« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月31日 (火)

歌詞が先か,曲が先か

先日のしゅーぞさんとの会話でもそうだったし,
今見た「あいせだ★ブログ」(あいせだラジオ⑦~♪ )
でもそうだったが,曲作りの際
「歌詞が先か,曲が先か」という問題がある。

※「詞先」「曲先」という用語もあるらしいです。

私は「作詞が先に決まっている!」と考えて
スタートした人間なもので(たべさんもそのタイプかな),
曲が先というイメージがほとんどわかないのだが,
しゅーぞさんやるてさんは「曲が先」みたいのようだ。w(゚o゚)w

いずれにしても,「いい曲ができればいい」ということではあるが,
この違い,脳科学的にはどうなのだろう?
詞先は「左脳派」で,曲先は「右脳派」だとか・・・。

あなたは,「詞先」のタイプですか?
それとも,「曲先」のタイプですか?
教えていただけるとうれしいです。

「ハーガス」マン・肥さん

教室の片付けのお手伝いをするということで,
3階の7つの教室の出入り口のガラスに残っている
セロハンテープの跡をきれいにした。

(1)道具・・・濡れ雑巾,プラスチック製の物掛け(定規でもよい)

(2)方法・・・まずセロテープの残骸をはがし,濡れ雑巾でノリをふやかす。
  次に,プラスチック製の物掛けの平らな部分で,ふやかしたノリをこそげ落とす。
  セロテープはコンクリートと似ていて,水分があるときには粘着性が弱いが, 
  乾くと強力な粘着力を発揮してなかなかはがれない。
  そこで,濡れ雑巾で水分を与え,貼った当時の粘着性の弱い頃に戻してやるのだ。
  (♪あの頃のセロテープに戻って,はがれて欲しいな~♪)
  たぶん「ハーガス」も同じ原理ではないかな?

約2時間で,7つの教室のセロハンテープの跡がきれいになった。
めでたしめでたし。(o^-^o)

昨日の部活動 3/30

昨日は,午前11時~午後2時のコマだった。
生徒たちだけで練習を運営した。
(女バレは,木下弟コーチにお世話になった)

4/4(土)の所沢高校との練習試合が,次のヤマだ。
1セットでも多く取れるように,技術に磨きをかけてほしい。

終わり近くに,女バレ3年生が3人で来てくれ,
こんなステキな色紙をいただいた。
ありがとう!

Photo


2015年3月30日 (月)

A先生のサイト

昨日,10年ぶりぐらいに,偶然A先生にお会いした。
もう退職されて久しいが,退職後も多彩な趣味で,
生活を謳歌(おうか)されている。

「ホームページがあるから見てよ」というので,名刺をいただいた。
(私もこういう名刺がほしいものだ)
夜になってから,検索・訪問してみた。
そこには,多彩な趣味の世界が展開されていた。

もっとたくさんの方々に見ていただいたらと思い,
ここにご紹介させていただきます。

ジャズの好きな方,写真が趣味の方,卓球をなさる方などは,
特に楽しんでいただけるのではないかと思います。

「Jazz Flutist Yutaka Aoki」

このサイトから飛んで,YouTubeにアップロードされた
13分にもわたるサックスの演奏も素晴らしかったです。(o^-^o)

2011/02/26 にアップロード
小手指のライブハウスSOUND STONEでのライブです。
清水義文、グレッグ・リー、ラッシー北中との共演。

2015東日本たのしい授業フェスティバル(2日目)

昨日も,上記の会に参加した。

(1)四ヶ浦さんの「いじめと道徳」午前9時半~10時40分

「〈いじめ〉について考える」「いじめが教えてくれたこと」
「神様,私は生きていてもいいですか?」「いじめを考える授業」
の4つの資料を使っての講座だった。
学校の先生が〈いじめ〉問題に取り組む際の注意点など,
いろいろと学ぶことができた。

(2)板倉先生の講演「科学と教育の未来に向けて」午前11時~11時50分

キリスト教とイスラム教の対立など,世界には「不寛容」な動きが少なくない。
最近のフリーメイソンについての研究を通して,
人類の知恵の結集と寛容の精神の必要を考えさせられた。

002

(3)中さんの「日本の開戦のなぞ」午後1時半~4時半

前半は「終戦」,後半は「開戦」についての2部構成。
問題形式になっているので,理解しやすかった。
この間の中さんの研究には,本当にどちらが社会科の先生かわからない感じで,
板倉先生の『日本歴史入門』に出会ったときに,問題を間違えまくったのと似て,
中さんの出される問題を,次々と間違えまくった。
『たの授』5月号からの中さんの連載が楽しみである。

003

004

005


ある私立小学校の入試問題

たのしい授業フェスティバルからの帰りの電車の中で,
小泉さんから教えてもらった
ある私立小学校の入試問題を1つ「おすそ分け」しよう。

(  )には,どんな数字を入れたらいいでしょうか?
l 6 06 68 88 (  ) 98
ヒント 頭が固い人には「逆立ちして」も解けないでしょう。

ある規則で並んでいるのだが,l 6を「l 6」としか見えないと,
なかなか正解はわからない。
では,いったいl 6は,何に見えたらいいのか?
それは・・・「9 l」なのです。

つまり,四角い頭を丸~くして,「逆立ちして」数字を読むと,
(あるいは,180度回転させてみると)
l 6→9l,06→90,68→89,88→88と
1つずつ数字が減ってくるので,正解は「87」ということらしいです。
次の数字が,98→86ですしね。

これ,どこかの私立小学校の入試問題とのこと。
こういう問題ができた方がいいかどうかは,
人によって意見が分かれるところだとは思いますが・・・。
(私は,一応5分くらいでひらめきました)

2015年3月29日 (日)

2015東日本たのしい授業フェスティバル(1日目)

昨日は,午後2時半から上記の会に参加した。
その2時間半の収穫は,こんな感じだった。

002

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)板倉先生の元気な姿を見ることができた!
「飛鳥山(王子)はソメイヨシノの発祥の地なんだよ」と板倉先生。
本日のフリーメイソンについての講演(1時間)が楽しみ。

(2)佐藤さんが気をきかせて,私用のお弁当を取っておいてくれた。
どうもありがとうございます。「焼肉弁当」美味しくいただきました!

(3)佐竹さんの担当されていた「ものとその重さ」講座にお邪魔する。
贈呈していただいた『〈たのしい授業〉という力』のお礼も兼ねて。

(4)山路さんと山路カウベル堂の出版について話す。
編集者として,著者には「まえがき」に力を入れてもらっている。5回は書き直し!

(5)アンモナイトと三葉虫の化石を安価(200円と100円)で手に入れる。
大量に出回れば価格が安いのは,コインと同じ。生徒たちに早く見せたいなあ。

(6)湯沢さんが「水分子」(赤パンツ君)のバッジを作っていた。(1000個)
いろいろな方に差し上げることも考えて,30個購入する。1個60円。

(7)竹内徹也さんより「〈いろいろな種〉の標本づくり」のセットを5クラス分買う。
だけど,これ,来年度もし他学年になったら扱いに困ってしまうなあ。

(8)赤門塾の仲間・西崎君と久しぶりに再会する。仮説の会では何回か会っている。
27~29日に演劇祭が行われている。体がいくつもあったら行きたいなあ。

(9)根本さんや中林さんや山口さんなど,ほぼ同世代の人たちと話すことができた。
みなさん,やはり定年後も数年は働くのだろうか?私の今後は・・・。

(10)帰り道,小泉さんと,「作詞が先か,作曲が先か」等の音楽談義。
4/4(土)の「農家」は,智之助さんの日である。楽しみ~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

003

わずか2時間半の滞在だったが,会の雰囲気と旧知の人との再会で,元気をもらえた。
オリンピックじゃないけれど,「参加することに意義があった!」

昨日の部活動 3/28

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

一昨日の豊岡高校との最終セットで,
9ー25と大敗したことにふれて練習がスタートした。
「全員バレー」の名を実のあるものにするためには,
誰が途中出場しても,同じように穴を埋められるように
しておかなければいけない。
それを目標に練習していくということだろう。

私の方からは,気持ちを高めていくために,
分かっている練習や大会の日程は,カレンダーに書き込んでいき,
日程を意識していくことを勧めた。
その日暮らしで一喜一憂するのではなく,
大きな流れの中で部活動を捉えてほしいからである。

4月7日までの春休み練習にに始まり,
ちょうどひと月後には,協会長杯の県大会が,
ちょうど4ヶ月後には,学総体の県大会がある。

楽天が,今季初勝利!

楽 天 0 2 1 1 0 0 0 0 0 計4
日ハム 0 0 0 1 0 0 1 0 0 計2

楽天は,2回表,藤田のタイムリーなどで2点を先制。
その後は3回に松井稼のタイムリー,
4回には藤田の犠飛でリードを広げた。

先発・レイが5回1失点で今季初勝利。
最後は守護神・松井裕が締めた(1セーブ)。
今季の勝ちパターンが見えてきた。

2015年3月28日 (土)

プロ野球開幕 2015

昨日,今年度のプロ野球が開幕した。
セ・パ同時開幕であった。

ひいきの楽天は,日本ハムとの戦い。
楽天は則本。日本ハムは大谷。
両チームともエースを立てての試合だった。
則本は4回までは素晴らしいピッチングだったが,
5回につかまってしまった。
それが大きく響き,残念ながら敗戦のスタート。(。>0<。)

しかし,まだペナントレースは始まったばかりだ。
初戦を落としても,今日と明日を取ればいいのである。
前を向いて進もう。

今日の先発は,レイ(台湾・ラミゴより移籍。40歳。188cm,92㌔)。
きっといい試合になると思うよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお,先ほど知ったビッグ・ニュースを1つ。ヽ(´▽`)/
ヤンキースの田中将大投手が,4月6日(日本時間7日午前2時5分開始予定)に
本拠地ニューヨークで行われるブルージェイズ戦で,開幕投手となるそうだ。

その抜擢の理由として,監督は,
「スケジュール的なものも理由のひとつ。4月は間隔を与えながら投げさせられる。
彼には1年間健康に投げ続けて欲しい」と説明しているらしい。

もし実現すると,日本人投手では野茂英雄が3度,松坂が08年,
黒田は09年に開幕投手を務めており,田中が4人目の大役となる。

昨日の部活動&豊岡高校での練習試合

昨日は,午前11時から2時間ほど体育館で練習をし,
昼食後に自転車で豊岡高校へ行き,
午後5時半まで6セットの練習試合をした。
木下兄コーチにお世話になった。

3ー3(23ー25,25ー17,25ー21,
22ー25,26ー24,9ー25)

さすがに第6セットは集中力が切れたが,第5セットまでは
これまでの積み重ねが生きて接戦をできていた。
豊岡高校の顧問の先生も,それを評して
「ねばっこいバレーボール」とほめていた。

保護者1名の参観があった。
また,卒業生であり,
この高校に入学する予定のS君が帯同した。
(ぜひ頑張ってほしい)

『〈たのしい授業〉という力』の寄贈

佐竹重泰著,山路カウベル堂刊の
上記の本が送られてきた。
「見える見える子どものステキが見えてくる」
という謎めいた副題が付いている。

これは仮説実験授業を実践する小学校の先生であり,
明星大学の講師も兼任している佐竹さんの本なのである。

010

編集者の山路敏英さんと同様,私も,
佐竹さんの「子どもたちを見る視点」が大好きで,
いつも資料を読むのを楽しみにしている。

ただ,仮説社はそんなに大きな出版社ではないので,
『たの授』にはたびたび掲載されているが,
なかなか佐竹さんの本を出してくれない。
そこで,山路さんが山路カウベル堂刊という形で,
他の何人かに続いて形にしてくれたものだ。

全体は,大きく3つの章から構成されている。

1.〈学ぶたのしさ〉で問いかける(6話)
2.子どものステキがとびだしてくる(4話)
3.サタケ先生のむかしばなし(6話)

そのほとんどの原稿は『たの授』掲載のものだが,
今回このような構成でまとめて読めることは,
佐竹ファンとしても望外の喜びである。
「春休みの友」としたい。

同封されていた寄贈のあいさつ状にも,自筆のていねいな字で,
「いつもはげましてくださり,感謝の気持ちでいっぱいです。
これからもよろしくお願いします。」と書き添えてあった。
佐竹さんらしい律儀さである。
こちらこそ,よろしくお願いします!

2015年3月27日 (金)

修了式 2015

昨日は,今年度(平成26年度という)の修了式だった。
体育館に全校が集まり,校長先生の話を聞いたり,
「修了証」(通知表の最後に付いているもの)をもらったりする。

ちなみに昔は,この「修了証」を毎年もらい,
もらえた人のみ進級が許されたようである。w(゚o゚)w
(今では成績に関係なく進級・卒業してしまうが)

そのあと,50分の学活。
生徒たちは通知表をもらい,担任の先生の話を聞き,
たいていはウキウキした顔で,昇降口に向かう。
翌日からの春休みに心が躍るような表情である。
こちらも1年間の活動を終え,ホッとひと息。( ^ω^ )

朝晩まだ寒いものの,これは「春近し」の寒さだ。
また2週間後,新たな学年がスタートする。

うわばきサンドイッチマン

修了式と学活が終わり,生徒たちは下校となった。
ここで問題となるのは,毎年うわばきを置いて帰る生徒が
たくさんいるということだった。
そこで,副担の私に特命が下った。
「うわばきを持って帰るように,昇降口に立て」と。

これはあまりいい役とは言えない。
しかし,私の力量が問われる場面でもある。
ピンチはチャンスと考えて動いてみよう。
だがしかし,「持って帰りなさ~い」大声を出すのも芸がない。
さて,どうしたものか・・・妙案を考え出した。
それが,表題の「うわばきサンドイッチマン」である。
(他学年の先生のマネをした)

008

このような奇抜な姿で,昇降口にやってくる生徒たちに,
「うわばき持ち帰り運動に,協力して下さ~い」と
声掛けをしてみたのだ。その効果は・・・?

なんと,欠席者をのぞく全員が持ち帰ってくれ,
空っぽの下駄箱が出現したというわけだ。
やったね!

009

世の中,工夫次第で改善できることがまだまだありそうだ。
そんなアイデアがあったら,みんなで出し合いましょう。

昨日の部活動 3/26

昨日は再登校で,午後1~4時までの3時間活動した。
生徒たちが運営し,内容がひと通り終わったので,
協会長杯・予選(4/4)が近い女バレに協力して,
男バレVS女バレの練習試合を行った。

レギュラー・・・10点ハンディー(圧勝),
1年チーム・・・10点ハンディー(惜敗),
レギュラー・・・17点ハンディー(辛勝)。
ハンディーの付け方によって,戦いも面白くなるものだ。

本日は11時から練習を行い,
昼食後移動して豊岡高校に向かう。
そして午後2時半から,
練習試合をやらせてもらうことになっている。

2015年3月26日 (木)

『盗まれた「聖徳太子」伝承』

古田史学の会編,明石書店刊,2800円+税の
上記の本が,昨日届いた。

007

「古代に真実を求めて・古田史学論集第18集」という,
これまでの題名も控え目に書かれているが,
17号に続く18号という雑誌というより,
独立した書籍という位置づけとして「リニューアル」された模様。

要約して言えば,従来「聖徳太子の業績」と呼ばれたものが,
実は九州王朝の天子であった多利思北孤(たりしほこ)らのもので,
それらが,大和政権が樹立されたを8世紀以降,
「聖徳太子の業績」として「盗用」されたということだろうか。
その論証がどのようにされているか,
明日からの春休みの読書で検証していきたい。

なお,題名は,古田武彦氏の著作『盗まれた神話』から来ているものと思われる。
「古事記」・「日本書紀」の比較検討から九州王朝の業績を明らかにした方法が,
「聖徳太子」についてどのように適用されているのであろうか。
こちらも楽しみなところだ。

昨日の部活動 3/25

昨日は,午後2~4時半までのコマだった。
昨日も,木下兄コーチにお世話になった。

先日,N先生が男バレを参観されて,
「みんなが生き生き活動していて感激した」
と言っていたことが話題となった。

コーチは私を持ち上げてくれたが,
真実は95%以上がコーチのお陰ということである。
自分自身の経験(全国大会出場)を織り交ぜて語り,
しかも目の前でそれを実演して見せてくれるのだから,
これでやる気が出ないワケがない。

さらに言えば,彼自身がバレーボールのプレーヤーとして,
現役で活動しておられ,時々生徒に見学させてくれる。
しかも,中学生たちと40歳も離れている私とは違い,
15歳ほどの違いで気持ちも近い。
かつて,赤門塾で「OB」という存在が重要だったが,
それを1人でやって下さっているのだ。

そのご尽力に応えるべく,頑張ろう!
男バレ17名が合言葉である「全員バレー」を実践して,
毎日生き生き活動しよう!
そして,4月29日からの協会長杯・県大会では,
我が校の存在を知らしめよう!

3人オフ会 イン「みのる」

昨日,ブログ仲間の3人でオフ会をした。
いつもだと新所沢駅西口でやるのだが,
翔空さんがいい店を知っているといい,
九想さんも「新規開拓」には異存なしということで,
東口の「みのる」という店に行くことにした。

006

初めて行ったが,なかなかいい店のようだ。

(1)メニューが魅力的である(つまみもアルコールも)
(2)女性客が多い(いわゆる「酔っ払い」はいない)
(3)いろいろな挑戦をしている(じゃんけん勝負など)

リピーターも多いようで,今後「3丁目の夕日」が閉まっていたら,
いや開いていても(?),足がこちらに向くかもしれない。

私たちがスタートした6時半には,すでにけっこう客が入っており,
8時半には満員状態だったから,けっこうな繁盛ぶりだ。
同じ系列で「炎家」という店もあるという。

円周率〈100ケタ〉への挑戦

オフ会の際,翔空さんがおもむろに筆記用具を取り出し,
円周率を100ケタまで書いたのにはたまげた。
これまでも「35ケタまではできた」が,
今回さらに100ケタまで挑戦したのだという。

005

これには昔から「ゴロ合わせ」の覚え方があるのだそうで,
(さすが「言葉遊びの名人」らしい挑戦だ)
言葉としてもかなか素敵なので転載させていただく,
今回は100ケタではなく,35ケタの方を。
私もこれくらいまでならやってもいいかなと思った。

【円周率〈35ケタ〉への挑戦】

3.14 1592 65  
産医師  異国に  向か(こ)う 

358979    3238462
産後厄(やく)なく 産児御社(やしろ)に

6433 83279 5028
虫散々  闇に鳴く  頃にや

なお,仮説実験授業の提唱者・板倉聖宣によると,
江戸時代前半せっかく3.14台まで達した円周率が,
後半には3.16台に戻ってしまう歴史があるという。
数学の話題にはなかなかついて行けないことが多いが,
人間の心理として興味深い。

2015年3月25日 (水)

ピラミッドの話はやはり面白い

早大の吉村教授のキャラクターもあって,
エジプト・ピラミッドの番組はやはり面白い。

ひとつ謎が解けると,また新たな謎が出てくる。
そのワクワク感がなんとも言えずいい。

学期末の時間調整で数クラスに観せたが,
どこでもほぼ好評だった。(o^-^o)

こういうビデオがあるというのは大変助かる。
ほかの先生にもオススメだね。

「赤坂Jaka’z」に初参戦

「あいせだ★ブログ」に昨日,
「赤坂Jaka’z」に行くと書いてあり,
新曲も披露するという。
もし私も行けることになったらラッキーと,
住所・電話番号・千代田線赤坂駅からの道案内をメモしておいた。

「赤坂Jaka’z」

http://www.jakaz.com/page/access.html

そうしたら本当に行けることになって,
「赤坂Jaka’z」に初参戦と相成った。
(求めよ,さらば与えられん!)
「愛の世代ズ」も途中から合流して,
オープンマイクの歌会が開かれた。

Photo

そのレベルの高いこと,高いこと。
素人とは思えない声,ギターテクで,
ずうずうしい私もさすがに気後れする程だった。
(同業者の方もいた!かなりの上級者!)
また,初めて自分の声やギターを弾く音が
跳ね返ってくる装置を経験し,とてもうれしかった。
(何ていう名前のスピーカーでしたっけ?)

総勢10人ほどが,とっかえひっかえ演奏し,
夜が更けるまでそれは続いた。
(私は終電が気になり,10時40分でリタイア)

たくさんの方がステージで演奏したが,
ここでは「愛の世代ズ」と私のみ紹介する。

001

「時」(新曲)「ひたひた」「ジャージーガール」
「じいちゃんの唄」「浜田省吾のカバー曲」「新宿の夜に」
「死んでしまった友に」「In the night」など

002

「なんてのどかな昼下がり」「五番街のマリーへ」
「おやすみ鬼無里の静かな夜に」(1番のみ)「なごり雪」

「なんてのどかな昼下がり」

真っ白な入道雲が 山の向こうに湧き上がる
風が吹き過ぎる 小さな畑のタバコの葉を揺らして
せみの声聞こえる方に あの村があるんだろう
それをめざして一歩一歩 ナップ背負い登ってく

小島や角田や篤や前川や祐一たちと 山の暮らしを語りながら
小川村に向かって歩く なんてのどかな昼下がり

名も知らぬ黄色い花や 道ばたの小さな草に
1つひとつ不思議な驚き 感じながら
あの角を過ぎればきっと 俺たちの目的地
ほおに汗してもうひと頑張り 昼飯はおいなりさん

小島や角田や篤や前川や祐一たちと 山の暮らしを語りながら
小川村に向かって歩く なんてのどかな昼下がり

「おやすみ鬼無里の静かな夜に」

重いリュックを背負って登る 長い坂道なつかしい道
先発隊が笑顔で迎え これから始まる1週間
期待と不安が半分ずつ・・・
おやすみ鬼無里の静かな夜に
(1番のみ)

2015年3月24日 (火)

『たの授』4月号に注目!

「夢ブログ」で書いた話題は,
時々『たの授』の「はみだしたの」の原稿として
仮説社に送っている。

すると,昨夜,「4月号に掲載」とのうれしいメールが!
以下の内容です。皆さんは,覚えていらっしゃいますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日ニュースで,「尿1滴からガンが発見できる」という話題をやっていました。
ガン細胞に集まるある寄生虫の性質を利用すると,
95.8%の確率でガンを発見できたというのです。
95.8%といえば,24勝0敗(100%勝つ)で
ヤンキースに行った田中将大投手には及ばないものの,
19勝1敗(95%勝つ)よりも高い確率でガン細胞を発見できるということです。
実用化までにはまだ時間がかかるとはいえ,
本当に画期的な方法が見つかったということになります。
これまでは,患者の息の匂いの変化からガンを発見する方法が考えられていて,
そのための犬の育成が話題になったのを覚えていますが,
これなら育成の時間も要らないことになりますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月号といえば,先日の「X‐ジャイロで遊ぼう!」との
ダブル掲載ということにもなる。(o^-^o)

また,昨日板倉先生から「新年度おめでとう」の挨拶はがきも届き,
4月号の「続刊の言葉」として,「緊急提案」という原稿が載るそうな。
フリーメイソンの研究の成果とも書いてあった。
これは,いよいよ『たの授』4月号から目が離せません!

4月号は人にプレゼントしやすい号なので,利用価値「大」だなあ。
3月31日に出来るらしい。

スポーツ大会が行われる

サッカー,ドッヂボール,バレーボール,
バドミントン,警泥(ケードロ)という
多種多様な競技を組み合わせたスポーツ大会が,
昨日の1・2校時に行われた。

体育委員会が中心となって実施されたが,
好天の下気持ちのいい汗をかくことができ,
笑顔で学年の最後を締めくくることができた。(o^-^o)

私もケードロには参戦し,
日頃の運動不足を解消した。

最後の感想・評価の言葉もさせていただき,
「どうせなら気持ちのいい汗をかこう」という話をした。
(どちらも汗だが・・・気持ちのいい汗・&悪い汗の話)
自分自身の自戒も込めて。

「おべんとうばこのうた」の歌詞の真相

昨日,職員室での雑談で,「おべんとうばこのうた」が話題になった。
今まで「おにぎり おにぎり ちょいと つめて」と言っていたが,
本当は「おにぎりを握り ちょいと つめて」が本当らしいというのである。

帰宅して,さっそく調べてみたところ,
こんなサイトが見つかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「おべんとうばこのうた」の作詞をした香山美子氏の
公式HPに載っているご本人のコメントです。

▼ 「おべんとうばこのうた」の歌詞について

“ 最近ツイッターなどで、間違った歌詞の「読み方」(「歌い方」)が流布されているようです。
複数の方から、ご質問いただきましたので、正しい歌詞の「読み」を書き出しておきます。
 「おにぎり おにぎり ちょいと つめて」 ←これが正しく、
 「おにぎりを 握り ちょいと つめて」 ←これは間違いです。

 実際に歌ってみると、リズム的に後者はおかしいことに気付かれるかと思います。

 また、
 「きざーみしょうがに ごま塩…」 というものも見ますが、これも、
 「きざーみしょうがに ごま ふりかけて」が正しいです。 ”

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作詞者としては,正しく歌ってほしいのである。

似たようなものに,こんなものがある。

「闘魂こめて(巨人の応援歌)」・・・  ×その名に泣いて ○その名担(にな)いて
「巨人の星の主題歌」・・・ ×重いコンダーラ ○思いこんだら
「ふるさと」・・・ ×兎美味し ○兎追し
「赤とんぼ」・・・ ×追われてみたのは ○負(お)われて見たのは

他にもあったら,ぜひ紹介して下さい。

2015年3月23日 (月)

愛知のSさんとオフ会

愛知のSさんが,「東京に行くので,オフ会をしましょう」と
メールで誘って下さった。(便利な時代になったものだ)
ということで,何回か使っている立川の居酒屋で
昨夜オフ会を行った。

もう何年も前に愛知で〈仮説〉の会があった時に知り合い,
幸田先生の教え子だと知って親しみが湧き,
(幸田先生とは,昔故・長岡さんの縁で「共同研究」をした)
ブログをやっていると聞き,以来お付き合いが続いている。

塾の先生でもあり,プロ野球のファン(ただし楽天ではない)
でもあるところから,共通の話題が多くて楽しい。

この春から教壇に立つということで,今はその準備をしている。
進学校である中学とフツーの高校で数学を教えるという
変則的な勤務となる模様。
教科は違うが,〈仮説〉から学んだ精神で,
やっていっていただけたらと思う。
そして,またどこかでオフ会をしましょう。
「夢ブログ」もよろしくネ!

『風に立つライオン』

さだまさし著,幻冬舎文庫の上記の本を,
昨日読み終わった。

この本は飲み友達のMさんからいただいた本で,
映画「風に立つライオン」の原作となったものだ。
(「命のリレー」というものが大きなテーマ)

私としては,
(1)まず曲としてさだまさしの「風に立つライオン」を聴き,
 「ああ,いい曲だなあ」と思い,
(2)5年程前に道徳の研究授業を行い,
(3)映画ができると聞いて驚き,
(4)その原作本が出ていると知った,
という順番だった。

Mさんは,映画の主人公の医師・航一郎役=大沢たかおから
この「風に立つライオン」に入ったと思われるが,
スタートがどこにあれ,同じ作品を共に語れるというのはうれしい限りだ。
(ぜひ映画の方も,春休みに観てみたい)

この本を読み終わったと聞いたら,
きっとMさんは喜んで下さるだろう。
その笑顔が目に浮かぶようだ。(o^-^o)

楽天が,またも中日と引き分ける

楽天 0 0 0 1 0 0 0 0 0 計1
中日 1 0 0 0 0 0 0 0 0 計1

楽天がまたも中日と引き分け。
しかし,中日の2倍の10安打を放ちながら,
1点とは少々残念なオープン戦最終試合であった。

投手力は安定しているので,
ぜひ開幕後は攻撃陣に奮起してもらって,
優勝にからんでいってほしい。
(今年はセ・パが,3/27に同時開幕すると聞いた)

2015年3月22日 (日)

来月の社会科サークルの報告の下書き

「私の最近の授業の工夫~
丸読み・地図記号かるた・チャレンジ問題など」
という題名で,4/23(木)に,
社会科サークルで報告することになっている。
そのあらましを書いておこう。
(近くなって,あわてないために)

仮説実験授業のやりたい授業書があればやるのが1番だけれど,
社会の科学の分野ではなかなかそうもいかない。
(30年前に比べたら,授業書の数は増えたが)
ということで,授業としては,
「教科書授業の工夫」という形を取ることになる。
そのいくつかは,「フツーの授業」ということで
以前「夢ブログ」にも書いたが,だいたいこんな流れが多い。

(1)丸読み(読点で切って,バトンタッチしながら読んでいく)
(2)授業プリントの問題(重要語句の穴埋め)を解く
(3)「答え合わせ」をしながら,解説する。関連質問も出す
(4)ビデオ視聴(10分未満)

(1)については,以前は「予習プリント」を発行していたが,
家でやってくる生徒はほとんどおらず,しかも授業直前にやるので,
教科書を1回も読まないということになるのを避けるという意味がある。
「初見通読」は読解力を育てるのに役立つと思う。
もちろん初見であるから間違うのは仕方がない。
それでも,以前は「今日では」を「きょうでは」と読んでいたのを,
最近ではちゃんと「こんにちでは」と読めるようになってきたし,
「市場」を「いちば」ではなく「しじょう」と読めている。
やはり「地理(誤変換ではない)も積れば,山となる」(笑)である。
だいたい5~10分で読み終わり,クラスの約半数が当たることになる。
スムーズに読めたときには,クラスリレーのバトンが
うまく渡せたような爽快感がある。

(2)については,教科書から重要語句を穴埋めするだけなので,
また,登場する順番も変えないようにしてあるので,
成績の良し悪しにかかわらずほとんどが解ける。
(悩みのタネは,めちゃくちゃ速く解く生徒が出てくるということである)
そこで,コラムや資料から見つける問題を作っておいて,
少々苦労してもらうのも混ぜたりする。

(3)については,挙手・発表スタイルで行う。
普通は1人が答えるが,太字は「せ~の」で全員発表となる。
正解を確認しながら,さらに内容を深める話をしていく。
先日の水俣病のところでは,私が大学時代に経験した
「水俣の夏みかん」の話を入れた。
(大きさも見てくれも悪い「水俣産の夏みかん」を
食べることになった私が,その時思ったこと・考えたこと。
実は,それは,無農薬で育てた美味しい夏みかんだった!)
教師自身の実話は,生徒たちの視聴率が高い。
すべてがそのように行かないとしても,
できるだけリアルに行きたいものだ。

(4)については,社会科資料室にあるものの中から,
「何かその単元の中で見せられるビデオはないか」と
事前に捜索しておく必要がある。1授業につき1本あるといい。
個人的にビデオ再生機を教室に持って行き,上映する。
DVDが増えてきてはいるが,社会科資料室の主役は
いまだにVHSのビデオなのでR(あ~る)。
(たぶん私が,校内で1番ビデオを見せていると思う)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(5)地図記号かるた

仮説の大会で入手したものを,「色上質特厚」という紙に
印刷して配ってあげる。これらが約40枚で,
最近増えた記号(図書館,老人ホームなど)は板書して視写してもらう。
また,印刷がしていない数枚は「自分で考えた記号」用。
「コ」を「○」で囲んで「コンビニ」とか,楽しむためだ。
(「肥さんの社会科かるた」シリーズは,全部で7つ開発されている。
関心のある方は「肥さんのホームページ」まで。
印刷原稿をご希望の方は,コメント欄にどうぞ。
コピー代+送料でお分けします)

肥さんのホームページ

(6)チャレンジ問題

廊下には,ちょっとマニア的な問題を解くコーナーがある。
その名は,「チャレンジ問題コーナー」である。
(数学の先生がやっていたのを,マネさせてもらった)
授業は「全員必修」だが,こちらは「選択社会」みたいなもの。
チャレンジしたい者は,問題の答を解答用紙に書き,提出する。
問題例としては,「旧暦」の月名を書くとか,
北海道の難読地名を読むとか,沖縄の方言の意味を答えるとか,
ちょっと発展的なものが多い(5~10問程度)。
賞品は,「先着30名ほどの正解者のクラス,名前の掲載」で,
金品より名誉を重んずる形にしている。
休み時間に我先にと解いた問題の紙を持参してやってくる生徒の顔は,
なかなか生き生きとしていてうれしい感じがする。

(7)クイズプリント

教科書の授業の時間調整や気分転換に,
クイズプリントをやることもある。
先週末にやったのは,「スリーヒント県名クイズ」。
3つのヒントから,その都道府県を当てるというものだ。
北海道・東北から始まって,中国・四国まで行う。
九州・沖縄は,それまでとは逆に,県名から3つのものを
ひねり出すというやり方で,これはいろいろなものが出て楽しい。
特にたくさんの答が期待される沖縄県は最後にやるが,
実際たくさんの答が黒板に書き出されるのを見ると,
「みんなで解いたなあ」という達成感が沸き起こっていい。
また,こういう時間が生徒と教員の心を通じさせる感じがする。
(「○○○しい」という「形容詞の授業プラン」と似ているかも)
ほかにも,「都道府県名47を探し出すパズル」や
「世界の国名40を探し出すパズル」などは人気がある。

(8)それでも,やはり授業書にはかなわない

生徒たちは個々の授業の工夫にもいい反応をしてくれるが,
圧倒的に支持されるという点では,やはり授業書にはかなわない。
1年の入学直後にやる《世界の国ぐに》。
夏休み明けにやる《世界の国旗》や日本地理の定番《沖縄》。
歴史の導入としての《日本歴史入門》や《世界史入門》。
公民の導入としての《三権分立》や《日本国憲法とその構成》等。
節目節目には,やはり授業書をやって,みんなで学ぶ楽しさを共有したい。

そういえば,最近授業書をやっておらず,ストレスがたまっている。
3年になったら,公民の授業書をやろうと思う。
授業の工夫の話を報告したが,結論としては,
「やはり授業書にはかなわない」ということになった。(^-^;

所沢東中での練習試合

昨日は,所沢東中にお邪魔して
東中と富岡中と本校で練習試合をした。
木下兄コーチにお世話になった。
また,保護者2名の参観があった。

対所沢東中 3ー0(25ー18,25ー18,15ー10)
対富岡中 3ー0(25ー13,25ー10,15ー10)

富岡中の生徒が負傷退場したため,
真のリベンジとは言いがたいが,
一応本校の「全員バレー」を展開することができた。

2年生はもちろん,1年生の成長も目覚しく,
背番号争いも油断がならない感じだ。
やはりいい意味での競争は,チームの力を高めてくれる。

今回,電車とバスで遠征してみた。
安全でしかも速く移動できることがわかり,
これからも活用していきたい。

楽天が,中日と引き分ける

楽天 0 1 0 0 0 0 0 0 1 計2
中日 0 0 0 0 2 0 0 0 0 計2

先制したものの,逆転されて,
9回表に追いつき,規定により引き分けに。
相手の倍近い12安打を放ちながら,
引き分けはもったいない。

本日のオープン戦は,開幕前の最終試合である。
ぜひ勝利で飾って,勝率5割で締めくくりたい。
(現在,6勝7敗2引)

2015年3月21日 (土)

房yaと「手品師」

房yaには時々プロの手品師が「流し」で営業に来る。
私も手品に興味があるものだから,1度近くで見てみたかった。
昨日その機会が訪れた。drama

「指先の訓練」と彼が呼ぶいう基本的な動作から始まり,
本人が言うお得意というカードマジックまで,
約20分間客を飽きさせずに演じるのにはさすがだった。shine

何一つ私が解けた手品はなく(別に解く必要もないが),
わざと途中で失敗して見せたが(これもなくてもいいが),
それも実は計算ずくで,最後にこちらの驚きを大きくするためのものだった。

最後に「山」があって,それは本当に見事なショーと言えるものだったが,
プロであるがゆえか,相手に気を許さない固さは感じた。
きっと趣味でやっていられたら,その内容も変わってくるのだろう。

ガラスの瓶を差し出して,「気持ちでいいので」と言われたが,
何しろ当方「諭吉君1枚」をサイフに入れて棒yaに来たもので,
それを入れてしまうわけにはしかない。
急いでYさんに両替してもらって「博文君1枚」をそれに入れた。
(自給にしたら3000円だから,私としては高い評価だ)dollar

昨日は,いつも食べないセロリの麦味噌付きやイカフライを食べ,
翌朝早出ということで,マスターとYさんに別れを告げ,
団体客の相手が始まったのを潮時に帰途についた。
ちょっと不思議な夜となった。

「諸君,狂いたまえ!」

私が最近知った言葉に,上記のものがある。
(「洛中洛外日記」の古賀さんのお話から)
読者の皆さんはご存知だっただろうか?

「狂う」という言葉をこのような形で聞いたのは初めてだ。
上記は,吉田松陰が,その後明治維新で活躍する弟子たちに
言った言葉として有名なのだという。
その意味は?

「これまでの「常識」にとらわれず,
情熱を持って突き進め!」

ということになるだろうか。

これは仮説実験授業や古田史学にかかわっている人なら,
この「常識」が何を指しているかは明確だろう。

「常識」はそれまでの経験則みたいなものだから,
現状を肯定するには都合がいいが,
新しい時代を切り開こうとする場合には,
大きな足かせとなるものだ。

奇(く)しくも学年旅行で山口県萩市に行く学年がある。
萩には吉田松陰の松下村塾がある。
これも何かの因縁であろうか。

X‐ジャイロで遊ぼう!

久しぶりに,「はみだしたの」以外での『たの授』掲載が実現できそうである。
記事の内容は,「X‐ジャイロ」という遊び道具。
10年程前に仮説社に持ち込んだが,その時にはボツになり,
今回編集部の渡辺さんのご好意で,陽の目を見ることになった。
(渡辺さんは奇しくも,私の初めてのグラフ
「日本の自動車生産と輸出」の担当者でもあった)
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10年程前,私自身が「面白い!」と思い,周りの人に紹介したが,
残念ながら「私が時代より10年早くその面白さに気がついてしまった」ためか(笑),
その時には受け入れてもらうことができなかったものに,X‐ジャイロがあります。
最近また流行ってきたようなので,再度宣伝します。

X‐ジャイロとは,アメリカ・ベイラー大学の学生が発明したと言われる,
「飛ばして遊ぶおもちゃ」のことです。
ちょうどラグビーボールを投げる時と同じように,
手首のスナップをきかせ,シュート回転をさせながら押し出すと,
X‐ジャイロは面白いように風を切って飛んでいきます。

キャッチボールのようにして遊んだり,
的を作ってそれを狙って競技する様子がサイトには紹介されていました。

実際に売られている製品の説明には「180メートル以上飛ぶ」
と書かれていたりもしますが,そんなに飛ばしたら校庭を飛び出してしまいます。
私が実際に行ったところでは,初心者で数十メートルというところでしょうか。
しかし,風に乗ったらもっと長く飛ぶと思いました。
それでも,十分楽しめますし,安全に使用できると思います。
校庭や河原のような,広い場所(人もいない方がいい)でやりましょう。
1200円+税と価格も手頃なので,ぜひ手に入れて試してみて下さい。
仮説社でも扱っています。

またこれを,ペットボトルとゼムクリッブで作るものや,
ボール紙や新聞紙で作るものなどがあるようです。
いろいろ工夫してみて下さい。

昨日の部活動 3/20

昨日は,午後2~4時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

午後7時半からは自主練習もあり,
たっぷり調整ができた模様。
本日の東中での練習試合が楽しみだ。(o^-^o)
午前7時,下山口駅集合。

明日(3/22)は,「オフ」にする予定。

楽天が,オープン戦6勝目

楽天 0 2 0 0 0 0 0 0 0 計2
中日 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0

開幕戦をまかされた則本が,
最終調整の登板。
5回2安打5三振の快投をした。
リリーフ陣も0封し,
楽天の勝利の方程式が完成した。
あとは,追加点,ダメ押し点である。

2015年3月20日 (金)

大忙しの1日(2)

昨日は,一昨日と逆のパターン。
授業は4分の1と少なかった。
(もともと「4分の2」の上に,1つ他の先生に差し上げた)

そこで,久しぶりに地理の授業プリントを増産しようと
目論んでいたのだった。
しかし,そこに学年の仕事がわんさか入ってきた。w(゚o゚)w

・学年だより40号の発行(今年度の目標号数ではあったが・・・)
・来年度のための資料づくり

自分の仕事と合わせ,
これで「空き時間」は全部吹き飛んだ。
要するに,昨日も「4分の4」の午前中
+午後の学年会で,
大忙しの1日・パート2となったワケだ。

昨日の部活動 3/19

一昨日も昨日も午後2時~4時半と
時間的には恵まれた活動ができた。

これも木下兄コーチという強い味方が
私たちについて下さっているからだ。
それに感謝して練習を頑張ろう。
力は付いてきている。
あとは試合でそれを出せるかどうか,
メンタルの部分の問題なのだ。

白黒コピーとカラーコピー

例の「おのくん」のことを宣伝するのに,
白黒コピーとカラーコピーの差を考えてみる。

〈白黒コピー〉
・値段が安く,大量に作れる
・アピールする力がやや弱い

057

〈カラーコピー〉
・アピールする力が強い
・値段が高く,大量に作れない

056

この両者の「いいとこ取り」はできないだろうか。
つまりカラーコピーを安くする方法はないだろうか?
何か情報を知っている方があれば,教えて下さい。

2015年3月19日 (木)

大忙しの1日

2学期制の学期末とあって,大忙しの1日。
短縮授業(4分の4。午前中「空き時間」なし)
+専門委員会の最終回+成績処理の忙しさだった。

体育館に行ったら,もうすでに部活動は終わり,
戸締りを1人でして帰ってきた。
ああ無情。(。>0<。)

4月の楽しみ

「4月の楽しみ」を書く時期となった。
どんな4月になるだろうか?
もし高崎サークルが4/4だと,行けないなあ。

4/4(土)・・・所沢高校と練習試合
         「第3回花咲くコンサート」
         「農家」の歌会(智之助さん出演)

4/8(水)・・・入学式&始業式(どんな1年になるのかな?)

4/11(土)・・・飯能・日高サークルなど

4/18(土)・・・昭島サークル

4/23(木)・・・社会科サークル(私が報告者。「私の最近の授業の工夫
          ~丸読み,地図記号かるた,チャレンジ問題など」)

4/25(土)・・・『たの授』公開編集会議
          「農家」の歌会(「愛の世代ズ」出演)

4/29(水)・・・協会長杯の県大会・1日目(久喜総合体育館)

異常なアクセス数(4)

一時4ケタ(2000台/日)にまで膨れ上がった
「夢ブログ」へのアクセス数ですが,
「アクセスカウンターの非公開」という措置がよかったのか,
3日間連続で激減しておおり,昨日は3けたにまで落ちました。
もうひと頑張りです。
正常なアクセス数が表示されるようになるまで,
もうしばらくお待ち下さい。m●m

2015年3月18日 (水)

バヌアツのサイクロン被害甚大

バヌアツという島国(人口24万人)が南太平洋にあって,
国名は「我々の土地」という意味だそうだ。

今この国がとてつもなく大きいサイクロンに遭って,
大きな被害が出ているという話を聞いた。
島国ゆえ,離島が多く,しかも首都も被害甚大で,
連絡も取りにくくなっている。

なんとか支援したいと思うが,ままならない。
せめて私のできることが,それを「夢ブログ」で
知らせることぐらいしかない。

なお,バンジージャンプの起源となった
成人の儀式「ナゴール」が有名だったり,
日本の縄文土器がこの島国で発見されていたりして,
私には大変興味深い国である。
(縄文時代の太平洋の交流?)

『たの授』3月号の感想

仮説社に,『たの授』3月号の感想を送ったつもりでいたが,
送っていないことに気がついた。

善は急げ!昨日それを送った。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『たの授』3月号で特に良かったのは,次の3点です。

(1)子どもたちとの幸せな記憶(四ヶ浦さん)

その人が仮説実験授業に出会った頃の話って,
「自分自身で人生を切り開き始めた」って感じがして,興味深いものです。
だから,いろいろな人のその話を聞いてみたいし,
自分自身の体験も話したくなるのが分かる気がします。

(2)〈予想読み〉の授業(佐藤さん)

仮説実験授業を参考に考えた〈予想読み〉の授業プランは,
子どもにも先生にも大好評だったようですが,
どういう教材だったらうまくいったとか,
これからどんどん積み上げていってほしいな,と思いました。
なんといっても国語は,時間数が多いですから・・・。

(3)〈買いかぶり〉というイジメ(小川さん)

私は「教員の世界にもイジメがある。それを意識できないようでは,
子どもたちのイジメの問題も理解できない」と思っていましたが,
小川さんが引用されていた板倉さんの話(40年前のもの!)には,
すでにそのことが登場していて,我が意を得たりと思いました。

そのほか,「震災と〈訪日外客〉の変遷」のグラフ(竹田さん)
「すごくうれしかった話」(村岡さん)も良かったです。

楽天が,オープン戦5勝目

楽天 3 0 0 0 0 0 0 0 0 計3
西武 0 0 0 0 0 0 0 0 0 計0

楽天が西武ドームに登場した。
そして,7人の投手による完封リレーで5勝目をあげた。

この球場は勤務校が1番近い。
ひいきの楽天が勝ってうれしかった。

2015年3月17日 (火)

疲れたデー

月曜日は「ブルー・マンデー」とも呼ばれ,
しゅーぞさんの名曲「僕はまだ休日の中にいる」じゃないが,
なかなか辛いものがある。

学期末で成績を出さなければならず,
さりとて授業はちゃんと存在し,
短縮はうれしいが職員会議はあり,
さあ成績処理の仕事に取り掛かろうと思ったら,
「副担任の仕事」を頼まれて・・・。

というわけで,午後6時過ぎになってようやく退庁。
雨の中「花咲くコンサート」で使う写真を届けようと,
自転車を走らせるが,そのお宅が見つからず,
苦労は水の泡となる。(やはり郵便にしよう)

【昨日の仕事】

・学年だより39号の発行(卒業式など)
・成績の入力(2学期&学年)
・指導要録のゴム印押し

昨日の部活動 3/16

昨日は,午後2時~4時半のコマだった。
これからしばらくこの時間となる。
木下兄コーチにお世話になった。

くわしく書けないが,協会長杯・県大会に向け,
いろいろなことをやっている。
これが完成すればかなりいけると思っている。

高崎サークル2015年3月例会の資料への感想

遅ればせながら,資料についての感想を書きました。
高崎サークルのあと,忙しい毎日に追われ,
書こう書こうと思いつつ,できませんでした。
ではでは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(1)堀江さん「ルネサンスってなーに?~「写実」や「裸婦」を書くことが命がけだった時代の変革者たち」
(2)堀江さん「ルネサンスからフランス革命へ~ルクチウスの発見がヨーロッパ世界を変えた」
(3)堀江さん「ルネサンスの絵画とは?」
(4)堀江さん「ポンペイの遺跡より」
(5)堀江さん提供「アルツハイマー型認知症とは」(『社会脳からみた認知症』(講談社))
(6)堀江さん提供のパンフ「プレミアムたのしい授業体験講座~関係者の心意気,魂の響き」(5/3,横浜)

スタートが認知症の話で,そろそろ母や私自身も関係してくるのかな,と興味を持って話を聞きました。
「仮説実験授業をしている人は,認知症にかかりにくいのではないか」と思っていたら,
堀江さんもそのように思っていらっしゃるようでうれしくなりました。
ルネサンスについての話は,社会科を教えている私も「目からウロコ」の話の連続でした。
たくさんの資料も用意していただいて,楽しく分かりやすかったです。ありがとうございました!

(7)肥沼「ブロックスとペーパーブロックス~宗さんと平野さんに感謝を込めて」
(8)肥沼「阿部海太郎君と選択社会の授業(1993~94年)」
(9)肥沼「学年だより「脳は主語を認識できない!?」」
(10)肥沼の展示物「ペーパーブロックス」
(11)肥沼の売り物「ラブラブめがね」(点光源にハートマークが浮かんでハッピー!)

「ブロックスは,社会の科学の〈分子模型〉」ということで,
授業書《世界の国ぐに》をやった後などに,生徒自身でつくるようにできないかと思っています。
授業書《もしも原子が見えたなら》も,事後の分子模型づくりがとても評判がいいようですから。
阿部海太郎君のコンサートが4/22(日)に都内であるらしいので,聴きに行こうと思っています。
「脳は主語を認識できない!?」については,「ちょっと危ない話」との批判もありましたので,
これとは違う角度から(前向きになれるような形で)お話を作ってみたいです。

(12)都丸さん「3年生92人に聞きました〈家族との暮らし〉(複数回答)
(13)都丸さん「道徳・読物プラン〈自分がやさしくいるために〉~苦手な人が近くにいたら」

都丸さんの(13)の資料のなかに,こんな言葉があって驚きました。「もうひとつの「自分を守る言葉は,
〈幸せになってね〉と相手に思うことだ,というのです。・・・試してみると,相手をせめている自分がイヤで,
自分をどんどんきらいになっていくという悪循環を断ち切ることができました。」これって,今回私が学年だよりで書いた
「脳は主語が認識できない!?」のタイガーウッズの祈り(対戦相手に対して「ナイスショット」と祈ること)と
かなり共通しているのではないかと思いました。アロマセラピストの今津清彦さんの本を読んでみたくなりました。

(14)栗原さん「思ったようにしか見えない」
(15)栗原さん「ウオンツとニーズ,さらに潜在的ニーズ」
(16)栗原さん「三方よし「売り手よし,買い手よし,世間よし」」
(17)栗原さん紹介『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則』(仲山進也著,講談社)の紹介

栗原さんは(14)と(17)を紹介されていましたが,あとで読ませていただいた(15)のセブンイレブン話と
(16)の近江商人の話も,大変興味深いものでした。栗原さんは,仮説の研究会で仕入れた話を,本当にうまく活用しておられて,
現場の教員に素晴らしいアドバイスをされていると思いました。なにより,押し付けがましさがなく,
「こんな話がありますが,あなたはどう思いますか?」という姿勢がうれしいです。

(18)星野さん「自習監督(補教)と「○○○しい」の高校での追試」

星野さんのやられた「○○○しい」の高校での追試は,「模倣が創造のもと」という精神を表していると思いました。
仮説の授業書をやること自体がそうなのですが,「これは面白い。自分もやってみよう」と思えるものに出会ったら,
それが「創造の第一歩」なのですね。高崎サークルの素晴らしい財産の1つだと思いました。
黒板いっぱいに書かれた言葉(○○○しい)をデジカメに収めようと職員室に走る星野さんの笑顔が目に見えるようです。

(19)森さん 「道徳・読み物プラン「決断の時」」
(20)森さん 「道徳プラン「冬休みの宿題」」

若手の森さんの2つの資料を読み比べてみて,記録性ということを考えました。この2つは,資料名,実施日,実施クラス,
番号・名前,感想,評価,評価の集計とまったく瓜二つです。だから,最初に資料を手に取った時,
「あれ,同じ資料を2つ取ってしまったかな?」と思った程でした。しかし,このような定式化は,次の段階につながります。
森さんの実践が積み重なり,やがてガリ本のようなまとまった形になっていく日が楽しみです。

(21)市原さん「保護者からの手紙で振り返る1年間」(2014年3月)
(22)市原さん「1年間の評価~子どもたちの声,保護者の声を自信に!」(2015年3月)

新任の時から知っている市原さんも,もう実力派の中堅教員ですね。昭島サークルと高崎サークルの2つの舞台で,
それをうまく融合していて,素晴らしいです。「デジカメでムービーシアター」の作成は,思いつきだけではできないもので,
すごいなあと思いました。私にはとてもマネできませんが,マネしようと思うパワーがある人ならマネできるという気はします。
仮説を学びの中心にすえつつ,ほかの分野にも学び,「やはり中心になるのは仮説」という言葉がいいです。

(23)峯岸さん「ティシュで書+」おりぞめ角ラミ封筒
(24)峯岸さん「4年生と初めての〈木版画〉」
(25)峯岸さんの展示「折染め」

職場の人の結婚式(披露宴)ということで,途中で抜けられました。あとで資料を読ませていただきましたが,
山本俊樹さんの「おり染め」と黒田康男さんの「木版画」に学んだ追試の報告で,その素晴らしい作品と授業評価は驚きです。
しっかりと他の先生の追試であると記し,その内容をわかりやすく報告し,さらなる追試をさそう,
それが授業改革の基本ではないかと,あらためて思いました。感想が遅くなってごめんなさい!

(26)永島さん提供「2月例会のDVD」

いつもありがとうございます。サークルにかかわる「かかわり方」はそれぞれでいいのですが,
永島さんの「かかわり方」もなかなか素敵です。そして,それは「高崎サークルの柔軟性」という強さを
表しているような気がします。今後ともよろしくお願いいたします。それと,永島さんからの「宿題」は,
ブログのネタとしても素晴らしいので,どうぞこれからも私を悩ませて下さい。
(「学校教育」の始まりはいつどこでか,鹿児島県の廃仏毀釈の激しさの理由など)

2015年3月16日 (月)

昨日の部活動 3/15

昨日は,午後1~5時のコマだった。
3年生2人の引退試合も兼ねていた。
木下兄一家&たくさんの保護者の方々に
お世話になりました。
ありがとうございました。

2年・3年連合と1年生チームと
保護者+小学生+教員のチームがあった。
私もそれに入って,2回戦った。(2戦2勝だった)(o^-^o)

午後6時半から小平の焼肉食べ放題の店に行って,
お腹の方も満足した。
しばらく肉は食べなくていい。

PS 先ほど体重を測ったら,
昨日から1キロ増えていました。(。>0<。)

楽天が,オープン戦4勝目

ヤク 0 0 0 2 0 0 0 0 0 計2
楽天 3 0 0 0 4 0 0 1 X 計8

入野が先発して,粘投した。
(塩見は4回無安打の快投リリーフでセーブポイント)
打線も先制,追加,ダメ押しの援護をした。
この展開はいい。

アクセスカウンターの非表示


異常なカウント数が刻まれているアクセスカウンターを,
しばらく非表示にしてみます。
値が「正常」に戻ったら復活します。
ご迷惑をおかけします。

2015年3月15日 (日)

バッグ・トゥー・ザ・フューチャー

映画の題名ではない。
「バック」ではなく「バッグ」だからである。

実は,あまりにもバッグが壊れたので,
昨日新しいものと交換した。

私の背中(バック)に背負われていたバッグ(ややこしい)は,
「長い間,苦楽を共にしてきた仲」なので,
なかなか自分としては捨てられなかった。

そのバッグを捨てる後押しをしてくれたのは,
昨日飯能・日高サークルでお世話になった方たちだ。
ありがとうございました。
ようやく捨てることができました。

本日より,ニュー・バッグ。
そこで,バッグ・トゥー・ザ・フューチャーというわけです。

055


飯能・日高サークル 2015年3月

昨日は,上記のサークルに参加した。

参加者は,丸屋さん,佐藤俊さん,原さん,明石さん,坂上さん,私の6名。
会場は,飯能の富士見公民館。

私が午後4時過ぎに会場に着いたので,
「肥さんは,例会ではなく懇親会をめざして来た」
と思った方もおられると思うが,
都内から八高線経由で行こうとしたら,やはり交通の便が悪くて,
到着が遅くなってしまったのである!(と苦しい言い訳)

ちょうど丸屋さんが「世界の発電量」(竹田かずきさんがまとめたもの)の
プリントをやっているところで,
これは私のかなり前の研究(『たの授』の1998年1月号に掲載)を
下敷きにしたもので,こうして皆さんに提供できるようになって
私としては大変喜んでいる。

時間を少しいただいて,最近の2つの資料を紹介。
(1)「ブロックスとペーパーブロックス」
(2)「阿部海太郎君と選択社会の授業 1993~1994年」

サークル後は,飯能駅前の和民にて懇親会。
青木さんと楠本さんも参加して,例会より参加者が多かった。(笑)

楽天が,オープン戦3勝目

ヤク 0 0 0 0 0 0 0 1 0 計1
楽天 2 0 1 0 0 0 0 0 X 計3

エース則本が先発した楽天は,
3回までに3点を取り,試合の主導権を握った。
来週火曜日には西武ドームに来るらしいので,
楽天ファンとしては応援に馳せ参じようと思う。

2015年3月14日 (土)

北陸新幹線,本日開通!

「時間距離」という少々抽象的な言葉。
最近,地理の授業で登場したものだ。
3/14北陸新幹線の開通おかげで,身近に伝えられた。

「東京から金沢まで最短で2時間28分,
富山まで2時間8分で行けるようになる! 」という宣伝の通り,
これまでより1時間20分も「時間距離」が短縮されるのだ。
東京からだと京都へ出かけるのと同じくらいの感覚らしい。

私だと,大宮から乗車することになりそうだが,
これを書いている午前6時から家を出ると,
午前7時には大宮へ,午前9時台にあちらに着いてしまうのだ。
つまり,あちらで朝ごはんを食べられるという訳である。
もう1ついえば,すぐ折り返すと12時台には自宅に戻り昼ごはんをとれ,
またすぐ折り返せばあちらで早い夕ごはんを食べ,
さらに折り返せばこちらで午後9時くらいには晩酌も可能である。
(自宅→金沢→自宅→金沢→自宅)

まあ,こんなバカなことをする人はいないと思うが,
それ程効果的な移動ができる新幹線が開通したというので,
妄想してみたという訳だ。
イメージ湧(わ)きましたか?

時間短縮だけでなく,美しい日本海の眺めや
標高3000m級の山々が並ぶ立山連峰も楽しめるらしいよ。
「そうだ,北陸へ行こう!」な~んてね。

卒業式 2015

昨日は,卒業式だった。
天気も良かったし,
生徒たちの動きも良かった。
来年もこうありたい。

新ガリ本の企画

このところ発行していなかったガリ本だが,
やはり「元気のもと」として作りたい。
これは,その青写真。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仮題 ~ 『肥さんのこの5年~50代前半の仕事』
ページ数 ~ 100ページ
部数 ~ 50部

内容 ~  

【仮説関係】

(1)肥さん年図 2015
(2)肥さんの「論文」一覧
(3)肥さんの「はみだしたの」30年

【古代史研究】

(1)日本古代ハイウェーは九州王朝が作った軍用道路か?
(2)「その王朝は,その時代にナンバーいくつだったか?」年表
(3)「延喜式内社」のグラフ

【被災地訪問】

「肥さんの夢ブログ」から
10回に及ぶ被災地訪問の足跡をたどる

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんか,書き並べてみたら,
もう半分出来上がっているような気も!(o^-^o)

社会科サークルのレポート名

4月の報告者が私と決まったのだが,
レポート名が決まっていない。
「はがき通信」に載せるので,早く決めないといけないが,
これぞ!というものが思い浮かばない。
どうしよう・・・。

丸読み,地図記号かるた,チャレンジ問題は,
すぐに思い浮かんだが,
これらを含めて・・・。

決定!

「最近の私の授業の工夫~
丸読み,地図記号かるた,チャレンジ問題など」

にします。

大石さん→森田さんで
連絡お願いします!

異常なアクセス数(3)

「アクセス解析」によると,

昨日: 1,485 PV~「検索」も含んだアクセス数
昨日: 1,155 Visit~のべ訪問回数
昨日: 1,098 UU ~実際の訪問者数

ということであった。
やはり,おかしい。どこかがおかしい。
(普段の平均アクセス数は,200から300PV)

時間推移でみると,午後9時台が400近く。
平均10秒に1アクセスと突出している。

この調子でいくと,明日にも78万アクセス達成!
ということになるが,これじゃあ盛り上がらないよ。(。>0<。)

2015年3月13日 (金)

卒業式の準備

昨日は,午後2時から卒業式の準備をした。

いろいろあって給食を食べ損なっての仕事は,
あまり愉快なものではなかったが,
いっしょに仕事(紅白幕とストーブ)をした生徒たち
がよく働いてくれたので,
予想より早く終えることができた。
お疲れ様でした!

夕飯には,給食で食べ損なったから揚げを食べた。(笑)

あいせだラジオ

先ほど「あいせだ★ブログ」を訪問したら,
「あいせだラジオ」という試みをやっていた。
本当に2人がラジオに出ている感じがして,うれしかった。
こういうイメージトレーニングは,
愛の世代ズの未来にとっていいのではないかと思った。
(「妄想」ではなく,「イメージトレーニング」でR(あ~る)!)

あいせだ★ブログ

職員室での楽しい会話

昨日,職員室で以下のニュースの話題で話した。
こういう会話,私は好きです。
「夢ブログ」向きでもあります。(o^-^o)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

がん診断、尿1滴で=線虫の習性利用―10年後の実用化目指す・九大など

時事通信 3月12日(木)3時4分配信

体長1ミリほどの線虫を使い、がんの有無を1滴の尿から高い精度で判別することに成功したと、
九州大などの研究チームが発表した。
早期のがんも発見でき、実用化されれば簡単で安くがん診断が可能になるという。
研究チームは「精度の向上などを進め、10年程度で実用化を目指したい」としている。
論文は11日付の米科学誌プロスワンに掲載された。

がん患者の呼気や尿には、特有のにおいがあることが知られており、
「がん探知犬」を使った診断手法が研究されている。
しかし探知犬は育成に時間がかかり、普及には課題が多い。
 
九大の広津崇亮助教と伊万里有田共立病院(佐賀県有田町)の園田英人外科医長らの研究チームは、
体内に寄生した線虫アニサキスを手術で取り除こうとした際、
未発見の胃がん部分に集まっていたことに着目した。

研究チームは、実験動物として使われる線虫C・エレガンスを用意。
この線虫は犬と同程度の嗅覚受容体を持ち、好きなにおいに集まり、
嫌いなにおいから逃げる習性(走性行動)がある。
事前の実験で、がん細胞のにおいを好むことが分かった。

研究チームは健常者218人、がん患者24人の尿を採取。
実験皿の上に1滴ずつ垂らし、線虫の走性行動を調べた結果、
健常者207人と、がん患者23人を正しく判定した。
がん患者をがんと診断できる確率は95.8%に達し、
がんの種類や進行度にかかわらず判別できた。

血液を調べる腫瘍マーカーで、同じ患者らを検査した結果は16.2~25%だった。 
 
がん患者24人のうち5人は、採尿時にはがんが見つかっておらず、
従来のがん検診で見つからない早期がんも判別できる可能性が高いことも分かった。.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確率95.8%というのは,
20回試合をして,19勝1敗。いやそれ以上ということだ。
つまり,一昨年度の楽天の田中マー君の24勝0敗みたいなもので,
破格中の破格の確率なのである。

確率95.8%・・・○○○○○○○○○○○○○○○○○○○●

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

センチュウの実験の結果は,
好きな匂いに集まり,嫌いな匂いから逃げるということである。
これは,主語と目的語を変えると,
生徒は好きな授業に集まり,嫌いな授業から逃げるとはいえないか。
そうすると,「たのしい授業」を研究している仮説実験授業は,
計り知れないくらい高い確率で成功する!?

異常なアクセス数(2)

「アクセス解析」によると,
「夢ブログ」はさらにすごいことになっている。

1度下がるかに見えたアクセス数は,
その後また急上昇し,4ケタにまで膨れ上がった。
(4ケタは,2011年の3月以来か。
例のAC広告機構のCMで流した詩の検索によるもので,
宮澤章二の詩「行為の意味」 についての議論も交わされた)
これはどういうことだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PV~「検索」も含んだアクセス数
Visit~のべ訪問回数
UU~実際の訪問者数

日付    PV Visit UU

03/06(金) 440 308 284
03/07(土) 474 357 337
03/08(日) 669 444 416
03/09(月) 783 573 539
03/10(火) 925 459 419
03/11(水) 688 535 504
03/12(木) 1,173 949 920

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予想 

ア.世の中に「夢ブログ」の魅力が急速に理解された!(o^-^o)
イ.誰かが個人的に熱狂的にアクセスをしている
ウ.アクセス数を急増させてしまうウィルスに感染している(。>0<。)
エ.間近に迫っている「777777」を狙っている
オ.その他

答えは不明ですが,ごめんなさい!
「777777」は,「開設者特権」で,私がゲットしちゃいましたよ~ん。
この映像で,読者の皆さんに「おすそ分け」いたします。

054


2015年3月12日 (木)

「愛の世代ズ」のステージ

「夢ブログ」に「愛の世代ズ」の名前が登場したのは,
昨年12月20日(土)の立川の「農家」での歌会のことだった。
以来3ヶ月,私は彼らを応援してきたが,
その様子をなかなか読者に伝えられなかった。

頭慢さんが撮影した先日の「SlowLife」でのライブを
YouTubeにアップして下さったとのことで,
私も同様のスタイルで「夢ブログ」にて登場していただこう。
では,始まり始まり。(私のプレゼントしたラブラブ眼鏡を
かけてくれています)

「愛の世代ズ」のステージ

https://www.youtube.com/watch?v=hpvNX5krcG8&feature=youtu.be


社会科サークル 2015年3月

昨日は,ちょうど東日本大震災から4年が経った3月11日
=「5年目」に入るという日であった。
テレビでは特集番組が放送され,
学校によっては,弔意を示す半旗を掲げ,
1分間の黙とうをしたようである。
そんな日に,私は上記のサークルに参加した。

参加者は,9名。
大石さん,篠原謙さん,篠原雄さん,宮崎さん,刈茅さん,
荻原さん,早川さん,森田さん,そして私。

前回見られなかった宮崎さんの福島県の映像は見るが,
特別メインリポーターは決めずに,
それぞれの「3・11」を語ろうというものだった。

おみやげは,早川さんから「地図記号」についてのプリント。
(水田ではなく「田」という扱いは,米だけではなく
わさびやい草にも使うとのこと。すると,おかぼは,畑の記号!?)
森田さんからは,「道輔さん」という黒崎彰写真展のパンフや
「除染作業員」募集新聞記事(5時間で2万円の仕事とは・・・),
沖縄新報のコピー,全民研の研究集会(3/29)のパンフなど。
大石さんからは,矢部宏治著『日本はなぜ「基地」と「原発」を
止められないか』(集英社)の紹介とヘイトスピーチに関する資料。
篠原謙さんからは,4年前に行った「昔のくらし」の指導案と,
いつにもまして,多彩なものだった。

私は,「おのくん」の里帰りの報告を軸に,
これまでの4年間の自分と被災地とのかかわりを話した。
宮崎さんからは,まさに昨日の「3・11」の授業の報告で,
湯気が立っているものだった。

議論としては,地震→津波→被災という自然災害についての内容と,
地震源の巣のようなこの国に原子力発電所を50機も稼動している
という人災の部分をどう融合させて教えるかということであった。
日本は,フランスやアメリカとともに原発を推進している国の1つだが,
環太平洋造山帯という「危険地域」に立地しているという点では,
「世界で一番危険な国」ともいえるかも。

早川さんが,一種の「○○の名産地」の授業をやったそうだ。
世界の震源地の地図(黒のドット)と世界の原子力発電所(赤のドット)を
重ねてみるという試みだ。これは,使える!
さっそく原発の多い近畿地方の若狭湾か東北地方の福島のところで
活用したいと思った。(生徒たちに,震源地の世界地図を配り,
赤でドットを打ってもらう。これは,教師がいくら原発の危険性を訴えるより
はるかに説得力を持つ作業になりうるのではないかな)

卒業式予行と「卒業生に学ぶ会」

今年は卒業式が13日(金)といつもより2日早いせいもあって,
昨日その予行と「卒業生に学ぶ会」が両方いっしょに行われた。
私は,実家訪問をしてからの登場(2時間の年休)だったこともあり,
その速さにはついていけない程だった。

やはり,2つの行事をやることは無理のようで,
イスの片付けのことで給食に支障が出た。
(担任が足りな~い!)

歌の方はけっこう声が出てきて,当日が楽しみである。
また,5人の卒業生の進路のアドバイスは,
それぞれしっかりと語れていて良かった。
彼らとの生活もあと2日だ。

昨日の部活動 3/11

昨日は,午後3時半~5時半と意外に時間があった。
木下兄コーチにも来ていただいて,
いろいろな生徒にアドバイスいただいた。

1年生のアタッカーの競争が見られてきて,
今後が楽しみなところ。
ぜひ競り合う中で成長してほしい。
ただし,ケガには十分気をつけてほしい。
協会長杯の県大会まで,2ヶ月を切っている。

春休みに入った28・29日の件だが,
もし合い方の先生が外に出るようなら,
私が居ることにした。
ちょうど春休みの予定表が出て,28日が午前中,
29日が午後なので,それを利用させてもらう。
研修会が半分の1日分になってしまうのはもったいないが,
まあゼロよりはマシである。
その分というわけでもないが,
もし22日(コンサートのために体育館が使えない)が
場所の確保ができないようなら,
休養日にしようかと思っている。

2015年3月11日 (水)

東日本大震災から4年

本日で「5年目」を迎える東日本大震災。
私のかかわりをメモしておこう。

2011年3月11日,6時間目の授業を始めたところで大揺れを経験する。

直後1週間は「夢ブログ」にたくさん書くが,
その後どう行動していいか指針が定まらぬまま,1年半が経過する。

2012年7月,仮説実験授業研究会の夏の大会が宮城県松島市で開かれたのをきっかけに,
約10回の被災地訪問を行う。

東名,野蒜,石巻,女川,気仙沼,陸前高田,南三陸町,釜石を巡る。

授業,サークル,花咲くコンサートに関りながら,
被災地訪問を通して思ったこと,考えたことを報告する。

2014年12月31日,テレビで「おのくん」の取り組みを知り,
新たな行動指針を得る。

4年を経て,改善されたこと,そうでないことを頭にいれつつ,
今後も東日本大震災を通して,どう行動したら考えていきたい。

4/4(土),小手指公民館分館にて,
「第3回花咲くコンサート」が開催される。
私も「おのくん」の取り組みを紹介するために時間をいただいている。

楽天,オープン戦2勝目

西武 1 0 0 0 0 1 4 0 0 計6
楽天 6 0 1 0 0 0 0 1 X 計8

1回裏に大量6点を奪い,試合の主導権を握った。
しかし,7回に4点取られて1点差まで迫られるなど,
大味で課題を残す試合だった。
早く「スカッとした勝利」を見たいものである。

海太郎君にメールを送る

昨日は房yaに寄って,
ラブラブめがねや男女の感性の違いなど,
楽しい時間を過ごしたのだが,
Yさんがスマホを駆使して,
海太郎君のサイトや演奏会の予定を見つけてくれた。

そこで,メールアドレス宛てに,
以下の挨拶を送ってみた。
返事が来るとうれしいのだが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お元気ですか?

三ヶ島中時代にご一緒した社会科の教員の肥さんです。
先日村山さんたちと被災地支援(宮城県東松島市)を訪問した際,
海太郎君が大活躍しているとの話をうかがい,
大変うれしく思った次第です。

当時から才能の片鱗は感じていましたが,
これほど多くの人に知られる存在になろうとは!
さっそくCDを3枚ほど購入し,聴いてみました。
その実験的な音楽の試みに,希望を感じました。

「肥さんの夢ブログ」というサイトを開設して10年ほどになります。
もしよろしかったら,訪問してみて下さい。
私も演奏会での梅太郎君を見せてもらいに行きます。

まずは,ご挨拶まで。

年休1時間

学校で便利なところは,
時間で年休が取れるところだ。
世の中は午後5時で締め切られるところもあるので,
午後4時に出られれば,いろいろなことができる。

昨日は,公民館の機材の借用に出かけた。
部屋自体はすでに予約してあったが,
そこでDVD再生機とテレビを借りるのは
いまだに「借用書」を書くというアナログぶりで,
しかも5時過ぎると高齢者事業団による警備となってしまい,
そこでは「私たちはわかりませんので,明日またおいで下さい」となって,
振り出しに戻されてしまうのだ。

ということで,昨日は公民館の備品借用と
歯医者(ふだんは火曜日が混んでいるので水曜日)に行けた。
実家にも寄る予定だったが,これは断念した。
本日は,1・2校時が空いているので,
実家経由で学校に向かう予定。

2015年3月10日 (火)

2週末に渡るハードスケジュール

先々週末は,「おのくん」の里帰りと「農家」の歌会。
先週末は,高崎サークルと「Slow Life」のライブ。
2週末連続フル回転したので,さすがに疲れが出てきた。
今週はおとなしく授業にいそしみます。

とはいえ,卒業式が金曜日にあり,
その2日前の水曜日に予行と卒業生に学ぶ会があり,
これで何時間も行事に占領される。
ああ,無情。(。>0<。)

異常なアクセス数

「アクセス解析」によると,
「夢ブログ」はすごいことになっている。

PV~「検索」も含んだアクセス数
Visit~のべ訪問回数
UU~実際の訪問者数

私はこのように3つの数を考えているのだが,
実感はわかない。

日付    PV  Visit UU  主な話題
03/01(日) 464  313  284  「おのくん」の里帰り,第3回「農家」訪問記
03/02(月) 451  282  259  阿部海太郎君のこと
03/03(火) 355  223  207  海太郎君のCD(1)
03/04(水) 370  264  240  同(2)
03/05(木) 398  294  272  同(3)
03/06(金) 440  308  284  「死んだ男の残したものは」
03/07(土) 474  357  337  卒業を祝う会,「あなたが・・・行けるなら」
03/08(日) 669  444  416  高崎サークル3月例会記事
03/09(月) 783  573  539  第1回「Slow・Life」訪問記

先週盛り上がったアクセス数が,今週どうなっていくのか,
それは私にはわからない。
ただ,思ったこと・感じたこと・考えたこと等を
毎日書き続けていくのが「夢ブログ」だから・・・。

2015年3月 9日 (月)

昨日の部活動 3/8

昨日は,午前8時半~12時半のコマだった。
木下兄コーチにお世話になった。

協会長杯の県大会を意識した,実践的な練習を行った。
春休みには「力試し」の練習試合を入れられたらと思う。

15日(日)の午後の練習は「引退試合」として,
練習後小平市にある焼肉店でお別れ会をすることになった。

女バレは弟コーチにお世話になったが,
3年生が5人ほど来ていた。
あちらも15日(日)にお別れ会をするとのこと。

初めて蔵前の「Slow Life」に行ってきた!

しゅーぞさんに連れられて立川の「農家」に行った時,
「こんな素敵な空間があるのだ!」という事実に私は感動した。
それほど居心地が良かった。
これが12月下旬のこと。

ところが,雰囲気はちょっと違うが,
ここ蔵前(台東区)の「Slow Life」にも,
そんな素敵な空間をまた発見した。
あれから,まだ2ヶ月半だよ。
スゴ過ぎるこの3ヶ月・・・。

今回は,その第1回「Slow Life」訪問記だ。
(しゅうぞさんは,昨日は欠席。残念でした!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

部活を終えて,小手指駅前の「王将」で名物セットを食べた。
(ラーメン,半チャーハン,餃子3個,から揚げ2個で,980円)
自宅に戻って,小休止。ゴロンとしたのがいけなかった。
気がついたら,3時半。開店の1時間半前じゃないか!
果たして肥さんは,ライブに間に合うのでしょうか?
(方向音痴には絶対の自信を持つ私は,
浅草橋駅からタクシーに乗るという暴挙に出た。
しかし,これは快挙となった。だって,5時過ぎには着いたからね)

037

会場では「愛の世代ズ」がリハーサルをしているところだった。
「純粋なお客さん第1号」と認定され,
ステージから程よい距離のところに座席を確保した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

heart04スーパー大開店ライブ!「アコースティックポップの夜」heart04
(頭慢さんによる命名)

ライブが始まったのは,午後6時半。
出演者の過半数を私も知っているという
不思議なライブだ。
以下,出演者の写真と曲名(わかる範囲で)。

(1)店主の奥村夫妻と小田切さんのグループ

「TSUNAMI」 奥村さん+小田切さん

038

「ハナミズキ」 たまえさん+くりさん

051

「リッスン」 たまえさん

(2)「愛の世代ズ&龍牙さん」~ただ今人気上昇中

「~イン・ザ・ナイト」龍牙さん(ルテさん作)
「~その(1)」

「乾き」たべさん+龍牙さん

041

「~その2」以下,愛の世代ズ
「ひたひた」
「じいちゃんの歌」
「新宿の夜」
※ あいせだグッズ「えびキーホールダー」を購入。

042

(3)頭慢さん~「私的20世紀回顧」をテーマとして

「あめふらしの心」
「帰り道(人形姫)」
「古い歌は色あせたあの頃の面影と
手ずれのした思い出たちの匂い」
「真っ赤なカンナ咲いて」
カバー曲「マスカレード」
「伝統」(頭慢作の「悪魔くん」の主題歌。合唱)
「きっといつか」
「卒業」

049

(4)くりさん(ピアノの弾き語りの女性)

「~リトル・プレーヤー」

050

「そうだ友だちに会いにいこう」
「アーモンド」
「今夜は~」頭慢さんと

(5)森川悠さん~若いけど「懐かしい」実力派シンガー

「天国に行きたい」
「そうか」
カバー曲「夢は雲の上」
「涙」※
「カレンダー」※
「花束」※
「マーマレードなんて食べたかないよ」
「すきまだらけの夜に」※
アンコール曲「地下鉄」※

052

「レノン・ハウス」のオーナー本田さんや
YouTubeではたびたびお目にかかっている同業者の青柳さん。
その他1度「農家」でお目にかかった気がする
何人かの人たちと楽しい時間を過ごせた。

最後は,頭慢さんの音頭で集合写真。
再会を約束して,お開きとなった。

森川さんの5曲入りCDも500円で購入。
※を付けた5曲を収録。
これで500円は安すぎる!
(今なら握手も無料だよ!)

PS 持参した「ラブラブメガネ」の効果的な使用例を発見。
「愛の世代ズ」のスパンコールを見たり,
ライブを終えての帰り道の道路(車,信号,街灯など)が
とてもハートフルだった。「点光源」がいっぱいあるんだな!

2015年3月 8日 (日)

明治の初期に、鹿児島県で何があったのか

高崎サークルの休憩時間の時,
永島さんからまた「宿題」が出された。
(前回は「学校が発明されたのは,いつ,どこの国でか」についてであった)

今回は,「明治維新の時,鹿児島県では廃仏毀釈が激しかった。
それはどうしてか?」というものであった。

私は,明治維新で新政府側になった鹿児島県では,
より「廃仏毀釈の嵐」が激しく吹いたのではないでしょうか」
とその時にお答えしたが,あとで検索もしてみた。
キーワードは「明治維新 廃仏毀釈 鹿児島県」である。

すると,こんなサイトが,上記の題名で書いていた。
鹿児島県に国宝が少ないのも,廃仏毀釈のせいかもしれないとのこと。
読んでみていただけたら幸いである。

「しばやんの日々」2010年02月07日(日)

http://blog.zaq.ne.jp/shibayan/article/32/

久しぶりに仮説社へ

午前中に仮説社に寄って,
買い物と情報収集を行った。

(1) かけるだけでハッピーになるメガネを購入

蔵前のスローライフでのライブに持っていく予定。
一点光源に対してハートマークが出る!
これは絶対愛の世代ズにウケるとみた。

(2)Xージャイロが商品展示されていた

10年ほど前仮説社に紹介した時,反応が良くなくてあきらめたもの。
う~ん,私は世の中より10年早かったのかも・・・。

(3)『ものづくりハンドブック・8』ができていた

仮説社の人気シリーズである『もの・ハン』。
その第8巻がすでに出来上がっていた。
荷物になるので,昨日は購入せず。

午前11時19分発の高崎行きで新宿駅を出発。
予定では,1時10分頃到着の予定。
1時15分に駅前に迎えに来ていただくのに,
まさにぴったりの電車であった。

高崎サークル 2015年3月

堀江さんをお招きしての今月のサークル。
最初の講演・授業が3時間に,資料発表が1時間。
果たしてどんなサークルになるのでしょうか?
(文責は,肥さんです)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話は「認知症」から始まりました。
家族に「認知症」の人がいると大変です。
それは本人のせいではないのですが,
家族のことだけにも出来ない。
少子高齢化の傾向がますます大きくなる現在,
社会全体で考えないといけない問題だという気がしました。

「自分にとって大切なものには強い執着がある。
しかし,そうでないことにはまったく関心がない」

これは「認知症」の人に限らず誰にでもありうること。
それが極端に出ているような気がします。
若い頃から「たのしく学び,気持ちよく過ごす」ということは,
認知症になりにくくなり,もしそうなっても
その対応に手がかりを得られるような気がしました。
そうしたら,まさにその仮説(仮説実験授業をすることは,
主体的な生き方をすることであり,対認知症になりうる行為)を
堀江さん自身も言っておられました。私もそんな気が・・・。

私の母も現在80歳になり,そろそろ実家のことも
「バトンタッチ」を考えなくてはいけない段階になりました。
今は週1回実家に寄り,買い物とアパート関係の書類チェック,
庭周りの仕事などをしてあげています。

「やりすぎることはプラスにならない」というのが
看護士をしているオバからのアドバイスで,
週に1度の実家訪問は「やりすぎない」という点では
いいペースなのかと思います。
父が亡くなったのが8年前ですから,
もう8年そういう生活が続いています。

堀江さんの話は教材の方に移っていき,
「丸読み」や「デザイン」も認知症治療になるという話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

休憩後,「世界史入門」の復習へ。
年表に関係国や人物を貼っていくのですが,
「ローマ帝国」の前の時代を「ローマ共和国」と表示したのには,
違和感を感じ,ちょうどパソコンを持っていたので,検索してみました。

すると,「ローマ共和国」という場合は,
1798年にスタートした18世紀の「ローマ共和国」または,
1849年にスタートした19世紀の「ローマ共和国」を指すようで,
堀江さんの場合は,「古代ローマ共和国」または「共和制ローマ」という方が,
誤解を招かないと思いました。(それ以前は「王政ローマ時代」)

話は,ルネサンスへ。
「ルネサンスと言えば・・・」で,レオナルド・ダ・ビンチと「モナ・リザ」。
空気遠近法(遠くの風景はぼかす)やスフマート技法(輪郭線を描かない),
動きのある絵(ふくよかで,温かみがある人間的な表現も)など,
新しい技法は,科学とともに表現されるようになったものだということでした。
(このあたりのことは,ちょっとあいまいです)

ダビンチの「受胎告知」の背景には,
天使「神の特別なお計らいで,あなたは神の子を宿すでしょう」
マリア「そんなことはありません」
天使「恐れることはありません。神が共にありますから」
といったような会話があったとのこと。

・「受胎告知」の中のリアリズムの追求・・・背景のユリ(清純派の表現)に
おしべとめしべが描かれている。生殖の表現はタブーなはずである
・二つの「岩窟の聖母」・・・最初はなかった光輪が,のちに修正されている
(当時そのような表現をするのは点「命がけ」だった!)
・「最後の晩餐」の中のユダ・・・彼だけ驚きの動き

ほかの絵画についても,ルネサンス期の絵には,
いろいろな試みがされているという例を紹介していただきました。

・マッチョな女性
・おじさん顔の赤ちゃんのイエス,
・男性の裸体のオンパレード
など,個性が次々と。

単独で「風景画」を描いた人は?
ジョルジョーネという画家!
「嵐(テンペスタ」)

それまでタブーであった,宗教画の個性的な表現と裸婦像。
しかし,その後表現はどんどん自由になり,
それを理由に裁判に掛けられることもなくなり,
逆に賞をもらい,賞賛されるようになっていく・・・。

マネがタブーに挑戦した。
そして,マネから自由に絵を描ける時代になった。
堀江さんのお話を聞き,ルネサンスについての新たな認識を得ました。
科学と絵画との関係,もっともっと知りたくなりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参加者は,15名。

堀江さん,峯岸さん,品川さん,美里さん,栗原さん,永島さん,川又さん,
市原さん,新井さん,都丸さん,星野さん,藤倉さん,森さん,持木さん,私。

資料は,23点。

(1)堀江さん「ルネサンスってなーに?~「写実」や「裸婦」を書くことが命がけだった時代の変革者たち」
(2)堀江さん「ルネサンスからフランス革命へ~ルクチウスの発見がヨーロッパ世界を変えた」
(3)堀江さん「ルネサンスの絵画とは?」
(4)堀江さん「ポンペイの遺跡より」
(5)堀江さん提供「アルツハイマー型認知症とは」(『社会脳からみた認知症』(講談社))
(6)堀江さん提供のパンフ「プレミアムたのしい授業体験講座~関係者の心意気,魂の響き」(5/3,横浜)

(7)肥沼「ブロックスとペーパーブロックス~宗さんと平野さんに感謝を込めて」
(8)肥沼「阿部海太郎君と選択社会の授業(1993~94年)」
(9)肥沼「学年だより「脳は主語を認識できない!?」」
(10)肥沼の展示物「ペーパーブロックス」
(11)肥沼の売り物「ラブラブめがね」(一点光源にハートマークが浮かんでハッピー!)

(12)都丸さん「3年生92人に聞きました〈家族との暮らし〉(複数回答)
(13)都丸さん「道徳・読物プラン〈自分がやさしくいるために〉~苦手な人が近くにいたら」

(14)栗原さん「思ったようにしか見えない」
(15)栗原さん「ウオンツとニーズ,さらに潜在的ニーズ」
(16)栗原さん「三方よし「売り手よし,買い手よし,世間よし」」
(17)栗原さん紹介『今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則』(仲山進也著,講談社)の紹介

(18)星野さん「自習監督(補教)と「○○○しい」の高校での追試」

(19)森さん 「道徳・読み物プラン「決断の時」」
(20)森さん 「道徳プラン「冬休みの宿題」」

(21)市原さん「保護者からの手紙で振り返る1年間」(2014年3月)
(22)市原さん「1年間の評価~子どもたちの声,保護者の声を自信に!」(2015年3月)

(23)峯岸さん「ティシュで書+」おりぞめ角ラミ封筒
(24)峯岸さん「4年生と初めての〈木版画〉」
(25)峯岸さんの展示「折染め」

(26)永島さん提供「2月例会のDVD」

堀江さんの講演授業+資料発表での,中身の濃~い例会でした。
このあと,8名で,高崎駅近くの居酒屋にて夕食会が行われました。
「昭和生まれ」が7名と「平成生まれ」が1人と分かり,
それでしばらく盛り上がりました。

各資料についてのコメントは,明日以降に書きますね。

2015年3月 7日 (土)

ハッピーな週末

ここ1か月,いろいろな楽しいこともあったが,
いろいろ大変なこともあった。

楽しい方の代表は,「農家」のライブや「おのくん」ハウスへの再訪問(いわゆる「里帰り」)。
大変な方の代表は,「卒業を祝う会」や「定期試験」。
それらが昨日までに終わり,
この土日は,ハッピーな週末になりそうだ。
そのラインナップは・・・?

3/7(土)~午前中「仮説社」へ
       午後「高崎サークル」(堀江さんの講演あり)へ(o^-^o)
3/8(日)~午前中「部活動」へ
       午後「蔵前のスローライフでのライブ」(顔見知りが多数出演)へヽ(´▽`)/

このうち,「蔵前のスローライフでのライブ」は,
昨日実現できることを確認して,
一挙にハッピーな週末になることが約束された。

弾けるぜい!happy01

♪「あなたが蔵前のスローライフに行けるなら・・・」♪

「農家」でお会いして以来,
私が大ファンになってしまった頭慢さんの
とても素敵なメッセージソングに,
「あなたが歌を歌えるなら歌を歌うべきだと思う」という
とても長い題名の名曲がある。

その歌詞を借りて言えば,
♪「あなたが蔵前のスローライフに行けるなら,
蔵前のスローライフに行くべきだと思う」♪
ということになる。

明日の部活動・・・午前8時半~12時半
ということは,午後の予定は?
「ない」!!!

ということは,以下のライブに行けるということでR(あーる)!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「Slow Life」

Acoustic Pops Night(By公認Artist)
~愛の世代ズ&龍牙
~頭慢
~森川悠

Open 17:00
1,OOO¥+Drink

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もうこれは,夢のような企画である。
「農家」なんだか,「スローライフ」なんだか,
「スローライフ」なんだか,「農家」なんだか・・・。
まったく同じメンバーに翌週も会えるとは!

これは,今まで1ヶ月「卒業を祝う会」で頑張ってきたごほうびなのか!
夢か幻か,いやこれは現実なのだ!
そんな気がする大チャンス!(o^-^o)

生きているということ
今生きているということ
「それはライブ!」ヽ(´▽`)/

♪「あなたが蔵前のスローライフに行けるなら,
蔵前のスローライフに行くべきだと思う」♪

スローライフ
https://www.facebook.com/LiveBarSlowLife

卒業を祝う会 2015

昨日上記の会が行われ,
2年生は,以下の出し物をした。

(1)「不動の整列」
(2)「生きる」の群読
(3)「明日のために」の合唱

まあ「突き抜ける!」というところまでは行かなかったが,
「なんとか,ここまで漕ぎつけた~」という感じかな。

卒業を祝う会の「縮小化」の動きの中で,
またいろいろ議論が分かれる中で,1つの形にはなったと思う。
(3年の主任の先生には,そこはほめていただけた)
熱いものが込み上げてきた。

全体を総まとめ役である先生とだけは,
「お疲れ様でした」とあいさつができた。
それだけで,私は満足。

昨日の部活動 3/6

卒業を祝う会のイスは,人海戦術で片付けられたものの,
我が男バレはあいにく「外金」(=「外で活動する金曜日」,肥さん造語)
当然「内金」=「体育館で活動する金曜日」もあり,肥さん造語)。
走ったり,対人パスをしたり・・・。

う~ん,やはり体育館での活動でないと難しい。
週末の土日に期待である。

2015年3月 6日 (金)

死んだ男の残したものは

「SONGS」のゲストに大竹しのぶが出ていた。
その中で長谷川きよしと「死んだ男の残したものは」を
デュエットしていた。

昔から気になっていた歌だったので,
「夢ブログ」で取り上げてみることにした。

さっそく「ウィキペディア」を検索してみて驚いた。
この詩は,卒業を祝う会の群読で取り組んでいる「生きる」と同じ
谷川俊太郎の詩だったからである。

本日「生きる」の群読は本番に臨むが,
これも何かの縁だろうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

死んだ男の残したものは

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

「死んだ男の残したものは」は、日本の反戦歌の1つである。
谷川俊太郎の作詞、武満徹の作曲による。

ベトナム戦争のさなかの1965年、「ベトナムの平和を願う市民の集会」のためにつくられ、
友竹正則によって披露された。
谷川に作曲を依頼された武満は1日で曲を完成させた。
武満はそれを「メッセージソングのように気張って歌わず、
『愛染かつら』のような気持ちで歌って欲しい」
という手紙を添えて渡したというエピソードが残っている。

倍賞千恵子、沢知恵、鮫島有美子、林美智子、ドミニク・ヴィス、石川セリ、
高石友也、小室等、岡村喬生、やもり(森山良子と矢野顕子)のように、
ポピュラーからクラシックの歌手まで広く歌われている。

後に、林光がピアノつきの混声合唱曲に編曲。
その後、作曲者の武満自身も1984年に無伴奏の合唱曲に編曲した。
これら合唱編曲も合唱団のレパートリーとして重要なものとなっている。

6節の有節歌曲である。
各節で、死んだ人たちや歴史の「残したもの」が2つずつ列挙されるが、
その2つ以外に残したもの、あるいは残っているものは何もない、という内容の歌である。

河出書房の『日本の詩人17 谷川俊太郎詩集』(1968年)に収録されている。

1969年の森谷司郎監督の東宝映画『弾痕』で使用された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

死んだ男の残したものは

谷川俊太郎作詞・武満徹作曲

(歌詞については,ご自分で検索してみて下さい)

1,2年生合同リハーサル

卒業を祝う会を翌日に控え,上記の会が
体育館にイスも並べて行われた。

吹奏楽の練習と送り出し体制の練習のあと,
1年生の出し物と2年生の出し物を行った。

2年生は「不動の整列」「生きる」の群読,「明日のために」の合唱を,
実際のひな壇の上でやってみた。
学級委員のアナウンスも最初と途中と最後にはさみ,
実際に行う形でのパフォーマンスだった。

これまで私が2年の出し物の中心となってきたが,
無用な口出しはせず,学年黒板に掲示するための写真を
一番後ろのギャラリーから撮った。

1年生を「観客」にしてのリハーサルは,
緊張のためかちょっと速めになってしまっていた。
本番の時には修正し,
落ち着いて堂々とやってほしい。

※ 日程が変更になって,
5校時に武道場で「おさらい」ができた。
1時間仕事が増えたが,
学級委員のアナウンスを入れた
「完全版」で練習できたので助かった。

昨日の部活動 3/5

昨日は,卒業を祝う会の1,2年生合同リハーサルがあったために,
体育館に大量のイスが残され,とても活動できる状況ではなかった。
中庭で対人パスなどをしたが,短時間で終了し,
中途半端な感じでお開きとなってしまった。
朝練も同様に体育館内は使えず,放課後も「外」。
実際に体育館で練習ができるのは,土曜日(午前11時~午後2時)となった。

2015年3月 5日 (木)

巨大古墳vs神籠石山城・水城

「新古代学の扉」サイトには「洛中洛外日記」のコーナーがあるが,
よく「邪馬台国」畿内説の人が提出する
「近畿地方が,次の古墳時代の巨大古墳の所在地であるから」という考えを
古賀さんがものの見事に批判していると思うので,
転載させていただきたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古賀達也の洛中洛外日記
第885話 2015/02/28

巨大古墳vs神籠石山城・水城

 関西の考古学者と積極的に意見交換を続けられている服部静尚さん
(『古代に真実を求めて』編集責任者)によると、
「邪馬台国」畿内説に立つ考古学者の根本的な理由は、
列島内最大規模の巨大古墳群が近畿にあることから、
古墳時代における列島内の中心権力者が畿内にいた証拠であり、
弥生時代もそうであったはずということのようです。

そのため、巨大前方後円墳の始原を畿内の古墳時代前期の纒向型前方後円墳であるとみなし、
その編年を弥生時代(卑弥呼の時代、3世紀前半)に編年操作しようとしていると思われます。
 何度も指摘してきましたが、「邪馬台国」畿内説なるものは、
『三国志』倭人伝に記された倭国中心国名を改竄し(邪馬壹国→邪馬台国)、
その方角も改竄し(南→東)、その距離(12000余里)も無視し、
倭国の文物(鉄・絹・銅鏡)も無視・軽視するなどの研究不正のオンパレードで、
およそ学説(学問的仮説)と呼べる代物ではありません。

 普通の人間の理性からすれば、これほど倭人伝の内容と大和盆地の地勢・遺物が異なっていれば、
倭人伝の邪馬壹国とは別の王権が畿内や関西にあったと考えるのが学問的論理的とわたしは思うのですが、
彼らはそうした思考が「苦手」なようです。
その「苦手」な理由については別に考察したいと思います。

 とは言え、列島内最大規模の巨大古墳群が近畿(大和ではなく河内が中心)にあり、
北部九州よりも「優勢」という指摘は古墳時代の考古学事実に基づいており、
その点は検討に値する指摘です。

古田先生はこの問題についていくつかの反論をされていますが、
当時の倭国は朝鮮半島で軍事的衝突を繰り返しており、
巨大古墳を作る余裕はなく、逆にあればおかしいとされています。
従って、巨大古墳を造った勢力は朝鮮半島で戦っていた倭国の中心勢力ではないとされました。

 巨大古墳を古代における土木事業という視点からすれば、
同様に北部九州にある神籠石山城(複数)や水城(複数)の大規模土木事業の存在に
注目しなければなりません。
たとえば太宰府を防衛している大水城(全長1.2km、高さ13m、基底部幅80m。博多湾側の堀は幅60m)は
土量は384000立方メートル、10tonダンプで64000台分に相当するとされています。
動員された作業員は延べ110万人は下らないと見られています。
この太宰府の北西の大水城の他に小水城や、
久留米市には有明海側からの侵入を防ぐために上津荒木(こうだらき)の水城も造られています。
 
 神籠石山城群も太宰府や筑後「国府」を防衛するように要衝の地に点々と築城されています。
(雷山・高良山・阿志岐山・杷木・女山・帯隈山・おつぼ山・鹿毛馬・御所ケ谷・唐原など)。
直方体の大石を石切場から山頂や中腹に運搬し、山を取り囲むように巡らせ、
その列石上には土塁を盛り、前には木柵を設け、
列石の内側には倉庫や水源、そして水門まで造営されています。

 これだけでもいかに巨大な土木事業であるかをご想像いただけると思います。
大量の大石を石切場から山頂に運搬するだけでも、
専用道路が必要ですから現代でもかなり大変な巨大土木事業といえるでしよう。
おそらく水城や神籠石山城の造営は近畿の巨大前方後円墳以上の規模ではなかったでしょうか。
 
 この他に太宰府の北側には大野城、南側には基肄城が造営されていますから、
北部九州には列島内最大規模の古代土木事業の痕跡があるのです。
お墓と防衛施設とでは、どちらが「都」に相応しいか言うまでもないでしょう。
近畿の巨大古墳群を自説の根拠にしたいのであれば、
北部九州の巨大防衛施設にも言及すべきです。
両者を比較した上で、列島内の中心権力者の都の所在を学問的論理的に提起すべきです。
それが学問というものです。

阿部海太郎君のCD(その3)

(3)アンサンブル楽曲を中心に様々な音の構築に挑んだ
『シネマシュカ、ちかちかシネマシュカ』(2012年)。

このCDもいろいろな楽器や「音の出るもの」をさまざまに使って,
音を楽しむ試みをしているように感じた。
繊細で,妥協のない模索活動が,心を惹きつける。
もしかしたら彼は,すべてのものから「音楽」を引き出す才能に
恵まれたのかも・・・な~んてね。
本人の解説を聞いてみたいなあ。

PS このCDは,私が持っているなかで,
1番値段も高いものとなった。

036


昨日の部活動 3/4

昨日は,午後4時15分~5時15分のコマだった。
終了時間と最終下校時間がはっきりせず,
もやもやの終わり方だったが,
まだ5時15分と5時半のようだ。
日が伸びてきたので,「まだできる」感がただよう。

PS 昨日は私の知り合いの50歳の誕生日だった。
いい1日になっただろうか?
そうだったらいいと思う。

2015年3月 4日 (水)

阿部海太郎君のCD(その2)

(2)クラシックを土台にした自由な編成の室内楽を聴かせた
『SOUNDTRACK FOR D-BROS』(2008年)、

昨日のCDが街中の音を楽しむ実験的要素が多かったのに対し,
もちろんこちらにもその趣きはあるのだが,
より落ち着いた癒(いや)しの音たちという感じがした。
ピアノ,オーボエ,ファゴットたちと友達になれそう!

こちらも和音と不協和音を自在に駆使し,
飽きさせない工夫がされているというところか。

いつか阿部君と再会したら,
もちろんグラスを傾けながらだが(これは外せない!),
そんなたわいもない質問をしながら,このCDを聴いてみたい。
そんな気持ちにさせる1枚だ。(o^-^o)

035


昨日の部活動 3/3

昨日は火曜日だから,本来なら「定休日」。
テストも終ったし,すぐ採点がしたいところだ。
(時間がない,2日目の教科だし)
ところが現実は甘くない。
来年度に入学してくる6年生の説明会と部活見学ときた。
私もある小学校のクラスの担当だ。
まあ,その子たちと話すことができたのはよかったが,
ここのところの日程は,
テストを作り,テストを採点することを,
考慮に入れて立てられたものだろうか?
と疑問を呈したくなるような有様だ。

とはいえ,「定休日」で体かなまってしまうことを考え,
公民館での練習を入れて下さり,
木下兄コーチには感謝しております。
ありがとうございました。

5月の連休あたりに行われる協会長杯・県大会まで,
あと2ヶ月となった。
前回の学総体・県大会での悔しい思いを繰り返さぬように,
捲土重来の勢いで練習しよう。

※ 捲土重来~けんどちょうらい。
土煙をあげるほどの勢いで,再起してくるたとえ。

体育館の「ひな壇」での学年練習

テストが終わった直後の学活。
それは,卒業を祝う会の練習だった。
本当ならそんな時間に練習を組むことはありえないと思うのだが,
日程変更でそうなってしまった。
本当に「本気で祝う会をやりたいのか?」という疑問を
少なからぬ人が持ったと思う。w(゚o゚)w

武道場にて~「生きる」の群読1回,「明日のために」の合唱を2回行った
体育館の「ひな壇」にて~群読と合唱を1回ずつ行った

細かいところは置いておくとして,
1時間前までテストを受けていた生徒たちなのに,
よく頑張ってくれたと思う。
生徒たちに感謝したい。(o^-^o)

このあと,前日の木曜日に「1,2年生の合同リハーサル」。
この時に,まず1年生を感動させ,
その勢いで本番の金曜日に3年生を感動させる作戦。
果たしてうまくいくでしょうか?
その結果は,また「夢ブログ」で報告しましょう。

2015年3月 3日 (火)

3月の楽しみ

もう3月に入っていた。
「1月は往く,2月は逃げる,3月は去る」
時の経つのは早いもの・・・だ。
そうそう,「3月の楽しみ」を書いておかねば。


3/6(金)・・・卒業を祝う会         
        (「生きる」の群読,うまくいくかな?)
3/7(土)・・・高崎サークル
        (堀江さんの講演が中心)

3/11(水)・・・社会科サークル
        (東日本大震災から4年)

3/13(金)・・・卒業式
        (男女ハレー部関係生徒も卒業)
3/14(土)・・・飯能・日高サークル,昭島サークル,浦和サークル
        (うっ,どこもご無沙汰しています)

3/17(火)・・・楽天が西武ドームに来る!

3/21(土)・・・所沢東中に出かけて練習試合。
富岡中も来るとのこと。リベンジだ!

3/28(土)~29(日)・・・東日本たの授フェスティバル

迷惑メール~「父より」,「母より」

私のところにも迷惑メールはたくさん来るのだが,
昨日こんなやつが届いたので,ブログネタにさせてもらいつつ,
注意喚起いたします。

(1)父より~「お母さんが亡くなりました。大至急連絡下さい。」(以下,サイトのアドレス)
(2)母より~「お父さんが浮気しました。大至急連絡下さい。」(以下,サイトのアドレス)

(1)の場合,両親とも健在な方は,あわてるかもしれない。
日頃連絡をとっていない方だったら,なおさらだ。
しかし,私の父は7年前に亡くなっているので,大変お間抜けなメールとなる。
「おい,父よ。いったいどこからメールを送っているのだ。
天国かい?それとも地獄かい?」というわけ。

(2)の場合,(1)と原因が異なることに注目してほしい。
(1)の場合「母が死ぬ」という事態がショックを与えるわけだが,
「父が死ぬ」という方は,「母が死ぬ」よりショックが少ないので,
よりショックを与えると思われる
「父が浮気をした」というセリフが選択されているのである。

つまり,「父の浮気 > 父の死」ということで,
両辺から「父の」を引くと,「浮気 > 死」。
要約すると,「母 > 父」ということだ。

先ほど書いた通り,私の父は7年前に亡くなっているので,
この場合にも大変お間抜けなことになって,
「天国か地獄にいる父」が浮気していることを,
「この世にまだ健在の母」が心配していることになって,
大笑いとなってしまうのだ。

しかし,両親が健在で,しかもお母様をお父様以上に大切に考えている
多くの家庭の場合,以上の2つの迷惑メールを本気にしてしまいかねないので,
ここに注意喚起する次第です。

阿部海太郎君のCD(その1)

(1)留学時代に制作し音楽とフィールドレコーディングに対する独特な視点や作曲力が注目された
『パリ・フィーユ・デュ・ カルヴェール通り6番地』(2007年)、

(2)クラシックを土台にした自由な編成の室内楽を聴かせた
『SOUNDTRACK FOR D-BROS』(2008年)、

(3)アンサンブル楽曲を中心に様々な音の構築に挑んだ
『シネマシュカ、ちかちかシネマシュカ』(2012年)、

以上,3つのCDが注文から24時間以内で届いた。
アマゾン恐るべしである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『パリ・フィーユ・デュ・ カルヴェール通り6番地』(2007年)

「初めて聴く」のに,なぜか「懐かしい」,
不思議な心地の音たちだった。
和音があったと思えば,不協和音になっていったり,
楽器演奏だけでなく,何の音だろうというような
街頭録音的な「街の音」であったり,
実験的といえばそうかもしれず,
「鐘はかく鳴りし」ではずっと教会の鐘が
鳴り渡っていたりして・・・。
え~,こういうの音楽なの?
「どんなジャンル?」って質問されたらすごく困る感じで!
音楽っていうより,「音を楽しむCD」っていうコピーが,
今1番似つかわしいような,そんな(1)だった。

フランス留学で刺激を受けた
30歳の頃の海太郎君の「今」を感じた。

1日1枚ずつ,彼の「今」を感じながら
じっくり聴いていこうと思う。

PS 私の「第2外国語」はフランス語。
ちょっぴり懐かしい響きだ。

034

2015年3月 2日 (月)

選択社会の授業 1993~94年

今から20程年前,週1時間の選択社会で,
私が何を教えていたかを調べてみた。
(私は,高1からずっと日記をつけている)

この年は公私ともに忙しい年で,
それが阿部君とともに過ごした1年間だったことを思うと,
二重の意味で調べたくなったというわけである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4/15 (第1回)自己紹介ほか
5/6 「いろいろな世界地図」(1)面積
5/20 「いろいろな世界地図」(2)人口
5/27 「いろいろな世界地図」(3)GNP
7/8 「いろいろな世界地図」(4)貿易
7/16 「自主研究」第1回発表,多元的古代の話

9/2 アンケート「縄文時代について知りたいこと」
9/9 ビデオ,プリント「縄文時代」
9/16 勅使河原先生の授業「縄文時代の人々の生活」
9/30 ビデオ,石器・土器を見る  
※ 10/9 有志で明治大学の考古博物館にかける
10/21 明治大学行きのビデオ鑑賞
10/28 「倭人伝」の現代語訳を読む
11/1 「倭人伝」の質問を考える
11/11 「倭人伝」の読み取り
12/16 「倭人伝」の冊子づくり

1/13 冬休みあれこれ(韓国旅行の話)
1/27 「いろいろな種」の標本づくり
2/10 「火起こし」の授業
2/24 (ラスト)資料くばり,個人研究(3人),アンケート

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仮説実験授業の授業書《世界の国ぐに》の「いろいろな世界地図」,
勅使河原先生の「縄文時代の人々の生活」の特別授業,
「いろいろな種」や「火起こし」など,
なかなかのラインナップだったようである。

あの頃,阿部君は15歳で,私は35歳であった。
20年後にこんなに有名になるとは,本当にビックリであった。

阿部海太郎君のこと

「おのくん」ハウスの訪問の折,同行の村山さんが
20年以上前に三ヶ島中に在学した阿部海太郎君のことを話してくれた。
(他学年の選択社会のクラスだったと思う)

「海太郎」という名前は,「1度聞いたら忘れない」名前だが,
在学当時から,「この生徒は,とても面白いものを持っている」とは,
さすがの私も気がついていた。しかし,これほどとは!
彼は今,作曲家・演奏家として,大変有名になっているらしい。

以下,とりあえずインターネット検索で調べたものを転載して,
「その後の阿部海太郎君」を追ってみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

阿部海太郎 Umitaro ABE
作曲家

1978年生まれ。

幼い頃よりピアノ、ヴァイオリン、太鼓などの楽器に親しみ、独学で作曲を行うようになる。
東京藝術大学と同大学院、パリ第八大学第三課程にて音楽学を専攻し、
その頃から実験映画や舞台に作曲で参加するようになる。
帰国後、シアタープロダクツのファッションショーや、D-BROSの映像作品、
SOFINA beauté の広告等の音楽制作を経て作曲活動の機会が広がり、
近年は、舞台、映画、ドラマなどの音楽制作のほか、アーティストやアートディレクターなど
他ジャンルのクリエイターの作品制作に音楽で携わることも多くなっている。

シェイクスピア作品をはじめとする蜷川幸雄演出の劇音楽を度々手掛け(2008年~)、
戯曲と演出の両面に向き合いながら劇音楽の新しい可能性を追求。
『W座からの招待状』(2011年秋~毎週日曜/WOWOWシネマ)では、メインテーマのほか、
毎週のアニメーション(絵:安西水丸 文:小山薫堂 声:濱田岳)の音楽と音響効果を担当している。
インバル・ピント&アヴシャロム・ポラック演出のミュージカル
『100万回生きたねこ』(2013年1月/ホリプロ)では作曲(ロケット・マツと共作)および音楽監督を務め、
舞台作品における音楽への知恵と感性を発揮した。

これまでに発表したアルバムは、留学時代に制作し音楽とフィールドレコーディングに対する
独特な視点や作曲力が注目された『パリ・フィーユ・デュ・ カルヴェール通り6番地』(2007年)、
クラシックを土台にした自由な編成の室内楽を聴かせた『SOUNDTRACK FOR D-BROS』(2008年)、
アンサンブル楽曲を中心に様々な音の構築に挑んだ『シネマシュカ、ちかちかシネマシュカ』(2012年)、
文化施設「クレマチスの丘」のために作曲した曲を収録したアルバム
『The Gardens -Chamber music forClematis-no-Oka』(2013年)。

『シネマシュカ、ちかちかシネマシュカ』では、シングルカットとして7インチアナログも発表。
国立科学博物館の講堂を会場にリリース記念コンサートを行い(2012年秋)、
アンサンブル編成の演奏に画家のnakabanを迎え、
独自の表現姿勢ならではの音楽空間をつくりあげた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

NHKテレビ「BSプレミアム」の「世界で一番美しい瞬間(とき)」という番組の
BGMを作曲しているのが,どうも最近の話題らしい。
通常放送しか受信しない我が家のテレビでは,そういう情報には疎(うと)いワケだ。

とりあえずすぐ注文できるCDを3枚ほどアマゾンに注文した。
届いたら聴いて「夢ブログ」に感想を書くつもりだ。

NHKテレビ「明日へ 来たれボランティア!」

「おのくん」のような取り組みが,
他の地域でも増えているという。

被災から4年を迎えようとする時期だが,
ボランティアを単発ではなく,
「リピーター」なってもらうということで,
その例として,南三陸町が取り上げられていた。
(昨日の午前10時5分~11時に放送された)

南三陸町の魅力を生かすアイディア

(1)海の幸(わかめ)を採るお手伝い
(2)地元の料理を味わう
(3)漆黒の夜の海の「ナイトクルーズ」
(4)チリから贈られたモアイ像の活用(木彫りつくり)
(5)お年寄りたちとの方言を通した交流

「おのくん」の取り組みをしている陸前小野の皆さんも,
仮設住宅の集会場の中での作業から,
陸前小野駅前に製作スペースを移転することを考えている。
私も微力ながらお手伝いしたい。

久しぶりに「はみだしたの」に掲載

昨日『たの授』3月号が届き,
久しぶりに「はみだしたの」に掲載された。

「秀吉上司なら「うるさ型」?」という
朝日新聞の記事(2015年2月4日)をもとにしたもので,
生涯に約7000通発行した文書の多さを書いた。

ミソは,割り算でやったことで,

信長 1400(寿命で割ると)・・・29通/年
秀吉 7000(寿命で割ると)・・・114通/年
家康 3700(寿命で割ると)・・・50通/年

この結果を「うるさ型」と見るか「慎重派」と見るかは
立場によって違ってくると思うが・・・というもの。

2015年3月 1日 (日)

3回目の歌酒房「農家」訪問記

昨日,石巻駅(宮城県)を午後1時16分に出発し,
午後6時5分に立川の「農家」に着いた。

先後関係からいうと,「農家」が先で,
あとから「おのくん」の里帰りが入ったのだが,
結果的に1日に2大イベントをハシゴすることになり,
特別な2月最後の日となった。
写真で,その一部を紹介しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

022

しゅーぞさん~ステージの構成がバツグンでした。
今や「僕はまだ休日の中にいる」は,
私の月曜日のテーマ曲です。(笑)

023

頭慢さん~さすが「オオトリケイスケ」(「農家の歌会の4番手」=トリから)。(笑)
歌もギターテクも素晴らしかったです。新曲も良かったし,
「あなたが歌を歌えるなら歌を歌うべきだと思う」もまた聴かせていただきました。

028

歌をメインにすべきか,それともお笑いか・・・それが問題だ。
実は,あの有名なハムレットも悩んでいた。(というのはウソですが)
「愛の世代ズ」にとっては,「死活問題」。
いずれにしても,歌の迫力が増していることは確かだと思います。

このほか,若いのに懐かしい感じのする森川さんの生ステージや
私とほぼ同年代と思われる「智之助さん」の
味のある歌&ギターテクのステージなど,
魅力いっぱいの時間が続きました。
本当に「農家」に集う人々は,すごい人たちだ。
もちろん,そんなスゴイ皆さんを集めてしまう「農家」もスゴイ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

PS 私のオープンマイク

024

「おのくん」を紹介する肥さん

025_2

肥さん~「労働~先発隊の苦しさ」と「黒の舟唄」

「労働」は高3の時に「鬼無里村讃歌」のペアとして
作ったアップテンポの曲です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

労働~先発隊の苦しさ

夏の太陽が照りつける お昼過ぎはつらいね
夕方になれば涼しくなるのに 今は風さえ吹かない

暑い暑い暑い暑いけど 
材料はそろったし もうひと頑張りだよ
「釘を取りに行くついでに 水を水筒に
入れてこいよ」と西崎君が言う

急なこの坂を 登ったり降りたり
こんなに動くなんて 久しぶりだ
「洗い場はこれくらいでいいんじゃないか?」
ドラム缶を載せて出来上がり

暑い暑い暑い暑いけど 夕飯はカレーライス
もうひと頑張りだよ あまりの暑さに・・・
「もうこんな生活いや!」と西崎君が言う

「おのくん」の里帰り

1月10日に里子として「おのくん」が我が家に来たが,
その「里帰り」は思いのほか早く来た。
花咲くコンサートをやっている3人の方たちが,
「おのくん」ハウスの活動に興味を示してくれたからである。

土日がサークルや部活で忙しい私にとって,
2月末のテスト準備期間(部活なし)が目に止まったのは,
そういうわけであった。

27日(土)の午後10時に所沢駅に集合し,
日付が変わる頃新宿のバスターミナルを出発した。
以下,写真を見ていただきながら話を進めていこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

029

ツアーのしおり(1)

030

ツアーのしおり(2)

002

ドリーム正宗号(新宿→仙台)

003

代行バス(松島海岸→東名・野蒜→陸前小野)

004

東名付近の被災家屋

005

野蒜の小学校(校庭に仮設住宅)

006

野蒜の中学校(校舎は跡形もなく)

007

新しい野蒜駅

008

陸前小野駅

009

沈降の「証言者」

010

「おのくん」ハウス(1)

011

「おのくん」ハウス(2)

012

ハウス内~「里帰り」した「おのくん」

013

ハウス内~残り少ない在庫

014

ハウス内~見本品

015

ハウス内~見本品

016

ハウス内~初代「おのくん」

017

ハウス内~いろいろな「おのくん」

018

今回購入の足長「おのくん」とТシャツ

032_3

覆いを掛けられた門脇小学校

019

昼食で食べた「火山ラーメン」

020

佐藤先生の車~お世話になりました!
その後,南三陸町の防災庁舎と志津川高校へ

021

石ノ森章太郎関連のフィギャー

031

4/4(土)の「花咲くコンサート」のちらし。
次はコンサートで,よろしくお願いします!

「2月28日」はすごい1日になった!

更新が遅れて,ごめんなさい!

27日(金)の夜にこちらを出発して,
村山さん,小用さん,竹森さんの3人と,
「おのくん」ハウス(宮城県東松島市)他に行ってきました。(o^-^o)
現地では「第3回花咲くコンサート」(被災地支援)の時
ご一緒した佐藤先生にもお世話になりました。m●m

ところで,欲張り肥さんは,午後6時からの
「農家の歌会」にもひと月前から参加する予定でした。
しゅーぞさん,頭慢さんに加え,YouТubeでお聴きした
生の森川さんも出演するということで,
「これを聴かなければ,一生の損」(。>0<。)
と思えるすごい一夜が計画されていたからである。
(しかも,そこには大好きな「愛の世代ズ」や
初めてお会いした超スゴイ歌い手&ギターテクの
「智之助さん」らもいらしていた!)happy01

とにかく「2月28日」はすごい1日になりました!
2月が28日までしかなくても,許される気がしました。
それだけ中身の濃~い1日だったから・・・。

たくさんの人に出会い,たくさんの話を聞き,
たくさんの歌も聴き,たくさんの感動をもらえました。heart04

「生きてて良かった」とは,こういう日のことをいうのでしょう。
そして,また,そういう日に出会えることを楽しみに
明日からもこうして生きていくのでしょう。
なんだか,吉田拓郎の「今日までそして明日から」みたいな・・・。(笑)
(以上,「予告編」でした)(゚ー゚;

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ