« 「ハーガス」マン・肥さん | トップページ | 昨日の部活動 3/31 »

2015年3月31日 (火)

歌詞が先か,曲が先か

先日のしゅーぞさんとの会話でもそうだったし,
今見た「あいせだ★ブログ」(あいせだラジオ⑦~♪ )
でもそうだったが,曲作りの際
「歌詞が先か,曲が先か」という問題がある。

※「詞先」「曲先」という用語もあるらしいです。

私は「作詞が先に決まっている!」と考えて
スタートした人間なもので(たべさんもそのタイプかな),
曲が先というイメージがほとんどわかないのだが,
しゅーぞさんやるてさんは「曲が先」みたいのようだ。w(゚o゚)w

いずれにしても,「いい曲ができればいい」ということではあるが,
この違い,脳科学的にはどうなのだろう?
詞先は「左脳派」で,曲先は「右脳派」だとか・・・。

あなたは,「詞先」のタイプですか?
それとも,「曲先」のタイプですか?
教えていただけるとうれしいです。

« 「ハーガス」マン・肥さん | トップページ | 昨日の部活動 3/31 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

あ!るては、ギターで、曲と・詩を、同時につくるのが、ベターだと、言っていました。   
ちなみに私は、やっぱり詩から入ってしまいます。肥さんと一緒ですねぇ~。

愛の世代ズ たべさんへ
コメントありがとうございます。

そうか,「同時」というのがありましたね!
私も「ギターを弾きながら」というのがあったかも。

昔=ほとんど「詞先」。
洋楽が入って来てから=「曲先」の割合が急激に増えた。
ミュージシャンによっても,「詞先」「曲先」は
いろいろのようですね。

PS 最近「あいせだ★ブログ」の中の
「あいせだラジオ」が急激に増えてきましたね。(現在,⑩ まで)
いろいろな話題があって楽しいです。
これからもたくさんの「あいせだ情報」を発信して下さい。

やや詩先

私の場合、出だしやサビなど曲の一部から広げていく場合が多いです。
伝えたいこと→使いたい言葉や詩のフレーズ→その部分の作曲→詩と曲を同時進行で広げる

完全詩先の場合は、言いたいことがしっかりと構成できるけど、どうしても曲とのバランスが悪い部分ができやすい。
完全曲先の場合は、替え歌のように詩が曲に乗りやすいけれど、言いたいことのドラマ性がつくりにくい。

と思っています。

最近は、どちらかというと詩先になりつつあります。完成度半分くらいの詩を書いて、曲を付けながら言葉を修正していくと言う方法です。素人シンガーソングライターならではの方法かもしれませんね。

ありがとうございます。  
バラエティーに、富んでいる・肥さんの・ゆめぶろぐを、参考に、させていただいて、います。これからも、どうぞ、よろしくお願いします。

JIIKEさんへ
コメントありがとうございます。

〉最近は、どちらかというと詩先になりつつあります。
〉完成度半分くらいの詩を書いて、曲を付けながら言葉を修正していくと言う方法です。
〉素人シンガーソングライターならではの方法かもしれませんね。

あっ,それ,私にも心当たりがあるような・・・。
「完全な詩先」「完全な曲先」という人もいるのでしょうが,
それはかなり難しいことです。(プロならできるのかな?)
みんながいろいろな形で,少しでもいい曲を作ろうと
苦労していることがわかり,うれしいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ハーガス」マン・肥さん | トップページ | 昨日の部活動 3/31 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ