« 昨日の部活動 3/25 | トップページ | 昨日の部活動 3/26 »

2015年3月26日 (木)

『盗まれた「聖徳太子」伝承』

古田史学の会編,明石書店刊,2800円+税の
上記の本が,昨日届いた。

007

「古代に真実を求めて・古田史学論集第18集」という,
これまでの題名も控え目に書かれているが,
17号に続く18号という雑誌というより,
独立した書籍という位置づけとして「リニューアル」された模様。

要約して言えば,従来「聖徳太子の業績」と呼ばれたものが,
実は九州王朝の天子であった多利思北孤(たりしほこ)らのもので,
それらが,大和政権が樹立されたを8世紀以降,
「聖徳太子の業績」として「盗用」されたということだろうか。
その論証がどのようにされているか,
明日からの春休みの読書で検証していきたい。

なお,題名は,古田武彦氏の著作『盗まれた神話』から来ているものと思われる。
「古事記」・「日本書紀」の比較検討から九州王朝の業績を明らかにした方法が,
「聖徳太子」についてどのように適用されているのであろうか。
こちらも楽しみなところだ。

« 昨日の部活動 3/25 | トップページ | 昨日の部活動 3/26 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昨日の部活動 3/25 | トップページ | 昨日の部活動 3/26 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ