« 阿部海太郎君のCD(その3) | トップページ | 昨日の部活動 3/5 »

2015年3月 5日 (木)

巨大古墳vs神籠石山城・水城

「新古代学の扉」サイトには「洛中洛外日記」のコーナーがあるが,
よく「邪馬台国」畿内説の人が提出する
「近畿地方が,次の古墳時代の巨大古墳の所在地であるから」という考えを
古賀さんがものの見事に批判していると思うので,
転載させていただきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古賀達也の洛中洛外日記
第885話 2015/02/28

巨大古墳vs神籠石山城・水城

 関西の考古学者と積極的に意見交換を続けられている服部静尚さん
(『古代に真実を求めて』編集責任者)によると、
「邪馬台国」畿内説に立つ考古学者の根本的な理由は、
列島内最大規模の巨大古墳群が近畿にあることから、
古墳時代における列島内の中心権力者が畿内にいた証拠であり、
弥生時代もそうであったはずということのようです。

そのため、巨大前方後円墳の始原を畿内の古墳時代前期の纒向型前方後円墳であるとみなし、
その編年を弥生時代(卑弥呼の時代、3世紀前半)に編年操作しようとしていると思われます。
 何度も指摘してきましたが、「邪馬台国」畿内説なるものは、
『三国志』倭人伝に記された倭国中心国名を改竄し(邪馬壹国→邪馬台国)、
その方角も改竄し(南→東)、その距離(12000余里)も無視し、
倭国の文物(鉄・絹・銅鏡)も無視・軽視するなどの研究不正のオンパレードで、
およそ学説(学問的仮説)と呼べる代物ではありません。

 普通の人間の理性からすれば、これほど倭人伝の内容と大和盆地の地勢・遺物が異なっていれば、
倭人伝の邪馬壹国とは別の王権が畿内や関西にあったと考えるのが学問的論理的とわたしは思うのですが、
彼らはそうした思考が「苦手」なようです。
その「苦手」な理由については別に考察したいと思います。

 とは言え、列島内最大規模の巨大古墳群が近畿(大和ではなく河内が中心)にあり、
北部九州よりも「優勢」という指摘は古墳時代の考古学事実に基づいており、
その点は検討に値する指摘です。

古田先生はこの問題についていくつかの反論をされていますが、
当時の倭国は朝鮮半島で軍事的衝突を繰り返しており、
巨大古墳を作る余裕はなく、逆にあればおかしいとされています。
従って、巨大古墳を造った勢力は朝鮮半島で戦っていた倭国の中心勢力ではないとされました。

 巨大古墳を古代における土木事業という視点からすれば、
同様に北部九州にある神籠石山城(複数)や水城(複数)の大規模土木事業の存在に
注目しなければなりません。
たとえば太宰府を防衛している大水城(全長1.2km、高さ13m、基底部幅80m。博多湾側の堀は幅60m)は
土量は384000立方メートル、10tonダンプで64000台分に相当するとされています。
動員された作業員は延べ110万人は下らないと見られています。
この太宰府の北西の大水城の他に小水城や、
久留米市には有明海側からの侵入を防ぐために上津荒木(こうだらき)の水城も造られています。
 
 神籠石山城群も太宰府や筑後「国府」を防衛するように要衝の地に点々と築城されています。
(雷山・高良山・阿志岐山・杷木・女山・帯隈山・おつぼ山・鹿毛馬・御所ケ谷・唐原など)。
直方体の大石を石切場から山頂や中腹に運搬し、山を取り囲むように巡らせ、
その列石上には土塁を盛り、前には木柵を設け、
列石の内側には倉庫や水源、そして水門まで造営されています。

 これだけでもいかに巨大な土木事業であるかをご想像いただけると思います。
大量の大石を石切場から山頂に運搬するだけでも、
専用道路が必要ですから現代でもかなり大変な巨大土木事業といえるでしよう。
おそらく水城や神籠石山城の造営は近畿の巨大前方後円墳以上の規模ではなかったでしょうか。
 
 この他に太宰府の北側には大野城、南側には基肄城が造営されていますから、
北部九州には列島内最大規模の古代土木事業の痕跡があるのです。
お墓と防衛施設とでは、どちらが「都」に相応しいか言うまでもないでしょう。
近畿の巨大古墳群を自説の根拠にしたいのであれば、
北部九州の巨大防衛施設にも言及すべきです。
両者を比較した上で、列島内の中心権力者の都の所在を学問的論理的に提起すべきです。
それが学問というものです。

« 阿部海太郎君のCD(その3) | トップページ | 昨日の部活動 3/5 »

古田史学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 阿部海太郎君のCD(その3) | トップページ | 昨日の部活動 3/5 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ