« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月30日 (木)

協会長杯・県大会 2015

昨日は,久喜総合体育館に出かけ,
上記の大会に参加した。

対霞ヶ関中 1ー2(23ー25,25ー9,19ー25)

第4シードを相手に善戦したと言えば言えるが,
新人戦に続きまたもコーチに
初勝利を差し上げられなかったことがくやしい。

多数の保護者の皆様のご観戦,
ありがとうございました。

合計15時間以上寝る

若い頃は,1回で15時間寝たこともあったが,
今はそうする体力もなく,
「分割払い」で一昨日から昨日にかけて15時間以上寝た。

たぶん「疲労」+「風邪」+「花粉」なのだと思うが,
体調の悪い中での県大会はつらかった。

今は体温も下がり,気持ち悪さも抜けてきたが,
連休前の残り2日頑張っていきたい。
(幸い授業プリントは作ってある)

2015年4月29日 (水)

最後は,37.9℃

日曜日のOBとの練習試合を終えて.
寒気が走った。
月曜日には熱で体力が奪われた。
昨日は朝から「風邪」と「花粉」のダブル攻撃。

4時間の授業と部活を終えて体温を測ったら.
最後は37.9℃あった。

そのあと,実家訪問をして.
午後7時過ぎに自宅にたどり着いた。(。>0<。)

楽天が,塩見の好投で11勝目

楽天 0 1 1 1 0 2 0 1 3 計9
オリ 0 0 0 0 0 0 0 0 4 計4

楽天が,塩見の6回無失点の好投で,
11勝目をあげることができた。
2回のぺーニャのソロで先制し,
その後も小刻みに得点を重ねた。
塩見は,今季初勝利。

昨日の部活動 4/28

昨日は,「定休日」の火曜だったが,
卓球と代わってもらって前日練習を行った。
攻撃・守備の再確認で,
本日の初戦で霞ヶ関中を倒すためだ。

これまで霞ヶ関中には,いいところまで行っては,
最後にうっちゃられてきた。
今度はこちらがそうする番である。
いいスタートを切って雪辱しよう!

他の部の協力やOBたちの協力,
そして何より木下兄コーチや保護者の方々の献身的な協力。
そういったものに支えられて県大会の試合ができることに
感謝の気持ちを持ってほしいと思う。

2015年4月28日 (火)

教科書授業の開始

授業書《世界の国ぐに》+ブロックスなどのスペシャル授業は,
先週までに終わってしまった。
今日からは,基本的には教科書の授業ということになる。
以下は,そのための覚え書き。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日パーティーが開かれたら楽しいとは思うけど,
毎日同じ豪華なメニューを食べることになったら,
美味しいものも美味しく思わなくなるかもしれない。
というのが,「定食5点セット」論の拠り所である。

(1)前菜・・・地理の場合は,地図帳で国探しや県探し。歴史の場合は?
(2)主食・・・教科書の丸読み
(3)味噌汁・・・プリントを解く
(4)おかず・・・その日の内容に関連する
         「発問」「グラフ」「モノ」「お話」など
(5)漬物・・・ビデオ教材

この5つの内容を1時間の中で構成することが,
1つの型になるのだろうと考えている。

もちろんもっと効果的な教材があれば,
真っ先に私が飛びつくので教えていただきたい。
これはあくまでも,「最低限は教えた」と思われるものを
列挙したようなもので,授業評価でいったら
なんとか「3.5」を維持したいという願いから出たものである。

これはスポーツのメニューと似ていて,
同じことを繰り返しているうちに上達していき,
さらに高度なメニューが必要な時もありうる。
そうしたら,「評価3.8」とか「評価4」をめざして
頑張っていけばいいのだと思う。

『たの授』5月号は,教科書の扱い方の特集らしい。
何か参考になることがあればいい。

昨日の部活動 4/27

昨日は,6校時に「水5」が入っていて,
私はそれを「水6」と勘違いしていたため,
とんでもない時間割となってしまった。

私がもっと注意していれば起きなかったこととはいえ,
他にも間違えていた先生もいたので,
何重にも間違いを防ぐ方策がほしいものだ。

ということで,部活動も午後4時15分~5時半のコマに。
木下兄コーチのお世話になった。

一昨日のOBチームとの練習試合より軽かったそうで,
私は先述した通りのハードな1日だったので実感はなかったが,
いい調整ができたのだろう。

いよいよ明日は,運命の県大会だ。
午前6時30分前には,正門付近に集まっていよう。

のどが痛い!

日曜日のOBとの練習試合の際,
張り切って楽天の「挑戦」Тシャツを
着ていったのがいけなかったのか,
(意外に体育館が寒かったらしい)
夜発熱して1日経った今ものどが痛い。

のどの痛みは,職業的にも辛く,
授業も教科書に入ったのでなおさらだ。
なんとかもう1日持たせて県大会に向かいたい。

2015年4月27日 (月)

「中社」とは何か?

今「あいせだラジオ」の(31)を聞いていたら,
後半になって「肥さんの夢ブログ(中社)」の「中社」とは何か?
という話題をしていただいていた。
では,さっそくお答えしましょう。
その前に,私のインターネット遍歴を少々。

(1)肥さんのメールマガジン時代 2001~3年(2年間)
(2)肥さんのホームページ。(中学社会)時代 2003~5年(2年間)
(3)肥さんの夢ブログ(中社)時代 2005~15年(10年と半年)

ということで,正解は「中学社会」の短縮形が「中社」ということでした。
「ホームページ」だけだと中身がわからないので,
中学社会と付けた方がいいよ!とアドバイスされ,
その後長いと思って短縮形にしたら,今度は「中社」とは何だ?
という質問を受けてしまったという次第。

今は「中社」を取ってもいいと思っています。
しかし,中学生が読んでもわかる内容で行きたい!
という初心を忘れないためには,「中社」は盲腸のように
もうちょっと(笑)付けておきましょう。( ^ω^ )

OBチームとの練習試合

昨日は,午後1~5時のコマだった。
全面コートを確保しての練習試合。
相手は,木下兄コーチの呼びかけに応えて集まった
本校OBの面々である。

現在も現役でバレーボールをしていると思われ,
サーブもレシーブもスパイクも素晴らしい。
特に感心したのは,

・ジャンプサーブ ~ 何本も決められた。その集中力!
・レシーブ ~ 相手のサーブに合わせる腕の角度の正確さ
・スパイク ~ ネット際ギリギリのところでの勝負
・フェイント ~ 相手のいないところへ瞬時に落とす
・明るい声掛け ~ お互いの意思の疎通を図る

と書いていけばキリがないほどだ。
中学生のみんなにも,大いに学んでほしいものばかり。
という訳で,試合展開もかなりきびしいものになった。

1ー6(17ー25,27ー29,14ー25,16ー25,
9ー25,25ー23,16ー25)

保護者の方も3名の参観があり,
ちょうど武道場に市議選挙に来た市民の方の参観もあった。

多くの方々に支えられて,
私たちは県大会に臨むことができる。
感謝である。
これで,新人戦以降の練習試合のセット数も,
「113」に延びた。

楽天が,戸村の初完投で10勝目

ロッテ 0 0 0 0 0 0 0 1 0 計1
楽 天 1 0 0 0 1 1 4 0 X 計7

先発・戸村が1失点の初完投をし,
打線もそれに応えて奮起し,
楽天は10勝目をあげた。

はやくも2勝目をあげた戸村は,
彼は埼玉の出身(立教新座)の選手だ。
また,お母さんが中学の先生をしているというから,
ぜひ応援したくなっちゃう選手というわけだ。

我が家には,生徒がもらってきてくれた
戸村投手のサインがある。
ようやくこのサインにも,
「価値が出てきた」というワケだ。

2015年4月26日 (日)

「理科ちゃんハウス」訪問記

飯能・日高サークルの青木さんが
長い時間をかけて準備を進めていた上記の施設が,
いよいよ私たちに披露された。

敷地内にある別棟を改造・整備したもので,
広いとは言えないが,かえってそれが「松下村塾」のような
知的な雰囲気を醸(かも)し出している。
(学ぶものは「国学」ではなく,〈仮説〉ではあるけれど…)

いっしょに行ったのは,佐藤俊さん,上澤さん,原さん,
関口さん父娘と私の6人,午後1時からお邪魔した。
最後に私が帰ったのが11時だったので,
合計9時間以上いたことになる。
それほど居心地のいい施設だった。

3枚ほど写真で内部を紹介すると,以下のようである。

010

主たる書庫(授業の道具も含む)

011

サブ書庫

012

テーブルの上の紙とんぼ(精密そのもの!)

私も定年後,「理科ちゃんハウス」のような
素敵な施設を持ちたいと思った。
名前を何とするか,今から考えておきたい。

昨日の部活動 4/25

昨日は,午後1~5時のコマだった。
もう1人の顧問の先生にお願いして,
土日シェアをしてもらっている。
土曜日は私がサークルに出る為にやってもらい,
日曜日はその代わりに私が男女バレーをみる。

昨日は,飯能・日高サークルの青木さんの
「理科ちゃんハウス」にお邪魔して,
充実した時間を過ごした。
それは別項にて。

2015年4月25日 (土)

疲れたが,収穫の多かった1週間

今週は疲れたが,収穫の多い1週間だった。

まず,授業書《世界の国ぐに》第1部「いろいろな世界地図」が終わり,
ブロックスの紹介もあって,破格の授業評価をもらうことができた。ヽ(´▽`)/

〈たのしさ〉 5クラスの合計

⑤ 113人
④  41人
③  12人
②   1人
①   なし

〈わかりやすさ〉 5クラスの合計

⑤  87人
④  64人
③  14人
②   2人
①   なし

008

009

そして,これは,ペーパーブロックス1/2モデルの製作につながった。
また,次の時間の「東日本大震災の写真」と
「おのくん」の取り組みの紹介にもつながっていった。
さらに,社会科サークルでの報告を変更させることにもなった。
(最初は,「私の最近の授業の工夫」だったが・・・)

その他,山ほどの行事をこなし,
もうすぐカナダに戻る予定の千恵さんに楽屋の料理も味わってもらい,
コーチによって県大会へ向けての練習も着々と進み,
昨夜は房yaで久しぶりに「自分にごほうび」をあげた。

来週からは,教科書授業のプリントの作成が課題だ。
丸読みから始まる授業形式をはやく定着させ,
テンポの良い授業をめざしたい。

また,水曜日に行われる協会長杯・県大会で,
我が校の存在を埼玉県下に知らしめたい。(o^-^o)

昨日の部活動 4/24

昨日は,本来「金・外」の日だったが,
先週バスケとの交換をしたために「金・中」となった。
つまり,体育館内で練習することができた。
昨日も,木下兄コーチにお世話になった。

「新人戦からこれまで何試合練習試合を行ったか」
という話題が,コーチとの間であった。
確か新人戦までが104だったと思うのだが,
その後にやったのをカウントしてみることにする。

新人戦・所沢市予選・・・7セット
ひばりが丘中での4校対抗戦・・・9セット
勝瀬中での練習試合・・・6セット
所沢北高での練習試合・・・4セット
富岡中での練習試合・・・8セット
県大会(対深谷中)・・・3セット
市民バレー・・・4セット
1年生大会・・・6セット
ふじみ野高校杯・・・11セット
1年生大会・地区・・・5セット
川越冬季大会・・・6セット
モルテン杯・・・8セット
富岡中での4校対抗戦・・・9セット
東中での3校対抗戦・・・6セット
豊岡高校での練習試合・・・6セット
所沢高校での練習試合・・・8セット

合計106セットということになるだろうか。
なんと!新人戦をめざして戦ってきた数とほぼ同数であった。

楽天が,レイの好投で9勝目

ロッテ 0 0 0 0 0 1 0 0 0 計1
楽 天 1 0 0 0 2 4 0 0 X 計7

楽天は初回,ペーニャのタイムリー二塁打で先制。
その後,5回裏に銀次の犠飛などで2点を加え,
さらに6回には松井稼のタイムリーなどで4点を挙げた。
投げては,先発・レイが6回1失点の好投で
早くも今季4勝目をあげた。

2015年4月24日 (金)

社会科サークル 2015年4月

昨日は,上記のサークルに参加した。

参加者は,大石さん,篠原謙さん,宮崎さん,
坂本さん,宮沢さん,本田さん,私の7名だった。

おみやげは,篠原謙さんから映画「ジョン・ラーべ」についてと
「戦争法案」反対パンフ,
宮崎さんから各種新聞のコピー(「全教科書に竹島・尖閣」,
なぜ「国際平和支援法」なの?,首相の「わが軍」発言等)など。

メインは私の報告で,
「「私の最近の授業の工夫~
丸読み・地図記号かるた・チャレンジ問題など」から
「授業書《世界の国ぐに》+ブロックス」への道」

という長い題名のものだった。

前者は,3月中に「夢ブログ」に書いていたもので,
それが急きょ中1担当となり,
後者の実践へとつながったというものである。
昨日最後のクラスの授業評価と感想が集まり,
ギリギリ社会科サークルに間に合った。

ホワイトボードには,左側にこの長い題名を書き,
右側に「ブロックスの歴史」を展示した。

007

020

Photo

(写真の上でクリックすると拡大します)

報告は,「授業の工夫」に半分を割き,
「《世界の国ぐに》とブロックス」にも半分をあてた。
若い3人の参加者には,初めて見るペーパーブロックスの存在は,
やはり驚きだったようで,それがわかっていたら,
最大のブロックスも持参したのに・・・と残念だった。
まあ,次回の5月20日(水)でもいいか。
この日が,今年度の総会にもなります。
宮沢さんの「ハンセン病」の授業の話も聞けるとのこと。
楽しみな次回の総会である。
添付した各種の資料(地図記号かるたやクイズのプリント等)も
役立てていただけそうだ。

そうそう,宮沢さんは〈仮説〉も隔月でやられている
という情報が,今回の収穫の1つだったことを付け加えておこう。。
別な会と会場を間違えさせてくれた「運命の神」に乾杯!(笑)

PS 今回参加された若い3人には,ちょうどカバンに入れてあった
「肥さん年図」と「肥さんの「論文」一覧」をプレゼントした。
〈仮説〉や〈古田史学〉にも興味を持ってくれたら幸いである。
また,「夢ブログ」の読者にもぜひなって下さいネ!

昨日の部活動 4/23

昨日は,保護者会(私は司会の大役)で,
役員決めの日だったので,
市民体育館での自主練習ということになっていた。
木下兄コーチと保護者にお世話になった。

残念ながら私はこの日,社会科サークルの発表者で,
現地には行けなかったが,
きっと広い体育館で有意義な練習ができたことだろう。
私はそれを信じて疑わない。

ただ,朝練では3人のアタッカー陣が不在。
「全員バレー」とは言えなかったことを
付け加えておく。
「神は細部に宿らない」ことを祈る。

2015年4月23日 (木)

水曜の午前中

上記の4時間が,まだ未定だ。
「小学校に行くこと」だけが決まっていて,
あとは何も決まっていない。

仕方がないので,昨日は,いろいろな作業を行った。
新任補助の先生との打ち合わせ&〈仮説〉の紹介や
5月9日の土曜参観の日に行う「ハワイの問題」の印刷。
そして,教科領域部会に持っていく資料の用意・・・。
(研究授業が小中各1校の地区担当になってしまった!)

「小中交流」の言葉は美しいし,
「中1ギャップ」だってなくしたい。
しかし,気持ちだけではどうにもならない。
まあ,いつゴーサインが出てもいいように,
私なりの準備はしておこう。

楽屋(ささや)で「おまかせコース」

あとひと月足らずでカナダに戻る千恵さんに,
日本の美味しい料理を食べてもらおうと,
昨夜友人夫婦の経営している楽屋(新秋津)に出かけた。
前から頼んでみたかった「おまかせコース」である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前菜,豆中心のサラダ,竹の子の炊き合わせ,
里芋テイストの春巻き,各種の野菜と塩豚の炒め物,
竹の子ごはん,味噌汁,漬け物 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どれもが心のこもった自然な美味しさで
私たちのテーブルに登場する。

なにより野菜の種類が多く,新鮮なのが良い。
楽屋の出す野菜は,本来食べ物が持っている力を,
存分に引き出している感じで,
食べることが,身も心も元気にしてくれる。

カナダに戻る前に,千恵さんに食べてもらえてよかった。
日本にも「美味しいもの」があることを証明できた。
(というと,オーバーですが・・・)

昨日の部活動 4/22

昨日は,先生方の出張だったので,部活はなくなり,
したがって公民館での自主練習となった。

ボールの貸出には「借用願い」が必要で,
それなしに持ち出せばまずいことになってしまう。
校長先生も代わられたので,
書類も新しくして再度確認したい。

2015年4月22日 (水)

ペーパーブロックス1/2モデルの製作

わずか1時間で,B4判のケント紙から5つのブロックスを作ろうと,
一昨日から目論んでいた上記の作業を,昨日4クラスで実施してみた。
その様子を,時系列で書いていきたい。

(1)一昨日描いた設計図に自信がなかったので,
コピーを取って試作品を作ってみた。(「予備実験」みたい)
やっておいて良かった。中国のモデルが間違っていて,
それを事前に修正できたからだ。

(2)部活の朝練の前に,ケント紙に印刷した。
厚みのある紙に印刷された1/2モデルは,
朝日に輝いて見えた。(笑。もちろん気のせいだが…)

(3)1時間目が「空き時間」だったので,
必要な道具をダンボールに詰めた。これも良かった。
忘れ物を取りに行く時間は,最大のロス。これが防げた。
(国旗の色塗り用マジック,はさみ,のり,セロテープ,
持ち帰り用ビニール袋。あとは,ケント紙と試作品。
平野さんのペーパーブロックス)

(4)前の時間に,「次から教科書を進める予定」と言ってあったので,
ダンポール箱を抱えた私を見て,「あれっ,何が始まるのかな?」と
生徒たちは私を不思議そうに眺めていた。

(5)まず黒板に平野さんのペーパーブロックスを貼り付け,
その下に試作品を続けて貼り,「1/2モデルを作ろう!」と書いた。

(6)作業の手順を5段階で示した。
① 国旗に色を塗る。② はさみで切り抜き,線で折る。
③ 組み立てて,のりやセロテープで立体にする。
④ 磁石を底につける。(中国のみ1.2cm×1.2cm1個使用。
あとの4つの国は半分に切って使用)
⑤ ビニール袋に入れて持ち帰る

(7)2クラス目から,「(2)までを15分間で終える」と
指示を追加した。初めてやる作業なので,めやすを示す必要を感じたからだ。

(8)これも2クラス目から,セロテープの使用を奨励した。
のりはなかなか乾かなくて,作業が進みにくい。
見栄えを気にしなければ,これの方が良さそうだ。

(9)事前に全クラス分の板磁石がそろっていなかったことや
(急きょ教材屋の方に届けてもらった),
予告もなく教室に校長先生が「授業監察」?に現われるという
ハプニングもあったりして,初めての1/2モデル作りは
波乱含みのものとなったが,今後のノウハウも得ることができた。
次にやる時の,そして次にやる人の「財産」となろう。

(10)生徒たちの感想には,「たのしかった」「難しかった」
「難しかったけど,楽しかった」などといったものが多かった。
中には,自分で作ったので,「愛しく感じる」とも。
これは特にうれしかった。ありがとう!
やはり生徒たちは,「共同研究者」(山路さん)かもしれません。

先行実践をされてきたブロックスの秋田さん,小出さん,宗さん。
ペーパーブロックスの平野さんには,特に感謝です。
皆さんの研究の流れを受け継ぎ,さらにブロックス研究を発展させたいです。

002

試作品

006

道具たち

005

まず,国旗の色塗りから

もしも小学校で《世界の国ぐに》ができたなら

何だか〈仮説〉の授業書のような題名である。
もちろん「もしも原子が見えたなら」のパロディなのであるが,
現在水曜日の午前中に行うという意外「白紙状態」。
不安だけが増してきてはまずいので,
「内容は,何でもけっこうです」と言われたとした場合,
私は「5時間この内容でいけますよ」という形として,
今回の中1の生徒たちとの《世界の国ぐに》の授業を
やってみたいと思っているのである。

1時間目・・・自己紹介とウェルカム手品
       《世界の国ぐに》の問題1~3まで行い,
       メルカトル図法に驚いてもらうもの。

2時間目・・・面積の続き。人口の問題。
       「人口の多い国の覚え方」まで。
       「人口多いは,中・印・米国。
        インドネ・ブラジル・パキスにナイジェ。
        バングラ・ロシアに,我が日本(にっぽん)チャチャチャ」

3時間目・・・GDPの多い国。1人当たりGDPの多い国。
       ブロックスの紹介。驚いてもらいます!

4時間目・・・ブロックスの写真のおみやげ。
       日本との貿易が多い国。

5時間目・・・ペーパーブロックス1/2モデルの製作
       (B4判だと小さいので,A3判がいいかも)
       
今のところ5時間は,喜んでもらえそうである。

そのほかでは,《世界の国旗》を使った「世界の国旗まとめ表」。
《日本歴史入門》を使った「今のの人口・昔の人口・未来の人口」。
中さんの「いくつになったら何ができるか?」
私の「〈邪馬台国〉はどこだ!」や「〈いろいろな種〉の標本作り」
「○○の名産地シリーズ」「グラフを描く」など,
仮説実験授業やその周辺の授業プランを使えば,
1年間はなんとかなりそうである。
やっぱり書いてみるもんだね!

昨日の部活動 4/21

昨日は「定休日」だったので,普通なら朝練だけだが,
夜公民館の体育館での「自主練習」が行われたはずだ。
これも,木下兄コーチと保護者の方々のお陰である。

生徒たちもよく練習し,その成果は次第に上がってきている。
あとは,大きな大会での「収穫」といったところで,
大いに楽しみなのが,今回の協会長杯・県大会(4/29,5/6)。
「やはり,練習は,嘘をつかない!」と言ってみたいものだ。

2015年4月21日 (火)

昨日の2クラスも驚異の高評価!

先週の金曜に終えたクラスの授業評価は,
すでに「夢ブログ」に掲載したが,
さらに2クラスが,ともに4時間で,
《世界の国ぐに》第1部を終了したので,
その2クラスの授業評価を,また合計で載せてみる。

〈たのしさ〉

⑤ 47名
④ 16名
③  5名
②  なし
①  なし

〈わかりやすさ〉

⑤ 34名
④ 31名
③  3名
②  なし
①  なし

お~っ,すごく高い授業評価だ!
しかも,今回は②と①がなしときている。

さらに,先週の2クラスと昨日の2クラスの
授業評価を足してみた。

〈たのしさ〉

⑤ 91名
④ 34名
③  9名
②  なし
①  なし

〈わかりやすさ〉

⑤ 71名
④ 53名
③  9名
②  2名
①  なし

もう信じられないくらい,高い評価だ。
やはり,授業書《世界の国ぐに》とブロックスを
ミックスさせたのは大成功であった。
この高い授業評価に応えるべく,
私は社会の科学の「分子模型」である,
ブロックス作り(正確に言うと,ペーパーブロックス1/2モデル作り)に
チャレンジしようと考えている。

生徒たちにお礼をしつつ,私は新たな教材開発を狙っている。
というのも,授業書《もしも原子が見えたなら》は,
発泡スチロール球による「分子模型づくり」によって,
さらに盛り上がったという経緯があるからだ。
こちらも「作りながらイメージをわかす手立てとなる」,と私は信じる。

「~B4判で作る~ペーパーブロックス(平野さん考案)1/2モデル」

たの社MLに送ったメールを,
転用させていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日,私は初の試みをします。
社会の科学の「分子模型」づくりをしようというのです。
(かなりオーバーですが,要するに「ペーパーブロックス作り」のことです)

生徒たちは,授業書《世界の国ぐに》+ブロックスの授業を,
熱烈に歓迎してくれました。
次は,私が一歩踏み出さなければならない番だと思いました。
それには,ペーパーブロックス作りしかありません。

平野さんの「ペーパーブロックス」を参考にして,
ターゲットを5つの国にしぼりました。
米国,日本,ドイツ,中国,ロシアです。
(選び方はいろいろあると思いますが)
これをB4判1枚の紙に印刷して,切って,折って,立方体を作ります。
平野さんの数値を1/2にすると,
ちょうどB4判に入ることに気がついたからです。
名称を「~B4判で作る~ペーパーブロックス(平野さん考案)
1/2モデル」と名付けました。

この大きさだと,1cm×1cmの小さい板磁石でも立ってくれそうです。
明日は4クラスあるので,修正しながらやっていきたいと思います。
明日が来るのが,待ち遠しいです。って,もう「今日」ですが・・・。(笑)

001


昨日の部活動 4/20

昨日は,午後3時15分~5時半のコマだった。
昨日も,木下兄コーチにお世話になった。

県大会も近づいたので,くわしい練習内容は伏せるが,
1回戦の川越霞ヶ関を破ることは,
単なる1勝ではないということだ。
それを実現するためにも,あと8日の練習を頑張りたい。

バスの座席の方は,25人中23人が埋まった。
もし乗って行きたいという人がいれば,あと2名まで。
3000円で久喜総合体育館までの往復ができます。


2015年4月20日 (月)

ミニ引越

夏休みに拠点を東村山に移すという,
壮大な計画が進んでいる。
まだ緒についたばかりだが,
今回は本気である。

引越の際のネックは,大量にある本の処遇。
そのまま全部持って行ったのでは入らないので,
かなりの削減が必要だ。
板倉聖宣氏を中心とした仮説実験授業関係のものと,
古田武彦氏を中心とした古代史研究関係のものは,
今後のためにぜひ持って行きたいので,
先週と今週の2回でタクシー輸送した。
また,アルバム関係の重いものも運んだ。

これでだいぶ「取り捨て」をしやすくなったので,
これからは「捨てる作業」にも力が入る。
引越は「最大の減量のチャンス」だから,
思い切って処分してしまおう。
あとでほしくなったら,また買えばいいのだ。

昨日の部活動 4/19

昨日は,午後1~5時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。
(女バレは,大沢君にお世話に)

交通機関の遅れで,
部活開始時間に間に合わず,
みんなに迷惑をかけてしまった。
ごめんなさい!

対戦相手が決まったということで,
コーチは早くも試合の予想をし,
その対策を練って下さっていた。
私は市民体育館の手配など,
できることをさせていただいた。

協会長杯・県大会まで,あと10日を切った。
人事を尽くし,天命を待とう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

県大会までの日程等

4/20(月)部活(仮入部なし)
4/21(火)「定休日」→公民館で自主練習
4/22(水)先生方の全員出張→公民館で自主練習?
4/23(木)市民体育館で練習 午後5~7時
4/24(金)体育館「中」での練習(バスケとのチェンジ)(仮入部)
4/25(土)午後1~5時
4/26(日)午後1~5時(全面コート)
4/27(月)部活(仮入部?)
4/28(火)体育館「中」での練習(卓球とのチェンジ)(入部届・提出期限)
4/29(水)協会長杯・県大会(久喜総合体育館)の1日目

4/30(木)「定休日」(卓球とのチェンジ)→公民館で自主練習?
5/1(金)体育館「中」での練習
5/2(土)午前11~午後2時
5/3(日)午後1~5時
5/4(月)午前8時半~12時半
5/5(火)午後1~5時(全面コート)
5/6(水)協会長杯・県大会(久喜総合体育館)の2日目

学問は「多数決より論証」

「新古代学の扉」サイトの「古賀達也の洛中洛外日記」の
最近のもの(第922話 2015/04/14)で,
「『新撰姓氏録』「佐伯本」と学問の方法」という文章が出ている。

私はこの文章がとてもいいと思ったので,後に全文付けさせていただくが,
学問は「多数決より論証」とも言うべきその内容は,
仮説実験授業における「多数決より実験」と同じで,
きわめて自然科学的な方法論であり,
別な言い方をすれば「少数派が勝てる唯一の道」でもあるのだ。
私はこれまで, 仮説実験授業と古田史学という
一見異質のものに見える両者を追いかけてきたのは,
この方法論の故なのかと今は思う。

そういえば,仮説実験授業に関っている先生たちには,
意外と古田本のファンが少なくないのだ。
「類は友を呼ぶ」ということだろうか。(笑)
では,古賀さんの文章をどうぞ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『新撰姓氏録』「佐伯本」と学問の方法

20年ほど昔のことですが、わたしが『新撰姓氏録』の研究をするために
どのテキストを使用するべきか、古田先生にご相談したことがあります。
比較的手に入りやすく、各写本や版本の解説がある佐伯有清さんの
『新撰姓氏録の研究 本文篇』(吉川弘文館)を用いようとしたのですが、
そのとき古田先生から文献史学にとってとても大切なことを教えていただきました。

それは、同書は各写本・版本間に文字の異同などがある場合、
佐伯さんの判断でそれぞれの諸本から取捨選択されており、
言わば『新撰姓氏録』「佐伯本」ともいうべきものであり、
文献史学における史料批判の基本から見れば
テキストとして使用すべきではないと指摘されたのです。
すなわち、文献史学において諸本間に文字や記述の異同がある場合は、
現代人の認識や判断で取捨選択するのではなく、
史料批判や論証の結果、最も原文に近いと判断できる写本・版本をテキストとして
依拠しなければならないという学問の基本姿勢について注意されたのでした。

わたしはこのとき古田史学の学問の方法で
最も大切なことの一つである史料批判について学んだのです。
このことは、後の研究にも役立ちました。
一例をあげれば、数ある九州年号群史料の中で、
最も原型に近いと判断される『二中歴』を重視するということも、
このときの経験によるものでした。
初期の九州年号研究において、なるべく多くの史料を集め、その中で最も多い年号立て、
あるいは最大公約数的な年号立てを九州年号の原型と見なす
という手法が盛んに行われましたが、古田先生は終始この方法を批判され、
史料批判に基づいて最も成立が早く、原型を保っている『二中歴』に依拠すべきとされたのです。
すなわち、学問は多数決ではなく、論証に依らなければならないのです。
そして、このことが正しかったことは、
現在までの九州年号研究の成果により確かめられています。

思えば古田先生は『「邪馬台国」はなかった』のときから、
この立場に立たれていました。
『三国志』版本の中で紹煕本が最も原型を保っていることを論証され、
その紹煕本に基づいて研究をされたことは、
古田学派の研究者や読者であればよくご存知のはずです。
『万葉集』でも同様で、「元暦校本」を最良のテキストとして
古田先生は研究に使用されています。
 
たとえば『三国志』倭人伝の原文が、
「邪馬台国」と「邪馬壹国」のどちらであったのかを論じる場合、
国会図書館の蔵書中の表記を全て数え、多数決で決めるという方法が
非学問的であることはご理解いただけるでしょう。
それと同様に、現存する九州年号史料をたくさん集め、
その多数決で九州年号の原型を決めるという方法も非学問的なのです。
20年前の古田先生の教えを、
今回『新撰姓氏録』を再読しながら懐かしく思い起こしました。

「必要にして十分な論証を抜きにして、安易な原文改訂にはしってはならない」
という古田先生の教えとともに、
この史料批判に対する姿勢についても忘れないようにしたいと思います。

2015年4月19日 (日)

協会長杯・県大会の抽選会 2015

新人戦の時とは打って変わり,
なかなか「四隅」のシード校の相手が決まらない。
いったいどこの学校が,そこに入るのか?
一同固唾を呑んで時間が経過して行った。
その結果,以下のような対戦が組まれた。

第1シード・富士見東 VS さいたま八王子

第2シード・上尾 VS さいたま大原

第3シード・熊谷荒川 VS 富士見西

第4シード・川越霞ヶ関 VS 所沢上山口 

ということは,「初戦から好カードの連続」だということ。
そして,同時に「我が校の躍進の時が近づいた」ということである。
これまで蓄(たくわ)えてきた力を爆発させて,
我が校の名を,埼玉県下に知らしめよう!
すでに,戦いの火蓋(ひぶた)は切られている!!

楽天が,接戦を制し8勝目

日ハム 1 0 0 1 0 0 0 0 0 計2
楽 天 0 2 0 0 0 2 0 0 X 計4

楽天が,接戦を制し8勝目をあげた。
サンチェスが2号2ランで逆転。
同点にされるも,6回にタイムリーと犠飛で,
中盤に勝ち越した。
則本が今季初勝利。
松井裕が5セーブ目をあげた。

祝 82万アクセス!

おそらく昨日の午後6時頃,
(県大会の抽選でバタバタしていた頃)
82万アクセスが達成されました。
皆さんの応援に感謝いたします。

一時の「異常アクセス数」もようやく沈静化してきて,
ようやく300台まで下がってきました。
私としては,検索で100,常連さん100で,
合計200といった辺りかと考えているので,
「もうひと息かなあ」と。

アクセス数が下がるのを願っている開設者も
あまりいないと思いますが,
「下がる」というより「正確な数を知りたい」
ということです。

読者の皆様には,
今後ともよろしくお願いいたします。

2015年4月18日 (土)

速報!

松代町の総合運動公園の抽選会に来ています。
(午後5時から始まり,現在6時を回っています)

県大会の対戦相手が,決まりました!
川越霞ヶ関中です。

会場は,久喜総合体育館(第1)
D1,D5,D7の試合です。

第4シードですが,何回も対戦しており,
お互いのことはわかっている相手。
とにかく第1セットを取り,
流れをこちらに持ってこよう!

2クラスで《世界の国ぐに》第1部が終了!

2クラスが,ともに4時間で,
《世界の国ぐに》第1部を終了した。
授業評価を,2クラス合計で載せてみる。

〈たのしさ〉

⑤ 44名
④ 18名
③  4名
②  なし
①  なし

〈わかりやすさ〉

⑤ 37名
④ 22名
③  6名
②  2名
①  なし

というとても高い評価だった。
うれしいな!ヽ(´▽`)/

今回は,授業書《世界の国ぐに》の魅力
+ブロックスの魅力
+肥さんの魅力(笑)ということで,
4時間の授業を毎回たのしく展開できた。(o^-^o)

「べんきょうになった。
発ぽうスチロールがすごかった。
ポケットティッシュくらいのもあって
おもしろかった」③ー②

「楽しかったことは,問題をとく時です。
分かったことは,GDPのことです」③ー②

以上は,各クラスに1人ずついた
〈わかりやすさ〉が②の生徒の感想である。
これなら③以上のような気もするんだけどなあ。
全5クラスが終了したら,また集計してここに載せたい。

楽天が,投打が噛み合い7勝目

日ハム 0 0 0 0 0 0 0 0 2 計2
楽 天 0 3 0 1 2 0 1 0 X 計7

楽天が,投打が噛み合い7勝目をあげた。
西武に連敗した後だけに,
また勢いを取り戻せた感がある。
先発・レイは,早くも3勝目。

昨日試合があったことを知らず,
今スポーツニュースを見て
あわててこれを書いている。

昨日の部活動 4/17

昨日は,午後4時15分~5時半のコマだった。
来週の金曜日と取り替えて,中庭で活動した。

仮入部の参加者の推移は,5人,1人に続き,今日は6人だった。
バレーボールを扱い慣れた生徒もいて,頼もしく思った。
あとは,「期待の新人」が入ってくれればなあ。

県大会の前日は,卓球部が「定休日」を変わってくれ,

28日(火)バレーボール部が使用
30日(木)卓球部が使用

とすることで決まった。よかった,よかった。

いよいよ本日は,県大会の抽選日。
K先生に男バレをお願いして,
宮代町(久喜の手前)まで行ってくる。

5月の楽しみ

来月はいよいよ「いきものがかりの武道館ライブ」もある。
仮説のサークルもあるし,「農家」の歌会もあるし,
その合い間に仕事をする?


2日(土)・・・高崎サークル

5日(火)・・・スローライフのライブ(愛の世代ズほか出演)
6日(水)・・・協会長杯の県大会・2日目(久喜総合体育館)

9日(土)・・・土曜参観(ハワイの問題)
        「農家」の歌会へ(頭慢,しゅーぞ出演)

16日(土)・・・「愛の世代ズ」ライブ(立川いったい祭)
17日(日)・・・いきものがかりの日本武道館ライブへ

20日(水)・・・社会科サークル

22日(金)~24日(日)・・・西武球場で楽天戦

23(土)・・・『たの授』公開編集会議

30(土)・・・「農家」の歌会(愛の世代ズ出演)

2015年4月17日 (金)

初めて見る「ブロックス」に大興奮!

授業書《世界の国ぐに》第1部も後半に入り,
[問題7]の「1人当たりのGDP」を聞く問題。
その答えには,ブロックスを登場させました。

020

Photo

(写真の上でクリックすると拡大します)

これには生徒たちも大興奮!
初めて見るブロックスに,視線が集まります。
1つひとつ貼っていくたびに,歓声が上がりました。
(黒板いっぱいに世界地図を描き,
中国,インド→米国,日本→西ヨーロッパ
→北ヨーロッパ→その他の地域という順番で貼りました)

チャイムが鳴って片付ける際には,
「お手伝い」が続出したほどです。
やはりブロックスの力はすごい!
あらためてそう感じました。

片付けを手伝ってくれたある女子生徒が,
「私,これ欲しいなあ」と言っていました。
これって,水分子の模型の「赤パンツ」の存在と
なにか似ていませんか!

つまり,《もし原》で原子・分子の存在を知って感動
→自分もそれを身近に置いておきたい
→「赤パンツ」キーホールダーを鞄に付ける

これを応用すると,《世界の国ぐに》の
「1人当たりGDP」(ブロックス)に感動した
→自分もそれを身近に置いておきたい
→「ブロックス」キーホールダーを鞄に付ける

ここで,ペーパーブロックスの登場というわけです。
本来のブロックスの大きさでは鞄に付けるのは無理。
そこで,5~15cmくらいの
小さいペーパーブロックスを作るのです。
(日本,米国,ドイツ,中国等)
そうすれば,「社会の科学の分子模型」である
ブロックス&ペーパーブロックスの「いいとこど」が
可能ではないかと思うのですがいかがでしょうか。

「赤パンツ」の分子模型だけでもすごいのに,
「社会の科学」の分子模型であるブロックスを
身に付ける生徒が出てくる!
これって21世紀型社会科=
「未来の〈社会の科学〉教育」のイメージが
わいてきませんか?

昨日の部活動 4/16

昨日は,午後4時15分~5時半のコマだった。
昨日も,木下兄コーチにお世話になった。

大会前日の28日(火)が「定休日」ということで,
練習場所を確保したいが,頼みの公民館がダメらしく,
急きょ体育館の他の部と交渉しなければ
いけないということになった。

バスケだと男女に2つになるので,
卓球からアタックしてみようと思っている。

県大会初日が連休初日,2日目が連休最終日
というだけでナーバスになっているのに,
大会前日が「定休日」とは,いやはや。
明日の抽選会も不安である。

2015年4月16日 (木)

「今日もたのしかったです!」で,疲れも半減

月曜日から始まった授業も,火曜日には3時間,
昨日の水曜日は4時間にもなると負担が増してくる。
(これは,行事を含まない純粋の授業時間)

これが〈仮説〉だからまだいいものの,
普通の教科書の授業だったら,なおさらだ。

本日はいよいよ,テスト監督2時間+〈仮説〉4時間の
「6分の6」を達成する。(。>0<。)

でも,今はまだ授業書《世界の国ぐに》をやっているので,
「今日もたのしかったです!」などと感想に書いてもらうと,
疲れも半分になるのですが・・・。(o^-^o)

「肥沼探偵事務所」

〈仮説〉の研究会の仲間である根本さんから,
30年前の7月29日発行の資料のことについて,
捜索の以来があった。(メーリングリストにて)
「ベテランの方に,特に,おたずね!」とある。
困っている人を見たら,そのままにはしておけないのが私。
というより,30年前の資料の出所の謎解きに興味をひかれ,
数十分の捜索の末,「これで間違いなし!」というブツ(物証)を突き止めた。
以下は,根本さんに送った返信メール。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

根本さんへ
埼玉の肥沼です。

そういう仕事は,「肥沼探偵事務所」にお任せ下さい!
これだけ,いろいろなこと(日付や資料名)がはっきりしていれば,
あとはブツ(物証)を突き止めるだけです。

(1)日付から,新潟大会(1985年7月29日~31日)初日に使われた資料と断定・・・日記
(2)まだとってあった(青版)「社会科ニュース」1号(1985年9月30日,武田さん発行)を
開いてみたところ,「社会科分科会報告」のなかに,武田さんが以下のように書かれていました。
「今回の大会では,板倉先生が初日の全体講演で,「木綿と歴史」(第2編,世界編)の授業書を提案,
紹介された。「産業の発達と国際貿易と政治」という副題に見られるように,木綿産業の発達をたて軸に,
木綿や綿花の貿易をよこ軸に,世界史の動きをダイナミックにとらえることができるように意図された
この授業書は,〈世界史入門〉と改題されて,近々完成するとのことである。
(第一編,日本と木綿,も含めて)・・・」と書かれていました。
(3)すなわち,これは,板倉先生が,全体講演に間に合わせるために,
大会直前に作られた資料
だと考えられます。

いかがでしょうか?根本裁判長。「これにて,一件落着」では!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の事件を解決したのは,日記とガリ本という2つのブツ(物証)であった。
しかし,それゆえ,私が「物持ち」がよく,なかなか「断・捨・離」ができない!
ということも判明してしまった。(笑)

昨日の部活動 4/15

昨日は,午後4時15分~5時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

仮入部の1日目で,3人が来た。(女バレには,5人)
一昨日が「定休日」たったためか,
はたまたもともと少ないのか?
それはわからないが,
本入部まで,あと2週間ある。
だんだん増えることもあるので,
もしそうなってもいいように準備だけはしておきたい。

2015年4月15日 (水)

「全部間違えたけど,楽しかった!」

板倉先生の作られた授業書《世界の国ぐに》は,
やはりよくできている。
昨日3クラスで,問題1~3をやったのだが,
どのクラスでも表題のような感想が多かった。

普通人は間違えることが嫌いだから,
3問も続けて間違えたくはないけれど,
メルカトル図法のようなたのしい問題なら,
「間違えたこと(直感を優先させた故の間違い)が,
次につながっていく」ということなのだろう。
その点,この授業書は社会の科学のものだが,
自然科学の雰囲気も持っているのだ。

今日は,問題4からのスタートのクラスが3つ。
初めてのクラスが1つと「5分の4」の授業。
疲れるけど,もしかしたらこの授業書をやれる
最後の機会となるかもしれないので,
サービス精神の塊でいくことにする。
この授業の最後には,例の「ブロックス」や
「ペーパー・ブロックス」にも登場してもらう予定。

なお,自己紹介手品として,マジック・ワールドと
「スプーン曲げ」をやっている。
こちらも,「手品を見るときの3つのマナー」の指導つき。

(1)「その手品知ってる」とか,「持ってる」とか言わない
(2)「えーっ!」とか「おお~」とか自然発生的な声はOK
(3)「手品師」への感謝と次への期待の拍手を忘れない(笑)

昨日の部活動 4/14

昨日は朝練のみで,午後は「定休日」だったが,
新入生オリエンテーションということで,
部活動紹介で男バレは再度登場した。

リハーサルより元気な感じで良かったと思うが,
昨日は残念ながら「定休日」で活動なし。
(新入生の部活動見学はあり)
しかも,ポスターが1枚も貼っておらず,
アピールという点で出遅れている。
(ポスターでも貼ってあれば,
昨日が「定休日」と分かったが…)

今日から仮入部が始まる。
みんなの生き生き活動している姿を見せて,
「入部してみたい」という気持ちにさせよう。
今の2,3年生の良い流れを絶やしてはならない!

楽天が,接戦を制し6勝目

楽天 0 0 0 0 1 0 0 1 0 計2
西武 0 0 0 1 0 0 0 0 0 計1

塩見が先発し,6回を1失点で試合を作った。
西武・中村の本塁打で先制されたが,
すぐその裏に後藤のソロで同点に追いついた。

8回二死二塁のチャンスに銀次がタイムリーヒット。
2つの引き分けを含む5連勝で6勝目をあげた。
青山が2勝目で,松井裕が4セーブ目。

018

2015年4月14日 (火)

楽天が西武ドームにやってくる

本日,楽天は西武と戦う。
ふるさと・仙台を遠く離れた地で・・・。
ということは,私の職場からもっとも近い,
(自転車で10分の)西武ドームで・・・。(o^-^o)

開幕直後の対西武2連敗がつまずきの元であった。
その借りを返す時である。

先発は,塩見。今もっとも楽天で安定感のある投手だ。
則本がなかなか勝てない中,
防御率0.60(2試合で1点ほどしか取られていない)
という素晴らしい内容がそれを示している。

対する西武の先発は.十亀。
確かに好投手ではあるが,今シーズンまだ1試合先発したのみで.
しかも前回はノックアウトされている。(5回を4失点)

まず先制点を取り,試合の主導権を握ろう。
ここで2連勝すれば,楽天の2位進出もあり得るのだ。
(それにしても,日本ハムの10勝3敗には驚きである)

ようやく授業が始まる

学校というのは,授業をするところである。
その授業が昨日からようやく始まった。

1校時・・・学活(委員会や係の決定)
2校時・・・写真撮影(クラス)
3校時・・・写真撮影(個人)
4校時・・・学活(生活について等)
5校時・・・授業(社会)

放課後は,1時間半もの学年会。
部活に出られたのは,わずか30分だけだった。(。>0<。)

今年度の初授業!

昨日,今年度の初授業があった。
クラスも1年1組で,
まさにスタートにふさわしいクラスだった。

まずは,手品2種(マジック・ノートとスプーン曲げ)で
生徒たちのご機嫌うかがい。
その後,授業書《世界の国ぐに》の第1部=
「いろいろな世界地図」の問題1~3を行った。

021

これらは,「メルカトル図法」を扱ったもので,
仮説実験授業の醍醐味も味わえる問題群なのである。

問題1でさっそく盛り上がり(予想変更で移動してきた2人が正解),
それが,問題2と問題3につながっていった。
最高の展開であった。
次回の授業が,とても楽しみである。(o^-^o)

昨日の部活動 4/13

昨日は,午後3時15分~5時半までのコマだった。
学年会を終え,私が体育館に着いたのが5時15分。
情けないことに,部活終了まで15分。
最終下校まで30分しかない。(。>0<。)

29日の県大会まで,あと15日。
週末の18日には,抽選会もある。

めったに職員室の机に写真立てを置かない私だが,
今回は置いてある。
新人戦で,1回戦負けした時の写真である。
シールを貼ってあり,そこには「捲土重来」の四文字を書いた。
「がしんしょうたん」と読む。
県大会での復活・上位進出を願う人は辞書を引いてみてほしい。

2015年4月13日 (月)

「ペーパーブロックス」10か国セット

「31か国全部を作ろうと思ったら、時間(3~4時間)はかかりますが、
そんな場合はアメリカ、中国、日本、ドイツ、インドなど
代表的な5か国程度を組み立てるだけなら
早くて1時間程度で組み立てることができます。」

1年生担当になったので,
《世界の国ぐに》をろうと思っていますが,
上記の平野さん(ペーパーブロックスの考案者)の言葉に,
ひらめくものがありました。

「そうだ!《もし原》の分子模型だって,
10種類作るだけにしているのだから,
31か国でもなく,5か国でもなく,
10か国の組み合わせでもていいわけだ!」

以下の10の国ぐにで,2時間ではどうだろうか?

017

アメリカ合衆国,日本・・・人口ベスト10以内+1人当たりGDPがすごく高い
ドイツ,フランス,イギリス,イタリア・・・西欧型
韓国・・・お隣りの国
中国,インド・・・人口はすごく多いが,1人あたりGDPはまだ少ない
ロシア・・・世界一面積の広い国(旧社会主義国)

昨日の部活動 4/12

昨日は,午後1~5時のコマだった。
昨日も,木下兄コーチのお世話になった。

協会長杯・県大会まで,あと17日。
練習も大切だが,体調管理にも気をつけてほしい。
全員バレーは,「全員の総力」のバレーである。
ケガや病気での離脱は,チームに大きな影響を与える。

銀次のサヨナラ安打で5勝目

オ リ 0 0 3 0 0 0 0 0 0 計3
楽天 1 0 0 0 2 0 0 0 1X 計4

9回二死満塁のチャンスに,
銀次がサヨナラ安打を放ち,
楽天が勝率5割となる5勝目をあげた。(o^-^o)

2015年4月12日 (日)

千恵さんも参加してくれた飯能・日高サークル 2015年4月例会

カナダから帰国している教え子の千恵さんを誘って,
昨日は上記に参加した(部活は,K先生にお願いした)。
千恵さんとは,時々「カナダ報告」をして下さる
あの千恵さんのことである。カナダ5年目となっている。

参加者は,丸屋さん,佐藤俊さん,原さん,明石さん,
坂上さん,千恵さん,私の7名であった。

まず,今映画化されて話題になっている
さだまさしの『風に立つライオン』について,私が報告した。
私は前任校の向陽中で,これについて,
道徳の授業したことがあったのだった。
(対になる,「八ヶ岳に立つ野うさぎ」もその時扱った)
佐藤俊さんは,この映画をすでに観たそうで,
「感動すること間違いなし!」の墨付きをいただいた。

前半は,これも教え子の阿部海太郎君が,
テーマ曲を作曲しているという「日曜美術館」を視聴。
尾形光琳を話題にした,なかなか興味深い番組であった。

後半は,嶺川さん作の「ガーナ」をめぐるプリント。
私より,千恵さんの予想が多く当たり,びっくり!w(゚o゚)w
海太郎君にせよ,千恵さんにせよ,
「ひょうたんから駒」「とんびが鷹を産む」結果となった。

新所沢に戻り,夕飯は房yaで,
マスターの美味しいイタリア料理に舌鼓を打った。(o^-^o)
私の作ったミニ冊子「房yaなう!」で予習してから房yaを訪れた。
マスターとYさんの名コンビの働きぶりも見ていただいた。

サンチェスが,同点2ラン

オリ 1 0 0 0 0 0 2 0 0 ・0 0 0 計3
楽天 0 1 0 0 0 0 0 0 2 ・0 0 0 計3

9回無死二塁から,サンチェスが同点2ランを放ち,
則本の3敗目を救った。
なんとか早めの援護で,
則本に勝ちを付けたてやりたいものだ。
昨日も,延長12回まで戦ったが引き分け。

2015年4月11日 (土)

最後は「避難訓練」で終了

新学期の3日間,最後は「避難訓練」で終了した。
昨日の日程を書いておくと,

1時間目・・・発育測定(視力を担当)
2時間目・・・同上
3時間目・・・学年集会(体育館)
4時間目・・・学活(給食指導)
5時間目・・・学活(学校生活)
6時間目・・・避難訓練(「地震+火災」で校庭へ)

という感じだった。担任の先生,ご苦労様でした!

新しい学年に所属して3日間。
私も私なりに,学校や学年に貢献しようと努力してきた。
職員室の机の片付け,まずこれを敢行し,
「やる時にはやる」という姿を見せた。
(分からない人には,分からないと思うが)
また,なるべく若い先生たちの意見が通るように,
学年の中での位置取りを決めた。
(分からない人には,分からないと思うが)

若い先生方は,若いゆえに正義感も強く,
時に強引にものごとを進めたがるが,
生徒たちは多種多様の個性の集団であり,
単純な力の指導だけでは,やがて行き詰まると思う。
これからも,若い先生方の情熱が「空回り」しないように,
調整的な役割をしていきたい。

幸か不幸か,学年の8名は,
ベテランの50代と若い20~30代が4名ずつである。
この特徴をいい方に生かしていければと思う。

来週から授業が始まる。
私の頼みの綱は,〈仮説〉の授業書。
まずは《世界の国ぐに》で,たのしく勝負に挑む。

昨日の部活動 4/10

昨日は,放課後新入生オリエンテーション(4/13)の
リハーサルが行われた。

2分間の紹介は,ほとんどを対人パスで行った。
高校生バリの「さあ皆さん,元気出して,いきましょう!」の掛け声。
1年生から見て横にボールの軌道を見せるパフォーマンスは,
方法としては良かったと思う。(o^-^o)

あとは,ミスしないこと。
強いボールはいらない。
「さすが上級生」という上手なプレーを見せるのである。
1年生が見ていたら,もっと緊張すると思うよ。

朝練の後で,バスの代金(3000円)の集金袋を配った。
早めに出してもらえるとありがたいです。

パラオと二倍年暦

天皇・皇后両陛下が,戦後70年にあたり,
太平洋の激戦地・パラオ共和国を訪問した。
戦没者の慰霊というのが目的であった。

パラオというと,古田史学的には,
二倍年暦という紀年方法を思い出す。
今でも,パラオの田舎では行われているそうだが,
1年に2回年を取る紀年方法なのである。(享年「125歳」という墓もある)
季節風の影響が極端に出る太平洋地域らしいやり方だ。
同様のやり方で数えると,私なら現在「113歳」(実際は56歳7ヶ月)
という驚くべき「年齢」になるというわけである。
(高山純著『江戸時代パラウ漂流記』三一書房,1993年10月刊)

その二倍年暦が太平洋地域から日本列島に伝わり,
魏志倭人伝では「その人寿考,あるいは百歳,あるいは八,九十年」,
また,魏略には「その俗正歳四節を知らず,ただ春耕秋収を計して年紀をなす」と。
古代日本の天皇の年齢は長寿を通り越したもの(100歳以上)になっている。
また,これに影響したと思われる中国古代の皇帝の年齢も,
軒並み100歳以上。その謎は,二倍年暦だったのだ。

さらに,聖書に出てくる奇妙な1000歳台,500歳台の年齢も,
月の満ち欠けを1歳(1年で12歳となる)と数えるか,
2歳(1年で24歳となる)と数えるかで解けるという。
聖書の紀年法は,単純でなく,二十四倍年暦+十二倍年暦+今の暦(一倍年暦)
という複雑なものとなっている。いろいろな文化の集積でもあったのだ。
それでいくと,ヨーロッパの古代の哲学者たちの年齢も,
「軒並み高いなあ」(怪しいなあ)と私は思っている。
古賀達也さんに,早く『「二倍年暦」の研究』を書いてほしいものだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお,「新・古代学」サイトの以下の「二倍年暦」のところで,
「暦」を「歴」としてしまっていることに気がついた。
サイト内のメールがうまく通じず,担当の横田さんに伝えられない。
どなたか横田さんのアドレスをご存知の方は,よろしくお願いいたします。

(1)「闘論」の項目の1つ「短里と二倍年暦」が「歴」となっています。
(2)「仏陀の二倍年暦」も,前編・後編とも「歴」とっています。

ご訂正,よろしくお願いいたします。

楽天,投打が噛み合い4勝目

オリ 0 0 0 2 0 0 0 0 0 計2
楽天 0 1 2 0 0 1 1 0 X 計5

楽天が,投打が噛み合い4勝目をあげた。
嶋の1号本塁打で先制。
その後も,効率よく追加点を取った。
先発・レイが早くも2勝目。
松井裕に3セーブ目がついた。

2015年4月10日 (金)

「四季の歌」の5番

ギターで「四季の歌」を歌おうと,
インターネットで検索してみた。
すると驚いた。
春~冬までの4部構成だと思っていたこの歌に,
5番があったのだ!w(゚o゚)w
ご存知でしたか?

5.春夏秋冬愛して 僕らは生きている
  太陽の光浴びて 明日の世界へ

初めての学年集会では,各先生の話が3分間だったが,
学年会で2分間に縮小されてしまった。
そこで今回は,この「四季の歌」の5番に焦点を当てて,
以下のような話をすることにした。

♪春夏秋冬愛して 僕らは生きている♪
・・・新入生172人の中には(春愛する人,夏を愛する人,
   秋を愛する人,冬を愛する人と)いろいろな個性の生徒がいますが
   全員で仲良く中学校生活を送っていきましょう

♪太陽の光浴びて 明日の世界へ♪
・・・先生方は,太陽のように,時には温かく時には厳しく
   みんなを卒業まで見守っていきますよ 

2つの「学校の法則」

テスト勉強期間中,生徒はテスト勉強のために部活停止となり,
運動部の顧問をしている私としては,ホッとひと息つける。
すると,ここに「先生と生徒の法則」(忙しさの「反比例」)が成立する。

同様に,昨日の3時間の学活(教科書配付,自己紹介,校内探検)は,
「担任と副担任の法則」(忙しさの「反比例」)が成立していたと思う。

だからと言って,仕事がないわけではないが,
担任が仕事をしている間に,
副担任は別な方面の仕事ができるということになる。

私は今年度,「職員室の机の大改革」を行うつもりである。
「郷に入っては,郷に従え」という言葉を利用し,
職員室の机から本棚をすべて撤去して,学年室に移動し,
そのうちかなりの量の書類を片付けた。

昨日はトラックで廃棄書類を捨てに行くチャンスと重なり,
数十キロの書類とおさらばした。
この調子で,物のダイエットから,体のダイエット,
そして心のダイエットに向かえればいいなあ。

昨日の部活動 4/9

昨日は,午後2~4時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

協会長杯・県大会まで,あと3週間。
今回はバスで行くので,そろそろ集金をしなければならない。
その前に,「継続届」を集める必要があるか・・・。
新学期はいろいろ忙しい!

コーチは女バレに頼まれて,
8分間だけ「臨時コーチ」をしてあげていたようである。
あちらは,学総体に向けての再出発である。

「始めよければ,すべてよし」

先日立川でオフ会をした愛知県のSさんが,
勤務校(私立中学)での初授業で《2倍3倍の世界》第1部を中心に行い,
高い授業評価をしてもらったことを報告してくれた。

評価(たのしさ)・・・3クラス合計

5  29人(25%)
4  59人(52%)
3  23人(20%)
2   2人( 2%)
1   1人( 1%)

また,4月3日(金)に行われた愛知・江南仮説サークルに出席し,
かつて塾で授業した《日本国憲法とその構成》の授業記録を発表したと
メールで報告してくれた。(こちらもすごく高い授業評価)

「たのしさ」
5 とてもたのしかった   6人 
4 たのしかった     4人 
3 どちらともいえない     1人
2 つまらなかった     0人
1 とてもつまらなかった    0人

「わかりやすさ」
5 とてもわかりやすかった 5人 
4 わかりやすかった 5人 
3 どちらともいえない 1人 
2 わかりにくかった 0人 
1 とてもわかりにくかった 0人

そこで,これまで応援してきたSさんの素晴らしいスタートに,
埼玉よりエールの「夢ブログ」を送ることにした。
おめでとう!ヽ(´▽`)/

世の中では,「終わりよければ,すべてよし」という言い方がフツーですが,
仮説実験授業においては,「始めよければ,すべてよし」という言い方をしたいです。
つまり,いい循環を自分から作り出していくことで,
たのしい授業を実現していくきっかけをつかむことができると思うからです。

「時間があまったら,たのしいことをやろう」という人は,
結局「時間が余ることもない」し,「たのしいこともやれない」のです。
Sさんが勇気をふるって,たのしい授業に挑戦したことは,
生徒たちにとってはもちろん良かったし,
それ以上にSさん自身の教師人生にとって良かったのだと思います。
そういう意味でも,私はこの快挙を「夢ブログ」に記録し,
喜びを分かち合いたいと・・・。

これから長い教師人生が待っています。
初心を忘れず,がんばって下さい。
また,いい報告を待っています。
そしてまた,どこかのオフ会で乾杯しましょう!(o^-^o)

2015年4月 9日 (木)

雪の入学式&始業式 2015

昨日は,1988(昭和63)年以来
20数年ぶりの雪の入学式&始業式となった。

015

016

とにかく寒くて大変だったが,
「1年生が「入学式の主役」になる方法」という
入学式シナリオ(肥さん作)にしたがって,
生徒たちは動いていった・・・ハズ。
(呼名の返事がなかなか良かったと,自画自賛)

学年担当職員の紹介では,まさかの学年変更で少々どよめき。
私は今年度,1学年の副担任となった。
「なんで1年生に変わったの?」「大人の事情で!」

今年度の担当については,
これまで「企業秘密」でブログに書けなかったが,
以下のようになった。(まだはっきりしない部分もあり)

・社会科~1年の5クラスで3時間ずつなので,15時間
・総合~2時間
・小中交流~4時間
・(カウントされないが)所沢教育研究会の庶務

小中交流や庶務の仕事は初めてのことで,
それだけでストレスがたまる。

あとは,社会科主任,人権教育,道徳教育,
給食委員会,選挙管理委員会(主),卒業を祝う会(主),
学年の週予定表作成,など多種多彩の担当となった。
どうなることやら。(。>0<。)
まあ,ご奉仕の気持ちでやっていこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PS 1988年の日記を見てみたら,
「雪のち曇り」ということで確かに雪の入学式だった。

また,この年担任したのは,美原中学校の7年目=
「ミラクル・エイト」の2年8組であった。

この年の夏には,〈仮説〉の研究会の夏の大会で鞆の浦へ行き,
板倉先生たちとヨーロッパ科学史の旅に参加し,
文化祭では「10万人の顔写真」(原爆の悲惨さを訴える
平和教育の取り組み)で朝日新聞に紹介されるという,
華々しい1年間だった。

「雪の入学式の年には,良い事がある!」
というジンクスを勝手に作り,
盛り上がっていきたい。(o^-^o)
♪若かったあの頃~♪
あの時私は,まだ30歳だった。

『〈たのしい授業〉という力』読了

古田史学の会編『盗まれた「聖徳太子」伝承』
(ミネルヴァ書房)読了後,
私は,佐竹重泰著『〈たのしい授業〉という力』
(山路カウベル堂)を少しずつ読み進めていた。
新学期に向けて.無意識のうちに.
自分の気持ちを高めようとしていたためだろうか?

そのほとんどは,すでに『たのしい授業』誌に掲載されており,
もう1度その時の感動を反芻(はんすう)する形で読んだが,
未発表原稿の「そして くっつきました」と
「「楽しかった」とかって書いときゃいいんだろう」は,
「いったい著者は,このような子どもたちと,
どうやってかかわっていくのだろう」と,
いつもながらハラハラドキドキしつつ読んでいった。

もちろんその解決方法は,仮説実験授業を中心とした
たのしい授業ということになるのだが,
著者のそれまでの状況(落ち込みよう)との落差が,
今回も大きな授業ドラマを作っていて,「なるほど」と思った。
そういう点では,小原茂巳著『授業を楽しむ子どもたち』(仮説社)の
「兄弟編」(姉妹編ならぬ)という感じの本なのであった。

私はかつて,「夢ブログ」の中で,
「これから出る本・出てほしい本」 (2014.10.27)
の1冊として,著者の本を挙げていたが.
半年もたたないうちに,編集者の山路敏英さんが,
そんな私の夢をかなえて下さったのだった。
ありがとうございます!「夢はかなう」のですね!

また,「本当の平和教育」(『たの授』No.67)のもとになる
仮説実験授業を作って下さった板倉聖宣先さんに,
あらためて感謝の気持ちを捧げる次第であります。
ありがとうございました!

昨日の部活動 4/8

昨日は,午後1~4時半のコマだった。
生徒たちで運営した。
冬のような気温の体育館で,頑張った。

4/11以降の休日の予定表が出て,
4/26(日)と5/5(水)の2日は,
P(午後1~5時)の全面コート使用となった。
有効に活用しよう!

楽天が,サヨナラ勝ちで3勝目

ソフト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ・0 計0
楽 天 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ・1X 計1

楽天が,延長10回にサヨナラ勝ちで3勝目をあげた。
阿部が四球で出塁し,続く松井稼,藤田が敬遠されて
二死満塁のチャンス。
岡島が犠飛を打ち上げ,サヨナラ勝ちをした。

2015年4月 8日 (水)

準備登校 2015

昨日は,準備登校だった。
入学式&始業式を迎えるための準備だ。

私の担当は,昇降口および卓球スペースの掃除。
後者は簡単だが,前者は,
土ぼこりがたったりしてやっかいな場所だ。
しかし,手作りチリトリと小ボウキの発見で,
何キロもの土や砂を下駄箱からかき出した。
働いてくれた旧2年5組の生徒たちに感謝したい。

午後時間を見つけて,一昨日ページ割りしておいた
授業書《世界の国ぐに》の第1部・「いろいろな世界地図」を印刷した。
これで,社会科のスタートの3時間ほどは楽しく過ごせ,
その効果も期待できる。本当にありがたいことだ。
この授業書の作者である板倉さんに感謝したい。

昨日の部活動 4/7

昨日は,準備登校だったが,
そのため長い朝練(8時45分まで)を行うことができた。

また,自主練習を山口公民館でやった。
木下兄コーチのご配慮である。

本日の入学式&始業式は,お弁当持参。
午後部活動が可能となる。

塩見の快投がフイに・・・

ソフト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ・0 0 0 計0
楽 天 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ・0 0 0 計0

せっかく先発・塩見が,9回2安打の快投を演じたのに,
味方の援護が1点もない(10安打したが)。
このようにチャンスを生かせないと,
なかなか勝つことはできないなあ。(。>0<。)

2015年4月 7日 (火)

自然とやる気が起きてきた

「やる気」を起こす方法は,ただ1つ。
とにかく「やり始めること」だそうだ。

昨日,授業書の印刷の準備(コピーを取り,ページ配置をし,
感想用紙を作る)を始めた。
すると,これまでブレーキが掛かっていた心のそれが取れ,
自然とやる気が起きてきた。ヽ(´▽`)/

やはり,「やる気」を起こす方法は,
間違ってはいなかった。
よく〈仮説〉の研究会の人が,
「まず授業書を印刷してしまおう!」と書いているが,
それはきっとこのことを言っているのだと思う。

♪僕には,授業書がある,サークルもある,
板倉先生も見守ってくれている♪(o^-^o)

学年だよりは誰が作るのだろう?

昨日の大きな仕事は,大体3つ。

(1)生徒手帳の作成
(2)入学式&始業式のシナリオづくり
(3)指導方針の相談

担任の先生たちは,学級通信の作成に取り掛かっている。
若い先生方が「題名を何にしようか」と悩んでいる姿は微笑ましい。

ところで,学年だよりは誰が作るのだろう?
昨年度は授業数が少ない私(18時間)が担当したが,
今年度は+4時間(現在22時間)となったので,
できたら勘弁してもらいたいところだ。(。>0<。)

私は学年だより1号作るのに1~2時間かかるので,
もし担当すると24時間の持ち時間となって,
アップアップとなるからである。(24/29)

PS 結局,学年だよりは学年主任の先生が,
来週の予定は私が発行することになった。
まあ,このくらいは仕方ないかなあ。

昨日の部活動 4/6

昨日は,午前11時~午後2時までのコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

昨日もちょっとしたゲーム(ほかのスポーツの動作)を
利用したトレーニングで,生徒たちが活動した。
「○○せよ」と言っても効果がない時,
「□□をしてごらん」と別な提案をして効果をあげるのは,
かつて法則化運動の先生たちが使った方法だ。
(確か『Aさせたいなら,Bと言え』というような題名の本があった)
生徒たちも,このような工夫は大喜びであった。

本日は,準備登校で朝練のみ。
午後の練習は,入学式用のイスが並んでいてできない。
次は,入学式&始業式の午後かな。

2015年4月 6日 (月)

高崎サークル・4月例会「不参加」記

以下の文章は,私が参加できなかった
高崎サークル・4月例会の「不参加」記である。
今回いろいろな行事が重なって参加できなかったのだが,
かえって高崎サークルの存在について意識することができた。
それを,新学期で忙しい中「資料一覧」を送ってくれたお礼に書いてみた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(前略)

資料の様子から,例会の様子がある程度想像できました。
ありがとうございます!
出された資料だけでなく,パフォーマンスや情報(本の紹介や耳寄りな話)も
広い意味での資料といっていいでしょう。
(カウントの仕方がなかなか難しいところですが・・・)
やはり「資料一覧」というシステムは重要ですね。
(新学期で忙しい中,せかせてしまったようで申し訳ありません!)

それにしても,高崎サークルの組織論がよく活きている感じがします。
スタート講演,追試の多い資料報告,インターネットを利用した速報システム,
例会参加者の輪の周りに通信会員のもう1つの輪等,
20世紀の西尾サークルや昭島サークルに匹敵する
21世紀型の高崎サークルの実験的なあり方!

西尾サークルには行ったことがないのでよくわかりませんが,
すごく人数が集まったためにいくつかに分散化した(同じ例会日に開催した)
という話を聞いたことがあります。
これはサークルの数がまだ少ない時代における仮説サークルの成長を示す
逸話であるような気がしました。
昭島サークルも,巨大化した「たの教」が分散していくつかのサークルに
なるという西尾サークル的な変化があったと聞いています。
とりあえず持ってきた資料の1つを発表してもらって,あとでまたやってもらう
という形でいろいろな人にチャンスを与えるシステムとか,
後日主要メンバーが集まって,「もう1つの例会」を開くとか。
その時期,そのサークルによって,いろいろな工夫をして活性化してきました。

今はサークルの数も増え,1つのサークルに大人数が集まる心配もなくなりましたが,
今度は新たな問題である「少子高齢化」の波が押し寄せ,
現在平均年齢50歳代のサークルがかなり多くなっています。
これを問題意識的に乗り越え,「21世紀型」を提案している旗手として,
高崎サークルがあるという位置づけであるのかと思います。                       

サークルの例会に参加していないのに,思わず話が大きくなってしまいました。
いや,参加できなかったことにより,高崎サークルの歴史的意義などという
大それた新たな視点を思いついたのかもしれません。
のちの先生たちに「21世紀前半には,高崎サークルというのがあって,
いろいろな先進的な取り組みを行って,充実していたらしいよ」と
語り継がれるようになりたいものです。いや,きっとそうなるでしょう!

以上,肥さんの高崎サークル・4月例会「不参加」記(笑)でした!

昨日の部活動 4/5

昨日は,午後1~5時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。
私は協会長杯・県大会の登録申し込みをするために,
職員室で「悪戦苦闘」していたが,
その間練習は進み,最後にポイント式ゲームをやっていて興味深かった。
たとえば,「声を出せ」なんて指示をしても,
なかなか声を出せない生徒たちだが,
相手のサーブに対して「アウト」とジャッジの声を出せたら
「1ポイント獲得」などとやると,
喜んで「アウト,アウト」などとワイワイやる。
これは若いコーチならではの方法だと感心した。

課題の背番号「9」は,
「仮登録」ということでT君の名前を大会事務局に送った。
しかし,これはあくまで「仮登録」であって,
当日の選手変更も紙1枚で可能である。
4月29日まで気をゆるめず,
H君やF君には「逆転」を狙ってほしい。
もちろんТ君も油断せず「9番」を死守してほしい。
大会当日が,「本当の決定」である。

楽天,ようやく2勝目!

楽 天 1 0 1 1 0 0 2 1 0 計6
ロッテ 2 0 0 0 0 2 0 0 0 計4

長いトンネルだったが,シーソーゲームを制して,
楽天がようやく2勝目をあげた。
先発・戸村は6回を4失点で,今季初勝利。
松井裕が2セーブ目をあげた。
打線も15安打の大爆発!
これで勢いに乗れるかも・・・。

2015年4月 5日 (日)

ビッグ・サプライズ!

作曲家となった阿部海太郎君から返信メールが届いた!ヽ(´▽`)/

実はダメもとで,海太郎のサイトにメールを送っておいた。
以下のような内容である。

「お久しぶりです!
三ヶ島中時代にご一緒した社会科の教員の肥沼です。
先日被災地訪問(宮城県東松島市)に出かけた折,
村山さんから阿部海太郎君のご活躍のことをうかがい,大変喜んでいる次第です。
(4/4には小手指公民館分館で,「第3回花咲くコンサート」を行います)

当時から才能の片鱗を見せていたあなたですが,
これほどまで世に知られる人になるとは!と驚いています。
さっそくCDも3枚ほど取り寄せ,拝聴したところですが,
その実験的な音楽の追及の仕方に,大きな希望を持ちました。

「肥さんの夢ブログ」というサイトを開設して10年になります。
よろしかったら,訪問していただければ幸いです。
また,チャンスがあったら,演奏会で実際にお会いしたいと思っています。
まずは,ご挨拶まで」

海太郎からのメールは私信なので,全部を載せることは控えるが,

・ツアーに出ていて,返信が遅れたおわび
・メールをもらえてうれしかったこと
・あい変わらず「社会派」でいる私の姿に,当時を思い出したこと
・作曲に興味を抱き始めたのが中学時代だったこと
・夢が現実となって,大変恵まれているが,その一方で苦労も多いこと

などなどが綴られていた。

こちらこそ,海太郎君からのメールをいただいて,大喜びである。(o^-^o)
ということで,「夢ブログ」の読者の皆さんにも,その喜びをおすそ分けします。

そうそう,本日午前9時からのNHKのEテレ「日曜美術館」のテーマ曲は,
海太郎君の作曲とのことです。
ぜひ観ることができる方は,それもお聴き逃しなく!
(できたら,番組を録画していただけると助かります。
現在当方,録画不可能な状態なもので・・・)

海太郎君からのメールは23時55分着信だったので,
細かく言えば,これも4月4日のできごとだったということだ。
おそるべし,4月4日!w(゚o゚)w

4月4日というスゴ過ぎる1日

昨日は,私にとってスゴ過ぎる1日だった。
それが,この次に続く3話だが,
その解説編として,もう1話書いておく。

昨日は,ビッグイベントデーで,

午前中・・・所沢高校での練習試合
午後2~5時・・・第3回花咲くコンサート(小手指公民館分館)
午後6時半~10時半・・・立川・「農家」の歌会

という3つの会が催(もよう)された。

実は,この他にも,高崎サークル(午後2~6時)や
楽天VSロッテ(午後6時15分)があったのだが,
体が1つしかない私は(たいてい1つだと思うが),
泣く泣く上記の3つを選んだのだった。

もともと,第3回花咲くコンサートの会場の日程が,
ほかの団体と重なってこの日を選ばざるを得ず,
その結果日程が選ばれていったという経緯がある。
報告は,次の3つの「夢ブログ」にて。

高崎サークルの報告は,おそらく近日中にメールを
送って下さるものと期待しています。(特に,今回は!)
また,楽天VSロッテは,1ー3で敗れたと,
ネットのスポーツニュースで知った。

所沢高校との練習試合 4/4

昨日は,午前中,練習試合で所沢高校へ行った。
我が男バレもだいぶ粘り強くなってきたが,
上には上がいるのだと思った。
そういう意味では,練習試合をさせていただいて,
大変意義があったと言えるだろう。
また,市内の男バレがすべて所沢高校と
練習試合をしていることもわかった。
出遅れなくてよかった!

0ー8(17ー25,22ー25,12ー25,12ー25,
17ー25,22ー25,13ー25,13ー25)

一瞬「勝てるかも」と思われたセットもあったが,
やはり所沢高校のクイック攻撃には,なかなか対応できなかった。
弱点があれば,スポーツではそこを集中して攻められる。
試合によって大きな得点の差(最大22点~最小12点)が
あるということ自体,まだまだ努力していく必要があるということだ。
それを意識して,あと3週間後の協会長杯・県大会めざして頑張ろう!

昨日も,木下兄コーチにお世話になった。
保護者の参観が1名あった。

第3回花咲くコンサート

昨日の午後2~5時に,小手指公民館分館のホールで,
上記のコンサートが開かれた。
私も10分ほど時間をいただいて,
例の「おのくん」の取り組みについてお話をさせていただいた。
内容については,出演者名と曲を紹介しよう。

1.アイルランド音楽~ぼちーばんど(赤門塾で聴いたことがあった!)
          「ボシーバンドセット」
          「ブラシダンス」
          「ザ・ウォーター・イズ・ワイド」
          「リールセット」

009

2.レクダンス~なの花所沢
          「ソーラン祭り節」
          「西波止場」
          「哀愁のフラメンコ」
          「花は咲く」

012

3.合唱~ハモリ戦隊・ゴパンチョ
          「ロンゲストタイム」
          「カリフォルニアの青い空」
          「ビーマイベイビー」

013

●被災地からの報告~「おのくん」ソックモンキーを利用した
          被災地発の新たな取り組み(私が担当)

010

4.琉球舞踊~ゆうなの会
          「四つ竹」
          「かぎやで風」
          「八重山の歌と三線」
          「かりゆし太鼓」

5.合唱~合唱団・ききゅう
          「風よふるさとよ」
          「ほらね」
          「希望の歌」

014

6.みんなで歌おう~「空より高く」
          「花は咲く」

011

参加者・出演者で300人ほどが,春の1日をコンサートで楽しんだ。
そして,参加券(1人500円)の売り上げや当日の寄付は,
「東日本大震災みやぎこども育英資金・奨学金」と
陸前小野「おのくん」ハウスの建設のために使われることになった。

4回目の「農家」参加記

昨日の午後6時半~10時半,立川「農家」の歌会に参加した。
昨年12月に初めて参加し,4ヶ月で4回目とは,我ながらスゴ過ぎる。
それほど居心地の良い空間なのである。

・やすきん~発声を習っているというだけあって,きれいな声。
     ギターの方も曲によってすごいアレンジで,驚いた。

・智之助~しゅーぞさんが「衝撃を受けて,曲が作れなくなった」という奇才。
     もちろん私も,カレンダーの4/4には大きく赤丸でした。

・Hoppys~智之助さんの次で,「今までで1番出にくい~」と言いながらも,     
     独自の表現スタイルを貫いて,昭和歌謡で楽しませてくれました。

・松村團四郎~60歳になったということで,赤いシャツを着ての登場。
     日常の大切さを思い出させてもらえるような温かい歌だった。

このあと,8時半よりオープンマイク。参加者のほとんどが出演した。
しゅーぞさんは,場の雰囲気を変えるような激しい曲を,
愛の世代ズは「時」と新曲の「まるで」を披露された。
私も恥ずかしながら,「大自然の中で」(オリジナル)と
「白いブランコ」(ビリーバンバン)をやらせてもらいました。

大自然の中で

朝の空気の清々しさに 人は優しさ取戻し
道行く人は微笑みながら 朝のあいさつ交わすよ
おお 鬼無里村 鳥はさえずり 小川は清く流れ
おお 鬼無里村 大自然が 僕らを誘うよ

夜の闇には星が輝き 静まり返るこの辺り
目の前をサッと蛍が飛んで 町にない宝見つける
おお 鬼無里村 夏の夜には 大空に広がるミルキーウェイ
おお 鬼無里村 大自然が 僕らを呼んでる

● 「花咲くコンサート」用の袋にデジカメをしまっていたため,
「農家」の歌会には持って行けなかった。残念!

2015年4月 4日 (土)

職員会議(2日目)

昨日も職員会議や学年会で忙しく,
部活にも顔を出せないほどだったが,
職員室の机移動のことがきっかけで,
今年は荷物の「大減量」を図ろうと決意した。

これまで机にたくさんの書類や教材を揃えていたが,
とりあえず職員室の机だけでもフラットにしよう。
そこから見えてくるものもあるだろう・・・と。

夜の学年会ではっきりしたのは,
50代後半グループと20・30代グループの
年代格差の問題であった。

彼らに私の感覚を押し付けるわけにはいかない。
私が生徒たちと接する「後姿」を見てもらうしかないと。
お互いに歩み寄る感覚で接していこう。
そう考えた中での「大減量」。
果たしてうまくいきますかどうか・・・。

「あいせだラジオ⑫」に肥さんの名が登場!

毎日のように更新される「あいせだ★ブログ」だが,
昨日は1日に2本もYouTubeに「あいせだラジオ」がアップされ,
その2本目の「あいせだラジオ⑫」のなかで,
ついに肥さんの名が「友人~番外編」として登場した。(o^-^o)

「あいせだ★ブログ」

http://ameblo.jp/ainosedaizu/

私と「愛の世代ズ」の出会いは,忘れもしない昨年の暮れ=
12月20日(土)のことであった。
これはしゅーぞさんに連れられて行った立川の「農家」で,
頭慢さんとの出会いとともに,強烈に私にアピールするものがあった。

以来,1/31(土)立川・農家の歌会(2回目)・・・あいせだうちわ
2/28(土)立川・農家の歌会(3回目)← 宮城県陸前小野からの帰り
3/8(日)蔵前スローライフ・・・ハートフルめがね
3/24(火)赤坂ジャカス
と短期間に,私が「追っかけ」的に出かけて行き,
また,その間「あいせだ★プログ」と「夢ブログ」との様々な交流もあった。

ブログにはいろいろな利用の仕方があっていいのだが,
次々とアップされていく「あいせだラジオ」シリーズは
「筋書きのないドラマ」と言っても過言ではない。
そろそろくたびれてきた私も,若い彼らからパワーをもらい,
少しでも活性化しようと努めている。
私はまだ動画をアップしたことはないのだが,
今年はそんな新しい分野にも挑戦してみようかなと思う
今日この頃である。

これも彼らがステージを通して(「じいちゃんの唄」や「新宿の夜は」,
「ひたひた」など,心に響く歌を歌ってくれる),
あるいはブログやYouTubeを通して,刺激を与えてくれているお陰だ。
これからもよろしくお願いしま~す。

PS 今日も「農家」の歌会でお会いしましょう!

昨日の部活動 4/3

昨日は,午前11時~午後2時のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

職員会議等がたくさん行われて,
所沢高校への移動方法を書いたプリントを
体育館に持っていくのが精一杯の感じだった。

それも昼食前の時間に行ったものだから,
校内放送で呼び戻されてしまった。
いやはや。

今日の所沢高校との練習&練習試合。
うまくいくといいなあ。

2015年4月 3日 (金)

職員会議(1日目)

昨日から新学期の会議が始まった。

(1)職員会議 8時半~11時
(2)教科部会 11時半~12時
(3)学年会 1時半~4時

これの合い間に部活動に顔を出したり,
学年で昼食を食べに行ったり,
自分の荷物の移動をしたりした。

話題は変わるが,オリックスと楽天が,
西武に勢いをつけさせてしまっている。(。>0<。)
西武の開幕5連勝は,24年ぶりとのこと。
(これは私が32歳の時の話だ)

『たの授』4月号が届く

昨日,『たの授』4月号が届き,
無事2つの記事が掲載されているのを確認した。(o^-^o)

・Xージャイロで遊ぼう!(1ぺ)
・尿1滴からガンを発見するセン虫(「はみだしたの」7ぺ)

久しぶりの2つの掲載である。
これを励みに,さらに投稿しよう。
そのためには,何かたのしい話題を見つけたり,
授業実践をして資料を書かなければならないな。

Photo


昨日の部活動 4/2

昨日は,午前11時~午後2時のコマだった。
会議が続いたので,合い間に数回見に行くだけで,
あとは木下弟コーチにお願いした。

本日も同じように会議が続くが,
明日の天気が悪そうなので,
所沢高校への移動方法を指示する
プリントを渡さなくてはならない。

【晴れまたは曇りの場合】

午前7時,正門前集合。
すぐ出発。所沢高校へ。
8時~12時,練習&練習試合。
往きの逆に戻る。(弁当は不要)

【雨の場合】

午前7時,下山口駅集合(7時6分の電車)。
西所沢駅で下車。歩いて所沢高校へ。
8時~12時,練習&練習試合。
往きの逆に戻る。(弁当は不要)

2015年4月 2日 (木)

30年間~技術の進歩と世の中の変化

考えてみると,私が勤めてきたこの30年間に,大きな変化がたんさんあった。

(1)白黒写真 → カラー写真 → デジカメ・写真データの送信(写真屋さん失業の危機)
(2)レコート → CD → インターネットでの配信(レコート屋さん失業の危機)
(3)ガリ板 → 製版に時間のかかるファックスの機械 → アッと間に製版・印刷する機械
                             (印刷屋さん失業の危機)
(4)和文タイプ → ワープロ → パソコン(写植技術者失業の危機)
(5)家庭用電話・公衆電話 → 携帯電話 → スマートフォン
(電話交換手・電報・時計・辞書・図書館・新聞などの多くの仕事の危機)

これまでの技術が進歩することで世の中が変化していくと,
それは当然,これまでそのことを職業にしていた人の職や仕事を奪うことになる。
私たちはこのような変化の中に生きているということを実感した30年間だった。
これから30年,どんな変化が起きていくのだろうか。

「大勝軒」創業の山岸一雄氏死去

私も「つけ麺」は好きで,時々食べるが,
その元祖ともいうべき「大勝軒」創業者の
山岸一雄さんが亡くなったそうだ。

東池袋の本店に食べに行き,
40分間並んでようやく食べたり,noodle
(その時,店の外にいたご本人の姿を見かけた)
私の住む町に「大勝軒」の支店が作られ,
時々食べたことを思い出した。
「初代」「元祖」というのは,
何か学ぶべきものがある気がする。flair
ご冥福をお祈りする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「つけ麺」考案「大勝軒」創業者、山岸一雄氏死去 映画にも

ラーメンを別の器に入った汁につける「つけ麺」の元祖とされる
東京・池袋の人気ラーメン店「東池袋大勝軒」創業者の山岸一雄(やまぎし・かずお)氏が
1日、東京都内の病院で死去したことが関係者への取材で分かった。80歳。
長野県出身。通夜は7日午後6時、
葬儀・告別式は18日、東京都文京区大塚5の40の1、護国寺で。
喪主は妹、斉藤節子(さいとう・せつこ)さん。
葬儀・告別式の時間は未定。

同店の公式ホームページなどによると、
山岸氏は昭和36年に東池袋大勝軒を東京・東池袋に開業。
ラーメンの麺を日本そばのように
別の器に入った汁に付けて食べる「つけ麺」を考案し、全国の店が追随した。
のれん分けを受けた店が全国で50店以上開店している。

平成25年には山岸氏の半生を追った映画
「ラーメンより大切なもの~東池袋 大勝軒50年の秘密~」が公開されるなど、
飲食業界にとどまらない注目を集めた。(産経新聞)

ウソのようなホントの話

昨日は,4月1日=エープリルフール。
しかし,これはウソのようなホントの話である。

新学期,さっそく初日からうれしいことがあった!
机の上に立てておいた立体周期表を見て,ある転入の先生が,
「先生は,理科の先生ですか?」と聞いてきた。
私「いいえ,私は社会科ですが,仮説実験授業というのの社会科をやっています」
その先生「そうなんですか,実は私,若い頃仮説をやっていまして・・・」

びっくりです。しかも,初日からうれしい話ができた。
なんだか楽しい1年間になるような気がする。

この学校にはすでに,小学校の時,仮説を教えてもらったという先生がいる。
その先生とは時々仮説について話をしたりするのだが,
今度はそれが3人になるという訳だ。

仮説の話ができる人が職場に3人!
これは「ウソのようなホントの話」である。(o^-^o)

昨日の部活動 4/1

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。
(女バレは,木下弟コーチにお世話になった)
保護者の方が1名参観。

4月29日の協会長杯・県大会には,バスで行く予定である。。
しかし,これがなかなか値段が高くて大変なのだ。
25人乗ったとして,3000円以上掛かってしまう。
バス会社の方針が変わったためで,
以前なら会場まで連れて行ってもらい,試合が終わるまで待機して,
帰りも同じバスを利用できたのだが,
今は「送り+帰り」の2往復したという計算になって,
運賃が実質上の大幅値上げとなってしまうのだ。
なんとか3000円を飛び出した部分は,
後援会の補助(県大会出場の部には1万円出る)で相殺できるものの,
1日で3000円は確実に掛かる。
しかも,「帰りは何時にお迎えに行きましょうか?」という
時間指定も課せられているのだ。ありゃりゃ。
加えて,それが1日目で,もし勝ち進むとすれば(当然そうしたい),
さらに3000円以上(こちらは,後援会の補助なし)が掛かる。
ああ無情。

2015年4月 1日 (水)

桜 2015

今まさに咲き誇っている桜たち。
その姿を昨日カメラに収めた。

【昼の桜】・・・勤務校にて

002

003

004

001

【夜の桜】・・・自宅周辺

005

006

007

008


『盗まれた「聖徳太子」伝承』は,やはり面白い!

「春休みの第1の読書」と位置づけていた上記の本は,やはり大変面白い。
これまで聖徳太子と呼ばれていた人(大和の厩戸皇子)
および仕事(九州の分国,三経義疏,善光寺如来との消息往来等)が,
実は九州王朝の天子・多利思北孤とその皇太子・利歌彌多弗利の
それであったというのである。

その論証はかなりよくできていると思うし,
今回冨川ケイ子氏の「河内戦争」という興味深い論文も掲載されていて,
これもなかなか面白い。
「歴史書」にすべてが書かれているわけではなく,
その痕跡から真実の歴史を復元していくのが,
ホンモノの歴史研究なのだという感じがした。

しかし,25年ほど前から田武彦氏のファンである私には,
これらは当然のことと思われるのだが,
初めてこれを読む人の「歴史理解」のことを考えると,
やはり「理解段階」の問題が出てくる。

まず,古田氏の「古代史三部作」の読書をするのがいいと考える。
古田武彦著『「邪馬台国」はなかった』(ミネルヴァ書房)
古田武彦著『失われた九州王朝』(ミネルヴァ書房)
古田武彦著『盗まれた神話』(ミネルヴァ書房)
この3冊で,合計1万円ぐらいかかるが,
逆にわずか1万円で「本当の歴史」がわかるとしたら,
ものすごく安いことかもしれない。

今ミネルヴァ書房によって,30冊ほどの古田武彦氏の著作が
続々復刊されている。
初版は朝日新聞社だったが,角川文庫に入ったり,
いろいろな出版社もかかわって,
今はミネルヴァ書房がその大役を荷っている。
こんな時代が来るとは,お釈迦様でも・・・という感じだ。

インターネットで注文できるので,ぜひお読み下さい。
なお,1度初版で読まれた方も,
復刊というより,増補改訂版という感じで,
巻末に数十ページの文章が付け加えられていますので,
買って損はありません。

学年室の引越の準備

3つの学年が3つの学年室を持っている。
学年の文房具や先生方の教材が置いてあるのだが,
その部屋の引越が迫っている。

とにかく量が半端ではないので,
引越の準備をしておかないとパニックになる。
そこで,昨日はそれを午前中にやった。

【基本方針】

学年室の西側に,他学年の荷物を搬入できる
スペースを作る。
そのために,学年の文房具や先生方の教材を,
学年室の東側に寄せる。

とにかく「空きスペースを作れ」というのが,
昨日の「至上命令」なのだった。
なんとか2時間ほどでできたよ~。

あとは人海戦術というやつで,
生徒たちに手伝ってもらって,
何往復もピストン輸送をしていく。

昨日の部活動 3/31

昨日は,午後2~5時のコマだった。
昨日も木下兄コーチにお世話になった。
(女子は,弟コーチと大沢君にお世話になった)

「目標を口に出す」=有言実行が話題になった。
昔から日本では「不言実行がかっこいい」という
「根拠のない習慣」があったが,
脳科学的にも,周りの人の応援をもらう意味でも,
有言実行がいいと思う。

県大会ベスト16,ベスト8.ベスト4・・・。
どんどん口に出そう!
そして,それにふさわしい努力をしよう!

我が「夢ブログ」でも,
うまくいっているかどうかは別にして,
基本的なコンセプトとして,
有言実行をめざしていきたいと思っている。
「退職までに100万アクセス」とか,
「夏休み中に5キロダイエット」とかネ!

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ