブロックス下敷き完成記念」。
3つのことをお祝いした。

みんな「刺身の5点盛り」を希望したので,
若マスターに3人分を大皿にお願いした。
これが,その写真。

031

PS1 九想さんは,素晴らしい業者さんと出会えて
本当によかったですね。
実家の塗装も,こういう人たちにお願いしたかったです。
でも,こういう交流があるということを
読者の皆さんに伝えられてよかったです。

PS2 翔空さんには,ぜひ
「牧野富太郎博士~植物の名前を1番たくさんつけた人」
というお話を書いてほしいです。
フツーの人は,植物の名前にはほとんど興味はないのですが,
何かに着目して命名した人がいるとしたら,
それは興味深い話となるかもしれないからです。
そして,子どもたちにも
「新種を発見して,自分も名前をつけたい!」
と思ってもらうことができるでしょう。

« 睡眠時無呼吸症候群 | トップページ | 今日から交流戦 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

追伸2ありがとうございます。
昨日はまた、少ししゃべりすぎてしまったかなと反省しています。

すでにある本で仕入れたことを話しましたので、
いいかなとか思いながらも、・・・

こんな一首が

語らいて汲めども尽きぬ話題有り
      ブログオフ会夜半の月かな

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

翔空さんには別に罪はないのですが,
翔空さんの関心と他の2人の関心の間には
とても大きな「温度差」があったのでした。

私はあの時お話を伺いながら,
どうしたら翔空さんが感動した(面白いと思っている)ことを,
他の人に伝えられるかと考えていました。

人間は学ぶことによって,それについての知識が増え,
それを他の人に伝えたくなります。
すごく自然な,「学習→教授」の欲求だと思います。

しかし,その相手がすぐ翔空さんの言いたいことに
感動(賛同)してくれるとは限らないのです。
いやむしろ,翔空さんが説得しようとすればするほど,
私たちはその「教授行為」から離れていくというわけです。

私がこんなことを書いている背景には,
他人にあることを伝えたい時の2つの方法があります。

1つは「授業書」・・・いくつもの問題で「法則」や「イメージ」などを教える。
もう1つは「お話」・・・感動的あるいは興味深い話題を取り上げて,知識を増やす。

私は「世界で最も植物に名前を付けた人」ということで,
牧野富太郎氏のことをお話にしたらどうかと考えたわけです。
植物に関心の深い翔空さんに,ぜひ取り組んでほしいと思います。
まずは,「牧野富太郎・年図」からどうですか?

そうでしたか。
離れていましたか?
kyだったようで、
やはりもう少し聞き役に回らないといけませんね。
どうも年よりになって、こだわりすぎたようです。

ご指摘いただきありがとうございます。
これに懲りずによろしく、

翔空さんへ
コメントありがとうございます。

相手と会話のキャッチボールができなくなっている時,
たいていどこかに無理が生じているのだと思います。
「急がば回れ」と考えて別の方法を取るか,
相手にしゃべらせて雰囲気をつかむか,
なかなか難しいところですね。

個性が違う上に,お酒まで入っていたりするのですから,
さらに条件は厳しくなると思われます。
「いい聞き手になる」というやり方は,
その辺のことを考えての高等手段だと思いますね。

ただ,加齢で「こだわる」ことになる傾向を逆に利用して,
今までやりたかった研究を進めるという手はあると思います。
だって,せっかくこだわりたい年頃になったワケですから,
こだわることを楽しめばいい・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 睡眠時無呼吸症候群 | トップページ | 今日から交流戦 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ